WordPress 5.5に新たに追加されたXMLサイトマップ

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレス5.5のバージョンが8月11日に公開される予定です。 現在 WordPress ベータ5.5 3までリリースされました。 ワードプレスは、自主的にサイトマップを提供されていないプラグインを使用してサイトマップを作成する必要がしました。 ワードプレス5.5には、XMLサイトマップの機能が組み込まれていそうです。

ワードプレスとXMLサイトマップ

ワードプレスは、独自のサイトマップが提供されていないので、Googleやネイバーなどの検索エンジンにサイトマップを送信するためには、 Yoast SEOすべてのOne SEO Packに含まれます, ランク数学 などSEOプラグインで提供するサイトマップの機能を使用するか、Google XML Sitemapsのようなサイトマップ専用のプラグインを使用する必要がしました。

ワードプレスXMLサイトマッププラグイン

GoogleのXMLサイトマップの場合、現在200万人以上のサイトにインストールされて有効になっているほど多く使われています。

SEOプラグインがインストールされている場合は、あえて別のプラグインをインストールせずにSEOプラグインで提供するサイトマップ機能を使用します。 SEOプラグインをインストールしていないか、SEOのプラグインで提供するサイトマップの機能が気に入らない場合は、サイトマップ、専用のプラグインを使用することができます。

しかし、ワードプレス5.5のバージョンが発売され、ワー​​ドプレスでの基本的なXMLサイトマップを作成するため、サイトマップを生成するために追加のプラグインをインストールしなくてもされます。

ワードプレス5.5で提供されるXMLサイトマップ

ワードプレス5.5

ここでは、ワードプレス5.5で提供するサイトマップにいくつかの情報です。 ワードプレス5.5で提供される機能をあらかじめ確認してみたい場合 WordPress Beta Testerプラグインをインストールして ツール> Beta TestingBleeding edge nightlies オプションを選択すると、ワードプレス5.5のベータ版をインストールすることができます。 (重要なサイトである場合は、必ずバックアップを受けた後、このプラグインを使用してください。)

1.基本的なワードプレスのサイトマップ(WordPress sitemap)アドレスは、次のとおりです:

/wp-sitemap.xml

2.サイトマップには、膨大な数のウェブページを収容することができます。

The sitemap index can hold a maximum of 50000 sitemaps、and a single sitemap can hold a(filterable)maximum of 2000 entries。

サイトマップインデックスは、最大50,000個のサイトマップを含めることができ、各サイトマップには、最大2,000個のアイテムまで収容が可能です。

3.ワードプレスでは、サイトのホームページと文の作成者アーカイブ(アーカイブ)だけでなく、すべての公開されたポストタイプと分類を処理します。

By default、sitemaps are created for all public and publicly queryable post types and taxonomies、as well as for author archives and of course the homepage of the site。

robots.txtが自動的に生成され、ワー​​ドプレスが生成されたXMLサイトマップを参照するようになるので、手動でサイトマップのアドレスをrobots.txtファイルに追加する必要がありません。

SimpleXML PHPエクステンションが必要

ワードプレスのサイトマップが動作するには、サーバーやWebホスティングサーバーにSimpleXML PHPエクステンションがインストールされている必要があります。

この拡張機能がインストールされていない場合、サイトマップは動作しません。

サーバーを直接セットして運営する場合SimpleXML PHPエクステンションをインストールします。 このエクステンションがインストールされているかは、次のコードでされたphpファイルを一つ作成し、Webホスティングサーバーにアップロードして確認できます。

<?php

// Show all information, defaults to INFO_ALL
phpinfo();

// Show just the module information.
// phpinfo(8) yields identical results.
phpinfo(INFO_MODULES);

?>

たとえば、上記のコードでされた info.php ファイルを FTPを介して、ルートフォルダにアップロードした後、 www.example.com/info.phpをブラウザのアドレスバーに入力して、SimpleXML拡張機能が有効になっているかどうかを確認することができます。

SimpleXMLエクステンション

おそらくほとんどのウェブホスティングでは、この機能がサポートされています。 カフェ24と ブルーホスト, サイトグラウンド などのいくつかのウェブホスティングで確認してみるSimpleXMLサポートがすべて有効になっていることを確認しました。

ワードプレスのサイトマップは、モダンなサイトマップの機能が不足して

WordPress 5.5 sitemapでは、画像、ビデオ、(動画)やGoogleニュース(Google News)のためのサイトマップを作成していません。

画像のサイト​​マップが非常に重要なことは、この機能が欠けていて惜しいですね。

そして、一部のユーザーにGoogle Newsサイトマップも重要です。

このブログは、現在Google Publisher Centerに登録されて グーグルニュースサイト または、Googleニュースアプリ(スマートフォン用)で「ワードプレス」で検索すると、ニュースメディアで検索されます。 (グーグルニュースで「ワードプレスの情報パッケージ」ブログを購読することができます。)

グーグルニュースパブリッシャーセンター

グーグルニュースメディアとして登録する際に、サイトマップを提出することになります。 ワードプレスSEOプラグインで生成されるサイトマップを送信すると、サムネイルが露出しません。 サムネイルまで露出するようにするには、Google News専用サイトマッププラグインを使用することができます。

ワードプレスのサイトマップが便利だろうか?

WordPressでは、ユーザーからなぜサイトマップのためにプラグインをインストールするかどうかについての質問をしばしば受けるとします。

Users sometimes ask、why should I have to add a(big)plugin for something basic like a sitemap? Well、they have now got an answer、from now the answer is no、you do not。

ワードプレス5.5からの基本的な機能であるサイトマップのために、別のプラグインをインストールする必要がなくなりました。

ワードプレスでは、プラグインのインストールを最小限に抑えることです。 プラグインのインストールを好むしていないユーザーにワードプレスで自主的に提供するサイトマップが非常に便利になります。

基本的なワードプレスのサイトマップで提供していない機能が必要な場合、サイトマップ、専用のプラグインをインストールすることができます。

2020年7月31日追加:Rank Math - ワードプレスのコアサイトマップとの互換性

ワードプレス5.5に搭載されているコアサイトマップ(Core Sitemaps)はカスタムしたり、制御することができないという欠点があります。 ワードプレスSEOプラグインのいずれかであるRank Mathでは最近の更新を介してワードプレス5.5の既定のサイトマップとRank Mathのサイトマップ機能間の衝突を避けるために、ワードプレス5.5に含まれているCore Sitemapsを無効にする機能が追加されました。

参考



コメントを残す