最近 ブルーホストにお問い合わせしてみると、最新バージョンのPHPを提供するための作業をしているという回答をしました。 昨日新たにブルーホストに登録した方のワードプレス前のお手伝いながらPHPのバージョンが7.2に設定されているという事実を知りました。 そして、SSL証明書を個別にインストールしなくても、基本的に適用されていますね。

ブルーホストに登録する場合は、まずPHP環境設定値を変更しヘジュオヤ ワードプレスを運営するために困難がないことです(下の「PHP設定値を変更する」参照)。 そしてPHP 7.2バージョンでエラーが発生した場合、以下の説明に基づいてPHPのバージョンを変更することができます。

参考までに、従来cPanelのユーザーの場合、7.0まで適用可能であったが、今 Bluehost 共有ホスティングとVPSの両方PHP 7.3までサポートします。 既存のcPanelユーザーも、新しいcPanelインターフェースに変更されました。 既存のcPanelのユーザーは "BluehostでPHPのバージョンを変更する」を参照してみてください。

[この記事は2019年8月22日に最終更新されました。 ]

ブルーホストでは、PHPのバージョンを変更する(Bluehost 共有ホスティング)

ブルーホストに登録すると、ワードプレスが自動的にインストールされます。 そしてPHP 7.3が基本適用されています。 PHP 7.3でサイトに問題が発生しない場合、そのまま使用ください。 もしPHPのバージョンのために問題が発生した場合のバージョンのPHPを変更するようにします。

Bluehostにログインした後、左側のパネルで、 高度なをクリックします。 次に、検索ボックスに「php」を入力します。

Bluehost 1 compressor  - ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

その後、上記のような画面が表示されます。 MultiPHPマネージャをクリックします。

MultiPHP Manager compressor  - ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

ドメインを選択した後 PHP Version(PHPバージョン) 横のドロップダウンメニューをクリックしてPHPのバージョンを選択します。 現在、次のバージョンがサポートされます。

  • PHP 7.0
  • PHP 7.1
  • PHP 7.2
  • PHP 7.3

適用をクリックすると、指定されたPHPのバージョンが適用されます。

PHPの環境設定値を変更する

ブルーホストに登録すると、まずPHP環境設定値を増加させる。 そうでなければ、ワードプレスのテーマやプラグインをインストールするときに、エラーが発生するなどの問題が発生する可能性があります。

ブルーホストにログインした後、左側のパネルで 高度なをクリックし、検索ボックスに「php」を入力します。

bluehost 2 compressor  - ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

MultiPHP INI Editor ツールをクリックします。

ブルーホストでは、PHPの環境設定値を変更する

Configure PHP INI basic settings(PHP INI設定の構成) 下のドロップダウンメニューからドメインを選択します。

海外ホスティングブルーホストPHPの設定値

PHPの環境設定値を適切に変更して保存するようにします。 私は、次のように設定して使用しています。

上の図のように設定すると、通常、問題がないでしょう。 問題が発生した場合、適切に値を調整するようにします。

上記のように設定値を調整した後、FTPに接続してwp-config.phpファイルを開き、/ * That's all、stop editing! Happy publishing。 * /行のすぐ上に次の行を追加するようにします。 (既にある場合は、値を調整してくれます。)

define('WP_MEMORY_LIMIT', '512M');

ブルーホストでFTP接続方法がわからない場合は、次の映像を参考にして、新しいFTPアカウントを作成することができます。

ブルーのVPSのホストでは、PHPのバージョンを変更する

Bluehost VPSを利用している場合、現在の最新バージョンであるPHP 7.3を利用することができます。 PHP 7.3を選択することができない場合は、WHMに接続してcPanel&WHMバージョンを最新バージョンにアップデートすると、PHP 7.3を選択することができます。

おわりに

PHP 5の寿命満了(EOL)は2019年1月1日であり、PHP 7.0のEOLは2018年12月4です。 したがってPHP 7.1以上を使用することが、セキュリティ上、そしてパフォーマンスが望ましい。 可能な場合は、最新のバージョンを使用することが望ましい。

ブルーホスト 共有ホスティング(Bluehost Shared Hosting)からPHP 7.3まで今サポートするので、当分の間、PHPのバージョンにアップグレード気にせずに使用することができるようになります。 PHP 7.3のセキュリティサポート(Security Support)は、2021年12月6日までであり、PHP 7.2は2020年11月30日、PHP 7.1は2019年12月1日までです。 ちなみに他の海外のホスティングである サイトグラウンド(SiteGround)でもPHP 7.3までサポートします。

現在サポートが提供されているPHPのバージョン

注:

14のコメント

  1. 안녕하세요 방금 문의드린 사람입니다! 궁금한 것이 한가지 더 생겼습니다!

    '도메인을 선택한 후에 PHP Version (PHP 버전) 옆의 드롭다운 메뉴를 클릭하여 원하는 PHP 버전을 선택합니다. 현재 다음 버전이 지원됩니다'
    제가 cPANEL에 가면 PHP 버전이 'inherit' 되어있다는 말이 나오는데요. 혹시 왜 버전을 업그레이드 하지 못하는지 알 수 있을까요?

    • 설명만으로는 정확한 상황을 파악할 수 없는 점 양해바랍니다.

      현재 PHP 7.3으로 설정되어 있나요? 그렇다면 그대로 사용하시면 될 것 같습니다.

      잘 안 되면 라이브 채팅으로 문의하여 PHP 버전을 7.3으로 변경해달라고 하시면 변경해줄 것입니다.

      Bluehost에서 라이브 채팅 방법은 다음 글을 참고해보세요:

      https://avada.tistory.com/771

  2. 안녕하세요 PHP 업그레이드 하려고 이 글을 보고 따라해보았는데요~

    '위와 같이 설정값을 조정한 후에 FTP에 접속하여 wp-config.php 파일을 열고 /* That's all, stop editing! Happy publishing. */ 라인 바로 위에 다음 라인을 추가하도록 합니다.'
    위에 문구에서 파일을 열라고 하셨는데요. 제가 모든 과정을 따라하고 wp-config.php를 클릭해보면 파일이 열리는게 아니라 파일이 어딘가로 보내진다고 뜹니다! 어떻게 해결하는 것이 좋을지 알 수 있을까요??

    • こんにちは、心フォーム様。

      FTP에 접속한 후에, 해당 파일을 오른쪽 버튼으로 클릭한 다음 "보기/편집"을 클릭하시면 됩니다(파일질라 기준).

      다음 글을 참고해보세여:
      https://avada.tistory.com/836

  3. ftpサーバに接続するのまでは成功したが
    wp-config.phpを見つけをできないつもりの
    検索方法を教えて間違いでしょうか?
    ありがとうございます。

    • こんにちは、キム・ジョンヒョン様。

      FTPに正しく接続した場合は/ public_htmlフォルダに移動すると、wp-config.phpファイルがあるでしょう。

      https://www.screencast.com/t/QdvrKzfsC2W

      もし他のフォルダに WordPressをインストールしたか、複数のドメインを接続して Bluehostを利用している場合/ public_html /フォルダの下に移動し、そのフォルダを探して再度アクセスしてください。

      FTPを使用したことがない、次の文で基本的な使い方を確認してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/using-ftp-to-work-with-wordpress/

  4. 先生ありがとうございました! 解決されてㅜㅜ
    FTPサーバーに上がっている第ホームページのデータ?のようなものですか。 何かも知らずのおかげで解決しました。 警告ウィンドウ消えましたね。 ハングルの唯一の投稿だったがポスティングなかったらオチャトだろうね本当にありがとうございます。

    • 解決されてよかったですね。

      ご不明な点があれば、いつでも関連記事や何文にコメントをつけていただければわかる範囲でお知らせしようとします。

      楽しい週末と休日送ってください。

  5. こんにちは〜 WooCommerce プラグインのインストール後、Memory Limitが40MBになっているが128Mに増やすとメッセージが浮かんでは投稿を見つけ来ました。
    上記示された通りにすればなるように見える問題は Bluehost ページのAdvancedをクリックすると、cPanelというサイトに接続され、ログインをするように出ますねㅜㅜ Bluehost IDを入力してみたが、接続されず、グーグルに検索してみるとホームページが出はするここ会員登録を必ずしなければならAdvanced項目を閲覧することができるでしょうか?
    あるいは他の方法で、メモリを増やすことはできないんですよね。私コンピュータ知らずだコーディングやサーバーなどの関連知識がなくて質問が粗末点ご了承お願いいたします。

    • こんにちは、今ブレス様。

      Bluehost Webホスティング共有ホスティング商品を利用していますか?

      そのような場合 Bluehost 사이트にログインした後Advancedアイテムを使用することができます。

      Bluehostライブチャットで連絡して、この問題を連絡すれば解決してくれるようです。

      https://avada.tistory.com/771

      • 申し訳ありません、今振り返ってみると、私はそもそも Bluehost サイトにログインしていない状態でアクセスしたところ、cPanelのログインウィンドウがトトドンと思います。
        上知らせてくださったMultiPHP INI Editorに入って来たんです。 memory_limit:256M / post_max_size:260M / upload_max_filesize:256Mなどどこを見ても40MBに設定されたところはないのに、なぜ WooCommerceに警告が浮いたでしょうか? WooCommerceで今40MBになっているので128MBに変更することを警告が表示されます。
        回答ありがとうございます。

      • 上記の文に記載されているように、wp-config.phpファイルに行かを追加してください。

        上記のように設定値を調整した後、FTPに接続してwp-config.phpファイルを開き、/ * That's all、stop editing! Happy publishing。 * /行のすぐ上に次の行を追加するようにします。 (既にある場合は、値を調整してくれます。)

        ( 'WP_MEMORY_LIMIT'、 '512M')を定義します。

        256MBになっている場合はdefine( 'WP_MEMORY_LIMIT'、 '256M'); を追加してください。

      • まず、もう一度回答本当にありがとうございます!

        上に乗せてくれたYouTubeの映像に出てきたようにFTP接続のためにアカウントを作成しんです。 第MacBookのにFilezillaのインストールができなくてCyber​​duckというプログラムで接続を試みたが

        ディレクトリのリストを得てくる失敗しました。 550 Can not change directory to /:Permission denied。 Webホスティングサービスプロバイダに連絡して支援を得る。

        このような警告が浮遊ねㅜㅜserver、username、パスワード正しいことを確認したんです。 インターネット上の検索をみても解決方法を見つけるのは難しいと仮定かかわらず、また、お伺いしました。ありがとうございます!

      • 接続しました!
        FTP accountを既に作成されている他のものを見て入力カット。 新たに加入したアカウントに接続しました。 コメントの修正、削除が別になくて再度コメントを残しますㅜㅜありがとうございます!

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください