WordPress ブログ開始する - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ブログ開始

Last Updated:2022年9月16日| 230のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

この WordPress 情報パッケージのブログには、 WordPress 使い方とトラブルシューティング、テーマやプラグインなど、さまざまなテーマの文章が載っています。 WordPress人気のオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)で、元の個人ブログのシステムで開始された、徐々に発展して、会社のホームページ、ショッピングモール、コミュニティ、専門的なパブリッシングなど、ほぼすべてのサイトの構築に広く使用されています。

この記事では、 WordPress(WordPress)を初めて初心者ユーザーのための入門書として機能することができるよう、基本ですが、理解すべき内容をまとめてみました。 WordPress インストールとテーマのインストールを含め、基本的に知っておくと便利な点などの総合的な内容を追加しようとしました。

記事全体を読むことで、このCMSツールの概念を学ぶことができます。 文が長すぎてXNUMX部に分けました。 特定の部門の情報が必要な場合は、下の目次または左側に表示される目次アイコンを使用して、目的の項目に直接移動できます。

[この記事は2022年8月12日に最終更新されました。 ]

WordPress CMSの市場シェア

WordPressは、世界中の10のサイトのうち4つ以上が WordPressで製作されるほどの人気を得ています。 CMS(コンテンツ管理システム)のシェアを確認してみる WordPressの影響力がますます拡大していることを確認することができます。

WordPressは2019年3月33.3%から2022年5月現在42.9%で、世界シェアで安定した増加傾向を維持しています。

シェアが下がっている WordPress、シェアの頂点を撮ったか?

2018年にはJoomlaとDrupal、Shopifyそれぞれ2位、3位、4位を記録したが、今はShopifyが4.3%で2位を占めています。 Shopifyは、電子商取引の分野で最も多く使われているプラ​​ットフォームです(参照).

参考までに、簡単にサイトを構築することができる ウィックスの場合、2018年の1.0%から2022年現在の2.3%にシェアがXNUMX倍以上成長していますが、シェア自体はわずかです。 Wixはチョーディングも使えるほど簡単ですがSEOに弱い面があるので、小規模サイトや見せるためのサイトに適しています。

このように WordPressが人気を呼び、多くのWebホスティング会社の WordPress ホスティング商品を出したり、 WordPress 自動インストール機能を提供します。

ウィックスのようなサービスは、ランディングページやシンプルなサイトをすばやく簡単に作成できるという利点がありますが、SEOの観点から WordPressに比べて弱いと評価されています。 WordPress Brizy ページビルダーを作成した Brizy は Brizy ベースの Brizy Cloud をリリースしました。 Brizy Cloudはウィックスに似たシステムでランディングページを簡単に作成できますが、SEOは弱い方です(」Brizy Cloud、第2のWixになるのだろうか?"参照)。

WordPress 加入型と設置型の比較

WordPressに加入型と取付ができます。 加入型は WordPress.COMで無料または有料で登録して WordPressを利用することです。 設置型は WordPress.orgからインストールファイルをダウンロードして、ウェブホスティングサーバーにインストールして利用することです。 加入型と取付を簡単に比較してみると...

加入型 WordPress

  • WordPress.comで登録して使用
  • 別のWebホスティングに加入する必要がありません
  • WordPressドットコムが提供する無料またはプレミアムテーマ使用可能
  • 無料プランでは、外部プラグインとテーマを使用できません
  • プロプラン(または既存のビジネスプラン以上)では、外部プラグインをインストールして外部テーマをアップロードできます(」WordPress Pro:SFTP/phpMyAdmin接続方法"参照)
  • WordPress プロ(または既存のビジネス異常プラン)でSFTP接続可能(FileZillaを使用してアクセス可能)、MySQLデータベース接続可能(phpMyAdminサポート)
  • 自由度が落ちる
  • ブログやシンプルな会社案内サイトに検討度は
  • 限定的なサードパーティの広告チャンネル運営( "WordPress.comで AdSense バナー広告運営する"参照)
  • ドメインを接続する場合、サードパーティの電子メールサービス(例えば、G Suiteまたは無料の電子メールサービス)を介して電子メール利用可能
  • サイトの訪問者数の制限がない。 サイトの訪問者数が多いサイトの場合加入型を選択すると、Webホスティングコストを削減することができている。
  • プロプラン(または既存のビジネスプラン以上)で AdSense 広告可能。 独自の広告チャンネルのAdWordsのプレミアム料金制以上で可能(ただし、一定の訪問者数以上であること)。

置型 WordPress

  • WordPress.orgで WordPress インストールファイルをダウンロードして、ウェブホスティングサーバーにインストールして使用(最近では、ほとんどのWebホスティング会社の自動 WordPress インストール機能を提供)
  • Webホスティングサービスに加入して利用したり、独自のサーバーを使用して WordPressを運営することがあります
  • WordPress.orgに登録された無料のプラグインやテーマのほか、外部のプラグインやテーマ(無料または有料)を使用可能
  • カスタマイズを自由に可能
  • 自由度が高い
  • サードパーティの広告(例えば、 AdSense)を通じた収益可能
  • ウェブホスティングに加入して利用する場合、通常(無料ホスティングを除いて)メールサービスも提供され、ドメインにされた電子メールの作成が可能(「Cafe24で、メール送信制限"参照)

加入型(WordPressドットコム)と設置型まとめ

区分加入型(WordPressドットコム)置型
Webホスティングに参加するかどうかWordPress.comに参加
(ウェブホスティング WordPressドットコムから提供)
Webホスティングに参加
Webホスティング/料金制費用無料プランを含む5つのプラン
※トラフィックが事実上無制限なので訪問者数が多いサイトの場合、安く利用可能
訪問者数とトラフィック(帯域幅)によってWebホスティング費用が異なります。 訪問者が少ないと安価なプランが選択可能ですが、訪問者の数が増えると高いプランを利用。
使いやすさ登録後すぐに開始(WordPressがあらかじめインストールされています)。 プレミアム以下のプランではプラグインなどを設置できないので、若干のセッティングだけで起動可能。WordPress インストールプロセスが必要
(登録時に自動的に WordPressがプレインストールされるホスティングも多い)
拡張性*プレミアム以下プランではプラグイン/有料テーマの設置不可
*ビジネス理想プランではプラグイン/外部テーマ設置可能ですが設置型に比べて制約が多い
制約なし。 拡張性に優れ
収益化(AdSense)プレミアム以下プランでは不可。
事業計画以上では AdSense 可能
可能
ドメイン接続有料プランでのみ利用可能
(ドメイン登録1年無料)
可能

シンプルなサイトやサイトの訪問者数が多い場合加入型を考慮することができます。 しかし、 WordPressのすべての機能を自由に活用したい場合マウントを選択することが楽することができます。 通常 WordPressとすると置型 WordPressに言及する場合があります。 ここでは、 置型 WordPressについて扱うようにします。

参考までに WordPressとして収益型ブログを運営する場合 GeneratePressのようにシンプルで高速なテーマを使ってブログを作成できます。 WordPress セッティングとテーマセッティングが複雑すぎて難しく感じる場合 GeneratePress テーマで WordPress ブログ設定の例 記事を参照して設定を試すことができます。 またはこのブログ WP Tour ブログ などと同様に設定したい場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

WordPressとティーストーリーの比較

ティーストーリーは、カカオが提供する無料のブログシステムで、ブログを始めるのに最適なオプションです。

区分WordPress寀ー
ウェブホスティングWebホスティングに参加する必要があります不要(ティーストーリー側から提供)
コスト有料무료
使いやすさWordPress インストールとセットアッププロセスが必要(最近 WordPressがプレインストールされるウェブホスティングが多い)加入後若干のセッティング後に開始可能。 使いやすさ
拡張性拡張性に優れている(制約なし、さまざまなプラグインが利用可能)機能拡張性が低下する
収益化(Google AdSense)可能可能
ドメイン可能セカンダリドメイン(プライベートドメイン)接続可能
バックアップさまざまな方法でバックアップ可能バックアップサービスなし
セキュリティ上の問題Webホスティングではある程度セキュリティを提供するが、最終責任はユーザーにあるので定期的にバックアップすることが安全だ。 サーバー設定やセキュリティプラグインでセキュリティ強化ティーストーリー側でセキュリティを担当するので心配する必要はありません
構築可能なサイトブログ(収益化ブログを含む)、企業サイト、教育用サイト(珠江サイト)、ショッピングモールなどほぼすべてのサイト製作可能ブログ(収益化ブログを含む)
特徴* Googleによく公開されている方
*初期に Naverに露出がうまくいかない可能性があります
*テーマを使用してレイアウトを変更する(多数の無料/有料テーマが利用可能)
*プラグインを使用して機能を拡張しやすい(多くの無料および有料プラグインがあります)
*カスタム簡単 - CSS/PHP/Javascript... (WordPressで提供するフックが利用可能)
*チャイルドテーマを使用してテーマが更新されても修正を維持
*次の検索エンジンによく公開
*低品質になると訪問者数が急減
*初期に Naverに露出がうまくいかない可能性があります
* Googleにもよく公開される方ですが WordPressではなくSEOの面で弱い
*スキンを使用してレイアウトを変更可能(スキン数が制限されている)
*スキンファイル編集可能 - HTML/CSS/Javascript
*スキンが更新されると修正が消えます。

ティーストーリーは無料という点が最大のメリットであり、トラフィックをティーストーリー側で監禁するため、訪問者数が増えても追加費用がかからないメリットがあります。

軽くブログを始めたい場合は、ティーストーリーがまともな選択肢になることがあります。 より大きな規模のサイトを運営したい場合や、自由にサイトを作りたい場合 WordPress良いオプションになることができます。 両方を操作するのも良い方法かもしれません。

WordPressでどのサイトを作成するかに応じて簡単に始めることができますが、複雑なサイトを作成したりカスタムが必要な場合は、ある程度の学習が必要になる場合があります。 WordPressについて質問があり、回答を受けることができるプログラムを用意しました。 これにより試行錯誤を減らして時間を節約できると思います。 詳細については、下のバナーをクリックして確認できます。

WordPress メンテナンスサービス

WordPress 開始する

ホームページを運営するには何が必要ですか?

WordPress はじめに - ホームページ、ドメイン、Webホスティング関係

ホームページを家だと思うことができます。 家を建てるには土地が必要です。 地上に家を持ち上げると、家に人々が訪れるように住所を教えなければなりません。

WordPressは、ホームページを作成するツールの一つと考えることができます。 ホームページはファイルで構成されており、これらのファイルはサーバー内の特定の場所に保存されます。 サーバーを直接運営することもできますが、個人が運営するのは容易ではないため、ウェブホスティングサービスを通常利用します。 Webホスティングサービスを使用すると、サーバー内の一定のスペースが割り当てられます。

ドメインを登録して接続すると、ユーザーはインターネットブラウザウィンドウでアドレスを入力するか、検索エンジンで検索してあなたの家(ホームページ)を見つけることができます。

ドメインは通常年間単位で登録でき、費用は年1~2万ウォン程度です。

ドメイン登録やWebホスティングサービスに登録

WordPressを利用することにした場合は、まずドメインを定めて、Webホスティングサービスを申請します。 ドメインは、Webホスティングサービスを申請して登録してもされて、またはドメイン登録代行機関から直接ドメインを登録した後にWebホスティングサービスを申請し、接続します。

安価にドメインを登録する方法は、 この記事を参考にしてみてください。

既にドメインが登録されている場合は、Webホスティングサービスに加入した後に、ドメインのネームサーバ情報を、ウェブホスティング会社の情報に変更してくれればされます。

WordPressを利用するために WordPressがインストールされてホストされて空間(サーバー)が必要です。 独自のサーバーを保有している場合は、直接サーバーを設定して WordPressをインストールします。 通常は、Webホスティングサービスを利用するようになるでしょう。

個人的には、海外のホスティングのみ利用して見ると、国内のホスティングをうまく利用しないようになりますね。 国内のホスティングは韓国語でサポートを受けることができますので、快適に感じることができるが提供する空間と、トラフィックが海外ホスティングに比べて多くの不足している方です。 そして、使いやすさも海外ホスティングの場合cPanelを提供するところが多いので、簡単にサイトを管理することができます。

歌声雨まともなホスティングでは、 Bluehost 共有ホスティングを利用することができます。 このサイトでは、最初に Bluehost 共有ホスティングを利用し、ユーザーが増加しながらVPSプランに移行しました。 最近 Bluehost 共有ホスティングが必要で別々に登録して使用しているが、2〜3年前に比べて安定性と速度の面で多くの改善されたようです。

より安定した運営を希望する場合 Sitegroundやこのブログが利用している Bluehost VPSを考慮してみることができます。 "海外のWebホスティングサービス - Bluehost(Bluehost)の紹介」を参照してみてください。

ブローホストの場合は、SSL証明書の無料提供、1年ドメインの無料登録、無制限のトラフィック(共有ホスティング)、無制限のスペース(共有ホスティングでPlus以上の商品)、無制限のウェブサイトの追加(Plus以上の商品では無制限のドメインを接続できます)などの利点を提供します。 ブログを運営するのに適した選択肢かもしれません。 重いテーマを使用し、多くのプラグインをインストールすると、速度が遅くなる恐れがあります。 しかし、このブログにインストールされているような軽いテーマをインストールしてプラグインを最小限に抑えると、スピードが大丈夫になります(」WordPress GeneratePress テーマ:Googleページスピードインサイトスコア"参照)。


参考までに Bluehost 共有ホスティングの場合basicプランが月に最低3.95ドルから開始されます このリンクをクリックしてサインアップすると、1ドルが割引された月の最低2.95ドルにサインアップできます。 これでサインアップすると、私はいくつかのコミッションを受けることができます。 しかし、私はコミッションのためにお勧めしません。 より安定したサービスのための上位プラン Bluehost VPS(このブログが利用中)を考慮してみることができますが、コストパフォーマンスを考えると、安価に利用することができる Bluehost 共有ホスティングも考慮してみることができます。 (登録する過程で他のドメイン登録業者で登録したドメイン名を入力した場合には、既存のドメインのネームサーバ情報をWebホスティングサーバーのネームサーバの情報に変更する必要があります(参照))

歌声雨優れ海外ホスティング

参照:海外ホスティングでは、通常のライトチャットを提供するため、不明な点がある場合は早い時間に解決することができます。 英語でのコミュニケーションに負担がある場合には、Googleの翻訳を積極的に活用することができます。 最近Googleの翻訳の性能が大幅に改善されました。 もしかしたら、英語に関連して助けを必要とこの記事のコメントに上げていただければ(コングルリスィが)助けてよう努力します。

WordPress インストールする

最近になって多くのWebホスティング企業から自動的に WordPressをインストールする機能を提供しています。 昔は、直接 WordPressをインストールする必要がしたが、 最近に加入する Bluehost アカウントでは、 WordPressが自動的にインストールさされます。 そして、UIもこのブログで説明したものとは違いがあります。 しかし、基本的な機能は同じです。 参考までに Sitegroundでホスティングサービスに加入して WordPressをインストールする方法は、 ここを参考にしてみてください。

Bluehostナ SiteGround 等に加入するとcPanelを使用して、Webホスティングサーバーを管理することができます。 cPanelでは、ドメインの追加、サブドメインを作成する、 WordPress 自動インストール、 phpMyAdminの 接続、DB作成、管理、SSLセキュリティ証明書の適用、File Managerの利用(参照)、phpのバージョン管理(参照)など、さまざまな操作が可能です。 (特にファイルマネージャをうまく活用すれば、すぐにフォルダを削除して、多くのファイルをアップロード/ダウンロードすることができます。)

Bluehostにログインすると、次のようなUIが表示されます。 (実際の画面は多少異なる場合がありますが、機能には違いがありません。)

Bluehost ログイン -  My Sitesページ
  • 個人用サイトでサイトを管理することができます。
  • ドメイン タブをクリックして、ドメインを管理することができます。
  • 高機能 タブをクリックすると、cPanelが表示されます。 cPanelのUIが以前のインターフェイスとたくさん変わったが、事実上同じ機能をします。

個人用サイトから Create Siteをクリックして、サブディレクトリや、他のドメイン(ドメインを追加した場合)、またはサブドメイン(サブドメインを追加した場合)に WordPressをインストールすることができます。 Manage SiteをクリックしてSSL証明書をはじめとする各種の設定を管理することができます。 Bluehostに加入した場合は、まず BluehostでPHPのバージョンとPHPの設定値を変更するを参考にしてPHP ini設定値を変更してください。

参照: WordPress 管理者ページログインアドレスは サイトのアドレス/ wp-adminですが、セキュリティプラグインを使用してログインページのアドレスを変更する場合があります。 そのような場合には、そのアドレスにアクセスしてログインする必要があります。 ログインページのURLがわからない場合には、サイト管理者にお問い合わせください。

※登録する過程で他のドメイン代行登録メーカー(例えば、ガッビアーノ、 Cafe24 など)で登録したドメイン名を入力するか、後日ドメインを追加する場合は、ドメインのネームサーバー情報を新たに加入しているWebホスティング会社のネームサーバ情報に変更する必要があります。 DNS情報が新しいネームサーバーの情報に完全に変更されるまで 24時間で48時間かかりことができます(参照).

