初心者のための WordPress トラブルシューティングガイド

6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
ワードプレスの問題を解決

ワードプレスを初めて起動した場合、問題に遭遇したらどのように解決するかパニックたい。 多くの問題は、以下で説明するワードプレスのトラブルシューティング手順に従ってすれば解決することができます。

たまには非常に基本的な設定を誤って問題が発生する場合もあります。 まず、ワードプレスの関連書籍を一つ見て基本的な使い方を身につける試行錯誤の多く減らすことができます。 基本的な使い方は、 "ワードプレスのブログを開始する」を参照してみることができます。

このブログでは、様々なワードプレスの問題を扱っています。 この記事では、一目ですべての問題を調べることができるようにまとめてみました。

[この記事は2020年3月9日に最終更新されました。]

ワードプレスのサイトの復元(ロールバック)する

まず問題が発生していない時点でサイトを復元できるかどうかを確認してください。 例えばカフェ24の場合、過去7日以内の期間にロールバックすることができる機能を提供し、海外ホスティングの一つである サイトグラウンドで過去30日以内の期間に復元することができる機能が提供されます。

そして、定期的にバックアップをしておいたら、バックアップを利用して復元を試みることができます。 データファイルとDBが必要復元が可能です。 多くの場合、FTP経由でのデータファイルのみをバックアップする方がいらっしゃるんです。 その場合、復元は不可能です。 文、ページ、テーマオプションなどのコンテンツは、データベースに保存されています。

ワードプレスの問題を解決しようとする前にサイトのバックアップする

本格的な手順を実行する前に、必ずサイトをバックアップしてください。 データとDBの両方をバックアップする必要があります。 ホスティング会社でバックアップを提供していない場合、プラグインを使用してバックアップすることもできます。

または、FTP、に接続してwp-contentフォルダをバックアップして、phpMyAdminにアクセスしてDBを手動でエクスポートすることもできます。

すべてのプラグインを無効にする

プラグインが問題を起こす場合があります。 まず、すべてのプラグインを無効にして、問題が解決するか確認してください。 すべてのプラグインを無効にする前に、前述のように、必ずサイト全体をバックアップするようにします。

すべてのプラグインを無効にする プラグイン>インストールされてプラグインに移動した後、左側の一番上のチェック欄をクリックして、すべてのプラグインを選択します。 次に、ドロップダウンメニューから "無効」を選択し、「適用」を押すようにします。

ワードプレスのトラブルシューティング - すべてのプラグインを無効に

管理者ページにログインしていない場合には、FTPに接続して / wp-content/plugins /の フォルダの名前を名前を付けて変更すると、すべてのプラグインを無効にされます(例えば、 / wp-content / plugins_old /).

WordPressのプラグインを無効にする

FTPの使い方は この記事を参考にしてみてください。

すべてのプラグインを無効にしたときに、サイトが正常に動作するプラグインの競合が問題の原因です。 その後、プラグインを一つずつ有効ながら問題を引き起こすプラグインを検索するようにします。 問題となるプラグインを削除し、他のプラグインに置き換えたり、プラグインが開発者に連絡して、問題を解決するためにします。

もしプラグインをすべて無効にしても問題が解決しない場合、プラグインが問題の原因ではない。

注意

  1. プラグインの数は最小限にすることをお勧め。 シンプルな機能は、プラグインを使用せずに、他の方法を講じてください。
  2. ワードプレス、プラグイン、テーマを常に最新のバージョンに更新するようにします。 たまにテーマとプラグインを最新バージョンにアップデートすると、問題が解決されることもあります。
  3. 長い間更新されていないプラグインは使用しないこと、セキュリティ上の安全です。
  4. 使用していないテーマとプラグインは、削除すること、セキュリティ上お勧めします。 (サイトの状態のページ(伝言板>ツール>サイトの状態)で無効にされたテーマとプラグインを削除することが推奨さ)

テーマをデフォルトのテーマに変更する

問題がプラグインに起因するものでなければテーマを疑ってみることができます。 テーマのデザイン>テーマでテーマを基本テーマ(Twenty Seventeenなど)に変更します。

ワードプレスのテーマを変更

テーマを変更した後、問題が消えたら、テーマが問題の原因と推定することができます。 この場合、テーマを最新のバージョンに更新して、問題が解決するかどうかを確認します。 それでも問題が解決しない場合のテーマ開発者に連絡して、問題の解決を試みます。

ああ、海 など Themeforest 有料テーマの場合、デフォルトの6ヶ月間サポートを受けることができます。 以降はサポートを更新する場合にのみサポートを受けることができます。 Diviテーマは、ライセンス期間中(例えば、1年あるいは生涯)サポートを受けることができます。

テーマ/プラグインのインストールに失敗し

テーマやプラグインがインストールに失敗する場合があります。 この場合、次の事項をチェックしてみます。

Webホスティングサーバースペース不足

カフェ24の500ウォンまたは1000ウォンプランのようにディスクの空き容量が非常に限られたWebホスティングサービスを利用する場合、頻繁にスペース不足のためにテーマやプラグインのインストールに失敗します。 まず、Webホスティングスペースが不足していないことを確認します。

画像ファイルなどを多くアップロードして多くのスペースが必要な場合、ブルーホストのような海外のホスティングを考慮してみることができます( "海外のWebホスティングサービス - ブルーホスト(Bluehost)の紹介"参照)。

不適切なインストールファイル

多くの場合、不適切なインストールファイルを持ってインストールしようとする場合があります。 しっかりとしたインストールファイルであることを確認します。 Themeforestでテーマを購入した場合は、インストールファイルのみをダウンロードしてインストールを試してください。

ワードプレスのインストールファイル

そしてまれに、ワードプレスのテーマではなく、マプレゼントやHTMLテンプレートなどを誤って購入した場合もあります。 テーマやプラグインを購入するときは、必ずワードプレス用いることを確認します。 Themeforestテーマの場合は、インストールファイル名にwordpressという単語が表示されています。

例: Enfold テーマのインストールファイルの名前は、themeforest-4519990-enfold-responsive-multipurpose-theme-ワードプレス-theme.zipにファイル名に「wordpress-theme "が含まれており、簡単にワードプレスファイルであることを知ることができます。

アップロードファイルのサイズ制限

アップロード可能な最大ファイルサイズが低すぎる設定されている可能性があります。 "ファイルのアップロードサイズの設定を変更する」を参照して、ファイルアップロードサイズを上方修正しています。

実行タイムアウト

max_execution_timeの値が低すぎる場合、テーマ/プラグインやテーマのデモファイルが正しくインストールされないことがあります。 この記事を参考にして値を上げてみます。 Webホスティングによって方式が多少異なることがあります。

PHPのバージョンを確認

多くの場合、PHPのバージョンが低すぎて正しくインストールされていないか、または動作しない場合があります。 現在のワードプレスをお勧めPHPのバージョンは7.3以上です。 PHP 7.2以降を使用することが望ましい。 PHPのバージョン5.xでは、最新のワードプレスが正常に動作しない場合があります。 "ワードプレス推奨PHPのバージョンが7.3に変わりました」を参照してみてください。

アクセス権の問題

ファイル/フォルダのアクセス権に問題があることがあります。 最近では、このような問題がたくさん消えたが、かつては結構ありました。 フォルダのアクセス権を755に設定する必要があります。 777に設定するようにした場合があるが、この場合、セキュリティ上の問題になることがあります。 ウェブホスティング会社と相談してみてください。

これらのいくつかのアクションにも問題が解決しない場合、Webホスティングを別の場所に移転することを考慮してみることができます。

ワードプレスでは、すべてのフォルダのパーミッションは755、ファイルのパーミッションは644に設定する必要があります。

404ページフォールト(404 Error)

