WordPress 5.5アップデート - 速度、検索、セキュリティの向上

7のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

今日の夜明けに、ワードプレス5.5が公式リリースされました。 新しいバージョンは、「スピード、検索、セキュリティ "に重点を置いています。 1500個以上のブロックエディタのインターフェイスの変更、150個以上の改善と機能要望反映して、300以上のバグ修正が行われました。 今回のバージョンでは、大規模なアップデートであるため、重要なサイトである場合は、必ずバックアップを受けた後、5.5バージョンに更新してください。

ワードプレス5.5の更新

ワードプレス5.5の更新

WordPress 5.5が8月11日(韓国時刻で8月12日)に公開されました。 今回のバージョンでは、特にブロックエディタのインターフェイスが大幅に変更されました。 ユーザー体験を向上させるために、Block Editorインターフェースに関連して1,500以上のアップデートが行われたとします。 既存のブロックエディタのインターフェイスに比べて洗練された感じを与えるようです。

5.5バージョンは、上記の図からわかるように、速度(Speed)、検索(Search)、セキュリティ(Security)」にフォーカスを置いています。

速度(Speed)

画像は、コンテンツの重要な役割が、画像が多くのサイトは、ゆっくりロードされるように見えることができます。

ワードプレス5.5は、ユーザーがスクロールして、画像がある点に到達する直前にイメージがロードされている画像レイジロード(遅延ロード)機能が追加されました。

モバイルでも画像の遅延ロード機能が適用されるため、訪問者がデータのコストを削減し、バッテリーも少ない消費されるようにします。

5.5バージョンでは、レイジーローディング機能が提供されるため、レイジロードプラグインがインストールされている場合は無効にすることも考慮してみることができます。 私はLazy Loaderというプラグインを使用している途中ワードプレスを新しいバージョンに更新して、このプラグインを無効にしました。

ワードプレス5.5に更新しLazy Loaderプラグインを無効にした後、Pingdom Speed Testツールを使用して速度(東京基準)をテストしてみると速度が以前より改善されたようです。

ワードプレスサイトの速度テスト

検索(Search)

今、ワードプレス5.5のバージョンでは、検索エンジンでページの表示回数に役立つようにXMLサイトマップは基本的に搭載されています。

Yoast SEO, すべてのOne SEO Packに含まれます, ランク数学 など SEO プラグインやGoogle XML Sitemapsのようなサイトマップ専用のプラグインがインストールされていない場合、ワードプレスで、基本的に提供するサイトマップを利用することができます。

ワードプレスで、基本的に提供するサイトマップアドレスは、次のとおりです:

/wp-sitemap.xml

もしSEOプラグインがインストールされている場合は、デフォルトのワードプレスのサイトマップ(WordPress sitemap)は無効にされて、上のURLにアクセスすると404エラーが表示されます。 これはSEOのプラグイン内のサイトマップ機能とワードプレスの基本的なサイトマップの機能が衝突することを防止するためにSEOプラグインでWordPressのサイトマップを無効にする(あるいは削除)したからです。

セキュリティ(Security)

ワードプレスは、セキュリティに強いが、ワードプレスとテーマ、プラグインを適時更新していないか、長い間更新されずに放置されているプラ​​グインを使用するか、セキュリティに問題があるテーマやプラグインを使用する場合は、セキュリティに穴が発生する可能性があります。

実際にワードプレスのサイトの更新を怠って悪性コード/マルウェアに感染したり、ハッキングをされる事例をしばしば遭遇します。

ワードプレス5.5は、プラグインやテーマを自動的に更新するオプションが追加されました。 プラグインページとテーマの詳細で自動更新オプションを個別に有効にすることができます。

ワードプレスストアで提供されているテーマとプラグインについて自動更新の設定が可能であり、 Themeforestマーケット など有料で購入してインストールしたテーマやプラグインには、自動更新(Enable auto-updates)オプションが表示されません。

可能な場合は常にテーマとプラグインを最新バージョンにアップデートして、定期的にバックアップをすると、安全のワードプレスのサイトを運営することができます。

おわりに

ワードプレス5.5のコード名は「Eckstine」で「スイング時代」を風靡したジャズミュージシャンビリーエクスタインBilly Eckstine(1914〜1993、米国ピッツバーグ生まれ)を称えるためにつけられました。

重要なワードプレスのサイトを運営している場合は、バックアップを行った後に、ワードプレス5.5にアップデートしてください。

※メジャーアップデートが出た直後には、バグがあります。 記事作成時にURLスラグを文章編集画面で設定することができないバグがあるようです。 このバグが修正されるまでは記事のリストから「簡易編集」を使用してスラグを設定することができます。 (追加:固有のアドレスを%postname%に設定した場合にのみ、エディタでスラグ変更が可能であるとします。このブログは、現在 /カテゴリ/文タイトルに固有のアドレスを設定した状態です。 /文タイトル または /カテゴリ/文タイトルこの SEOに有利とします。)

参考



7のコメント

コメント

  1. 私は数日前に思っていた今日になってようやくアップデートをしました
    幸いなことに、大きなエラーはないようです
    ところが、メインの広告がない浮かん..ㅜㅜ数日前、Googleで何が運ば手に入れ前にちょうど
    数日間、一度見守るしようとします

    応答
    • 5.5バージョンは大幅なアップデートであるため、いくつかのサイトで問題を引き起こす可能性があります。
      数日待って WordPress 5.5との衝突を起こすテーマとプラグインが更新されています。
      (例えば、 スライダー革命今日の夜明けに更新されました。)

      これにより、より安全に、最新のバージョンに更新が可能になります。

      応答
    • ありがとうございます〜
      WordPress 5.5には、lazy loading、sitemapなどの機能が追加され、ブロックエディタ(Block Editor、Gutenberg)のインターフェースが大き変わりました。
      可能な場合は、バックアップを行った後に更新を行うと安全することができます。
      実際に5.5バージョンに更新した後に問題が発生した一部のユーザーの連絡を受けました。

      応答
  2. 多くのアップデートが行われたため、バグがあります。 バグを発見した場合、 WordPressバグを報告することができます。

    https://make.wordpress.org/core/handbook/testing/reporting-bugs/

    応答