固有のアドレス(パーマリンク)とは、個々のブログ記事の一意のURLです。 この固有のアドレスを使用して、他のブルロゴがリンクをつけてメールなどにリンクを挿入することができます。

ワードプレスで固有のアドレス(Permalink)の基本的な形式は、

http://your_site_address/?p=123

上記です。 これは、ユーザーに馴染みのない多少の機械的なアドレスです。 また、SEOにも有利でないアドレスとも呼ばれますね。 経験上、いくつかの問題は、固有のアドレス形式を別の形式に変更することでも修正されました。 したがって、上記のようなアドレス形式はあまりお勧めしません。

パーマリンク WordPressさまざまな方法で固有のアドレスを設定することができるが、以下のような形式が推奨されます。

/%category%/%postname%/

- または -

/%postname%/

ここで、%category%はもちろんのカテゴリーを意味し、%postname%は文のタイトルを表します。 このブログは、現在https://www.thewordcracker.com/カテゴリー/文名/形式になっています。 カテゴリーを入れてもされてカテゴリ名なしで記事の名前だけで設定しても大丈夫のようです。

一意のアドレスは、次のような変数を多様に組み合わせて表示することができます。

  • %year% - 記事の年(例:2015)
  • %monthnum% - 日(例えば、29)
  • %hour% - 時間(例えば、15)
  • %minute% - 分(例えば、30)
  • %second% - 秒(例えば、20)
  • %postname% - 記事のタイトル(記事/ページパネルの文スラグフィールド)
  • %post_id% - 記事の固有のID(例:25)
  • %category% - カテゴリー名

日付が入る形式の固有のアドレス(例:/年/月/文名)は、SEO(検索エンジン最適化)に不利であるとします。 古い記事は、ユーザーがクリックをしていない可能性が高くなるからです。

参考

2のコメント

  1. Yoast SEOはSEOのために/%postname%/または/%category%/%postname%/形式を推奨していますが、いくつかの記事では、サイトの速度のためにカテゴリー、タグ、文章のタイトルなどで開始しないことをお勧めしますね。

    https://digwp.com/2011/06/dont-use-postname/

    For performance reasons、it is not a good idea to start your permalink structure with the category、tag、author、or postname fields。 The reason is that these are text fields、and using them at the beginning of your permalink structure it takes more time for WordPress to distinguish your Post URLs from Page URLs(which always use the text "page slug" as the URL)、and to compensate、**WordPress stores a lot of extra information in its database(so much that sites with lots of Pages have experienced difficulties)**。 So、it is best to have at least two path segments in your post's permalink structure such as /%year%/%postname%/ or even / posts /%postname%/。

    ポストの名前を保持する場合は、次のような設定を考慮してみることができます。

    /%year%/%postname%/
    / posts /%postname%/

    既存の固有のアドレスを変更する場合には、/ posts /%postname%/のように設定して301リダイレクトを使用してリダイレクトさせなければなりませ。

    ちなみに%postname%を使用して、ハングルが書かれ名前に含まれる場合、IEのアドレスバーでハングルの名前が文字化けし見えるようになります。 そしてアドレスをコピーすると、 http://www.thewordcracker.com/basic/yith-%EC%9A%B0%EC%BB%A4%EB%A8%B8%EC%8A%A4%EC%9A%A9-%ED%94%84%EB%9F%B0%ED%8A%B8%EC%97%94%EB%93%9C-%EA%B4%80%EB%A6%AC%EC%9E%90-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8/ (後述のチャルリョソ見ていない - > / basic / yith-%EC%9A%B0%EC%BB%A4%EB%A8%B8%EC%8A%A4%EC%9A%A9-%ED%94%84 %EB%9F%B0%ED%8A%B8%EC%97%94%EB%93%9C-%EA%B4%80%EB%A6%AC%EC%9E%90-%ED%94%8C %EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8 /)のように変な記号が含まれていビューが良くない面があります。 しかし、SEOの面では、URLにハングルを含むことが有利だという意見が多いです。

    リンクを共有する場合 http://www.thewordcracker.com/?p=35523 のようにShortlink(短縮リンク)の形で共有すると、ハングルが文字化けし見える現象を回避することができます。

  2. 上記の記事では、SEOのために/%category%/%postname%/形式を推奨していますが、いくつかの記事では、サイトの速度のために/%postname%/を使用しないことをお勧めしますね。

    https://digwp.com/2011/06/dont-use-postname/

    問題は、最初の/%postname%/を使用した場合は、後で変更することは容易でないためにあるようです。

    For performance reasons、it is not a good idea to start your permalink structure with the category、tag、author、or postname fields。 The reason is that these are text fields、and using them at the beginning of your permalink structure it takes more time for WordPress to distinguish your Post URLs from Page URLs(which always use the text "page slug" as the URL)、and to compensate、**WordPress stores a lot of extra information in its database(so much that sites with lots of Pages have experienced difficulties)**。 So、it is best to have at least two path segments in your post's permalink structure such as /%year%/%postname%/ or even / posts /%postname%/。

    ポストの名前を保持する場合は、次のような設定を考慮してみることができます。

    /%year%/%postname%/
    / posts /%postname%/

    既存の固有のアドレスを変更する場合には、/ posts /%postname%/のように設定して301リダイレクトを使用してリダイレクトさせなければなりませ。

    ちなみに%postname%を使用して、ハングルが書かれ名前に含まれる場合、IEのアドレスバーでハングルの名前が文字化けし見えるようになります。 そしてアドレスをコピーすると、 http://www.thewordcracker.com/basic/yith-%EC%9A%B0%EC%BB%A4%EB%A8%B8%EC%8A%A4%EC%9A%A9-%ED%94%84%EB%9F%B0%ED%8A%B8%EC%97%94%EB%93%9C-%EA%B4%80%EB%A6%AC%EC%9E%90-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8/ (後述のチャルリョソ見ていない - > / basic / yith-%EC%9A%B0%EC%BB%A4%EB%A8%B8%EC%8A%A4%EC%9A%A9-%ED%94%84 %EB%9F%B0%ED%8A%B8%EC%97%94%EB%93%9C-%EA%B4%80%EB%A6%AC%EC%9E%90-%ED%94%8C %EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8 /)のように変な記号が含まれていビューが良くない面があります。 しかし、SEOの面では、URLにハングルを含むことが有利だという意見が多いです。

    リンクを共有する場合 http://www.thewordcracker.com/?p=35523 のようにShortlink(短縮リンク)の形で共有すると、ハングルが文字化けし見える現象を回避することができます。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください