Naver ブログと WordPressを同時に作動する

同じコンテンツをネイバーブログとワードプレスのサイトに同時に上げ運営したい方がおられます。 ネイバーブログはネイバーにも検索がされてワードプレスは、Googleにも検索になるので、同じコンテンツでネイバーブログとワードプレスのブログに同時に上げること考慮してみることができます。

しかし、問題は、重複したコンテンツが原因で低品質のかかることがあるという点です。 どのようにすれば低品質にかからずネイバーブログとワードプレスのサイトを同時に運営することができますか?

グーグルに検索されないネイバーブログ

ネイバーブログは、Googleにも検出されません。 これはネイバーのブログ運営方針と関連があります。 ネイバーブログのウェブページには、検索ロボットがネイバーブログ記事を収集してかないようにするメタタグが含まれています。

Naver meta tag compressor  - ネイバーブログとワードプレスを同時に作動する
ネイバーブログのウェブページには、noindexメタタグが挿入されており、別の検索ロボットが文を収集して行かないようになっている。

一部のネイバーブログ記事は、Googleに検索がしますが、ほとんどのネイバーブログ記事は、Googleにも検索ができません。

Googleでネイバーブログ記事が露出するようにするには、各記事のURLを、Googleに提出するとします。 Googleでネイバーブログ検索露出を参照してみてください。

ネイバーブログ記事は、一般的に、Googleへの露出がないので、ワードプレスとネイバーブログで同じコンテンツを上げても、Googleで別の問題が発生しません。

ネイバーからのワードプレスのサイトが検索されないようにする方法

ネイバーブログはネイバーの検索がうまくなりますが、ワードプレスを含む外部のブログは、ネイバーへの露出がうまくいかない場合があります。 このブログの場合は、ここでは、ネイバーで一日400人前後が訪れているが、最初は非常に多くの訪問者が流入したがしたときネイバー流入がゼロになったこともあります。 ネイバーからの流入は、一貫性がなく、ネイバー検索ポリシーが変わるたびに訪問者の流入変動が激しいようです。

ワードプレスのブログの記事がネイバーにさらされないようにするには、robots.txtファイルにネイバー検索ロボットをブロックします。

ネイバーウェブマスターツールの 検証> robots.txt セクションでrobots.txtを生成することができます。 「すべて訪問、収集することはできません」をチェックすると、ネイバーからサイトのすべてのWebページを収集しません。

block naver compressor  - ネイバーブログとワードプレスを同時に作動する

次のようなコードをrobots.txtファイルに追加した後、ワードプレスがインストールされてサイトのルートフォルダにアップロードします。

User-agent:Yeti
Disallow:/

上記の二つのラインをrobots.txtファイルに追加すると、そのワードプレスのサイトの記事をネイバー検索ロボットのYetiが収集してません。

おわりに

以上で、同じコンテンツでネイバーブログとワードプレスのサイトを同時に作動させる方法について説明しました。 コアは、robots.txtファイルにネイバー検索ロボットをブロックするためのコードを追加することです。 その後、ネイバーからワードプレス記事を収集してかないため、ネイバーで低品質の問題が発生しません。

寀ーブログとネイバーブログを同時に動作したい場合もあるでしょう。 そのような場合寀ーブログ記事がネイバーにさらされないようにメタタグを追加することを検討することができます。 (寀ーは、robots.txtファイルにアクセスすることはできません。)どのような方は、以下のような方法を提示しています。

ヒントを教えてタッチする...
ティーブログは、Google検索での露出のための... ..ネイバーブログは国内ネチズン暴露。
ティーブログに情報を上げ... このアドレスをネイバーに共有。
その後、..ネイバーを通じてティーブログに入ります。
全く問題だめ... 訪問者の増加収益の増加...
このようにします。

出典:sir.kr

私は、同じコンテンツをネイバーブログにも同時に発行することを悩みましたが、この方法を利用せずにいます。 代わりに(大きな効果はありません)ネイバーブログに簡単な説明を追加して、このブログの記事を時折共有したりします。

ちなみに寀ーでは、次のようなメタタグを<head> ... </ head>の間に追加すると、ネイバーボットが接近していないでしょう。

<meta name = "Yeti" content = "noindex、nofollow" />

理論上、上記のタグを入れると、ネイバーボットが流入しない必要がありますが、( "サイトが検索エンジンの検索結果に表示されないようにするための正しい方法"参照)、それでもネイバーからの流入がされている場合があるそうですね。

注:


8のコメント

  1. 안녕하세요 올려주신 글 잘 봤습니다~

    혹시 티스토리 포스팅을 Naver 블로그에 맛보기 글과 티스토리 유입 링크를 남길 경우, 티스토리에 저품질이나 혹은 악영향이 발생할 수도 있을까요?

    応答
    • 안녕하세요, 김수수님.

      티스토리에는 영향이 없겠지만 Naver 블로그가 저품질에 걸리지 않을까요?

      同じコンテンツを Naver ブログと WordPress (혹은 티스토리)에 올리되, 표현을 조금씩 바꾸어서 올리는 것도 한 방법 같습니다.

      応答
  2. こんにちは、現在 WordPress ブログと Naver ブログを同時に動作中です。 最近になって Naver ブログに訪問者数が多く減っ確認してみる確かに Naver ブログ記事がインデックスを除く処理が多くなったのです。 元のブログを運営する方式は、 WordPressでオリジナル投稿を発行した後、 Naver ブログを介して再投稿して、文の間にリンクを入れて WordPress ブログへのトラフィックが流入するように誘導する戦略でした(WordPress ブログがメインであるため)。 私運営する WordPress ウェブサイトは、ブログだけでなく、Webサイトの役割もしている部分とrobots.txtでYetiをdisallowになると WordPress直接のトラフィック自体がなくなるか心配されている部分があります。 この場合、 Naverに原文を丸ごと移すより原文を引用して、リンクを残すことがいいのかそれともyetiをブロックすることが、よりよい悩みます。 また、他のブログを見ると、当社のウェブサイトで/ブログで文章をそのままボクブトてソースリンクのみ残すも露出がされている場合もありますが、原文を維持しながら、原文のリンクを挿入する場合、再露出することができるのか知りたいです。

    応答
    • こんにちは、ブライアン様。

      他のブログ記事(例えば、寀ーブログ、 WordPress ブログ)と Naver ブログ記事が同時に発行されると、 Naverから Naver ブログ記事を最初に認識していないかと推定されます。
      この部分は、一度テストしてみてください。
      その後、yetiを WordPressであえてdisallowしなくても構わないようです。

      原文をそのままコピーした後、表現を少しずつ変更しても大丈夫のようです。
      その後、 Naverで、他の文書と認識することもできるでしょう。

      応答
  3. こんにちは。 良い文よく読みました。
    현재 WordPress Naver ブログのように運営しています。 質問がありますが。

    長期的には WordPressに文章を長く使い、大きく育てようとする WordPress 文まず作成後、コピーして Naver ブログに貼り付けて、重複投稿した場合。
    既存の WordPress 投稿のSEOに不利な部分があるでしょう? 言葉与えられた低品質のような。

    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、イドソン様。

      同時に動作する場合は、 Naver ブログでは、 WordPress 記事の一部を引用して、リンクを残しておくのも一つの方法です。

      現在の状況では、Googleのでは別の問題がないが、 Naverは Naver ブログが優先的に露出されて、コンテンツの重複の問題が発生する可能性もあり見えます。 Naverで思うように露出されているか、重複したコンテンツの問題が表示されることのテストをしてみたら良いと思います。

      応答
  4. あ.. Naver ブログラング WordPress サイトラングコンテンツ路線を完全異なっていたあえてそうでしょまでありませんでしね。
    一度コンテンツ大移動をしなければならなりません。 笑

    応答
    • WordPress ブログ記事が Naverよく露出がされると、あえて同じにする必要はないようです。

      また、文を移しても、一日に数個ずつ着実に投稿するとSEOに役立つでしょう。

      そして Naver ブログ記事は、Googleへの露出がされているかどうかからチェック見ればいいようです。
      (第 Naver ブログの記事は、Googleに全く検索がないされていますね。)

      応答

コメントを残す