Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する

5のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressでテーマファイルを編集する場合は、チャイルドテーマ(子テーマ)を作成作業が必要後日にテーマを更新すると、変更が初期化され消えてしまいます。

このような問題を回避するために、チャイルドテーマを作成する方がよいことがあります。 その後、テーマファイルの中で変更するファイルがある場合、チャイルドテーマファイルにコピーして変更すると、今後のテーマが更新されても変更が維持されます。

Avadaのようないくつかの有料テーマはチャイルドテーマファイルがワンテーマのインストールファイルと一緒に提供されることがあります。 テーマチャイルドテーマのインストールファイルが含まれている場合ワンテーマファイルをインストールした後チャイルドテーマファイルをインストールして使用します。

チャイルドテーマを作成する方法は、 WordPress 文書によく説明されています。

日本語版は、以前の方法で説明しています。 英語の文書を参考に子テーマを作成してください。

テーマとは別のチャイルドテーマのインストールファイルがない場合 WordPress 公式文書を参照して作成したら簡単です。 この作業のためには、FTPを使用する必要があります。 FTPの使い方は次の記事を参照してみてください。

このような作業が面倒か、負担になる場合には、プラグインを使用することができます。 前へから One-Click Child Themeというプラグインを紹介したが、このプラグインは、更新がないされてから3年が過ぎたために使用が消極的ですね。 (それでもまだうまく動作するようです。)

このプラグインの代わりに Child Theme Configuratorというプラグインがユーザー数が多く、更新さもよくなるようです。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する9

WordPress 伝言板で プラグイン>プラグインを追加するに移動し、Child Theme Configuratorを検索してインストールして有効にします。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する10

このプラグインがインストールされると、 ツール> Child Themesに移動し、インストールされたテーマの子テーマを作ることができます。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する11

上記のような画面が出たら(1)で Create a new Child Theme(新しいチャイルドテーマを作成)を選択して、(2)でテーマを選択した後 Analyze(分析) ボタンを押します。

テストでは、 Enfold テーマをインストールして、このプラグインを使用してチャイルドテーマを作ってみました。

すでにチャイルドテーマが作られている場合、 (1)Select an action(操作の選択)で、さまざまなオプションを表示します。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する12

既存チャイルドテーマの設定を変更するには、 Configure an existing Child Theme(既存のチャイルドテーマの設定)を選択すると、なりそうです。 三番目のオプション(Duplicate an existing Child Theme)は、既存のチャイルドテーマを複製する機能です。

(2)Analyzeをクリックすると、テーマを分析して、さまざまな情報を表示します。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する13

オプションを適切に変更したり、基本的な設定をそのまま使用することができます。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する14

(7) Customize the Child Theme Name、Description、Author、Version、etc.(チャイルドテーマの名前、説明、著作者、バージョンなどのカスタマイズ) 横の Show / Hide Child Theme Attributes(チャイルドテーマのプロパティを表示/非表示)をクリックすると、さまざまな情報をユーザーのニーズに合わせて変更が可能です。

基本的にセッティングされた情報をそのまま使用してもよく、必要に応じて変更することがあります。 使用するテーマなどを訪問者が把握していないようにする、ここで適切に変更すると、なりそうです。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する15

Create New Child Theme(新しいチャイルドテーマの作成)をクリックすると、チャイルドテーマが作成されます。 今 ルックス>テーマに移動し、作成したチャイルドテーマを有効にすることができます。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して簡単に WordPress チャイルドテーマを作成する16

このプラグインには、さまざまなオプションを設定するメニューがあります。 詳しい設定方法は、次の動画(英語)を参照してください。

Child Theme Configuratorプラグインを使用して、基本的な設定でチャイルドテーマを作成してみると星異常なく正常に動作しますね。

初めて WordPressを接する場合は、「WordPress ブログ開始」を参照してみてください。



5のコメント

コメント

  1. 子テーマを作った既存のテーマで飾られた文字サイズや色、レイアウトなどが変わってしまう(初期化されている?)現象は、子テーマを作るに適していないテーマであるんですか? ㅠㅠ私子テーマを誤って作成されたと思ったプラグインを使用しても同じ現象ですねㅜㅜ数ウンウンでお困りでコメントを残すますㅜ

    応答
    • こんにちは?

      子テーマを作る既存のテーマで飾られた文字サイズや色などが最寄化されません。
      子テーマを正しく作成したことを確認してください。

      子テーマの詳細な概念は、次の記事を参照してください。
      https://cafe.naver.com/wphomepage/124
      https://cafe.naver.com/wphomepage/129
      https://cafe.naver.com/wphomepage/145
      (カフェに加入しなければなら文を見ることができます。)

      応答
  2. ありがとうございます。 今回変えたテーマは、子テーマが含まれていなかった、おかげで簡単に作成することができました。

    応答