ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

グーグル上位表示を妨害する間違ったカテゴリとタグの使用

Last Updated:2020年2月21日| 19のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

カテゴリとタグは分類(Taxonomy)のタイプで、文字通り文を分類するときに使用されます。 私はタグとカテゴリーを使用するときにあまり注意を払っていません。 最近Yoastの記事を見てタグとカテゴリーを正しく活用していない間違って使用していることを認識しました。 グーグルなどの検索エンジン上位表示のために考慮すべき事項が思ったより多いようです。

ここで WordPress SEOプラグインで有名なYoastの「Using category and tag pages for SEO「文書に記載されているもののXNUMXつを見てみましょう。

カテゴリとタグの重複の問題(Duplicate tags and categories)

「英語」関連の文章を作成するとき、私は特に考えずに文章のカテゴリを「英語」に指定し、「英語」タグも追加しました。 この場合、Googleでは「英語」カテゴリページと「英語」タグページのうち、どのページを最初に検索結果に表示しますか? 結論的に重複コンテンツになってSEOに不利になるという。 「英語」カテゴリがある場合は、「英語」のタグを付けてはいけません。

A related issue we often see、are sites that have duplicate tags and categories。 When you have a category "bathing suits"、you should not have a tag "bathing suits" too。 If you do、which one should Google rank first?

「水着」カテゴリーがある場合は、「水着」タグはありません。 もし両方がある場合、Googleでどちらを先に公開するのでしょうか?

同様の問題に単数形と複数形があります。 韓国語では単数と複数形の区別がぼやけて、このような場合はまれですが、英語のコンテンツを作成するときには単数形と複数形のどちらか使用コンテンツの重複の問題を回避することができます。

The same goes for single or plural; an article should not be in the categories "shirt" and "shirts" A post should not have the tag "WordPress plugin"と"WordPress plugins”。 One of those shouldn't exist. Pick single or plural and stick with it for all your category and tag terms.

同様の問題が単数形と複数形にも当てはまります。 アーティクルに「shirt」カテゴリと「shirts」カテゴリが同時にあってはならない。 「WordPress plugin」と「WordPress plugins」タグがXNUMXつの投稿に同時に存在してはいけません。 すべてのカテゴリとタグ用語に単数形または複数形のいずれかを選択するようにします。

韓国語では、浮き書きの問題がここに当てはまると思います。 たとえば、「英語翻訳」と「英語翻訳」タグは同時に存在してはならず、どちらか一方のみを統一して使用しなければSEOでペナルティを受けないことになります。

Yoast文を見て、まずカテゴリと重複するタグはすべて削除しました。 タグを削除すると、そのタグページにアクセスしたユーザーは「404ページなし」画面を表示します。 したがって、タグを削除した後 リダイレクト(Redirection)を設定訪問者を新しいページ(たとえば、同じ名前のカテゴリページ)に移動することを検討してください。 私はGoogleに対応するタグページのURL削除リクエストを送信しました。 URL削除リクエストは、Googleの「古いコンテンツの削除」から送信できます。

Naverでも Naver サーチアドバイザー(Search Advisor)にログインして リクエスト>ウェブページを検索除く セクションから削除されたページの検索を除くくれ求めることができます。

重複しているカテゴリとタグを削除した後、Googleの古いコンテンツ削除要請する
重複しているカテゴリとタグを削除した後、もはや存在していないコンテンツ(URL)は、Googleの削除要請をすることができる。

※同様のタグを見つけて削除するときにタグに含まれているポストを同じような他のタグに移動させたい場合(例:「検索エンジン最適化」と「検索エンジン最適化」タグがあるときに「検索エンジン最適化」タグを削除し、代わりに「検索エンジン最適化」タグに移動させたい場合) 一括移動という無料 WordPress プラグインを使用してみることができるようになります。 実際の使用を試みていないがタグやカテゴリーを移動させる機能をするプラグインイラネヨ。 (もしかしたら分からないDBのバックアップを受けた後に使用してください。)

カテゴリと個々のページの競合の問題(Categories prevent individual pages from competing)

たとえば、「水着」を販売するショッピングモールで各商品ページを最適化すると、該当するすべてのページが「水着」キーワードで競合するようになります。 この問題をどのように解決できますか?

Yoastでは、個々の商品ページでは、特定のブランド、メーカー、モデルに最適化し、その記事を「水着」カテゴリページにリンクする必要があります。 これにより、カテゴリページが「水着」キーワードで検索順位に表示され、個々の商品ページがより具体的な用語(ブランドなど)にランク付けされます。 これにより、カテゴリページが個々のページと競合するのを防ぐことができます。

If you sell bathing suits and you optimize every product page、all those pages will compete for the term "bathing suit" You should optimize them for their specific brand、make&model and link them all to the "bathing suit」category page。 That way the category page can rank for "bathing suit"、while the product page can rank for the more specific terms。 This way、the category page prevents individual pages from competing。

最後に、

WordPress、寀ーブログや他のCMSでブログ運営時カテゴリやタグの使用に注意を払っていない場合、この記事の内容が役立つと思われます。 サイトで重複している要素を削除すると、SEOが改善され、グーグルなどの検索エンジンでの訪問者の流入増大を期待することができます。

そして WordPressで無料で利用できる優れたSEOプラグインがあります。 Yoast SEO、All in One SEO Pack、 ランク数学, SEOPress など好みを一つ選択して活用すれば、助けになるでしょう。

メモ:



19のコメント

コメント

  1. タグではなく、特定のカテゴリが優先順位で露出される現象はわかりますか?

    たとえば、「インターネット」というカテゴリに「こんにちは」ポストを書いた場合、こんにちはを検索時にポストが公開されるべきですが、カテゴリが露出される現象が発生します。何を.. カテゴリを noindex すると露出になります。 しかし、これは解決策ではないと思います。

    応答
    • Googleは、フロントページやカテゴリページなどのアーカイブページを好むとどのような記事で見たことがあります。 この記事の内容は、実際にはカテゴリページやタグページをランディングページのように検索エンジンによく公開するようにカテゴリとタグを効率的に設定することに関連しています。

      当初は文を発行しても早く公開されず、アーカイブページが先に公開される場合があるようです。 このようなことにあまり気にしないで、良質な文章を着実に書いてみると、文章が急速にGoogleに公開されると考えられます。

      応答
      • おっしゃったように無視して文を着実に書いているが、すでに特定のカテゴリが優先順位で露出されてしまったことは変わりません。 こういうのは解決策がなくて、ただナップしておかなければならないのですか? ㅠㅠ

  2. はぁ...間違っているかサーチコンソールにインデックス作成の範囲の除外が850個以上出ますね。すっかりタグいうメンブンてきました〓〓

    応答
    • このサイトでは、インデックス作成の範囲から除外された項目は、ほぼ8万個に達します。

      https://www.screencast.com/t/MN9UIRKChUuG

      しかし、チェックしてみると、ほとんど無視してもされている項目です。

      応答
  3. カテゴリーなく未分類で文の発行をしている、これが、Googleの露出を妨げるでしょうか?

    応答
    • SEOのためにカテゴリを関連性のあるカテゴリ名に変更することをお勧めします。 「未分類」あるいは「カテゴリなし」のようなカテゴリに設定されていれば、カテゴリとしての意味がなく、SEOにも不利に作用するでしょう。

      応答
  4. 良い情報ありがとうございます。^^質問があります。
    現在、私のホームページはGoogle検索時にタグで検索され、公開されることが多いです。 例)「スカイチャコスト Archives | ハナスカイ」 このように露出になり、ページに入るとタグをクリックした状態のページに入ることになります。
    欲しいのは、そのページに入ることですが。
    もしかしたら解決方法でしょうか?

    応答
    • こんにちは、ソンテソク様。 個々の文ではなく、タグArchiveページがGoogleで前方に検索されているものと理解なりますね。
      タグページをうまく活用すれば素晴らしいランディングページの役割をすることができます。 関連タグが含まれる記事を作成すると、助けになります。
      Googleは、このようなアーカイブのページを好むという文をどこかで読んだことがあります。
      テストで「YITHプラグイン」でGoogleを検索してみる YITHプラグインタグのアーカイブページ検索なりますね。

      https://www.screencast.com/t/TvteC1e0e7

      必ずそのタグのページにアクセスしたときに、特定のグローバル移動するようにするには、Redirectionプラグインをインストールしてリダイレクトを設定してくれることができますが、望ましい方法なのかは分かりません。

      応答
  5. 良い情報ありがとうございます。
    質問がありますが。 カテゴリとタグを重複しないようにましたが。
    例えば、カテゴリが「趣味生活」だとしたら
    文のタイトルで「面白い趣味生活」、「珍しい趣味生活」、「一人でできる趣味生活おすすめ」 このようにタイトルにカテゴリと重複の趣味生活が入ってはいけないということですか?

    応答
    • こんにちは、ノマド僧侶。

      例えば「趣味生活」という大きな分類の下に、「読書」、「ライディング」、「釣り」、「登山」など、具体的な趣味生活を扱う文章をまとめると効果的ではないかと考えられます。

      「おもしろい趣味生活」、「珍しい趣味生活」… このようなキーワードで訪問者が流入したら、このようなタイトルで文を書くこともできそうです。

      キーワードにはショートテールキーワードとロングテールキーワードがあります。 ロングテールキーワードは流入は少ないかもしれませんが、ユーザーが実際に検索するキーワードで着実な訪問を期待できます。 例えば「趣味」あるいは「趣味生活」というショートテールキーワードで検索は多くなるでしょうが、このキーワードで上位に露出されにくいでしょう。 最初は、ロングテールキーワードを攻略して文を作成しながら、趣味に対する文を「趣味生活」というカテゴリに分類する場合、時間が経つにつれて「趣味生活」のようなキーワードにも流入が増えるでしょう。

      応答
  6. こんにちは良い文よく読んだね
    知りたいことがタグだけを変更すると、WebアドレスがだからURL削除リクエストをしなくてもなるんです? そしてもしかしたらカテゴリーをいくつかの細分化して分けておいて作成しておいた文章を移動すると、URLを変更し、このか?ㅠ私のような場合には、寀ー後ろの数字のリンクよㅠ

    応答
    • 寀ーを使用しておられるようですね。

      寀ーでタグを変更すると、URLまで変更されることはよく分かりません。 テストをしてみてください。
      いくつか変更する場合、そのままおいても時間が経てば、検索エンジンでの世話をインデックスしていくため、大きな問題はないでしょう。

      寀ーはポストURLにカテゴリが追加されていないため、カテゴリーを変えても構わないようです。

      参考までに WordPressでは、固有アドレスにカテゴリを表示するように設定すると、問題が発生します。 (私は投稿URLを「/カテゴリ/テキスト/」形式で表示するように設定しました。この場合は、後でカテゴリを変更すると問題になるため、301リダイレクトを設定する必要があります。カテゴリが投稿URLに表示されないようにした場合は、カテゴリを変更しても問題はありません。)

      応答
  7. タグをたくさん段と検索順位に影響を与えることはないでしょうか?
    私は単純にタグをたくさん付ければ、Googleの検索順位が高くなると信じていた
    最近はタグを知っているという文章がもっと検索順位が高いんですよ…。

    応答
    • タグを慎重に選択することが重要なようです。

      次のYoast SEOの記事を参照してください。
      https://yoast.com/tagging-posts-properly-for-users-and-seo/

      タグとカテゴリーをうまく活用すれば立派なランディングページになることがあるでしょう。

      応答
  8. 間違っていたことを教えてくれてありがとうございます。
    タグを大々的に見てみましょう。 それから404エラー私は物事をリダイレクトさせなければなりません…。 。 やることが多いですね。

    応答
    • 私は削除したタグと関連URLをGoogleと NaverにURL削除リクエストをしました。
      あまり重要ではない(削除された)タグページは、単に無視しました。笑

      応答
  9. DBカテゴリと重複カテゴリーを一度に削除すると、便するようです。 私もカテゴリと重複したものですね。 削除すべてしました。

    応答
    • 私は、管理者ページでカテゴリとタグを確認しながら、不要なものは削除されました。
      タグの中でも、不必要なタグが多いようです。
      時間になると、そういうことも整理考えています。

      応答