WordPress Elementorページビルダーのブロックとページテンプレートを使用する

4

無料で提供されているページビルダーである Elementor有料ページビルダーに劣らない多様な機能に多くのユーザーを確保しているプラ​​グインです。 ページビルダーを使用すると、サイトの速度が遅くなることがありますが、Elementorは比較的速い速度を示すようです。

最近、より容易にサイトを作成できるようにElementorにブロック(Block)が導入されました。

ElementorライブラリでBlockとPageを利用することができます。 ああ海(Avada), 円フォールド(Enfold) などを提供するデモの場合、サイト全体の設定に適用されるため、デモを上げれば、サイト全体に影響を与えますがElementorのページテンプレートは、そのページにのみ適用されます。

ちなみにElementor無料版では、限定的な要素と、テンプレートが提供されます。 Element Packなどのプラグインを活用すれば、110以上のエレメントを追加で利用することができます。

Elementorページビルダーでブロック(Block)を利用する

ページにブロックを追加するには、ページの編集画面で、 テンプレートの追加をクリックします。

ワードプレスElementorページビルダー

注: バージョン2.1以上ではUIが変更されました。 +記号の横の Add Template(テンプレートの追加) ボタンをクリックします。

ワードプレスElementorページビルダー

その後、 Library(ライブラリ) 画面がポップアップで表示されます。

ワードプレスElementorページビルダー

ブロックを選択すると、様々なブロックが表示されます。 正確に何個かどうかを数えてみなかったが、最初に導入当時235つ以上のブロックを利用することができていると記載されていますね。

希望のブロックを選択して追加することができます。 Grid Gallery Slideというブロックを選択しました。 これにより、次のようにプレビュー画面が表示されます。

ワードプレスElementorページビルダー

Insert(挿入)をクリックすると、ページの特定のブロックに適用されます。 Back to Library(ライブラリに戻る)をクリックすると、ライブラリの画面に戻ります。

ワードプレスElementorページビルダー

ブロックを追加した後修正したり、新しいブロックを作成した後、ライブラリに保存して再利用することができます。

ワードプレスElementorページビルダー

Elementorページビルダーでページ(Page)のテンプレートを利用する

Elementorには、事前に構成されたページテンプレート(以下「ページテンプレート」または「テンプレート」)が提供されます。 使用方法は、上記のブロックと同じです。 現在提供されているページテンプレートを数えてみると、ほぼ140社に達しますね。

Library(ライブラリ) 画面で ページ タブをクリックすると、次のように事前に製作されたページテンプレートが表示されます。

Elementorページビルダーでページテンプレートを利用する

プロで表示されたテンプレートは、 有料版で利用することができます。 無料で利用できるテンプレートも全体的に品質が大丈夫に見えますね。 Elementorで提供されるテンプレートは、 Diviテーマのレイアウト(Layout)と機能が似ているようです。

おわりに

このブログを始める時に無料で利用できるまともなページビルダーがほとんどありませんでした。 今Elementorのようなまともな無料のプラグインが増えてきたようです。

Elementorで提供される事前構成されたブロックと、テンプレートを活用すれば、より簡単にサイトを作成することができます。 無料版でもかなりのサイトを作成することができますが、マガジン形式で文をプリョジュは要素(Element)など、より洗練された機能は、Proバージョンで提供されます。

近いうちに、ワードプレス5.0がリリースされる予定です。 ワードプレス5.0はGutenbergエディタが統合されます。 イルマ一部のプラグインやテーマはGutenbergと衝突を起こすと予想されます。 Elementorは2.0に更新されGutenbergと完全な互換性とね(The new version of Elementor will be completely compatible with Gutenberg)。

最近発売された多くの有料テーマに ビジュアルコンポーザーが搭載されて出てくるが、ビカムはそれほど良いページビルダーはありません( "ワードプレスのページビルダーの長所と短所"参照)。比較的高速ページビルダーを探しているならElementorをテストすることができます。

4のコメント

  1. 提供する無料の型板はショッピングモールのような商業が目的のサイト制作に使用しても問題ありませんか?

    • こんにちは?

      この部分について少し検索してみると無料テンプレートを商業に使用することを制限するという内容は見つかりませんでした。
      ただし、無料でも有料でもResellたりHostingすることはできないとね。

      Elementor 開発者に連絡すると確実な答えを聞くことができるようになります。

  2. もしブロックだけが残っていてページビルダーにテンプレートが消えたブロックに残っているソースにテンプレートを再生かせるでしょうか?

    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。
      正確な状況を知らなくて答えをドリルすることができないですね。

      スクリーンショットを作成して、もう少し詳しく説明していただければ、状況を理解するのに役立つと思われる。
      助けが釘されて申し訳ありません。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください