ブログリニューアル:GeneratePressテーマに変更

14のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスのブログに人気マガジンのテーマである ニュースペーパーのテーマを昨年4月に設置し、約10ヶ月程度の使用である先週に軽く速いテーマに評価される GeneratePressテーマに変更して、ブログリニューアルをしてみました。

このブログでは、その中に複数回のテーマが変更され、1年以上使用したことはないようです。 ニュースペーパーが良いテーマであることは明らかだが、シンプルなサイトにしたい私には少し過剰な(?)テーマがなかったかと思いもあります。

ブログリニューアル:ニュースペーパーのテーマを捨てる

ブログリニューアルまでではなく、テーマを変更して、雰囲気の変化を試してみました。 テーマを変えていくつかの時間を投資して、フロントページやブログページが若干手を見ました。 (時間が飛ぶときに不十分な部分を少しずつ修正してみるつもりです。)

使用が楽さまざまなレイアウトでサイトを構成可能

ワードプレスの人気雑誌のテーマニュースペーパー Newspaper

ニュースペーパー(Newspaper)は、ブログ、ニュース、マガジンサイトを運営するのに適したテーマにマガジン部門で最も人気を得ています。 現在9万個以上を販売しました。

私ニュースペーパーに変えた後、二度の大きなアップデートがありました。 最新のメジャーアップデートでニュースペーパーの基本的な機能がtagDiv Standard Packに移動しました。 ニュースペーパーでは、Standard Packだけ基本的に提供されているテンプレートを使用して、比較的簡単にサイトを構成することができます。

洗練されたカスタムが必要な場合tagDiv Composerページビルダーを使用したり、クラウドライブラリ(Cloud Library)を利用して、管理者ページ内のすべてのカスタムが可能です。

ニュースペーパーのテーマのクラウドライブラリ
クラウドライブラリを利用すれば、1000以上の事前設計されたテンプレートを活用することができる。

tagDiv Cloud Libraryプラグインを有効にすると、1000を超える事前デザインされたテンプレートをロードし、変更して使用することができます。

ワードプレスの標準に準拠していないテーマの構造 - テーマ機能をStandard Packに移動

しかし、ニュースペーパーは、基本的な機能をテーマファイルではなく、Standard Packに移動させる風に(それ以前のバージョンでは、tagDiv Composerに移動させる)チャイルドテーマを利用してカスタムすることが容易ではありません。

テーマフォルダ内のファイルをチャイルドテーマに利用することができず、代わりにStandard Packプラグインフォルダ内のファイルをチャイルドテーマに利用します。 この部分は少し怪訝な部分であることがありますが。 ニュースペーパーのtagDiv Cloud Libraryを利用せずに直接テーマファイルを変更して、カスタムしたい方のために、今後の時間を割いてニュースペーパーのテーマでチャイルドテーマを活用する方法について一度説明しましょう。

残念テーマの更新方式

ニュースペーパーのテーマを感じた不便な点の一つは、自動更新がないという点です。 ニュースペーパー資料ではEnvatoプラグインを使用して自動更新する方法が説明されているが、最新のバージョンでテストしてみると正常に動作していない。

したがってテーマが更新されるたびに手動で更新をヘジュオヤます。 ブルーホストのようにcPanelを提供するホストを利用する場合 File Managerを使用してと少し便利に圧縮ファイルをアップロードしてテーマファイルを置き換えることができますが、手動で更新する作業が煩わしく感じられることがあります。

2020年3月13日:ニュースペーパーのテーマは10.3.1バージョンに更新され、自動更新機能が追加されました。 詳細については、「ワードプレスニュースペーパーのテーマ自動更新機能を追加」を参照してみてください。

軽くてカスタムしやすいテーマをルックアップ

ニュースペーパーのようなテーマを使用すると、サイトのデザイン完成度を高めることができ、コンテンツをさまざまな方法で表示することができます。

しかし、ニュースペーパーが速度を高めるために努力はしているが、このような市販のテーマの特性上、多少重いしかないようです。

ニュースペーパーの後のテーマで軽くカスタムしやすいテーマを選択しようと心に決めていました。 これらの要件を満たしているテーマで選択されたこと GeneratePressです。 Astraテーマもテストしてみると高速を示したが、価格がより手頃な価格GeneratePressに指名しました。

両方のテーマすべて無料版と有料版があります。 無料版に必要なプラグインをインストールして使用して、適切にカスタムしてもある程度満足のいく結果を得ることができるようになります。

機能を最小限に抑えて、速度が速いGeneratePressテーマ...しかし機能を追加するためには、プラグインに依存しなければなら

ワードプレスのブログリニューアル -  GeneratePressテーマ

GeneratePressは速度のための機能を最小化したのが特徴です。 不要な機能を第だったので、何のプラグインをインストールしていない状態では、高速を示しています。 サイトが遅い場合は、このテーマをインストールしてみると速度差を体感することができます。

しかし、機能を追加するには、一般的なユーザーは、プラグインに依存するしかありません。 例えばア海など商用のテーマで多くを提供される「関連記事」(Relate Posts)機能を追加するには、Relate Posts関連のプラグインをインストールする必要があります(「GeneratePressテーマに関連記事リストを表示する方法"参照)。

一方では、ブログのリニューアルの過程で必要なプラグインを選択してインストールを試みることができる楽しみがあるようです。 そしてテーマファイルを分析して、修正しながらわずか楽しみも感じることができます。

プラグインが増えれば速度が遅いしかありません。 したがって、機能と速度の間で適切な妥協を見なければならなります。

おわりに

最近数週間の間にブログにいくつかの変更をしました。 その中の注目すべきものとSEOのプラグイン交換(Yoast SEOでRank Mathに変更)とテーマを変更します。

ニュースペーパーを使用した場合、ロードされているページサイズが通常1MB以上だったが、GeneratePressに変更した後、約2分の3程度のレベルに減少しました。 実際のトラフィックを見てみると Newspaper 使用時に平日一日平均5〜7GBのトラフィックがかかりましたがGeneratePressに変更した後は、3〜4GBに減りました。

ブログリニューアル後のトラフィックの変化
テーマを変更した後、サイトのトラフィックの変化

派手なデザインや様々なマガジン機能のブログやニュースサイトを作成する場合は ニュースペーパーが良い選択です。 たやすく好みのブログ/マガジンサイトを作成することができています。 タンパクがシンプルながら軽いサイトをご希望の場合GeneratePressも一つの選択肢として考慮してみることができます。

GeneratePressフック

GeneratePressにはさまざまなフックが提供されるので、カスタム時に便利に活用することができます。 詳細については、次の記事を参照してください。

注:



14のコメント

コメント

  1. こんにちは今 WordPress 開始するスターターです
    常に良い情報細かい観察に見ている見て、また見ても困難感じられます。ㅜㅜ

    もしテーマとプラグイン重くなく、高速ガール推薦可能でしょうか?

    これから始める初心者と無料主として調べています

    あげ文等を見ているのに情報が多すぎて整理も理解していドゥェジルません。 アジェのせいか〓〓

    応答
    • こんにちは、ミク様。

      情報が多すぎて混乱感じることもあるようです。
      まずは WordPress 基本的な使い方を見て見れば助けになるでしょう。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress/

      このブログには、現在GeneratePressテーマがインストールされているが、このテーマが機能スリム(?)が速度は速いほうであるようです。
      シンプルな無料のテーマの中から一つを選択してください。 次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/791

      プラグインの場合、次の文を参照してみてください。 便利なプラグインを中心にまとめたもので、必要なプラグインだけを選択してインストールすればいいようです。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9C%A0%EC%9A%A9%ED%95%9C-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-10%EA%B0%80%EC%A7%80/

      サイトの速度が遅い場合、最適化を使用して速度を向上させることができるでしょう。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/5986

      応答
  2. こんにちは。
    質問におけるコメント残します。
    経験されたテーマの中いくつかのテーマが一番軽いと思いますか?

    どの文にか3つのテーマが軽いと紹介ましたが、記憶ナヌンゲOceanWPですが。
    OceanWPとGeneratePressテーマのうちのどれがより軽いと感じていますか?

    応答
    • こんにちは、ワード万歳様。

      サイトの速度に影響を与える要因は様々です。

      OceanWPとGeneratePress二のテーマの中から軽いテーマを選択するようにすれば、私はGeneratePressに少し高いスコアを与えると思います。 (機能面ではOceanWPがより良いようです。機能が多ければ速度にどの程度影響を与えるしかないでしょう。)

      GeneratePressテーマは機能を最小限に抑えて、速度が速いようです。

      しかし、機能を追加するためにプラグインをたくさんインストールになれば、その分の速度が遅くなります。

      WordPress 使い方とCSSなどを少し知っていればGeneratePressを使用してサイトをカスタムするのもいいでしょう。

      応答
  3. こんにちは! 気になる点があっこうしてコメントを残すことになりました!
    私 WordPressでインターネット有料講義をしようとしています。
    WordPress有料動画ガンウイウル上げることについて乳児期

    知識人のコメントに
    「ユーチューブ映像で講義を作成したい場合は、YouTubeのビデオを利用することができますが、YouTubeのビデオを非公開に設定しても、人々がリンクを他の人と共有して視聴できるようになりますのでVimeo ProやWistiaようなサービスを利用するのが良いとします。 Vimeo ProやWistiaを使用すると、特定のWebサイトでのみ視聴が可能にすることができそうですね。」

    という文を見て、このブログに入ってくるようになりました。

    そしてブログ記事中
    "そして、LMSのテーマやプラグインを使用すると、ビデオ講義(コース)を個別に販売したり、会員制(例:VIPメンバー)に基づいて、全体または一部のコースのみ利用することができます。
    LMS教育テーマの中で最も人気のあるWPLMS開発者に問い合わせてみると WooCommerceを介して決済処理が可能であるとね。 そしてVimeo統合のためのプラグインもあるそうです(無料なのか有料なのかまでは聞いていませんでした)」

    1.私はEDUMAテーマを購入しました!上言われたように、講義、個別販売が可能ですが〓〓YouTubeの動画を入れたら、リンクが露出んですよㅠㅠもしかしたらこれ露出ない方法をご存知ですか?

