海外のWebホスティングサービス - Bluehost(Bluehost)の紹介

Bluehost(Bluehost)は、韓国でも比較的よく知られている海外のウェブホスティングサービスプロバイダの一つです。 しかし、果たしてどれくらい実証済みの信頼性の高い使用できるかという疑問を持っていると思います。

ここでは個人的に長年使用して経験した内容をもとにまとめてみました。

Bluehostとクラウドウェイズ(Cloudways)の比較

最近では、Amazon AWSまたはVultrで クラウドウェイズに移転する方が増えています。 クラウドウェイズは、AWSやVultrよりもコストがXNUMX倍近く高価ですが、管理パネルを介してAWSなどよりもサーバーを簡単に利用できるという利点があります。

Bluehost 共有ホスティングBluehost VPSクラウドウェイズ
- 安くてコスパが良い
- 初めてのブログ開始時に良いオプション
- 訪問者数が多いサイトに最適
- サイト最適化ができないと(例:重いテーマを使用)、速度が遅くなる恐れがある
- 使いやすいcPanelを提供
- サイト開設数制限
- ドメイン1年無料提供
- 無料SSL証明書を提供
- PHP 8.1までサポート/PHP 8.2サポート
- 共有ホスティングに比べてコストが高い
- コスパ比の良いVPS(仮想サーバーホスティング)サービス
- 訪問者数が増加した場合に考慮することができます
- 共有ホスティングより速度が速い
- Avada など重いテーマを使用すると、速度が遅くなることがある
- サーバールート権限を提供する
- cPanel/WHMアクセス
- 無料SSL証明書
- ドメイン1年無料
- PHP 8.2までサポート
- 複数のサイト運営や規模の大きいサイト運営に最適
- スピードが速い編み
- Amazon AWS、Vultr、Linodeなどのサーバーが利用可能
- コストは、AWSなどから直接サーバーを作成するよりも約XNUMX倍高い
- 自己管理パネル提供(※)
- 無料SSL証明書
- Astra Proテーマ 1年無料(以降から月4ドルですべてのサイトで利用可能)
- サーバールート権限の提供(制限された権限)
- サイト規模の増加に応じて柔軟に対処可能
- PHP 8.2までサポート

※クラウドウェイズの自己管理パネル(Admin Panel)はcPanel/WHMに比べて機能が制限的ですが、サーバー管理に必要な機能(SSH/SFTP/MySQLアクセス、ドメイン追加、SSL証明書、PHPバージョン変更など)を提供しますので Vultr私はAmazon AWSを直接使用するよりもサーバー管理が簡単です。 管理パネルの提供により、コストはAWSなどを直接使用する場合よりもXNUMX倍高くなります。

※同様のレベルの商品としてFastCometがあります。 FastCometの場合、cPanel、7日間の自動バックアップ/復元などの便利な機能を提供します。

※ブログを開始する場合、訪問者数が少なく、XNUMXつのサイトを運営する場合は Cafe24の低価格商品(例:月1,100ウォンの商品)を考慮することができます。 Cafe24のマネージド WordPressではSSLが無料なのでマネージド WordPressを選択することができます。

Naver カフェの投稿に含まれているリンクをクリックしてサービスにサインアップすると、私はいくつかのコミッションを得ることができます。 これにより、このブログと Naver カフェの運営をサポートできます。

Bluehost使用するだけですか?

私は約9年前 Bluehostに参加して使い始めました。 当時共有ホスティングに加入していましたが、速度が遅く、訪問者のコンプレインがありました。

Bluehostに連絡して相談するので、VPSを利用すると速度が速いという話を聞いてVPSに変えて使ってきました。

以降 Bluehostには多くの変更がありました。 個人的に感じるには…

  1. 共有ホスティングの速度は過去よりも改善されていますが、韓国ではサイトを最適化しないと速度が遅くなります。
  2. 共有ホスティングの価格は、過去と維持しながら設置可能なサイト数とディスク容量を制限しました。 おそらくプラス以上の商品を使用しながら多くのサイトを設置することで収益性が低下すると判断していないと思われます。
  3. 海外ホスティングの場合、最初の購読時には費用は安いですが、更新時に費用が増えることになります。 初回加入時には割引価格を提示し、更新する際には本来の価格を受け取ります。 Bluehost同様です。
  4. Webホスティングコントロールパネルのインターフェースは過去よりも洗練されていますが、最近UIのアップグレード後に私のアカウントでは 深刻な 問題が発生しました。