※ Bluehostから WordPressをインストールする方法、FTPアカウントを作成する方法、 Bluehostへの移行方法などを以下のユーチューブ映像で確認することができます。

WordPress サイトにログインする

サイトのアドレス/ wp-adminブラウザのアドレスバーに入力して、 WordPress 管理者ページにアクセスしたり、(例えば、 www.example.com/wp-admin), Bluehostにログインして 個人用サイトで、管理者ページにログインします。 ドメインのネームサーバが Bluehost ネームサーバ情報を変更していない場合には、 Bluehostにインストールされて WordPressは、一時的ドメインのアドレスが付与されて、ネームサーバを変更した後 Bluehostに連絡して要求すると、 WordPressのサイトのアドレスをドメインのアドレスに変更します(参照).

サイトにアクセスすると、最初のサイトの言語を韓国語で変えるようにします。 設定>一般をクリックして、 サイトの言語を "한국어」に変更して保存するようにします。 タイムゾーンSeoul(UTC + 9)に設定することができます。 (そのままで時間帯が英国時間帯で表示されます。)

Bluehost サイトの言語設定

Bluehostから WordPressを自動的にインストールし、管理者パスワードを任意に設定します。 ユーザー>私のプロフィールで「パスワードの作成」をクリックして、パスワードを変更することができます。

WordPress パスワードの変更

ログインするために困難を経験するなら、 次の記事を参照して、パスワードをリセットしてください。 パスワードをリセットした後、ログインしてパスワードを複雑に変更してください(大文字と小文字、数字、特殊文字を含む)。

admin、administrator、サイト名で、管理者IDを設定すると、セキュリティ上の危険ですので、別の名前で選択してください(WordPressで、管理者IDを変更してセキュリティを強化する を参照)。

Jetpackの (ジェットパック)を使用している場合は、たまにログインができない問題が発生したりします。 その場合は、FTPに接続して / WP-コンテンツ/plugins/jetpack フォルダを削除すると、問題が解決されています。 FTPの使い方は ここを参照してみてください。

WordPress テーマを選択する

上記の方法で WordPressをインストールした場合 WordPress サイトにアクセスしてみるとComing Soon画面が表示されます。 この状態では、サイトを制作して、作業が完了したら、 プラグイン>インストールされてプラグインから Bluehostを "無効「とComing Soon画面が消えます。

WordPress Bluehost プラグイン

Bluehostから WordPress インストール時に一緒にインストールされているJetpack by WordPress.comとOptinMonster API、MonsterInsightsなどのプラグインも無効にして削除できます。 (これらのプラグインは、サイトの速度を遅くすることができますので、削除することをお勧めしします。)

*サイトが完了するまで工事中に表示されるようにしたい場合 この記事で紹介するプラグインを使用して工事中の表示をすることができます。 無料のプラグインですが、フレーズを必要に応じて指定することができ、画像も変えることができます。

今のテーマを希望テーマに変更したり、インストールするようにします。 ルックス>テーマに移動し、 "新たに追加"をクリックします。

WordPress テーマを追加する

上図では「テーマデザイン」が使用されていますが、 WordPressが更新され、「ルックス」に変わりました。 (外観=外観=テーマデザイン)

WordPress 5.9以上では WordPress インストール時にTwenty Twenty-Twoテーマがデフォルトで選択されている可能性があります。 このテーマは最初のブロックベースのテーマです。 フルサイト編集(Full Site Editing)機能を提供しますが、機能が期待に満たない可能性があります。 このテーマが選択されている場合は、他のテーマ(無料または有料)に変更してください。 そして、アクティブ化されたテーマに加えて、基本テーマをXNUMXつだけ残して、他に使用しないテーマはすべて削除することがセキュリティ上望ましいです。

WordPress ルックスページ(テーマデザイン)
最新 WordPressでは「テーマデザイン」の代わりに「ルックス」が使われている。

Caution: この記事では、「外観」と「テーマデザイン」が混在したUIを使用できます。 (WordPress バージョンに違う「見た目」、「見た目」、「テーマデザイン」を使用できますが、すべて同じメニューです。 英語版の 外観を翻訳したものです。)

「新規に追加」をクリックすると、 WordPresss.orgで提供する無料 WordPress テーマを選択する画面が表示されます。

WordPress テーマを追加する

人気のタブをクリックしてみると、2019年1月11日現在、3835個のテーマが人気のテーマリストに上がっています。 「テーマ検索」で目的のテーマを検索することもできます。

* 参照:テーマのインストールファイルをzipファイルとしてダウンロードした場合には、上記の画面で上部の「テーマアップロード"ボタンをクリックして、テーマファイルを直接アップロードしてインストールすることができます("WordPress テーマのインストール方法"参照)。

好みのテーマにマウスを置くと、プレビューをクリックして、適用された状態をプレビューすることができます。

WordPress 無料テーマのインストール

気に入れば "インストール"をクリックしてインストールします。

WordPress テーマのインストール -  Hestia

インストールが完了すると、上記のように「インストール済み」と表示されます。 "有効」をクリックすると、テーマがこのテーマに変わります。これで、サイトを更新してみると先ほど有効にしてテーマが適用されている確認することができます。

WordPress 管理者ページメニューを発見

WordPress管理者権限でログインして接続すると、次のような管理者ページのメニューが左側に表示されます。

WordPress お知らせメニュー
WordPress 伝言板

上の図は基本的な管理ページメニューを示しています。テーマとプラグインをインストールすると、管理ページメニューに項目(たとえば、上の図のRank MathとBBQ Pro)が追加されることがあります。

各項目をクリックして、必要な作業を行うことができます。 通常のアイテムの名前を使用して機能を推測することができます。

前述したように、 WordPressが更新され、いくつかの基本的なメニューの翻訳が頻繁に変更されています。 WordPress バージョンに応じて、 テーマのデザインルックス, 外観 などの用語が使用されることができ、 カスタマイズする飾るで表示されることがあります。

基本的な管理者ページのメニュー項目

  • 伝言板 - ホームとアップデートのサブメニューがあり、ホームでは、全体的なサイトの現状を確認することができます。 アップデートは、更新可能なテーマとプラグインのリストが表示され WordPress コア、テーマ、プラグインを更新することができます。 (有料テーマとプラグインは、場合によっては、ここでの更新がない場合があります。)
  • - 記事(ポスト)を管理して、新たに追加することができます。 そしてカテゴリとタグを追加すると、削除することができます。
  • メディア - WordPress メディアライブラリにアップロードされた画像を表示し、管理することができ、新たな画像ファイルなどをアップロードすることができます。 文やページを作成するときに画像をアップロードすると、メディアライブラリにアップロードされます。
  • ページ - ページを管理して、新しいページを追加することができます。 ページには、カテゴリとページがありません。
  • 댓글 - ポストとページに付いたコメントのリストが表示されます。 コメントを承認、削除、変更することができます。
  • ルックス (WordPress バージョンに応じて、「テーマのデザイン')
    - テーマ :テーマを活性化、インストール、または削除することができます。 テーマのインストール方法は、 ここを参照してみてください。
    - カスタマイズする (WordPress バージョンに応じて、「飾る'):テーマのオプションを指定することができます。 テーマに沿って含まれているセクションが異なります。 サイトアイデンティティ、ヘッダ、メニュー、ブログ、カテゴリー、フッターなどのテーマの全体的な事項を設定することができます。
    - ウィジェット :サイドバー、フッターなどのウィジェット領域にウィジェットを追加すると、削除することができます。
    - 메뉴 :メニューを作成し、メニューの位置を指定するなど、メニューに関連するタスクを実行することができます。 メニュー位置はテーマによって異なります。
  • プラグイン - プラグインを追加(インストール)、削除、有効化、無効化することができます。 プラグインのインストール方法は、 ここを参照してください。
  • ユーザー - すべてのユーザーのリストを確認し、ユーザーの追加、削除することができます。 そして「私のプロフィール」で私のプロフィール情報を変更して、アカウントのパスワードをリセットすることができます。
  • 도구 - WordPressで使用可能なツールが表示されます。 エクスポート/インポートを使用してサイトのコンテンツをエクスポートして別の場所に移転することができます。 サイトの状態では、サイトの状態に関する情報を確認することができます。 サイトのパフォーマンス、セキュリティ、改善のための推奨事項も確認することができます。 サイトエラーが発生すると、サイトのツールでエラーがないことを確認して是正することができます。
  • 設定 - WordPress サイトの一般的な設定(サイトのタイトル、サイトのアドレス、言語、タイムゾーン、日付と時刻の形式など)、書き込み、読み込み、討論(コメント)関連の設定を指定することができます。

前述のように使用しているテーマとインストールされてプラグインに応じて、管理者ページのメインメニューに追加項目が表示されることがあります(例えば、 ポートフォリオ メニュー、 設定 下にプラグインの設定ページ項目)。

WordPressでテーマオプションを ルックス 下に移動することをお勧めしますが、一部のテーマでは Theme Options(例: Avada) または Theme Panel(例: Newspaper)などの名称で、別のメニューで管理している場合もあります。

まず、全体的にどのようなメニューと設定があるかめぐり慣れチェッカーください。

通知パネルの色の変更

通知パネルの色はデフォルトで黒系です。 必要なら ユーザー>プロフィールをクリックして、管理カラースキームでカラースキームを変更できます。 現在 明るい、モダン、ブルー、コーヒー、心霊体、真夜中、海、日の出 などのカラースキームオプションがあります。

WordPress 通知パネルのカラースキームの変更

管理者ページのメニュー配置を変更したい場合は、以下の「管理者ページをカスタマイズする - WHITE LABEL CMSプラグイン」セクションを参照してください。

生産性向上ツールAssistant

初めてWPの管理者ページにアクセスされる場合、見知らぬインターフェースに動揺することができています。 人気ページビルダーである ビーバービルダーを開発したチームで作成した生産性向上ツールであるAssistantのプラグインを使用すると、管理者領域にアクセスしなくても、フロントエンドでの重要なタスクを実行することができます。 詳細については、「WordPress 生産性向上ツール - Assistantプラグイン(feat。Beaver Builder)」を参照してみてください。

管理者ページカスタムする - White Label CMSのプラグイン

管理者ページを特定のクライアントのニーズに合わせて変更する必要があります。 たとえば、ダッシュボードと、ログインページに表示される WordPress ロゴを顧客のロゴと交換を要請している場合、White Label CMSのプラグインを使用することができます。 このプラグインを使用すると、クライアントに表示されるメニューをカスタマイズすることも可能です。 詳細については、「伝言板置換 - White Label CMS(+管理者ページカスタム)」を参照してください。

WordPress 文/ページを作成する

記事を作成する - 古典エディタ&ブロックエディタ(Gutenberg)

文(ポスト)、ページなどのコンテンツと各種設定(ウィジェット、メニュー、設定メニューの下の設定など)は、DBに格納されます。 文やページを作成する場合、どのような過程を経て、ブラウザに表示される気になる場合は、「WordPress ページの分析」を参照してみてください。

WordPressはポスト(文)とページにコンテンツを作成することができます。 ポストとページは似ていますが、ポスト(Post)は、寀ーブログや Naver ブログで作成するブログ記事と似ています。 ポストは、通常のブログのページで最新の日付を基準にソートされて表示され、カテゴリとタグを持つことができます。

これに対し、ページ(Page)は、時間にとらわれず、静的です。 「会社概要」のページのように、サイトに常に表示されるコンテンツは、ポストよりページで作成することが、より適しています。 ポストとページの違いの詳細については、次の記事を参考にしてください。

WordPressカテゴリとタグは分類(Taxonomy)の一種で両方文を分類する目的で使用されます。 ほとんどのユーザーは、カテゴリとタグを何気なく作成して使用されます。 SEOに有利になるようなカテゴリとタグを効果的に使用する方法を グーグル上位表示を妨害する間違ったカテゴリとタグの使用で参考します。

[Gutenberg 使用: WordPress 5.0以降のバージョン] - 推奨

WordPress 5.0 2018年12月6日(韓国時刻で12月7日)にリリースされました。 WordPress 5.0には、 Gutenbergというビジュアルエディタ(ブロックエディタ)が基本的な文のエディタを置き換えます。 WordPress 4.xバージョンを使用するか、古典的なエディタを使用する場合は、以下の「古典的なエディタの使用」を参照してください。

Gutenberg(Gutenberg)エディタを使用すると、クラシックエディタ(デフォルトのエディタ)より便利に文の作成が可能です。 Gutenbergが最初に少し不安定だったが、2020年8月11日に公開された WordPress 5.5バージョンでは、インターフェイスがモダンに変わった機能も大幅に改善されました。 もしエディタに関連して、問題を引き起こしている場合には、「古典的なエディタ」のプラグインをインストールして、デフォルトのエディタとして古典的なエディタを使用することができます。

2021年3月に WordPressが5.7バージョンに更新され、ブロックをドラッグ&ドロップドラッグ&ドロップ方式でブロックをポストに挿入することができる機能が追加さされて文をさらに容易に作成できるようになりました。

参考までに Gutenberg エディタは、ブロック単位でコンテンツを追加して使用することができ、このため、ブロックエディタ(Block Editor)とも呼ばれます。 下のビデオを介しておおよその使用を確認することができます。 下のビデオは、 WordPress 5.5以前のバージョンを基準にしたものであるが、基本的な使い方は似ています。

エレメンページビルダーのようなページビルダーを使用している場合、ページはページビルダーで作成することができますが、ポスト(文)は、デフォルトのエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)を使用することが望ましい。

ブロックエディタで文を作成するには、 記事>新たに追加をクリックすると、新しい記事を作成する画面が表示されます。 ページを作成するには、 ページ > 新規追加(または 新しいページを追加)をクリックします。 既存の投稿やページを編集したい場合は、投稿の場合 記事>すべての記事で変更文のタイトルの上にマウスを上げて「編集」をクリックして、ページの場合 ページ>すべてのページで変更ページのタイトルの上にマウスを上げて「編集」をクリックします。

WordPress ポスト編集する

次は、 記事>新たに追加をクリックしたときに表示される新しい記事作成画面です。 ページの作成画面は、この少し異なりますが、使用方法は同じです。

WordPress 記事作成画面
  1. 上部のツールバーには、一番の左側のに ブロックの追加 アイコンがあり、その隣に 도구 アイコン、元に戻すとやり直しアイコンが表示されます。 そして右側には、プレビュー、公開アイコンがあり、横の設定アイコン(歯車のアイコン)をクリックすると、下の文書/ブロックサイドバーが表示されるか、または非表示になります。 右端のY字型のアイコンは、Yoast SEOをインストールしたときに表示されます(このプラグインをインストールしていないと表示されない)。
  2. タイトルを入力します。
  3. 本文のコンテンツを作成します。 ブロック単位で追加して記事を作成することができます。
  4. ドキュメントのプロパティブロック属性 パネルです。 ドキュメントのプロパティには、一意のアドレス、カテゴリ、タグ、特性画像、要約、ディスカッションなどが表示されます。 ブロック属性には、選択したブロックに関連する属性が表示されます。

カテゴリーから「未分類」(あるいは「未分類」)がデフォルトで設定されている場合は、「WordPressで「未分類」のカテゴリを削除する方法"を参考に「未分類」のカテゴリを削除することができます。

文を作成するには、タイトルを入力して 書き込みを開始するか/キーを押してブロック選択 部分で文を入力します。 画像やHTMLコード、YouTubeビデオ、コードなどを入力するには、ブロックの横のプラス(+)アイコンをクリックします。

ヒント: Gutenbergで提供されるショートカットを使用すると、書き込み時間を短縮できます。 ブロックを挿入するときにも、段落ブロックでスラッシュ(/)を入力し、ブロック名(「/イメージ」など)を入力してブロックを簡単に追加できます。 」時間と効率を向上させる WordPress Gutenberg キーボードショートカット」を参照してみてください。

これにより、最近に選択されたブロックを選択するポップアップが表示されます。

ブロックの追加

希望のブロックが存在しない場合、ブロック検索でブロックを検索することができます。 ブロック名がハングルに翻訳した場合、ハングルで検索する必要が、それ以外の場合は、英語で検索するようにします。 たとえば、ボタンを追加したい場合は、「button」で検索します。 (このブロックはまだローカライズされていなかったが、後日にハングルに翻訳されています。)

WordPress Gutenberg ブロック検索

希望のブロックを見つけることができない場合は、以下の Browse all(すべてを表示)をクリックするか、上部ツールバーの左端にある Add Block(ブロックの追加) アイコンをクリックすると、全ブロックのリストが表示されます。

WordPress ブロックエディタ - ブロック全体

パターン タブをクリックすると、あらかじめ作成されたパターンを選択することができます。

WordPress 5.5  - ブロックエディタパターン

WordPress 5.5にアップデートされ、ブロックエディタのインターフェイスと機能が大幅に改善されました。 ますますページビルダーに似ていくようです。 使い方はそれほど難しくありません。 少し時間を割いて触ってみると簡単に適応が可能になります。 ブロックエディタが Naver ブログと似たという方もおられるんです、使ってみると、はるかに強力であることを知るのです。

Tip: 文章を作成するときに前の文章リンクを追加したい場合は、リンク先のテキストを選択した後 Ctrl + Kを押して前の投稿のタイトルを入力して選択できます。 詳しくは、「WordPress 内部リンクを追加する簡単な方法」を参照してみてください。

メモ: Gutenberg ギャラリーブロックを使う

画像をギャラリー形式で一覧表示する場合に便利です。 ギャラリー設定で列数を指定できます。 より洗練されたギャラリー機能が必要な場合 ギャラリープラグインを使用することができます。

[Gutenberg エディタを無効にする]

WordPress バージョン5.0以降に統合された Gutenberg エディタを使用せずに、古典エディタを使用する場合 ダッシュボード>プラグイン>新規追加で "クラシックエディタ"を検索してインストールします。

古典的なエディタ -  WordPress

このプラグインをインストールすると、 設定>を書くクラシックエディタが Gutenbergを完全に置き換えるかどうか、または基本的にブロックエディタ(Gutenberg)を使用して、古典的なエディタを使用するためのリンクをオプションで追加するかどうかを選択することができます。

WordPress 古典ピョンジプギグァBlock Editorを選択
古典的なエディタをインストールする場合は[設定]>を送るページで、既定のエディタを選択することができる。

ユーザーがエディタを変更できるようにするには、「Allow users to switch editors」を「Yes」に設定し、そうでない場合は、「No」を選択します。

WordPress 5.0以降のバージョンで Gutenbergが問題を起こす場合には、プラグインをインストールして古典的なエディタを使用することができます。

【古典エディタの使用]

WordPress 5.0以下のバージョンでは、古典的なエディタ(クラシックエディタ)がデフォルトで使用されます。 Gutenberg エディタを使用している場合は、上記の「Gutenberg 使用」を参照してください。 WordPress 5.0以降のバージョンでは古典的なエディタを使用する場合は、上記の「Gutenberg エディタを無効にする」を参照して Gutenbergを無効にして古典的なエディタをインストールすることができます。

WordPress 管理者ページで 記事>新たに追加(新しく記事を書く)をクリックします。

WordPress 記事を作成する
  • (1)タイトル
  • (2)文の内容
  • (3)カテゴリーの追加/選択
  • (4)タグを追加
  • (5)の特性イメージ(サムネイル)を追加
  • (6)文の発行

ちなみに「特性画像」(あるいは WordPress バージョンに応じて、「代表画像」)を指定する必要がサイトの最初のページ(フロントページ)とカテゴリーなどのアーカイブページにサムネイルが表示されるように設定された場合、サムネイルが表示されます。 特性の画像を指定しない場合、サムネイルが表示されなかったり、テーマに沿ってテーマで指定された基本的な画像(例えば、No Imageというフレーズが表示された画像)が表示されます。

カテゴリー(6)は、ここで選択するか、新しいカテゴリを追加してもされるが、 伝言板>文>カテゴリーで事前のカテゴリを設定した後に記事の編集画面で、カテゴリを選択してもされます。

ちなみにカテゴリーで「未分類」(前 WordPress バージョンでは、「未分類」)がデフォルトで設定されており、このカテゴリを削除することができません。 この場合、「WordPressで「未分類」のカテゴリを削除する方法"文を参考に「未分類」(あるいは「未分類」)のカテゴリを削除することができます。

上の図には見えませんが、文の形式を指定するボックスが表示されることがあります。 その場合 文の形式は、通常、 標準で指定します。 画像、ビデオ、引用などの文の形式を選択することができます。 実際のサイトに表示されるレイアウトは、テーマに沿って差があります。

文を作成して問題がなければ、「公開"をクリックして、文を発行することができます。(文を公開する前に、スペルチェックを行うと良いです。)

WordPressを適切に使用するためには、まず書店での基本的な WordPress 本を一つ購入してみることをお勧めします。 本見るとして WordPressを急によく対処するかではありません。 しかし、基本的な使い方を知らない状態で起動すると、多くの試行錯誤を経ることができます。

※注:テーマに沿って独自のページビルダーや Visual Composer(現在の名称「WPBakery Page Builder」)または Elementorのような外部のページビルダーが使用されています。 ページビルダーを使用すると、コーディングの知識が不足しても、サイト制作が容易になります。

通常のページの作成時には、ページビルダー(使用されている場合)を利用すると便利です。 文(ポスト)を作成する際には、 WordPressに搭載されたデフォルトのエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)を使用することをお勧めします。 このブログに現在適用されて Newspaper テーマは、独自のページビルダーであるtagDiv Composerプラグインが搭載されています。

予約文発行する(予約投稿)

事前に文を作成しておいて、将来の特定の時間に発行されるようにする予約投稿機能を利用することができます。 SEO的な側面から一度に複数の文を発行するよりも、一定の間隔で文を公開することが有利である。 平日に文を作成する時間を出せない場合、週末や休日に複数の文を作成し、平日に予約発行されるようにすればSEOに望ましい。 詳細については、「WordPress 予約投稿の方法」を参照してみてください。

SEOに適した文章を作成する

WordPressはSEOに最適化されているが、過去1〜2年の間に競争が激しく、検索エンジンで目的のキーワードで上位にさらされている時間が、数年前より時間が長くかかることがあります。

WordPressには、検索エンジンでよく露出されている文を作成するのに役立つさまざまなSEOプラグインがあります。 Yoast SEO、All in One SEO Pack、Rank Mathなどのプラグインを利用してみることができます。

Yoast SEOやRank Mathには、検索エンジンの露出を助けるSEO分析機能を提供するために活用すると、検索エンジンの検索結果で上位ページに検索されている時間を短縮させることができるでしょう。

フロントページ設定する

今 WordPress サイトをブラウザで見ると、テーマによって差がありますが、通常、最新の記事の一覧が最初のページに表示されています。

この場合、最初のページ(フロントページ)に表示するページを一つ作成させます。 ページは ページ > 新規追加 (WordPress バージョンに応じて、 「新しいページを追加」)で作成することができ、書き込みと似ています。 投稿のタイトルを「Home」または希望の名前で指定します。

Elementor ページビルダーを使用している場合 ページ > 新規追加で新しいページを作成し、ページテンプレートなどを指定して保存します。 次に、エレメント編集アイコンをクリックして、エレメントでページ編集画面を開き、テンプレートを読み込むことができます。 この記事の「エレメントプロテンプレートを読み込む」を参照してください。

そして、ページをもうXNUMXつ作成し、何もせずに保存します。 文題を便宜上」Blog「と指定します。

フロントページは、サイトの顔であるため、気を使わなければならなります。 ブログサイトの場合は、ブログのように、最新の記事が表示されるようにすることも、まともな方法です。

"ホームページを表示"が"最新記事"に設定されている場合、最初のページに最新の記事一覧が表示されます。ただし、テーマに沿って、そのレイアウトが異なります。そして、テーマソースファイルを変更して、レイアウトを変更することができます。

もし最初のページに表示するページを一つ作って、フロントページに設定する場合は、伝言板の 設定>読むでホームページの表示を "静的なページ"を選択して、「홈페이지」をHome(あるいは他のページ)で、 "記事ページ「 Blogで指定してください。

