現実的なブログの収益化方法4つ

Last Updated:2024年04月22日| 4のコメント

私 WordPressを使用しながら学んだ内容を整理する目的で、 WordPress ブログを始めました。訪問者数が増え、サイト規模が大きくなり、さまざまな収益化方法を模索し、実際に実行したりもしました。

Naver ブログの場合、体験団を通じて収益を生み出す方法が多く挙げられているが、 WordPress ブログを運営する場合、体験団とは距離が遠いようです。 WordPress ブログで現実的に試すことができる収益化方法を見てみましょう。

現実的なブログの収益化方法4つ

現実的なブログの収益化方法5つ

AdSense 광고

最も試されている収益化方法として AdSense(AdSense)があります。投稿数が増え、訪問者数が増えると AdSense 申し込みができます。

AdSense 承認されたら、ブログに AdSense 広告が表示され、Googleが広告主から受け取る広告費用の一定額をブロガーに支払います。

グーグルドキュメントによると、広告サイト運営者は収益の約68%を占めると言われています。

たとえば、広告主が Google Ads を使用して AdSenseでディスプレイ広告を購入すると、サイト運営者は収益の約68%を占めます。 AdSenseは、広告主の入札単価に対して有効な1,000回のインプレッションあたり費用eCPMを発行者に支払います。

数年前からアドゴシという言葉があるほど AdSense 承認を受けるのが難しくなりました。特に最近はチャットGPTのような生成型人工知能(AI)の登場のために自動的に投稿される彼らが増加するにつれて AdSense 承認がよりトリッキーになったようです。

Googleは2024年3月のアップデートで自動生成されたコンテンツをフィルタリングすることに焦点を当てています(Googleの 2024年3月のコアアップデートと新しいスパムポリシーのドキュメントを参照)。

以前よりも承認は容易ではないかもしれませんが、読者に価値を提供するユニークで独創的なコンテンツで勝負すれば、難しくなく承認を受けることができるでしょう。

WordPress 収益性の高いブログでスピードが速い GeneratePress テーマが多く使用されています。 WordPress ブログの設定方法は、次の記事で確認できます。

アフィリエイトマーケティング

我が国ではアフィリエイトプログラムはほとんどありませんでしたが、クパンクパンパートナーズというアフィリエイトプログラムを導入しながら、我が国でも活性化されています。

確認してみるとクパンパートナーズが2018年7月に初めて始まり、もうほぼ6年になっていきますね。国内で利用できるアフィリエイトプログラムがほとんどないので、多くのブログがクパンパートナーズを通じてクパン商品を宣伝しています。インターネット新聞社も財政状態が悪いので、クパン商品広告を表示することが多いです。

最近ではアリエクスプレス連携マーケティングを行うサイトも増えています。アリエクスプレスの国内ユーザーが増え、クパンの代わりとして浮上しています。

注意事項はアフィリエイトマーケティング関連コンテンツがほとんどのサイトはGoogle、 Naver など検索エンジンで低品質やスパムに分類される可能性が高いです。日常的な文章や特定の分野の文章を作成しながら、製品の後期形式で書くことを検討することができます。

ちなみにクパンパートナーズやアリエクスプレス提携商品を宣伝するコンテンツを生成する自動化プログラムや WordPress プラグインが開発され販売されています。 Googleなどの検索エンジンで自動化プログラムを使用して生成されたコンテンツのフィルタリングを強化しながら、ますます効果がなくなるようです。オートメーション投稿プログラムまたはプラグインを購入する場合は、この点を考慮して購入するかどうかを慎重に決定してください。

私はチャットGPTが出る前に自動化方式でクパン提携商品を紹介する文を大量に作成して一時的にまともな収益を得ることができました。しかし、Googleからスパムサイトに烙印を撮られながらサイトが暴望しました。

製品/サービス販売

ブログは次のようにいくつかのタイプに分けられます。

  1. 趣味型ブログ - 趣味とするブログ。日常の文章などを共有。
  2. 収益型ブログ - AdSense 広告やアフィリエイトマーケティングで収益を得るブログ
  3. ブランド型ブログ - 特定の専門分野に特化した情報を提供するパーソナルブランディングブログ

特定の分野に関する情報を提供し、その分野で認められている場合は、製品の販売やサービスを販売することで収益を得る機会を見つけることができます。

例えば、コーヒー専門家がコーヒーに関する専門的な情報を提供するブログを運営してコーヒーマニアから認められるようになった場合、コーヒーマニアを相手に特定製品を推薦して販売したり、クパン商品などを推薦してパートナーズ収益を得ることができる。あります。

また、コンピュータに関する詳細な情報を提供する場合は、コンピュータ関連サービス(アセンブリ、修理など)を提供することも可能です。

協賛投稿(ゲスト投稿)

ブログ訪問者の数が増えれば、協賛投稿の依頼を受けることも考えられるでしょう。ジョブブログも可能でしょうが、特定の分野に特化したブログで特に効果があるかもしれません。

たとえば、旅行関連情報を提供するブログを運営しており、旅行情報を見つけるために多くの訪問者がブログを探している場合を考えてみましょう。この場合、旅行会社や観光活性化を担当する地方政府から広告を受けたり、協力して収益化をする機会を模索することができると考えられます。

このブログは、 WordPressを含む様々な情報を提供しており、特に WordPress私のホームページ制作に関する情報を得るために、ホームページ制作従事者やホームページの作成に関心のあるユーザーが多く訪れています。

しかし、この WordPress ブロルグは残念ながら協賛投稿の機会があまりありません。 Naver カフェやクモンなどを通じて積極的に広報することを検討しています。

現在は海外でゲスト投稿の問い合わせが増えています。無料投稿を希望する場所もあり、有料で進行することに関心を持つ企業もあります。

あなたがこのブログに協賛投稿をしたい場合 ここからお問い合わせいただけます。

最後に、

以上でブログを通じて収益化できる現実的な方法について私なりの考えをまとめてみました。他にも探してみると収益化方法が見つかるはずです。例えば、ブログで有意な収益を得たら、これをもとに電子書籍を出したり、ブログ講義をすることができるでしょう。

参照


4のコメント

コメント

  1. クパスに興味があります。クパスでお金を稼ぐにはどうすればいいかアドバイスをお願いします

    応答
    • ブログで月1000万ウォン以上稼ぐ方が実際にいらっしゃいますが、例外的な場合であり容易ではないでしょう。
      どの分野でも特出した方がいらっしゃいますからね。
      最初から月千を目指し始めると、途中にあきらめる可能性が高くないかと思います。
      だから不可能なわけではなく、それなりの方法を習得してブログ講義を通じて追加的な収益を得る方もいらっしゃいます。
      個人的には、このブログのようにブランディング型ブログが継続的な収益創出にもっと役立たないかと思います。収益性の高いブログで高い収益を得ても、持続するのは難しいかもしれません。ブログの環境が変化し続け、最近ではチャットGPTの登場により、Googleの政策が変わりつつ、以前よりも多くの研究が必要な時期です。

      応答