Bluehost 速度の問題

優先速度の面では GeneratePressのようなテーマをインストールしてキャッシュを設定すると、速度がある程度まともに出るが、 Newspaper テーマAvada などのテーマを使用したり、 Elementor などのページビルダーを使用すると速度が遅くなるようです。

ブログの使用には考慮してみることができますが、企業向けホームページや複数のサイト運営時にはAWSや クラウドウェイズより良いオプションがあります。

設置可能なサイト数の制限

そしてしばらく前に Bluehostがプランを改編しながら提供するサイト数とディスク容量を大幅に削減しました。

Bluehost 共有ホスティング(Shared Hosting)価格。 2023年10月4日現在。
Bluehost 共有ホスティング(Shared Hosting)価格。 2023年10月4日現在。

過去にはPlus(今はChice Plusに変わりましたね)以上では無制限のサイト追加が可能でしたが、今はChoice PlusとOnline Storeでは3サイト、Proでは5サイトを運営できます。 サブドメインの場合でも以前はBasicで25個までサポートしていましたが、今はChoice Plus以上でのみサポートされているそうです。

上記の料金表は12ヶ月契約に適用され、36ヶ月期間を選択すると価格がかなり高くなります。

Bluehostは、36ヶ月期間より12ヶ月期間で契約する場合、コストが安い方です。 その理由は、12ヶ月の期間が終了すると更新時に価格が大幅に増加するため、12ヶ月の商品で顧客を誘引するためです。

更新時のコスト増加

更新時には本来料金がかかりますので FastComet など、同様のレベルのホスティングに移行することを検討することができます。 ファーストコメット Bluehostよりコストパフォーマンスが高く、自動バックアップ/復元などの便利な機能を提供し、近年で国内ユーザーが増加しました。

AWSやクラウドウェイズなどのサービスではコスト変動はありません。

Webホスティングコントロールパネルインターフェースのアップグレード

최근 BluehostのWebホスティングコントロールパネルのインターフェイスが変更されました。

海外のWebホスティングサービス -  Bluehost(Bluehost)の紹介

以前よりずっとスタイリッシュに変わったようです。 しかし、私のアカウントでは、cPanel、Server Management、Websitesなどの必須メニューは表示されていません。

この問題のために BluehostにXNUMX回連絡を取りましたが、まもなく問題が解決されると言いましたが、まだ問題は解決されていません。

海外のWebホスティングサービス -  Bluehost(Bluehost)はじめに2

このため、 Bluehost ホームページにログインしてできることがほとんどなくなりました。 この問題は解決しなかったため、このサイトを含むいくつかのサイトをクラウドウェイズに移行しました。

カスタマーサポートの経験

Bluehostは年中無休ライブチャットを通じてカスタマーサポートを提供します。 接続に少し遅れることがありますが、通常は接続になります。 しかし、 Bluehost 全体に問題が発生した場合は、お問い合わせが暴走して接続ができないことがあります。

カスタマーサポート担当者の技術理解レベルは、エージェントによって違いがあるようです。 一度に解決できない場合は、数時間後に再度ライブチャットに連絡して、他の相談者が別の方法で解決することができます。

最初のエージェントが問題を解決できないサーバー関連の問題は、管理者に渡されます。 この場合、最大48時間かかることがあります。 経験上、実際に解決までに数日かかることがあります。

Bluehost 払い戻し規定

新規登録の場合、30日以内に払い戻しをリクエストすると払い戻しを受けることができます。 登録時に無料ドメインを一緒に登録した場合は、ドメイン登録料が差し引かれて払い戻されます。 ペイパルでお支払いの場合は当日払い戻しが完了しますが、クレジットカード決済の際は数日待つと払い戻しが行われます。

払い戻しが必要な場合は、必ず30日以内に払い戻しをリクエストしてください。 30日が経過すると、払い戻しポリシーに基づいて払い戻しが不可能であるという回答が表示されます。

苛性雨

コスパ比の面では国内ホスティングが海外ホスティングにしばらく遅れる方です。 Bluehostの場合、ファストコメットに比べて苛性比が落ち、速度面でも遅いと評価されています。

ブログを開始したり、訪問者数がそれほど多くない小さなサイトを運営する場合には月1000ウォン内外の商品を提供する Cafe24のような国内ホスティングも大丈夫です。 Cafe24は マネージド WordPress 상품を選択すると、SSL証明書が無料で提供され、最新のPHPバージョン(現在の最新バージョンPHP 8.2)がサポートされます。 1~2サイト運営時に安価にブログを運営できるはずです。

追加:ERR_HTTP2_PROTOCOL_ERRORの問題

ブログ訪問者が増え、VPS商品をEnhancedにアップグレードしました。しかし、アップグレード後にERR_HTTP2_PROTOCOL_ERROR問題が発生し始めました。

当初は大変ではないと思いましたが、時間が経つにつれてこの問題のため、訪問者は徐々に減少し始めました。 Bluehostに何度も連絡しましたが、一時的な措置だけを取ってくれ、問題は解決されませんでした。

Cloudways に移行した後、この問題は発生しません。このような問題が発生すると、できるだけ早く問題を解決しないとSEOに悪影響を及ぼし、Googleなどの検索エンジンから後方に押し出される現象が発生する可能性があります。

Bluehostを利用する場合、このような問題が発生しないかを綿密に監視すればよいようです。

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

196のコメント

  1. 最近 Bluehost そのためワード様のホームページによく訪れますね。 最近、サブドメインの問題で顧客の問い合わせをたくさんしましたが、今回インターフェースを変更しながらプランが変わったと伝えられました。 BASICプランは25のサブドメインを提供しません。 ワード様を信じて強く主張しました。 今年4月からプランが変更され、「チョイスプラン」からサブドメインの利用が無制限に可能だそうです。

  2. Cafe24, クラウドウェイズ, vultrに移ったばかりなのにサーバー運営というのは本当に簡単ではありませんね そして vultrは一つ一つ上げればどんどんダウンになりますね Cafe24より満足感が落ちます。 Bluehostに移動しようとしていますが、インストールと購読方法リンクをお願いします。 もしもvultr脱退法もあれば一緒にお願いします。

    1. こんにちは、shoppistさん。 もしかしたら訪問者数が多い方ですか?
      ダウンしている場合は、ダウンしている原因を特定して解決する必要があるようです。
      Bluehostは、以下の記事を参考にご登録ください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/2880

      Vultrでは、インスタンス(サーバー)を削除しても料金は請求されなくなります。 私はvultrアカウントを持っていますが、サーバーを作成せずにアカウントだけを保持しています。

  3. Bluehostとサイトグラウンドともにサブドメイン(www.exam.com)のみ接続が可能かどうかお問い合わせください。 メインドメイン(exam.com)は他のサービスで運営されています http://www.exam.com ドメインのみの接続が必要です。 国内ホスティング会社はメインドメインとサブ(www)ドメインを同一視して使用ができません。

  4. awsライトセール使用中ですが、40ドルです。 cpu バーストのせいなのに移動しようとするのに vultr で触れちゃうのに再起動したら接続できませんね。 だから検索するたびに Bluehost 投稿投稿をたくさん見てお問い合わせを残します。 一日最大1000人訪問同時接続最大10人程度画像が10ページ画像XNUMXメガ程度なのに Bluehostに移しても大丈夫でしょう。 サーバーがわからない。 ライトセールもどうやってやったのに簡単だとしても全部問題ですね。 https適用。 ftp。 gzip(テキスト圧縮?) どんな製品が良いかおすすめお願いします。 そして、たまに見れば有料でも助けてくれるようですが、有料で移転や設定が出来ればその内容もお願いします。 ちなみに以前にたくさん触れてくれたdiviテーマを使用中です。

    1. こんにちは? 一日最大1000人、同時接続最大10人の場合(トラフィックなどを見てみるとわかりますが)共有ホスティングでも十分ではないかと思います。

      このブログは、 Bluehost VPSなのに、5000日最大40人、同時接続最大50~XNUMX人程度で問題なく動作しています。 スピードの面では、VPSは共有ホスティングよりも優れていますが、コストは高価です。

      苛性的な面では Bluehost 共有ホスティングを考えることができ、安定性とスピードが重要であれば(そして今後の訪問者の増大まで考えると) Bluehost VPSもまともな選択のようです。
      速度が重要な場合 Cloudways(クラウドウェイズ)でVultrサーバーを運営することも検討することができます。

      低コストでサイトを移行するのにも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます