Naver ブログをしてはならない理由

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

昨年までネイバーブログセクションにブログ記事を公開することができる方法についてのお問い合わせの方が多かったです。 だから、昨年のネイバーブログではなく、ワードプレスのブログ記事がネイバーブログタブにさらされている方法のための様々なテストを行いました。 しかし、今年に入ってからネイバーブログセクション露出についてのお問い合わせする方がほとんどないですね。

ネイバーは特有の閉鎖性に多くの非難を受けているが、昨年入っ閉鎖的な政策をさらに強化しています。 数回検索ロジックが変更されネイバーブログタブで消えたり、検索順位が押し出されたブログ(特に寀ーブログ)があります。

ネイバーブログはネイバーによく露出されるという利点があるが、ブログを通じた果実をネイバーがほぼ独占しており、過度の商業化にユーザーの外面を受け始めているなど、以前よりメリットが落ちています。

コンテンツの生産者への補償問題

ネイバーブログのためにネイバーに多くの訪問者が集まら万のブロガーがネイバーブログを通じて収益をほぼないだろないか、少しの利益だけを得ることができるだけです。 Google AdSenseのを付けることができず、ネイバーのアドポスト収益は、AdSenseに比べて多く低いと言われています。

ネイバーブログだけでなく、かつての人気を集めた「知識人」も同様です。 ネイバー知識人に上って来るほとんどの質問は、実際にGoogleで検索すると、簡単に答えを得ることができるか、小学生やしそうな「幼稚な質問」があります。

(この記事と関連がありませんが、しばらく前にAdSenseの収益に関する質問が一つ考えね。外国人の妻を置いた夫が投稿質問だったんです。妻がYouTubeで収益を出して収益を受けるのに、妻が外国人の身分なので、韓国からの収入を得ることができないながら奥さんの実家にPIN番号を要求している、とね。それでは収益を義母が持たれるが、韓国で受けることができる方法がないかとの質問でした。妻が、おそらく実家に経済的に少しでも助けを与えるためにそのようにしたものだが、そのようなものを持ってツッコミをかける男のマインドが真貴重に感じました。)

どんなに多くの質問に回答をしてくれても、ネイバーでは回答者に何の補償を提供していません。 回答者に「内面」ということたが、「内面空白」をお金に変えることができるわけでもなく、実際に何役に立たない。

ネイバー知識人

私も時間が飛ぶたびに、ネイバー知識に上がってきた質問に回答を甘いがネイバーからギフト券も一つ受けたことがありません。 ああ、昨年知識iNルーレットを回して500ウォンにダブル当選され1,000ウォンを受けたことがあります。 10,000ウォンでもなく1,000ウォン...ㅠㅠ

ネイバールーレット

コンテンツの生産者への補償が非常に低いか、まったくないので、優れたコンテンツの生産者がネイバーを残すか、ブログや知識人がマーケティング手段に変質されています。

ブログの品質低下

ネイバーブログが没落(?)の道を歩いている理由は、ブログ記事の品質が低下して信頼を失っているからも一役買っています。

ネイバーブログへの訪問者が集まっても収益がされていないので、ブロガーたちは、協賛を受けるなどの方法で収益を上げています。 協賛を受けると、どうしても公平な評価が困難になります。

そんな文章がネイバーにあふれており、ユーザーは疲労感を感じています。 だからしっかりとした検索を希望するユーザーは、Googleに乗り換えているのが現実です。 (検索をするには、Googleで下さい。ネイバーは広告があふれてしっかりとした検索結果を得られない場合があります。)

低品質の沼

ネイバーブログの低品質の問題は、よく知られているので、別の説明が必要ないでしょう。 一日に数千人が訪問している途中、低品質にかかるすべてのブログ記事が検索露出で押されて、一日の訪問者が数十人に暴落した場合は一度や二度です。

このため、フラストレーションを感じてネイバーブログをやめて、ワードプレスやYouTubeのに変えるのブロガーがあります。

ネイバー閉鎖性の問題

ネイバーは「縁の養殖場」というニックネームがあるほどネイバー依存コンテンツを優先的にネイバー検索結果に露出させています。 これらの閉鎖性は、ネイバー検索エンジンの品質の低下を加速します。

実際ネイバーの検索をしてみると、上位にさらされているほとんどの文章がネイバーブログやネイバー依存コンテンツです。 良質のコンテンツを生成するブロガーたちがネイバーでますます離脱しており、外部コンテンツがネイバーに正しく検出されないため、ネイバー検索エンジンで検索されたコンテンツの品質がますます低くなっています。

検索サイトは、最も速い速度で正確な検索結果を提供することが最高の美徳である。 しかし、顧客は最高の価値ではないことができる。 ネイバーは、Googleより検索エンジンの能力が著しく低下する。 しかしながら、国内のユーザーに合った最適なコンテンツを生産しています。 サイトに入るとネイバーとGoogleの違いをすぐに知ることができる。 ネイバーは重く複雑である。 そして華麗である。 一方、Googleは単純である。

検索結果も異なる。 ネイバーは、コンテンツ提供中心です。 検索しに来たが、図の検索ランキング、ニュース、広告など、さまざまな観光スポットに陥るのが常だ。 分野別に整理して示すために表示も楽だ。 ちなみに配置ができている理由は、人が介入したからである。 これに比べて、Googleが提供する機能は、検索だけである。 人が介入せずに結果をそのまま見せてくれるので、ネイバーだけの利便性を期待するのは難しい(「ネイバーは縁養殖場、韓国でGoogleよりも送る楽」 - 中央日報。記事の原文:https://news.joins.com/ article / 22210457)

ネイバーの顔色を見てマスコミはネイバーのこれらの問題点を報告していません。 上記の文のように奇妙な論理でネイバーをおだてています。 中央日報の記事でネイバーの重要な戦略を垣間見ることができます。

ネイバーは、検索エンジンの品質で、Googleとの競争がされていないので、付加的なコンテンツ(ブログ、ニュースなど)でユーザーがネイバーに残るする戦略を展開しています。

これらのネイバーの戦略は、非常にスマートでこれまでよく食べ付けたと思われます。 しかし、今ネイバーも変化を模索しなければならない時がないかと考えますね。 多分今の方向をかけるには、手遅れにすることもあって。

上記のYouTube映像では「ネイバーブログをやめて油ビュートをする」ことを提案しています。

最近YouTubeが「ホット」するので、私もYouTubeのをしなければと思ったネイバーから関連カフェに登録して、さまざまな関連映像を見ながら1〜2ヶ月程度研究しました。

私は1)ユーチューブでもすでに飽和状態に競争が激しく、2)映像を制作するために多くの時間と労力がかかり、努力に比べて成果を出すことは困難と結論を下しました。 しかし、ビジュアルが支えてくれ、上記の映像の中の有チュボよう論理的に自分の考えをうまく伝えることができれば、YouTubeクリエイターとして成功する可能性が高いようです。

個人的には娯楽的な内容ではなく、実用的な主題を調べるとき、YouTubeをよく見るほうです。 たとえば、先週の知人数人と一緒に調タイルを床に付ける作業をしました。 調タイル施工について知っている人が誰もなかったYouTubeの映像を参考にして、紆余曲折の末、施工を完了しました。

この映像のために調タイル施工者の生計が切れそうです。(笑)

ブログをするなら ワードプレスのブログを考慮してみることができます。 ワードプレスは、Googleに検索ができている方です。 最近になって、ワードプレスが普及してワードプレスのサイトの間に競合する場合が多くなって、数年前よりはすぐGoogleで上位にさらされることは容易でないが、SEO(検索エンジン最適化)を考えるなら、ワードプレスがまともな選択です。

私寀ーブログも運営しているが、同様の性質の文を提供するワードプレスブルロググァ比較して、訪問者数が半分以下です。 寀ーが最初はネイバーへの露出がされ大丈夫だったが、昨年ネイバーポリシーの変更のために、ネイバーの流入がトクラクする風に訪問者の流入が多く減りました。

食(才能)があり、多くの時間を投資する余力がある場合は、YouTubeに挑戦するのもいいようです。 ブログを一緒に運営してチャンネルを多角化すると、より良い成果を出すことができないかと考えます。

YouTubeのを開始するなら、むやみ開始するよりも、YouTube SEOを研究して、私、適切な戦略を心配する最小限の労力で最大の効果を得るために役立ちますです。

ワードプレスとネイバーブログを同時に作動する

ネイバーが重要な場合、ネイバーブログとワードプレスを同時に作動させること考慮してみることができます。 ネイバーブログはネイバー検索用に、ワードプレスは、Googleの検索用に利用可能です。 同じコンテンツをネイバーブログとワードプレスに同時に上げても重複したコンテンツに起因する低品質の問題が発生しないようにすることができます。

注:



17のコメント

  1. 良い情報ありがとうございます。 Naver ブログに三ヵ月間ポスティング中なのに、一日の訪問者が10人足らずの悩みが多かったんですよ。 今日のGoogleの Naver ブログ検索登録をした、まったく WordPressで再起動することも一つの方法でしょうね。 良い文章ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、初心者ブロガー様。

      Naver 流入が重要な場合 Naver ブログは良い選択です。

      WordPress ブログで Naver ブログタブに露出するようにすることを研究して、そのノウハウを高価に売ることを見たことがありますが、一般的に WordPressの場合 Naver ブログタブにさらされているのは、福不福です。

      このブログは、 Naver ブログで一日400〜500人しか入らないん.80%を超える訪問者が、Googleから流入しています。

      Googleをターゲットにするなら WordPressも良い選択であることがあります。

      ただし、最近では、Googleでの競争が激しくなって、2〜3ヶ月以上着実に良い文を発行する必要がどの程度の流入を期待できるようです。

      応答
  2. 何年にするブログに書かれあげてみようとします。
    WordPress ブログと Naver ブログに同じ文あげても大丈夫でしょうか?
    従来は寀ーと Naver ブログに似たような内容に変えたが Naver 管理するのが疲れて寀ーのみ上げたんですよ。
    久しぶりに入ってみると寀ー方は Naver側流入もなく露出もならないとしたら...
    WordPress, Naver 同じ文オリゴ判明ちょっと変形してあげるのがよい...悩みますね(笑)

    応答
    • WordPressは、Googleの露出のために、 Naver ブログは Naver 露出のために利用することができます。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/%EB%84%A4%EC%9D%B4%EB%B2%84-%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8%EC%99%80-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%8F%99%EC%8B%9C-%EC%9A%B4%EC%98%81/

      可能な場合は、少しずつ表現を変えてあげることが望ましいと思われる。

      応答
  3. Googleでブログ検索したらイーグルがほぼ最上段に浮遊ね。
    ブログをやろうとしていた分割が良い情報の記事読んでいきます。ふ

    良い一日を

    応答
    • 長期的にブログを運営するには、 WordPress私寀ーのようなブログを考慮してみることができるようになります。
      特に WordPressはYoast SEO、Rank Mathなど、様々なSEOプラグインをので、SEOのプラグインを利用して、精巧にSEOの設定が可能です。

      ブログを開始し文した二つ作成した後文は、Googleにさらされていない訴える方をよく目撃します。 最近になって競争が激しく、すぐに上位にさらされません。 このため、記事をいくつか作成して放棄する方が多いです。 長く見てブログを運営すればよい成果があるでしょう。

      https://avada.tistory.com/1719

      応答
  4. 海外旅行関連ターゲットに旅行専門のブログやウェブサイトを運営して見ようと続け構想をしてハノイ関連ウェブサイトを作成し、いくつかのキーワードだけGoogleで1位を維持しています。 (もちろん、競争が激しくなくて^^)
    それに対して Naverは、すべてのキーワードが最上段やウェブサイト1等に配置されているが Naverが閉鎖性があまりにも濃くもせずでしたが、ある日、知人が言ってくれて分かりましたね
    第気がかりは Naver第キーワードでパワーリンクや自社関連コンテンツをプッシュする与える第サイトは、検索結果に表記がないか、理由もなく押さ可能性がある予測がされ、これ当たるんです?
    Naver サイトの登録をしないおいた状態だ登録をするとどうなるのかも知っているみたいですね
    私は他の仕事をしてこちらに挑戦をしているだろうとも基礎的な質問があった場合、ご了承お願いいたします。
    コロナ19注意してください!

    応答
    • こんにちは、し愛様。

      次の記事を参照してみてください:
      https://korbuddy.com/%eb%84%a4%ec%9d%b4%eb%b2%84-%eb%b8%94%eb%a1%9c%ea%b7%b8%eb%a5%bc-%eb%b2%84%eb%a6%ac%ea%b3%a0-%ec%9b%8c%eb%93%9c%ed%94%84%eb%a0%88%ec%8a%a4%eb%a1%9c-%ea%b0%88%ec%95%84%ed%83%84-%ec%9d%b4%ec%9c%a0/

      Naverで検索ロジックを変更したり、ポリシーを変更すると、いつでも検索で通失われることがあります。 Naverは低品質というものがありますが、低品質にかかるヘアや機器は容易ではありません。

      このブログの場合、平日基準で一日500人程度 Naverで流入しているが、全体の流入に占める割合は、5〜6%程度と非常に低い水準です。 今はそれさえも Naverから少し流入しているが、数年前に最初から一日に一人もいない着信場合もありました。 個人的な経験上、 Naver 流入はいつでも変化が発生することができ、安定しないということです。 それに比べて、Googleは増えたり減っても緩やかに上昇したり下落するため、予測が可能と思われる。

      今 Naverで流入がうまくいけば、そのままとなりそうです。 どのような変化を与える流入に変化が発生することがあるので、個人的な考えは、あえてよく流入されるために触れる必要はないようです。 (If it is not broke、do not fix it ...)

      応答
  5. Naver ブログをなぜ使用していないのかについてよく見ました。
    多くの点が理解がなりますよ。

    前のブログを最初から米国対象にして、固定の訪問者も増え、韓国語のブログもしたくて先月にオープンをしました。

    Naver ブログ、寀ー両方中に悩みをしたが、結局は WordPressでね。
    韓国でSEOはそれさえも、キーワードの競争が激しくなく、キーワード先取りするには良いと思います。
    外国でSEOは本当にあまりにも競争が激しくね。 ピンターレストまたは訪問者の流入が難しい。
    米国はピンターレスト、 Facebook。 韓国は Naver。 Googleは本当に超長期になければならず。
    Word様文章を読んで多くのことを悩むことにしますね。
    情報ありがとう。

    応答
    • 韓国でもキーワードの競争が、数年前よりひどくなったが、2〜3ヶ月程度の努力と有意な結果を得ることができるようです。

      海外では競争が激しいということを実感しています。 私のブログにも英語版がありますが、期待とは異なり、Googleでの流入がほとんどなく、放置しています。〓〓

      応答
  6. 今大勢は WordPressであったことを,,昨年ネイニョンにブログ作って活動したデザインが限定的だあまりにも窮屈で、私が書いた文章が上部に露出されることのない限定性のためあまりにも窮屈しました。 今でも WordPressに戻り立たなければね。

    応答
    • こんにちは、YJ様。

      Naver 露出が重要な場合 Naver ブログを一緒に運営することを考慮してみることができます。
      NaverでSEO(検索エンジン最適化)が正常に動作していないので、いくら良質の文章をたくさん生産しても正常に露出されない可能性がありますが、Googleの場合、品質の記事を着実に発行すると、よく露出させてくれるので、ブログを成長させたい場合、Googleをターゲットにして WordPress ブログを運営することもまともな方法です。

      WordPressの基本的な使い方は、次の記事を参照してみてください:

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress/

      応答
  7. 縁養殖場の適切な比喩ですね。
    N社は、自社のブログ主だけ後押しする傾向がありますね。

    応答
  8. 完全に同意する文です🙂
    私はブログを始める時に複数のブログサービスを選択する瞬間があったが、 Naver ブログは制限がされていることが多く寀ーブログを選択して起動をしました。

    寀ーでブログをするときは、序盤には接続者数が多かったが、本文に記載されているように、 Naver ポリシーの変更後半分が私を見て置型 WordPressに移転をしたことが今になって、本当に良かったと思われる(笑)

    応答
    • ブログを訪問していただきありがとうございます:)

      寀ーブログで Naver 流入がほぼゼロになった後に回復する兆しが全く見えないですね。

      このブログの場合 Naver 流入がゼロになったが、今では少し回復して仕事400人前後の訪問者は、 Naverを介して流入されています。
      しかし、Googleに比べて多くの不足数値であり、新たに発行された文が Naver 「ブログ」タブには、露出されていない。〓〓

      楽しい一週間を過ごしてください🙂

      応答