ワードプレスで404エラー(ページが見つかりませんエラー、404 Page Not Found error)は、多くの場合固有のアドレス変更のために発生します。 他にも様々な原因により、これらのエラーが発生する可能性があります。

特にワードプレスを別のサーバーに移転した後、404エラーが発生した場合、一意のアドレスをリセットすると、問題が解決することができます。 設定>固有のアドレスの一番下の「変更を保存」を押して固有のアドレスを再設定してみます。

一意のアドレスをリセット

それでも問題が解決しないと、固有のアドレス体系を別の設定に変更してみます。

ちなみにSEOに有利な固有のアドレスの設定は、 /カテゴリ/文名/ または /文名/と呼びます(参考)。 日付が一意のアドレスに含まれていることはほとんど常にSEOに良くないです。 (URLに昨年あるいは一昨年の日付が含まれている場合、ユーザーがクリックしない可能性もあります。)

500内部サーバーエラー

500 Internal Server Error(内部サーバーエラー)の原因は様々です。 ワードプレスでは、 .htaccess ファイルが壊れているかPHPのメモリ制限のために多くの問題が発生するとします。

.htaccessファイルをバックアップした後に削除

FTPに接続して.htaccessファイルをバックアップした後に削除してみます。 その後、問題が解決されることがあります。 もし問題が解決されると、ログインして固有のアドレスをリセットします。

PHPのメモリ制限

メモリサイズの設定が低く、この問題が発生する可能性があります。 wp-config.phpファイルに次の行を追加します。

define( 'WP_MEMORY_LIMIT', '256M' );

256Mにならない場合512Mに設定します。 ホスティング会社に応じて、この値は変更できないこともあり、他の方法で変更する必要があります。 詳細は、ホスティング会社に問い合わせてみること最も確実です。

上記の措置にも問題が解決しない場合、上記の "すべてのプラグインを無効にする"部分を実行してみましょう。

ワードプレスのサイトアドレスの変更の問題

ワードプレスでは、 設定>一般でワードプレスのアドレスとサイトアドレスを変更することができます。

ワードプレスのサイトアドレスを変更する

しかし、ワードプレスのサイトのURLを誤って変更して、サイトにログインしていない問題が発生する場合があります。 この場合、次の記事を参照して、問題を解決することができます。

メール送信に失敗し、問題

コンタクトフォームからユーザーが送信した内容がメールで配信されない場合があります。 このような問題が発生した場合、いくつかのを疑ってみることができます。

  • Webホスティング会社のメール送信を制限する場合
  • 電子メールがスパムとして認識される場合

例えば、ドット・無料ホスティングでは、迷惑メールの問題によりサーバー上で送信されるメールの機能が制限されているとして、有料の切り替えなどを介してサービスを変更する必要があるとのご案内ですね。 この場合、有料に切り替えるよりも、他のWebホスティング会社に移転することを検討してください。

コンタクトフォームから送信者アドレスを必ずそのドメインのアドレスに設定しなければならスパムとして分類されていません。 受信者を[your-email]のようにフォームを送信するユーザーの電子メールを設定しないようにします。

たとえば、example.comからコンタクトフォームを運営する場合、発信者の電子メールアドレスフィールドにadmin@example.comあるいはnoreply@example.comのように設定することができます。 このアドレスは、実際にないアドレスでも構いません。

次の記事を参考にしてください。

いくつかの措置にも問題が解決しない場合、Webホスティング会社と相談してみ、GmailのSMTPサーバを介して電子メールを送信することも考慮してみることができます。

マルウェア、マルウェア感染/ハッキング

マルウェアに感染したり、ハッキングを受ける場合は、まずバックアップがあることを確認して正常な状態に復元を試してみてください。

もしバックアップがなく、復元が不可能な場合は、サイトのバックアップを作成した後、メニューの「サービスお問い合わせ」をクリックして、サービス(有料)を依頼することができます。

マルウェアに感染すると、回復しても再感染する可能性があります。 また、サイトがマルウェアに感染すると、サイトの評判も致命的な損傷を受けることができます。

事前に準備するのが最善です。 常に 最新バージョンでワードプレスコアファイル、テーマ、プラグインを更新して、定期的に更新してください。 次の記事を参照してください。

Googleやネイバーなどの検索エンジンで文が検出されない場合

検索エンジンにワードプレスのブログ記事が全く検出されていない場合は、まず、検索エンジンでサイトをブロックするように設定されていないことをチェックしてみてください。

ワードプレスの検索エンジンブロック

設定>読む検索エンジンのアクセスかどうかの横にある「検索エンジンは、このサイトを検索ブロックする」にチェックがされている場合、チェックを解除するようにします。このオプションが選択されている場合、noindexタグが挿入されて、検索エンジンでサイトの記事をインデックスしてません。

そして、Googleウェブマスターツールとネイバーウェブマスターツールを使用してサイトを検索エンジンに登録するようにします。 登録する方法は、次の記事を参照してください。

ネイバーの「ブログ」セクションにさらされていない場合は、サイトマップを削除して、RSSフィードのURLのみ提出して、SSLセキュアサーバー証明書を適用すると、助けになることがあります。

テーマ、プラグインなどのいくつかのメニューが表示されない問題

プラグインメニューや外観の下のテーマ、ウィジェット、メニューメニューなど、いくつかのメニューが表示されない問題が表示される場合には、そのアカウントが管理者アカウントであることを確認してみましょう。

たとえば、編集者(Editor)アカウントの場合、次のように外観、プラグインなどのメニューが表示されません。

ワードプレスの編集者アカウント

そして時折、管理者アカウントであっても、一部の機能を使用できないように製作メーカーで無効にしてすることができます。 防いで置く理由は、1)ユーザーが更新をしないよう防止するためのものか、2)故意に特定のメニューにアクセスできないようにするための可能性があります。

多くの場合、テーマやプラグイン、あるいはワードプレスを更新すると、サイトが正常に動作しないようにサイトを作成する場合があります。 過度のカスタマイズをしなければならでも、あるいはサイトの作成方法が間違ってアップデートが不可能な状況です。 このような場合、テーマやプラグインを更新すると、サイトが正しく表示されないことがあります。

第二に、安価にサイト制作を担当したが、適切な管理者アカウントを提供していない場合があります。 修正が必要なときに費用を請求することができます。 たまに完全な権限の管理者アカウントを提供する対価として、過度のコストを請求することもあります。

この場合は、まず、著者との協議をみて、うまくいかなかったら、このブログを介してサービスを依頼することができます。

ちなみに外注にサイト制作を任せる場合1)ドメイン登録と2)ウェブホスティング加入は可能な限り直接することをお勧め。 まれに、サイト制作後運営する過程で製作者と不和が生じて問題となる場合があります。 最悪の場合、ドメインまで放棄する事例も見ています。

注:

ワードプレスのバージョン5で文エディタ関連のエラーが発生した場合

ワードプレス5.0以上をインストールしたり、アップグレードした後のページビルダーやエディター関連のエラーが発生した場合、古典的なエディタ」をインストールしてグーテンベルクを無効にすることができます。

ワードプレス伝言板>プラグイン>新規追加で「classic editor」を検索してインストールして有効にするとグーテンベルクの代わりに古典的なエディタが基本文のエディタになります。

古典的なエディタ

ワードプレスのバージョン5に搭載されたグーテンベルク(Gutenberg)エディタが安定するまでの古典エディタの使用を考慮してみることができます。

2020年1月追加: その中にワードプレスが更新されグーテンベルクエディタの性能が改善し、初期よりも多くの安定化された。 通常ワードプレス、テーマ、プラグインを最新バージョンに更新してPHPのバージョンを7.2以降にアップグレードすると、問題が発生しないことです。 PHP 7.1以下は、すべてのセキュリティサポートが終了して、なるべく使用しないことが望ましい。 現在のPHP 7.4までリリースされました( "PHP 7.4バージョンの新機能とワードプレスの互換性"参照)。

ページビルダーに関連する問題

ページビルダーが正常に動作していない問題が発生した場合、以下の点をチェックします。

  • ファイアウォールの問題 - ファイアウォールを無効にします。 (カフェ24の場合、Webファイアウォールの無効化)
  • ブラウザを変更してテストします。 IEでエラーが発生する場合がよくあります。 クロムやFirefoxのに変更して問題が表示されることを確認します。 最近IE11で DiviテーマのDiviビルダーを実行したら「サポートされていないブラウザ」というメッセージが表示されました。 この場合、クロムを利用することを考慮しています。
  • ブラウザのキャッシュの削除、テーマキャッシュの削除、キャッシュプラグインのキャッシュを削除した後、問題が解決するかチェックします。
  • 他のプラグインをすべて無効にした後に問題が再現されるかチェックします。
  • PHPのバージョンを確認します。 低すぎる場合は、アップグレードを検討します。 PHP ini設定値を上げます。 (PHPのバージョンが低かったり、PHPの設定値のために問題が発生した場合 ウェブホスティング会社に連絡して相談してみてください。)
  • 無料 Elementorページビルダーを使用している場合は、Proバージョンで提供される機能を使用して作成されたページを開くと、エラーメッセージが表示されることがあります( "Elementorページビルダー:「Preview Could Not Be Loaded」エラーのトラブルシューティング方法"参照)。
  • すべての措置にもかかわらず、問題が解決しない場合のテーマ販売者にサポートを依頼します。

サーバーの問題

場合によっては、サーバーの問題により、ワードプレスのサイトが正常に動作しない場合があります。 例えばサーバー内のすべてのサイトでショッピングカートの項目が更新されない問題が発生してDBを再起動したら、問題が解決された事例があります。 サーバーの問題が疑われる場合、サーバーのエラーログを確認し、サーバーの管理過ぎウェブホスティング会社に問い合わせてみることができます。

おわりに

以上で、ワードプレスでよく遭遇する問題とその解決方法についてまとめてみました。 常にワードプレスとテーマ、プラグインを最新バージョンに更新して定期的にバックアップを行う場合、問題を最小限に抑えることができるでしょう。

いくつかの措置にも問題が解決しない場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。


このブログは役に立ちました場合は、このブログが成長し続けるように、小さな助けを与えることができます。 あなたの後援金は、より良いコンテンツを制作するために使用されます。 コーヒー一杯の値で、このブログの運営をサポートすることができます。

ワードプレスのパッケージのブログ後援する


6のコメント

コメント

  1. こんにちは? WordPress 無料で使う時、プランで使うときは、Webホスティングないのと差が何であるかをヘトガルリネヨ。 ウェブホスティングが何であるかは、分かるが...ㅜㅠ
    なぜ無料 WordPress 使っても戻って長いがないですか。 従ってよりヘトガルリョヨ。

    応答
    • こんにちは、Sean様。

      WordPressは一種のプログラムで、オペレーティングシステムにインストールされて実行されます。
      WordPressは WordPress.COMで登録して、無料または有料で使用している加入型のWebホスティングサーバーに直接 WordPressをインストールして使用する設置型があります(最近はほとんどのウェブホスティング会社で WordPress 自動インストールオプションを提供しています)。

      詳細については、次の記事を参照してください。

      https://brunch.co.kr/@wordcreater/4

      応答
  2. こんにちは! 気になる点があっ文残します。

    もしかしたら WordPress WooCommerceで国の設定にSouth koreaがなくNorth Koreaだけ出るどうすればいい? ㅠㅠ

    応答
    • こんにちは?

      韓国語版でKoreaで検索すると、North Koreaが検索されます。 代わりに "大"で検索しましょう。

      https://www.screencast.com/t/UZqAKtRhJA6

      応答