WordPressで500 Internal Server Error変更する方法

3

500内部サーバーエラー

ワードプレスのブログなどのサイトを運営していると、さまざまなエラーが発生する可能性があります。 500 Internal Server Error(内部サーバーエラー)もその一つですが、このエラーは、Webサイトのサーバーに問題があるが、正確に何が問題なのかをサーバーから特定することができない場合に発生する非常に一般的な HTTPステータスコードといいます。 このエラーは、次の形式でブラウザに表示されることがあります。

  • 「500 Internal Server Error "
  • 「HTTP 500 - Internal Server Error "
  • 「Temporary Error(500)」
  • 「Internal Server Error」
  • 「HTTP 500 Internal Error "
  • 「500 Error "
  • 「HTTP Error 500 "
  • 「500。That's an error "

前述したようにInternal Server Errorは、一般的に問題があることを示すエラーメッセージです。 この問題を修正するためにいくつかの方法を試してみることができます。

  • F5をクリックしてWebページを更新します。
  • ブラウザのキャッシュを削除します。
  • ブラウザのクッキーを削除します。
  • 後で再接続してみます。

私の場合Internal Server Errorが発生して、Webホスティング技術チームにお問い合わせしてみると、使用者側で何かを間違ってしたし、.htaccessを修正してみろね。 だから、以前のバックアップファイルにあった.htaccessファイルを、Webホスティングサーバーのルートディレクトリにコピーして、簡単に問題を解決することができました。

内部サーバーエラー

ワードプレスの場合Internal Server Errorは.htaccessファイルが壊れているかPHPのメモリ制限のために発生することがありますので、まずこの部分をチェックしてみてください。

.htaccessファイルこの破損していることを確認する方法はFTPで接続して.htaccessファイルの名前を別の名前で保存するようにします(例えば、.htaccess_old)。 その後、サイトを再読み込みしてInternal Server Errorが発生していることを確認します。 問題が解決されると、.htaccessファイルの破損が原因で問題が発生したことがわかります。 その後、 設定>固有のアドレスに移動し、「保存」ボタンをクリックするします。 その後、適切なrewriteルールに新しい.htaccessファイルが生成され、「404 "エラーが発生しません。

PHPのメモリ制限に起因する問題は、 ここを参考にしてみてください。

参考にPHPの設定値を確認する方法は、 は、phpinfo() 関数を使用します。

FTPで接続して、ルートにinfo.php(あるいは任意の名前)ファイルを作成し、その、次の内容は、貼り付けようにします。

<? phpinfo(); ?>

その後、 http://www.yoursite.com/info.phpをブラウザのアドレスバーに入力すると、PHPの設定値を表示することができます。 次の動画を参照してみてください。


ケイボード使用時の注意

最近KBoardので、問題が発生して、この方法でやっと見つけました。 おそらくKBoardコメントシステムがcosmosfarmサイトと通信するように設計されていたと思います。 KBoardコメントプラグインを削除するから、問題が解決されました。 再インストールしようとしKBoardダウンロードホームページを行くcosmosfarmホームページがダウンしましたね。

もしKBoardを使用してい500エラーが発生した場合cosmosfarmホームページを訪問し、サイトが正常に動作しているから確認するのもいいようです。 以前にもこのような経験をしたことがあったが、cosmosfarmサイトがダウンした場合KBoardコメントのために問題が発生しますね。 (例えば、サイトは正常に動作しますが、ダッシュボードにアクセスできず500エラーが発生します。)このような場合には、何の措置も取らずに待っていれば、問題が解決されています。 (実際には少し過ぎてcosmosfarmホームページが正常化になるから500内部エラーも消えますね。)

最近サイトをリニューアルしKBoardを削除しました。 以来、このブログで500内部エラーが表示されないですね。(笑)

問題が解決されない場合は...

上記の措置にも問題が解決されない場合は、 このページのフォームを介してサービスを要求(有料)することができます。

注:

3のコメント

  1. 500問題を抱えていたが、ここに書かれたかのように.htaccessをバックアップした後消去接続したら404エラーが生じたのです。 そして WordPress 管理ページにアクセスして設定の固有のアドレスの変更を保存したら、問題が解決しましたね。 おかげで今のホームページが正常に動作します。 ありがとうございます。

  2. 上記の方法で問題が解決しない場合、すべてのプラグインを無効にした後、一つずつ有効ながら問題を解決していかなければします。

    もし、管理者ページにアクセスしていない場合はDB内のすべての WordPress プラグインを無効に弓ができます。

    phpMyAdminにアクセスして、次のクエリを実行します。

    UPDATE wp_options SET option_value = '' WHERE option_name = 'active_plugins';

    (注: How to disable all WordPress plugins directly from the database?)

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください