ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress グーグルフォントプラグインFonts Plugin | Google Fonts Typography

Last Updated:2020年11月4日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ブロー文の文字がのっぺりらしくメニュー、タイトル、本文には、Googleのフォントを適用してみました。 にっこりとフリーフォントを適用しようとしたが、サイトの速度のために、Googleのフォントに方向を変えました。 グーグルフォントを適用することができる様々な WordPress プラグインがあります。 Fonts Plugin | Google Fonts Typographyというプラグインをインストールして適用してみるとサイトの速度低下もほとんどなく、それなり大丈夫なようです。

WordPress グーグルフォントプラグインFonts Plugin | Google Fonts Typography

WordPress グーグルフォントプラグインFonts Plugin | Google Fonts Typography

この Google Fontsライブラリには、現在の998個の固有のフォントが含まれています。 このプラグインを使用して WordPress サイトに簡単にGoogleフォントを適用することができます。

このプラグインは、ローカライズがよくなっていて WordPress ストレージのプラグインのページも韓国語に翻訳されており、使用するに快適になります。 このプラグインの名前は韓国語で "フォントプラグイン| グーグルフォント組版」と訳されています。

プラグイン]> [新規追加で「Fonts Plugin | Google Fonts Typography」で検索して、このプラグインをインストールすることができます。 プラグインをインストールして有効にした場合 Fonts Plugin>フォントのカスタマイズをクリックして、フォントを詳細に設定することができます。

フォントをカスタマイズする

フォントのカスタマイズをクリックすると、 テーマのデザイン>カスタマイズ> Googleのフォントページに移動します。

グーグルフォントの設定

デフォルトの設定で基本的な、タイトル、ボタンおよびテキストボックスのデフォルトのフォントを全体的に指定することができます。

デフォルトのフォントを設定する

フォントを指定するには、「デフォルトのフォント」ドロップダウンをクリックして、リストからフォントを選択するか、フォント名を入力して、フォントを選択することができます。 韓国語フォントは https://fonts.google.com/?subset=koreanで確認することができます。

ハングルのグーグルフォントの種類

[詳細設定]> [内容から 生れつき Noto Sans KRを本体に適用されるフォントを指定しました。 ハングルのブログに適用することができるフォントがあまり変化はありませんね。 フォントを指定すると、リアルタイムでフォントが適用されることをプレビューすることができます。 いくつかのフォントを適用してみると読みやすさが低下するよう無難なNoto Sans KRフォントを選択しました。

グーグルフォントを指定すると、フォントサイズが少し減って見えることがあります。 そのような場合、CSSを使用してサイズを調整することができます。 またはこのプラグインの有料版で、フォントサイズや色などを指定することができる機能を使用できるようになります。 各設定ページの下部にGoogle Fonts Proにアップグレードする場合は、次のような機能を利用できると案内しています。

  • Unlock Font Size&Color(フォントサイズ&カラーのロックを解除)
  • Host Fonts Locally(ローカルでフォントホスティング)
  • Optimized Font Loading(フォントの読み込みを最適化)
  • Upload Custom Fonts(ユーザー定義のフォントアップロード)

このプラグインを使用して、Googleのフォントを適用したときのサイトの読み込み速度に影響を与えるかを確認してください。 サイトの速度が著しく遅くなった場合、他のプラグインを使って見て、それでも問題が解決しない場合、有料版を考慮してみることができます。

ブラウザの互換性

この WordPress ブログにタイトルと本文、そしてメニュー部分のテキストには、Googleのフォントを試験的に適用してみました。 ウィンドウ10の環境では、Google Chromeの(Chrome)は、Firefox(Firefox)、オペラ(Opera)、 Naver ワイル(Whale)ブラウザでGoogleのフォントが正しく表示されています。

しかし、Windows 7の環境のInternet Explorer 11(IE11)でこのブログにアクセスしてみると、Googleフォントが適用されず、サイドバー適用sticky属性(CSS)も適用されなくて、サイドバーの部分が雑ですね。 しかし、IEは、来年2021年8月17日にすべてのサポートが中止される予定であり、現在のIE11でいくつかの非互換性のあるサイトにアクセスすると、強制的にエッジのブラウザで接続するようにして、マイクロソフト社からのIE退出のための措置を取り始めました。 このため、IEのシェアが急下落すると思われます。 詳細については、「Internet Explorerの退出のためにマイクロソフトが措置を取る」を参照してください。IEには、レイアウトが壊れても、コンテンツのみ正しく表示される場合、そのままおいてもなりそうです。

マックがなく、MacのSafari(Safari)のブラウザでは確認していなかったが、アイパッドに設置されたサファリでは WordPress サイトにアクセスしてみると、Googleフォントがよく適用されていることを確認しました。

したがって、このプラグインを使用して、Googleのフォントを適用すると、IEを除くほとんどの主要なブラウザで問題なくフォントが適用されます。

参照



2のコメント

コメント

  1. ちょっとパッドでよく見え.. ^^
    そしてiPadで Naver Webブラウザでもよく見えますね
    フォント体を変更したらいっそうさわやかな感じがします

    応答
    • 確認いただきありがとうございます。

      現在、IEと同じ古いブラウザを除いては、ほとんどのフォントがよく適用されるようです。

      楽しい週末を過ごす。

      応答