医大増援の問題に対する個人的な考え

Last Updated:2024年04月24日| 2のコメント

政府の医大増援方針の発表で浮上した医大増援問題は現在進行形です。政府は選挙惨敗以後、2025学年度医大庭園を50~100%以内で大学自律で募集が可能だという大学自律募集方針を持って出てきたが、医師たちは 朝三モサ(朝三暮四)とはいえ、これについても反対しています。

私は政治に全く関心がなく、医師や政府のどちらを聞こうとするのではないことを明らかにします。以下の内容は、医学援助の議論に対する純粋な個人的な考えにすぎません。😄

医大増援の問題に対する個人的な考え

医大増援の問題に対する個人的な考え

以下は、医学援助の拡大に関する政府の広報映像です。

政府は「小児科オープンラン」、「緊急治療室の引き抜き」などを例に挙げて医療人材不足の問題を指摘し、医大増援の推進を発表した。しかし、医療界では重要なことは、医師の総数ではなく、医療従事者の内部的な配布の問題を指摘しています。

最近は小児科を見にくく、緊急治療室の医療スタッフが不足している状況です。そして地方では実力ある医師たちがあまりなく足りない上項のようです。

これが単に医師数が不足して発生するかは考えてみるべき部分のようです。

根本的な原因は出生児数の急減による人口減少で見つけることができないかと思います。

韓国の出産率が世界で最も低く、人口消滅まで心配しなければならない状況になりました。 統計庁資料を見ると、我が国の合計出産率の推移がひどく心配されるレベルであることが確認できます。

韓国の合計出産率の推移
韓国の合計出産率の推移。

人口が安定的に維持されるためには、平均出生児数が2.1人にならなければならないという。ところが2023年の出産率が0.72を記録し、今後さらに落ちると予想されています。

これにより、出生児数も毎年急減しています。

韓国出生死亡の推移
出典:統計庁

子どもたちが減りながら、子どもたちを相手にするサービスやビジネスは深刻な打撃を受けています。大学も例外ではありません。 20年後には大学の新入生が半分以下に落ちると見込まれています。

2025年度基準大学募集人員が50万人水準だが、2023年出生児数は23万人で半分にも及ばない。

学生数が減り、20年後には大学募集庭園も半分に減らさなければなりませんが、庭を減らそうとする大学はいないでしょう。それでは競争力のない大学が自然淘汰されると考えられます。

毎年大学新入生の数が減っていますが、医大庭園を増やすとどうなりますか?優秀な学生の大部分が医大に支援することになる医大の撮影現象が深まります。実際、医大増援発表後にSKYに合格しても登録を放棄する現象が発生しているそうです。優秀な人材が多方面に均等に分布しなければなりませんが、医大だけが追い込まれればその副作用も大きいでしょう。

そして考えてみる問題は、小児科や緊急室に医師が足りないか、そして地方医師が足りない問題が単に医師数が少ないからかという点です。

生まれている乳幼児が減りながら、小児科も一緒に減っています。しかも、一部の極性な親たちの突然のため、小児科をやめる事例も発生しています。

医学生が増えても人気でお金になる過労に集まるというのも簡単に推測できます。そして、地方勤務を望む医師が増えるということもバラ色の見通しに過ぎないでしょう。

地元の病院に行こうとする医師が少ないため、地方の医療水準が首都圏に比べて大きく落ちないと思われます。実際、私はそのような経験をしたことがあり、多くの人々もこの点には共感すると思います。

人は生まれたらソウルに送り、馬は済州に送るという言葉があります。首都圏偏重現象は昔からあり、今はさらに深刻化しているようです。最近、田舎に行くと、子供たちは苦労し、若い人もいません。私の故郷の村では70代が末っ子です。😥

ますます難しいことを遠ざけようとする現象は、世界中で同じではないかと考えられます。大変でお金にならない科を忌避し、比較的簡単でお金になる課に集まるということは誰でも予想できます。単に医大生数を増やしても、このような問題が解決されるわけではないと思います。

社会が適切に戻るためには、メディアが私の役割を果たさなければなりませんが、今日、メディアは政府のトランペットの役割を果たしたり、メディアの基調によって世論モールをすることが多いのが現実です。このような問題をずっと前から持ってきており、特に韓国は歴史の特殊性のためにさらに深刻なようです。

個人的な考えは、医大庭園を増やすことが綾糸ではなく、小児科や緊急室、地方に医師が足りない根本的な原因を把握し、誘引策を通じて忌避科や地方に医師が行くよう誘導する政策が必要ではないかと考えられます。まず、このような努力にもかかわらず医師数が不足していると判断されれば、政府と医療界が互いに納得できるレベルで増援を協議することも考慮できると考えられます。

参照


2のコメント

コメント

    • そんな意見があると思います。しかし、メディアに報道されたものだけがすべてではなく、簡単に説明できる問題ではないと思います。楽しい週末をお過ごしください。

      応答