    2. LMSテーマを使用すると、個別に映像販売が可能なのは思った。このテーマも、YouTubeの映像をリンクすると露出がいいですか? 露出がないなら、テーマを購入する意思があります!

    3.最後の手段としてVimeo Proまで考えるようになりますよ! Vimeo Proプラグインはありますか?

    4、EDUMAテーマにVimeo Proプラグインを敷いように使用することができますか? 互換性のある競合があるか〓〓心配ですね...

    5.今第状況ならどのようハシルジ選択肢がある場合は提案お願いします..🙏

    2週間ほど一人でホームページハード作っがとても大変。〓〓メンタルが...回答ぜひお願いします!😭ありがとうございます!

    応答
    • こんにちは、キム・ミギョン様。

      YouTubeの映像を「ユーチューブ未登録の動画」に設定すると、動画のURLを知っている人だけが動画にアクセスすることができるとします。
      コストをかけたくない場合は、この方法を利用してみることができます。 海外の有名なマイン川業者も、この方法を利用しね。

      Vimeo Proは有料ストリーミングサービスです。 無料ストリーミングサービスは、一般に公開されて誰でもアクセスが可能ですが、Vimeo Proを利用する場合の思い通りに動画講義を販売することができます。

      Edumaによると、Vimeo Proを利用することができそうです。
      確かにするためにEdumaに確認することができます。

      応答
  4. こんにちは、気になる点があります。
    astraテーマやgeneratepressテーマの有料プランを見ると、1year of updates&supportと出る有料プランでインストールされたプラグインは問題なく継続して使用が可能です。?
    以前に掲示板プラグインの1年ライセンスを使用したことがあった期間が満了になるからインストールされて掲示板のアクセスエラーが発生したことがあっても、か悩みが多いですねㅠ。

    応答
    • GeneratePress Premiumプラグインは、ライセンスキーを配置する必要がアップデートが可能なようです。 (インストールした後、まだ一度も新しい更新が出ていない。笑)

      ライセンス期間が終了すると、更新をしていないだけであって継続して使用するには支障がないと思われます。

      GeneratePressプレミアムこの安価で更新時には40%の割引が提供され、価格的な面では、Astraより経済的である。 ( Astra有料版を利用すれば、より多様な種類のサイト構築に容易であるようだが、Astraは、無料版を他のブログにインストールしてテストしてみます。)

      GeneratePressは、CSSなどを少し知ることカスタムするのに良いテーマです。

      応答
  5. 読み込み速度が大幅に改善されたのは体感が確認されているレベルですね。
    クリックするとすぐページがすぐにすぐ覚ますお勧めします。

    ちょうど右のメニューにsticky positionを用いてヘッダが見える時はサイドメニューが指しね。 😥

    応答
    • こんにちは、Marshall様。

      良い点いただきありがとうございます。

      javascriptを使用せずに簡単にCSSで処理してみると洗練されていない面がありますね。
      まず即興作り付けナビゲーションの背景色を半透明に処理しました。笑

      応答
  6. リニューアルおめでとうございます。
    いつポスティングオリナたかった^^
    読み込み速度がいたずらではないようですね。本当にパルトパルトね。
    昨日ない浮遊いうので、このようなことがたね。
    もう3月にです。暖かい週に願い

    応答
    • ありがとうございます。

      テーマを変更した後一週間程度の訪問者の流入などの変化があるか調べてみました。 訪問者数が減ったり、問題がある場合は、再 Newspaperに戻すかと思いましたが、幸いなことにそのような問題はないですね。

      もう3月に開始しました。 天気が暖かくなって早く武漢肺炎ウイルスが消えたらいいですね。

      応答
  7. やはりトラフィックがすごく私ですね。 私とは、ほぼXNUMX倍以上はチャイナはそうです。 テーマ変えることが容易ではない。 さらにGeneratePressの場合は勉強すべきことも多いんです。

    考慮してみるのがますます多くなりますね。 WordPressは、単純なものではない。
    常に良い情報ありがとうございます。

    応答
    • 個人的なブログの場合、自由にテーマを変更しても負担がないため、複数のテーマをテストすることも大丈夫なようです。

      GeneratePressはカスタムするのに良いようだが、初心者が使用して必要に応じてサイトを作成するには、容易ではないと考えますね。

      最後の夜にサーバーの更新作業があったが、アップデートの途中で間違って1時間ほどのサイトがダウンしました。
      サーバーを再起動した後にhttpdサービスがダウンしてメンブン状態になったが...幸いなことに Bluehost 視界問題を解決しました。 (直接サーバーの再起動を数回試しても問題が解決されない Bluehost 相談員二人を苦しめた(?)の後やっと回復しました。笑)

      サーバーを直接操作される現トリ様が本当にすごいれます。

      応答