WordPress 読むの設定

その後、サイトのホーム(例えば、 http://www.example.com)には「ホーム」ページが表示され、「Blog「ページ(例: http://www.example.com/blog)には、最新の記事が表示されます。

ページレイアウト作業をすることができウォルヒするために Elementor 同じページビルダーを使用することもできます。

WordPress ページ/記事の編集

WordPress ページ/記事の変更方法

WordPress ページや文章を作成している下書きとして保存したが、後で引き続き作成したり、作成した後に変更することができます。

ページを変更するには ページ>すべてのページに移動します。 これにより、すべてのページのリストが表示されます。 変更する文のタイトルの上にマウスを置くと隠されていたメニューが表示されます。

WordPress ブログ開始する5

編集]をクリックしてページを編集することができます。 ページビルダーで作成された場合は、ページのタイトルの横にページビルダーの名前が表示されます。 ページビルダーで作成した場合 Edit with ページビルダー名(例えば、 エレメンページビルダーの場合 「Edit with Elementor" または単に 「編集する」)をクリックします。

また、他の方法で記事を編集する権限を持つユーザーとしてログインし、次の変更のページや記事を訪問します。 その後、上部のツールバーに[編集]リンクが表示されます。

WordPress ブログ開始する6

ページの編集をクリックすると、デフォルトのエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)で編集が可能で、 で編集 Elementor(エレメンターバージョンに応じて」編集する「)をクリックするとページビルダーで編集されます。

文も同様の方法で編集が可能です。 記事>すべての記事で修正したい文のタイトルの上にマウスを置く編集リンクをクリックして編集したり、当該文をブラウザでアクセスして上部のツールバーの この記事を編集をクリックして変更します。

ページビルダーを使用する場合の注意事項

ページビルダーを使用すると、コーディングの知識がなくても簡単にプロのデザインのページを作成することができますので、多く使用されてきています。 ページビルダーは、ページの編集に主に使用して、文(ポスト)作成時には、基本的なエディタ(ブロックエディタまたは古典エディタ)を使用することが望ましい。

ページビルダーを使用して文を作成する場合は、後日ページビルダーを使用していないか、または他のページビルダーを使用しているテーマに変える場合、問題が発生します。

たとえば、 Elementor ページビルダーで書いた Avadaナ Enfold テーマに変えるなら Elementorを無効にすると、記事に多数の汚れたコードが表示されます。 それから Elementor一緒に使用する必要がありますが、ページビルダー自体が重いため、XNUMXつのページビルダーを使用するとサイトの速度に悪影響を及ぼし、ビルダー間でクラッシュする可能性があります。

したがって、ポストを作成する際には、可能な場合は、デフォルトのエディタを選択してください。

PDF文書などのメディアファイルのアップロード/ダウンロード方法

PDFなどのメディアファイルをアップロードして訪問者がダウンロードできるようにリンクで提供したい場合は、ダウンロードプラグインを使用すると便利ですが、ダウンロード機能を提供するプラグインが少し重いことができます。 ダウンロード時にパスワードを入力するようにして、何人かがダウンロードしたのかなどの統計情報を確認したい場合は、ダウンロードプラグインが便利になります。

単にPDF文書をアップロードしてリンクをダウンロードするようにしたい場合には、メディアライブラリに直接アップロードすることができます。 詳細については、「WordPressからPDFファイルをダウンロードする方法」を参照してみてください。

メールアドレスと名前を入力する必要が(つまりニュースレターに登録する必要が)ドキュメントをダウンロードできるようにしたい場合は How to Add an E-book Optin Form with an Immediate Download to Divi's SEO Layout Packを参照してみてください。 他にも Brave Popup Builderプラグインの有料版や Download After Email – Subscribe & Download Form Plugin(無料)を利用して、このような機能を実装することができるでしょう。

WordPress テーマとプラグイン

無料のテーマと有料テーマ

WordPress.orgは多くの無料のテーマを提供しています。 しかし、ほとんどの検索画面に出てくるとは異なり、実際の適用してみると、サイトが非常に寒いに表示されることがあります。 つまり、期待したものと全く異なって表示されます。

しっかりとしたサイトを作成するには、設定する必要ががあります。 WordPress 本を参照しながら一つずつ設定していくことができます。

少し速く行く方法で有料のテーマを利用することができます。 テーマは Theme森林 サイトで検索を試みることができます。 または、このブログで テーマメニューをクリックして、さまざまなテーマについて調べることができます。 Themeforestの Avadaと Elegant Themesの ディビが多く使用されて有料のテーマです。

有料テーマを購入した場合、そのテーマで提供されるデモの中から選択して、サイトに適用することが可能です。 たとえば、ベストセラーのテーマである Avadaは現在、次のようなさまざまなデモを提供しています(現在、約 4058本。 デモは継続追加)。

WordPress 有料テーマ -  Avada テーマ

Avadaデモをインストールする方法は、 この記事を参考にしてみてください。 デモを上げた後、ページを変更する方法は、「Avada テーマのデモを修正する」を参照してみてください。

テーマを選択すると、次のような事項をチェックみることができます。

  • テーマがいつ最終更新されたか長い間更新されていないテーマは選択しないようにします。 WordPressは年2回程度のメジャーアップデートが行われます。 テーマは長い間更新されない場合は WordPressとの互換性の問題が発生する可能性があります。
  • ユーザーの評価。
  • ユーザーからの質問へのテーマの開発者(販売者)の対応。 質問に対して積極的に対応するかを重点的にみるといいようです。
  • 提供されているデモ。 目的のレイアウトや機能を提供する方法を紹介します。 可能な似たようなレイアウトや機能があるテーマを選択すると、今後のカスタマイズ(ユーザーのニーズに合わせて変更)の操作が容易になることができます。
  • ショッピングモールを運営する場合、WooCommerceプラグインと互換性があることを確認。 ほとんどのテーマが別の問題はないが、テーマに沿って WooCommerce テンプレートがテーマに含まれていることがあります( "WooCommerceで特定のカテゴリの商品一覧表示する"参照)。
  • 多言語サイト(たとえば、英語、日本語、中国語サイトを同時に運営)を運営する場合 WPMLとの互換性を確認。 WordPressで多言語サイトはWPMLのようなプラグインを使用したり、複数のサイトを利用することができます。

Avada, Enfold など多く使用されているテーマを選択した場合、 WordPress 関連コミュニティ(カフェなど)からの質問を上げる助けを受ける可能性が高くなります。 ちなみにこのブログは、現在(2019年4月5日現在) Newspaper(Newspaper)という雑誌のテーマがインストールされています。 ニュースペーステーマに関連した質問がございましたら、このブログの任意の文にコメントで質問を上げてください。 その後、私は確認することができている場合の回答を与える下す努力します。

次の記事も参考にしてみてください。

※注意: Googleを検索してみると、有料テーマを無料でダウンロードすることができたり、非常に安価に販売する違法サイトがあります。 しかし、異常な経路を介してダウンロードする有料のテーマやプラグインには、ほとんどのマルウェアが植えられていることが知られており、実際のそのような事例をしばしば目撃します。

少しのお金をアキリョダがより大きな損害を見ることができますので、注意が要望します。 金銭的に圧迫を受ける場合まともな無料テーマも多いので、無料のテーマを使用することをお勧めします。

テーマやデモ、プラグインのインストールに失敗した場合

WebホスティングサーバーのPHP環境設定値が低かったり、ディスク領域が不足している場合、テーマやデモをインストールする過程でエラーが発生する可能性があります。 この場合、次の文を参照してください。

一部のWebホスティング会社では、サーバーの仕様が悪く、テーマ(デモを含む)やプラグインが正しくインストールされない場合があります。 そのような場合は、解凍して直接 FTPでアップロードすることを検討してください。 それでも問題が解決しない場合は、別のWebホスティングで移行を検討してください。

テーマやプラグインのインストールに関連して問題がある場合は、以下のコメントをつけて頂ければ分かる範囲内でお手伝いいたします。

プラグインを使用する

WordPressは、プラグインを使用して機能を拡張することができます。 WordPress 管理者ページで プラグイン]> [新規追加でプラグインを検索してインストールすることができます(下の "プラグイン検索"参照)。

適切な無料のプラグインがない場合 Codecanyonから WordPress プラグインを購入することができます。 そしてショッピングモールを運営する場合には、WooCommerceプラグイン(無料)をインストールして使用することができて、 このページで、さまざまな WooCommerce用アドオンプラグインを調べることができます。

多くのプラグインをインストールする場合は、サイトの速度に悪影響を与える可能性があり、プラグイン間の衝突も発生することがありますので、可能な場合、プラグインの数を最小限にすることが望ましい。 いくつかのプラグインを使用する必要がする判断がつかない場合は、次の記事を参照して必ず必要だと思われるプラグインを選択してインストールしてください。

そして、このブログで様々なプラグインを紹介しているので検索して見れば助けになるでしょう。 例:

参考までに WordPress インストール後の基本的な操作でテーマ/プラグインをインストール/削除する方法が説明されています。

プラグイン検索

伝言板>プラグイン>新規追加から WordPress ストアに登録された無料のプラグインを検索してインストールすることができます。

WordPress プラグイン検索

検索フィールドに必要なキーワードやプラグインの名前を入力して検索が可能です。 ただし、ハングルで検索すると、検索ができないので、英語で検索するようにします。 英語が慣れていない場合、Google翻訳を利用して、おおよその単語の組み合わせを入力してもします。

SEOで検索してみる上記のような画面が表示されます。 表示されているプラ​​グインのおおよその情報が表示されます。 インストールされてサイトの数、ユーザーの評価、最近更新日などを知ることができます。 ユーザー数が多く、最近更新されたプラグインを選択してください。 アップデートされたか、古いプラグインはなるべく使用しない方が安全することができます。

"より多くの詳細」をクリックすると、少し詳細情報をポップアップウィンドウで確認することができます。

WordPress SEOプラグインAll in One SEO Pack

通常は英語で記載されているが、All in One SEOはハングルになってハングルで説明を見ることができます。 気に入れば "今すぐインストール"をクリックしてインストールすることができます。(All in One SEOは 有料版もあります。 SEOのための高度な情報を利用してみたいと思った場合考慮してみることができます。)

適切なプラグインが見つからなかった場合、Googleで検索を試みることができます。 まずハングルで検索レポート適切なプラグインがない場合、英語で検索するようにします。 正確な英語でなくても、Googleで世話を検索できます。 出力先変更 wordpress pluginのように単語をおよそ組み合わせて検索することができます。 検索は、Googleでと正確な結果を見つける可能性が高くなります。 Naverは、検索品質が落ちる方です。

インストールするプラグインの数に制限はないが、なるべく最小限にすることが望ましい。 特に間違っ作られたプラグインをインストールすると、サイトの速度が遅くなったり、他のプラグインとの競合が発生する可能性があります。 (ただし、よく作られたプラグインは、多く設置してもサイトにそれほど大きな影響を与えないことです。)

常に最新のバージョンに更新する必要がセキュリティ上安全です。 古いプラグインは、セキュリティ上の問題になることができ、最新のバージョンの WordPressまたは他のテーマやプラグインとの競合を引き起こす可能性があります。

希望のプラグインが見つからなかった場合は、以下にコメントを残していただければ適切なプラグインがあるかを確認しましょう。

✅続けて 基本的な WordPress 사용법について見てください。



230のコメント

コメント

  1. こんにちは、ここのウェブサイトで本当に多くの助けを受けています。 とても一人で解決できない問題があり、とにかく見たいのですが、答えを知っていればぜひ助けてください。

    最近ワープを作成し、Googleサーチコンソールに接続したところ、404エラーが約200個が検出されます。 文は2つしかないのに理解できず詳細に見ると、ウェブサイト名/category/~あるいはウェブサイト名/tag/~のようなURLがほとんどですね。 昨年ワープを初めて勉強しながら講師がするように、 https://codex.wordpress.org/Theme_Unit_Test ここでサンプルデータをimportして実習を行ったし、その後本格的にホームページを始めながらサンプル文やタグ、カテゴリをすべて消したがサーチコンソール上ではこれらの内容が404でチェックされるようです。 すでに私のワープダッシュボード上にはきれいに削除された内容なのにない文を持って404が浮かんでいるのでどうするか分からないですね。 少数であれば無視するでしょうが、200個も見てみるとSEOにもとても悪影響のようで、実際にウェブサイト名をGoogleに打っても出ていません。

    もし、どのような解決方法があるのか​​知っていますか? 助けてください。

    応答
    • こんにちは、上がります。 通常時間が経つと、問題は解決します。 すぐに措置を講じたい場合は、次の措置を講じてください。

      1. 404監視プラグインを使用して、404エラーが発生したURLを確認します。 またはGoogle検索でsite:サイト名で検索して、毎日のないURLを整理するようにします。
      2. 次に、Google Search Console から削除要求を行います。 https://cafe.naver.com/wphomepage/19043 文を参照してみてください。

      応答
      • 速い答えありがとうございます! 毎日削除したり待つしか方法がありませんねㅠㅠ そうしなければならなかったのですがこんなに確信で教えてくれるので、むしろ心が楽です。 サイト名を打ったのに出てこない問題 やはり時間が過ぎて文とスコアが積もれば解決されるでしょう? 似たような時期にノーコードウェブサイトを作った友人は文が全くないのに、すでに検索になるのを見て何が間違っているのか、早起きがありますね。 それでは楽しい一週間を過ごしてください!

      • Googleにはサンドボックス期間というものがあります。 新規サイトの場合、ほとんどサンドボックス期間中にインデックスになっても流入はほとんどない場合があります。 この間、Googleはそのサイトが有用なサイトであるかどうかを評価します。 次の記事を参考にしてください。

        https://www.thewordcracker.com/basic/%EA%B5%AC%EA%B8%80-%EC%9C%A0%EC%9E%85%EC%9D%B4-%EC%95%88-%EB%90%98%EB%8A%94-%EC%9D%B4%EC%9C%A0-%EA%B5%AC%EA%B8%80-%EC%83%8C%EB%93%9C%EB%B0%95%EC%8A%A4-%EA%B8%B0%EA%B0%84/

  2. 5. ホームページに載せた文全体がジュルリョク出てくるのではなく、サムネイル型で簡単に出るように空プラグインもありますか?

    ウェブサイトは本当によく見ています。 大きな助けになります。 ありがとうございます!

    応答
    • こんにちは、yuriさん。 Newspaper(Newspaper)などのニュースやマガジンテーマを使用すると、特定のカテゴリーの記事や特定のカテゴリーを除外したものだけを好きな場所に表示できます。 ニュースサイトなどのサイトを作成したい場合は、まともな選択肢かもしれません。 また、クラウドライブラリでカスタムも比較的自由に可能です。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/themes/switched-the-wordpress-theme-to-newspaper/

      あるいはプラグインを使用することも可能ですが、無料プラグインで制約が多い方です。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%ED%8F%AC%EC%8A%A4%ED%8A%B8-%EA%B7%B8%EB%A6%AC%EB%93%9C-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8/

      応答
  3. こんにちは、以前にフレンドリーな答えに感謝します。 書くと詰まった部分があり、いくつか質問します。

    1. 文を発行すればホームページだけに最新の文章で開いてあらかじめ作っておいたメニュー(exブログ、水玉アーカイブ)には入っていないのにこれをどのように他のメニューにも表示させることができますか?

    2. 特定の文はホームに入れないようにしたいのですが書くごとにホーム最新の文に行ってしまいます。 方法がありますか?

    3.テーマ設定のみリセットできますか?

    4. テーマ設定をして基本にあったテンプレート(?)を削除しましたが、これを復元する方法はありませんか?

    応答
  4. こんにちは。
    もしかしたら Bluehostで無料ドメインとして1年使用してから終了したら、ネームジャックから再び同じドメインを購入して適用できますか?

    また1年無料使用が終わったら、そのドメインはまさに所有者のないものに解放されてしまうのでしょうか?

    応答
    • こんにちは、yuriさん。 Bluehost(Bluehost)では、1年間ドメインを無料で利用できます。 ドメイン登録期間が満了する前に延長をしなければ継続利用が可能です。 有効期限が過ぎても延長されない場合は、一定期間が経過した後に落書きドメインに解放され、他のユーザーが登録が可能になります。 次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/2015

      この場合、5〜6ヶ月後にドメインを ネームチップ(Namecheap)に機関移転することはコストを節約し、ドメインを維持するための最良の方法のようです。

      応答
      • そうですね! まとめると Bluehost 1年無料ドメインでいったんドメインを作成した後、有効期限までにネームチップにドメインを転送させれば良いのでしょうか? この時ネームチップに新たにまた一定期間ドメイン登録をすることになるんです。

      • ドメインをネームチップに代理するだけです。 ただし、移行可能な期間がある場合があります。 まず Bluehostに、いつからドメイン機関移転ができるか問い合わせてみるのが確実なようです。

      • そうですね。 親切な説明ありがとうございます。

        もし使用していたドメインが解けた時、そのドメインを使っていたサイトはどうなるでしょうか? ただ接続できませんか? 同じドメインを再購入して適用すると、以前と同じように回復できますか?

