ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 訪問者の統計情報を表示する(今日の訪問者数など)

Last Updated:2020年11月14日| 8のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressは、さまざまな訪問者の統計情報プラグインを利用することができます。 サイドバーの訪問者の統計情報を表示したい場合はWP Statistics、Slimstat Analytics、Visitors Traffic Real Time Statistics、JetPackなどのプラグインを使用することができます。

WordPress 訪問者のプラグイン

個々の記事にカウンターを表示するには、次の記事を参照してください。

(このブログに設置された Publisherのテーマには、個々の文のViewを集計するBetter Post Viewsというプラグインが含まれています。 しばらく前からこのプラグインを有効にして、個々の文のページビューをチェックしています。)

個人的には、統計情報は、Googleアナリティクスアップデートを活用しています。 グーグル・アナリティクスをうまく活用すれば非常に多様な訪問者の接続情報を確認することができます。

WP Statisticsプラグイン

WP統計40万個以上のサイトにインストールされて使われています。

WP Statisticsプラグイン
WP Statisticsは、さまざまな統計情報を提供する。

WP Statisticsは、さまざまな統計情報を提供しています。 最近の訪問者の流入経路も確認が可能です。 (最近の寀ーで統計機能を更新しながら、「流入経路」を削除して、ユーザーから円満を聞いています。WP Statisticsは寀ーで提供される流入経路と同様の機能をします。)

このプラグインは、サイドバーの訪問者の統計情報を表示することができるウィジェットを提供しています。 サイドバーの訪問者の統計情報を表示するには、 ルックス>ウィジェットに移動します。

WordPress 訪問者の統計情報ウィジェット

統計を目的の場所(サイドバーまたはフッター)に配置します。

WordPress 訪問者の統計情報

今日の訪問数/訪問者数、昨日訪問/訪問者数、総訪問/訪問者数など、さまざまな項目を選択することができます。 表示する項目を選択した後、「저장"をクリックして保存します。

WordPress 訪問者の統計情報を表示する

サイドバー(あるいはフッター)を確認してみると、選択された統計情報が表示されます。 Today's Visits、Total Visitsなどの英文は ロコ翻訳を使用して、ハングルに翻訳することができます。

Slimstat Analyticsプラグイン

Slimstat Analyticsスリムという言葉に似合わず、様々な訪問者の統計情報を提供する WordPress プラグインです。

Slimstat Analyticsプラグイン

このプラグインも、さまざまな統計情報をサイドバーフッターに表示できるウィジェットを提供しています。 ルックス>ウィジェットから SlimStatを選択して、希望のウィジェット領域に配置します。

WordPress 訪問者の統計情報

ウィジェット 下のドロップダウンから表示したウィジェットを選択します。

WordPress 統計ウィジェットの選択

トラフィックの概要 ウィジェットを選択すると、次のような形式で表示されます。

WordPress 統計を表示するページビュー数 ウィジェットを選択すると、ページビューの情報がグラフで表示されます。

WordPress ページビューウィジェット

Visitors Traffic Real Time Statisticsプラグイン

似たようなプラグインに Visitors Traffic Real Time Statisticsがあります。

Visitors Traffic Real Time Statisticsプラグイン WordPress
Visitors Traffic Real Time Statistics PROプラグインのスクリーンショット。

このプラグインも今日の訪問数との合計訪問数を表示するウィジェットを提供しています。

WordPress アクセス統計プラグイン

ルックス>ウィジェットから Visitors Trafficを選択します。

WordPress リアルタイムトラフィックウィジェット

テキストの色、フォント、文字サイズなどの設定が可能です。 "表示:"で表示する項目を選択します。 Users Online(リアルタイムユーザー)も選択することもありますが、このオプションを選択したら、テスト環境(Avada インストール)で正常に動作していないですね。

WordPress 訪問者の情報

最後に、

以上で WordPress サイトへの訪問者の統計情報を表示する方法を説明しました。 さまざまな統計プラグインをテストして、好みを選択すると、なりません。

他の方法でジェトペクプラグインを使用することもできます。 WP Statisticsや JetPackプラグインこの重いので、個人的にはあまり好まない方です。

ジェトペクプラグインは、最近使用してみなくて訪問者数を表示するウィジェットを提供するかどうかについてはよく分かりません。 もし訪問者数を表示するウィジェットが提供されない場合、「ジェトペクサイトの統計情報を使用して書かれたヒットとサイトの統計情報を表示する」を参照してみてください。

メモ:



8のコメント

コメント

  1. 無料版を使用しており、私は「上位文とホームページ」としかアンナオネヨ
    プレミアム決済者だけの使用が可能ですか?

    応答
    • どんなプラグインを使用していらっしゃるんです? そしてどのような機能をご希望の地、具体的に教えていただけますか?

      応答
  2. これプラグインのサイドバーずフッターにつけたいのですがどのようにてるんだろ教えていただけますイッか?〓〓

    応答
    • フッターウィジェット領域に入れればされます。

      テーマのデザイン>ウィジェットに移動してフッターに対応するウィジェット領域があることをチェックしてください。
      ほとんどのテーマであるはずです。

      たとえば、このブログに設置された Newspaper テーマを見てみるとFooter 1、Footer 2、Footer 3など3のフッターウィジェットのセクションがありますね。

      https://www.screencast.com/t/uTaFpmg0I

      ない場合は、直接作って配置します。 方法は、次の記事を参照して下さい。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/add-a-custom-widget-area-to-wordpress/

      応答
      • 迅速な回答とても感謝し〓〓申し訳ありませんが、私は今すぐ使用するテーマがインプレッサ(Impreza)だもしかしたら、このテーマに基づいて説明もう一度お願い求めることになりなさいよㅠㅠ

      • こんにちは?

        Imprezaテーマを少し見てみたところ、いくつかの特異ね。

        Imprezaの場合フッターをテーマオプションで指定する必要がですね。
        次の図を参照してください。

        https://www.screencast.com/t/97hNwLyiOZJ

        Edit Selectedをクリックすると、フッター、ページレイアウトを変更することができます。
        Visual Composerを使用すると、編集するドゥェゴヨ、 Visual Composerでウィジェット領域を追加します。
        まず、テーマのデザイン>ウィジェットから新しいウィジェット領域を1つ作成します。
        https://www.screencast.com/t/DKd8paDrvsvh

        次にウィジェットエリアにウィジェット(統計関連のウィジェットなど)を追加するようにします。

        その後、フッターのページテンプレートに対応するウィジェット領域を配置するようにします。

        Visual Composer 使い方を少し知って簡単に可能になります。

      • もう少し補強ザラザラ Visual Composer(WPBakery Page Builder)でウィジェット領域を追加するには、Element追加画面でWidgetized sidebarを追加して下さい。

        https://www.screencast.com/t/zSDALO4MavP

        WordPress Imprezaテーマでフッターテンプレートを修正するには、前述の方法を利用したり、Impreza> Page Blocks [新規ページブロックを作成するか、既存のフッターテンプレート(Site Footer)を変更します。