[WordPress] FTPを使用する

はじめ

ワードプレス 作業でも、他のウェブサイトの操作と同様にFTPの使用が必要な場合があります。 FTPは、File Transfer Protocolの略で、ファイル転送プロトコルを意味します。 FTP経由でファイルをWebホスティングサーバーに送信したり、ファイルをダウンロードすることができ、直接ファイルを編集することができます。 ワードプレスの場合 テーマエディタでテーマファイルを直接編集が可能ですが、あまり望ましい方法同じではありません。 WordPressの テーマエディタを使用する場合は、次のような点でお勧めしません。

  • 読み込み速度が遅い
  • 元に戻す機能部材 - 誤って入力したり、変更した場合元に戻すことができません。
  • サイトへのアクセスは不可能に発生する可能性 - PHPの文法に少しのエラーがあっても、サイトが動作しないことができ、ひどい場合は、サイト自体に接続していない状況にあります。
  • セキュリティの問題。 サイトがハッキングされる場合、ダッシュボードを使用してテーマ/プラグインのソースファイルが改ざんされることがあります。 (ワードプレスのセキュリティ強化する 参考)

テーマエディタは明らかに便利で簡単な修正の際に非常に便利ですが、上記のような点から、個人的にはほとんど使用しません。

ブルーホスト、サイトグラウンド など海外のホスティングをご利用の場合cPanelで提供されているFile Manager(ファイルマネージャ)ツールを使用することができます。 ファイルマネージャは、特に、大量のファイルは、アップロードまたはダウンロードしたり、削除する場合に便利です( "ブルーホストから多くのファイルを迅速に削除、アップロード、ダウンロードする方法"参照)。

歌声雨優れ海外ホスティング

FTPを使用する

FTPクライアントのインストール

まず、PCからサーバーに接続するためには、FTPクライアントをインストールする必要があります。 クライアント(Client)は、ネットワークを介してサーバと呼ばれる別のコンピュータシステム上のリモートサービスにアクセスできるアプリケーションやサービスを意味します。

いくつかのFTPクライアントがあります。 その中のファイルBugzillaの(FileZilla)が多く使用されます。 ファイルBugzillaの サイトにアクセスして、インストールファイルをダウンロードするようにします。

ファイルBugzillaのクライアントのダウンロード

Quick download linksDownload FileZilla Clientをクリックします。

FileZilla Client Download

Windows 32ビットシステムを使用している場合は、Windows(32bit)のインストールファイルをダウンロードするようにします。 64ビットシステムの場合 More download options「Show additional download options "をクリックして、64ビット用のインストールファイルをダウンロードします。

インストールは一般的なプロセスに基づいてインストールします。 インストールファイルを実行すると、次のようにサードパーティのプログラムをインストールする画面が出てくるだけで、 「Skip All」(すべてスキップ)を選択します。

Norton install  - ファイルBugzillaのインストール

Skip Allをクリックすると、ダウンロードが完了したというメッセージが表示されます。 表示される画面で、 今すぐインストールを選択してインストールを開始します。 以降継続 同意 または を押します。

ダウンロード完了

FTPに接続する

ファイルBugzillaのインストールが完了したら、ファイルBugzillaのに接続して作業をする方法について見てみましょう。 まずは この記事でワードプレスのブログのページリクエスト構造について説明してください。

ファイルBugzillaのを実行して、 ファイル>サイト管理者をクリックします。

ファイルBugzillaの - サイト管理者

Webホスティングサーバーに接続するために、まず "新しいサイト"を押して、接続のFTPサイトを作成した後FTPログイン情報を入力するようにします。
  1. 新しいサイトを押します。
  2. サイト名を入力します。
  3. ホスト名を入力します。 (例えば、example.com、example。cafe24。com)
  4. ユーザー名を入力します。
  5. パスワードを入力します。

"暗号化」は、通常、 "Use explicit FTP over TLS if available」を選択して、「ログインタイプ」の場合、「一般的な」と選択します。しかし、別途指示がある場合は、指示に従うことをします。」ポート"も通常は空白のままにのみ、ポート番号を入力する場合もあります。 ホスト名、ユーザー名、パスワードは、Webホスティング会社からのサービスを登録する際に記入する情報です。 よくわからない場合は、Webホスティング会社のページで確認して見て、それでもわからない場合は、Webホスティング会社に連絡するようにします。

FTP情報を入力して接続してみると:

FileZilla Connected  -  WordPress

前述と同様の画面が表示されます。 (1)に示されている部分が ローカルサイト(ユーザーのコンピュータのフォルダ)であり、(2)に示されている部分が リモートサイト(Webホスティングサーバー)です。

ワードプレスのフォルダ構造

上の図でリモートサイト(Webホスティングサーバー)を拡大してみると:

WordPress folder structure

この場合、 / wp フォルダの下に、ワードプレスがインストールされています。 ワードプレスをインストールすると、ワードプレスのインストールフォルダの下に WP-config.phpを ファイルを含むいくつかのファイルと / wp-content, / wp-content, / wp-includes など3つのフォルダがあります。

ワードプレスの作業をしてみる WP-config.phpを ファイルについて多く聞くことがあります。 フォルダの中の重要なことは、 / wp-content フォルダです。 このフォルダは、文字通り、コンテンツが含まれているフォルダです。 以外のフォルダは、ワードプレスのコアファイルが含まれているフォルダであるため、必要な場合以外は変更してはならないです。

/ wp-content フォルダの下に、いくつかのフォルダがあり、重要なことは、 /プラグイン フォルダと /テーマ フォルダです。 /プラグイン フォルダは、文字通りWordPressのプラグインが位置するフォルダであり、 /テーマ フォルダは、テーマファイルが位置するフォルダです。 テーマを変更する場合、主に /ワードプレスのインストールフォルダ/ wp-content / themes /テーマフォルダ 以下のファイルを修正できるようになります。

ファイル(フォルダ)アップロード/ダウンロードする

PC上でファイルやフォルダをアップロードしたり、Webホスティングサーバーからファイルをダウンロードしようとする場合、最も簡単な方法は、ファイルをドラッグしてドロップします。 つまり、PCでWebホスティングサーバーの特定のフォルダにアップロードするには、ファイルやフォルダを選択した後、マウスでドラッグして左側の部分(上の図では(1))から右の部分(2)にドロップします。 逆に、WebホスティングサーバーからPCにダウンロードするには、Webホスティングサーバーからファイルやフォルダを選択した後、右(2)から左(1)にドラッグ&ドロップされます。 複数のファイルを選択するには、 Ctrlキー キー シフト キーを使用するようにします。

またはマウスの右ボタンをクリックして、「アップロード」または「ダウンロード」を選択してファイルをアップロードしたり、ダウンロードすることができます。

Download files  -  FTP

FTPでファイルを変更する

FTPでファイルを編集するには、編集するファイルを選択した後、マウスの右ボタンをクリックして 表示/編集を選択するようにします。

Edit File in FileZilla

これにより、デフォルトのエディタ(例:メモ帳)が実行され、ファイルの変更が可能となります。

デフォルトのエディタを変更するには、 編集>設定を選択した後 ファイルの編集>デフォルトのエディタ メニューからテキストエディタを変更することができます。

Specify Text Editor in FileZilla

無料または有料のテキストエディタをインストールした後、上の図で、「ユーザーエディタの使用"を選択して、パスを指定して、目的のテキストエディタをデフォルトのエディタとして使用することができます。(例: エディタプラス, EmEditor)

ファイル/フォルダの名前を変更する

ファイル名やフォルダ名を変更するには、通常、Windows内での作業と同じように、ファイルやフォルダを(ゆっくり)をダブルクリックします。

新しいファイル/フォルダの作成

新しいファイルを作成するには、マウスの右ボタンをクリックして 新しいファイルを作成するを選択した後、ファイル名を指定します。 新しいフォルダを作成するには、マウスの右ボタンをクリックして ディレクトリを作成するを選択して、ディレクトリを作成することができます。

ファイルBugzillaの新しいファイル/フォルダの作成

削除するには、ファイルやフォルダを選択した後、キーボードの 削除 キーを押すか、マウスの右ボタンをクリックして "削除"を選択します。

FTPでファイルのアクセス権を設定する

たまにワードプレスで 画像やファイルのアップロードの問題 ためのフォルダやファイルのアクセス権(パーミッション)を変更する場合があります。 この場合、ファイルやフォルダをマウスで選択した後、マウスの右ボタンをクリックして "ファイルの権限"を選択して、ファイルのアクセス権を変更することができます。

ファイルBugzillaのファイルアクセス権の変更

おわりに

以上で、FTPクライアントのFileZillaをインストールして使用する方法について説明しました。 他にもブックマーク機能を使用すると、特定のフォルダ(例:使用中のテーマフォルダ)にすぐに接続が可能です。 テーマファイルの修正、CSSスタイルシートの変更などの作業時FTPを使用すると便利です。 FTPの使用は、Webサイトの操作時に、基本的に必要なので、身につけておくと便利に使うことができます。

注:


6のコメント

  1. 質問があります。
    ファイルBugzillaのダウンロードしてサイト管理者アクセスしました。
    しかし、リモートサイトにwwwフォルダが、wpフォルダが見えません。

    応答
    • wpサブフォルダに WordPressがインストールされている場合、wpフォルダがあるものであり、wordpressのサブフォルダに WordPressがインストールされている場合wordpressフォルダがあるでしょう。
      ルートフォルダ(デフォルトのフォルダ)に WordPressがインストールされている場合、このようなフォルダはなくwwwフォルダ(またはWebホスティングによりpublic_htmlフォルダ)の下に WordPress ファイルが存在します。

      wp-config.phpファイルのあるフォルダに WordPressがインストールされています。

      応答
  2. FTP接続した後、テーマフォルダなどの特定のディレクトリにすぐに移動したい場合は、ファイルBugzillaののブックマーク機能を利用することができます。

    https://www.thewordcracker.com/blog/ftp-%ec%a0%91%ec%86%8d-%ec%8b%9c-%ec%9b%90%ed%95%98%eb%8a%94-%eb%94%94%eb%a0%89%ed%84%b0%eb%a6%ac%eb%a1%9c-%ec%89%bd%ea%b2%8c-%ec%9d%b4%eb%8f%99%ed%95%98%ea%b8%b0/

    応答
  3. ftp cssやphpファイルを変更するときに、ファイルをダウンロードして変更した後、アップロードする必要が安全ですね。 ワープのテーマのページには、知らないゴンドゥルミョン問題がセンギニはいじらない方が得策でしょう? バックアップは、常にしておいてはいるが、最初にテーマを購入した後の商品の一覧は、削除してもページ(チェックアウト、その他のテーマの属性が含まれていましたよ。製作者が作った静的コンテンツ)リストとは無関係でしょう? 質問が続い降っ。申し訳ありません^^ ;; 良い一日を過ごす!

    応答
    • こんにちは?

      テーマを購入した後、デモをロードした場合には、コンテンツ(ポスト、ページ、商品、ポートフォリオ文など)は削除さとされます。 ページの場合は、必要に応じて修正いただきお使いいただいてドゥェゴヨ。

      テーマのソースを変更する前にチャイルドテーマをインストールして変更をチャイルドテーマ内に位置させるとされます。

      修正するには、どうしても WordPressの知識が少しあるべきと思われる。

      応答
      • あ..一応ページのリストの中で、必要な重要なファイルは、減算なると思います。 WooCommerce ページも含まれており、。ありがとうございます(_ _)

コメントを残す