      • 1.ドメインの接続が失われたか期限切れになると、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINなどのエラーメッセージが表示されることがあります。
        2. ドメインが接続された状態でドメインが期限切れになった後、再度同じドメインを購入してネームサーバー設定をしてくれれば、サイトが開かれます。 (もちろん、ホスティングでデータがそのままになるはずですか?)

        しかし、時にはこのような場合があります。 ドメインの有効期限が過ぎると、ドメインをまだ優先的に延長する権利が与えられますが、費用はかなり高くなります。 この期間にドメイン延長費用が惜しくてドメイン満了後に再登録をしようとしましたが、ドメインが完全に期限切れになった後、他の人がそのドメインを登録して、とんでもなく高コストにドメインを譲渡すると提案する事例があります。 したがって、可能な限りドメインが期限切れになる前にドメインを延長することをお勧めします。 重要でないドメインなら、捨てて新しい良いドメインとして登録してもいいでしょう。

        要約すると、ドメイン登録の有効期限が切れた後に再登録しようとしている場合は、他の人が最初に登録する可能性が高いため、ドメインを必ず再登録できるという保証がないため危険です。 重要なドメインであれば、必ず期間前に延長してください。 長年延長して期限切れを予防することをお勧めします。

  5. こんにちは! もし Bluehostで無料ドメインとして1年使用してから終了したら、ネームジャックから再び同じドメインを購入して適用できますか?

    また1年無料使用が終わったら、そのドメインはまさに所有者のないものに解放されてしまうのでしょうか?

    応答
  6. こんにちは、
    私は日本語ブログを運営して日本人対象に投稿をしようとするのに教えてくれた方法で同じように制作しても大丈夫でしょうか? ホスティングやグーグル検索最適化など、日本語投稿の場合にも同様に該当するのか、、または他の方法を参考にすべきかどうか気になります、!

    応答
    • GoogleのSEOに関して、国境はないのではないかと思います。 日本人が好きなテーマで良い文を書けば良い効果が得られるでしょう。 SEOとは最終的にコンテンツに帰結します。 役に立つ文を発行すると、多くの人が読んで共有しながら人気を集めることになります。 Googleをターゲットにしている場合は、Googleが好きな方法で記事を書くことで、Googleがより効果的に公開することができます。 WordPressでは、Yoast SEOやRank Mathプラグインをインストールして活用すると役に立ちます。

      応答
  7. … もしブロガーはあなたのプランをどのように使用するのかを見てください?
    プランがとても悩んでいます。
    ブログを運営していますが、お勧めします。
    !!

    応答
    • こんにちは? このブログは Bluehost VPSのうちStandardプランを使用しており、CPUとSSDを追加して現在月50ドルほど支出されています。 訪問者数がそれほど多くない場合や、最初のブログを開始する場合 Bluehost 共有ホスティング 中プラスくらいが無難ではないかと思います。 Plus 以降では、ドメインを無制限に追加してサイトを作成できます。 Bluehost行く速度が遅いという方がいらっしゃいます。 このブログのように軽いテーマを使用してキャッシュプラグインを設定すると、速度が大丈夫になります。 次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/2241
      https://avada.tistory.com/2513

      訪問者の数が増え、トラフィックが増加して共有ホスティングを受けるのが難しい場合は、VPS商品へのアップグレードを検討することができます。 開始段階では、共有ホスティングで十分です。

      https://avada.tistory.com/2547

      応答
  8. こんにちは。 現在の会社のホームページ WordPressで使用中です。 メインページの下部のアドレスを変更しようとしたときにページを間違って押したか、突然メインページの中央部分のコンテンツ部分が見えなくなります。 Homeページに入るとその内容はそのままありますが、何が問題なのでしょうか?

    応答
    • ページのリビジョンがある場合は、リビジョンを使用して元に戻してください。 リビジョンについては、次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%ED%8F%AC%EC%8A%A4%ED%8A%B8-%EB%A6%AC%EB%B9%84%EC%A0%84-%EB%B9%84%ED%99%9C%EC%84%B1%ED%99%94-%EC%A0%9C%ED%95%9C%ED%95%98%EA%B8%B0/

      またはバックアップがある場合は、バックアップに復元(ロックバック)できます。

      応答
  9. ワープ初心者として、運営者様のサイトが本当にたくさん役に立っています。 いくつかの文を読んでいます。

    今回の記事で気になる部分は WordPress URL部分です。 私は今、ちょうど現在のワープで20本ほど発行しました。 URLスラグ部分を1個だけハングルで発行し、残り19個は英語で発行をしました。

    ダントクバンに聞いても英文が有利ハングルが有利だと言うことが多いです。 私の場合には、私が露出したい分野に上位露出をしている方が英語でURLを運営されるので、私もただ従いました。 ㅎㅎ

    オペレーターは、ハングルがGoogleのSEOでより有利であると言った部分があります。 ところが運営者様の文もURLが英文もあるようでハングルもあるようですが。 現在はどんなものがSEOにもっと有利だと思いますか?

    英語で文を発行してみると、ハングルのように住所が壊れることはなくていいのに、私が露出したいキーワードを英語で正確に翻訳するのに限界があるので、悩みがたくさんなって今から揺れずに一つのことを決めたいと思います。 簡単にアドバイスをお願いします。

    応答
    • 韓国語コンテンツのサイトの場合、URLをハングルにすることがSEOに有利です。 実際、Yoast SEOやRank MathなどのSEOプラグインでは、URLにコアキーワード(Focus Keyword)を含めることをお勧めします。

      https://www.screencast.com/t/3i1fzbJUh

      チェックしてみると、上位25ページのうち15ページはハングルURLになっており、10ページは英語URLになっていますね。

      応答
  10. 壊れた画像を交換し、よくある質問の内容を追加しました。

    本文で画像が壊れている、内容に誤りがある、またはよくある質問に追加したいと思っている場合は、コメントでお知らせください。

    応答
  11. 最新 WordPress バージョンを反映して内容を修正しました。 この記事で取り上げたいことがある場合は、コメントでお知らせください。

    応答
  12. こんにちは助けてくれた文等のおかげで WordPress まだ始まったばかりをしました。
    心から感謝を申し上げます。

    一つお尋ねみるよいます。

    文を書いて発行をすると一番下に

    1. previous post
    2. you might also like
    3.返信を残す欄に
    3-1 your comment here ...
    3-2 name(required)/ email(required)/ website

    上記のように英語で出てくる部分をハングルで変更することができますか?

    テーマはOcean WP無料テーマ書いています。

    テーマオプションでは、基本的に修正する部分が提供ならないことだよ。

    style.cssあるいはhtml入っ見つけてみたところ...私初心者といくら探してみても、どこで修正をしていることはよく分からないㅜㅜ

    もしかしたらハングルで変更する方法を知っているでしたら助けをお願いします。

    ありがとうございます。 ^^

    応答
    • こんにちは、堤防僧侶。 Loco Translateを使用してローカライズすることができます。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-translate-wordpress-po-file-using-loco-translate/

      応答
  13. 膨大な情報ありがとうございます。 ブログを運営しようとし Bluehostに加入しました。 何から始めなければか分かりません。 一読してみ質問がある場合質問求めることができる?

    応答
    • ブログを訪問していただきありがとうございます。 まずは、市販の本を一つ購入してみたり、上記の文を全体的に一度読んで役立つでしょう。 内容が膨大で、一度にすべてを理解しない場合には、理解できない部分を再読み、それでも理解できないか、気になる点がある場合はコメントを介してあげていただければ分かる範囲内で回答いたします。

      Bluehost(Bluehost)ウェブホスティングを介してブログを運営する場合にこのブログのように GeneratePress テーマを使用すると、速度も大丈夫に出てくるでしょう。 無料版も大丈夫そうだが、カスタムが必要な場合には、 プレミアムバージョンを使用すると、簡単でしょう。 GeneratePress テーマを利用したセッティング例を https://avada.tistory.com/2299 で確認することができます。

      応答