高速で安定しSiteground共有ホスティング

2

現在、個人的に Bluehost(共有ホスティング/ VPS)、 iPage、a2 hosting、 そしてSitegroundでホストされているサイトを管理しています。

いくつかのホスティングを使用しての利点と欠点をある程度把握がされているようです。

子供のページを除いた3つのすべてのcPanelをサポートして、サイトの管理が便利です。 VPSはSSHアクセスが可能なので、より精巧にサイトチューニングが可能です。 (Sitegroundはは、共有ホスティングでもSSH接続が可能です。)上記ホストの両方の管理型ホスティングで簡単に WordPressをインストールして管理が可能です。

参考までに WordPress.ORGから Bluehost, DreamhostのSitegroundはを正式にお勧めします^^

2018_0201追加:この記事のリンクをクリックして、各ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、コミッションのために特定のベンダーを推奨しません。 各Webホスティングの長所と短所を知っている範囲での経験をもとに記載するために努力しました。

価格性能比を考慮すれば Bluehost 共有ホスティングが大丈夫なようで、リソースに比べコストは少し高い方だが、より安定した高速なホスティングをご希望の場合Sitegroundが大丈夫なようです。 Bluehostについては、次の記事を参照してください。

Bluehost VPS

メインブログから Bluehost VPSプランを使用しています。 コストが月に25ドル前後で比較的安定であり、速度もそれほど悪いないようです。 登録する時には、25ドル程度だったが今は価格が少しダウンしました。

信頼性の高いサービスを希望する企業のサイトやトラフィックの多い個人ブログに適合することがあります。

Bluehost 共有ホスティング

Bluehost 共有ホスティングは月に 3.95ドル 2.95ドルから利用できます。 最安値のbasicは、ディスク容量が50GBに制限されていますが、トラフィックは、測定していません。 測定していないとして無制限だと思えばならないようです。 共有ホスティングの特徴上、多くのユーザーが大きなトラフィックを共有するため、特定のユーザーが過度に多くのトラフィックを使用すると、他のユーザーに影響を及ぼします。

Bluehost 共有ホスティングの場合、たまに不安定になることを体験することができます。 特に初めて登録した後に安定するまで少し時間がかかることがあります。 初めて登録したときに不安定な場合Supportチームに連絡すれば問題が解決する可能性があります。 あまりお勧めしませんが、個人的なブログは、そこそこ使用だけのようです。

初期のサイトの安定化期間が経過すると、その次からは別の問題は、ないようです。 しかし、信頼性の高いサービスをご希望の場合、以下で説明する Siteground共有ホスティングより良いオプションになると思われます。

参考までに このリンクをクリックして、 Bluehost 共有ホスティングに登録すると1ドルが割引された月に2.95ドルからサービスを利用することができます。 昔は少し不安面があったが、以前よりは安定化がされたようです。 安価にまともな仕様のホスティングを利用する場合に考慮してみるべきものです。

iPage共有ホスティング

iPageホスティング共有は月に1.99ドル、3.75ドル、6.95ドルなど、いくつかの商品があります。

iPageは、トラフィックとディスク領域を制限していません。 しかし、多くのトラフィックを消費する場合は、親商品が適合しています。

iPageの場合、昨年に遅い感がありました。 しかし、最近 PHP 7.0 / PHP 7.1をサポートしながら速度が大丈夫に出てくるようです。 個人的なブログをiPageで運営しているが、主にテストの目的で利用しています。

参考までにiPageの共有ホスティングでは、URLにハングルを使用することができません。 無料のSSL証明書が提供されません。 特に、ハングル、日本語、中国語などの非ラテン文字がURLに含まれる場合、エラーが発生するので、ハングルサイトを運営するには非常に不便です。

Siteground共有ホスティング

Sitegroundはは最近使用したが、以前から安定した速度も大丈夫だという知人がいて関心を持っていました。 実際に使用してみると、速度と安定性で、比較的大丈夫という感じを受けました。 そして質問や問題が発生しサポートにライブチャットで連絡するとすぐに対応できます。 (Bluehostの場合は、サポート問い合わせが殺到すると連絡が遅れる場合がまれにあります。 VPSはまだ少し速く接続がされます。)

SiteGround 共有ホスティングプラン

SiteGroundの共有ホスティングはStartUp、GrowBig、GoGeekなどの3つのプランがあります。 費用は月に3.95ドル、5.95ドル、11.95ドルであり、容量と訪問することができ(セッション)に制限があります。 容量はそれぞれ10GB、20GB、30GBで訪問することができ(セッション数)は、それぞれ1が、25,000、10万人のサイトに適しているとします。 (大抵のサイトでも、セッションが月に10だけ超えないことです。10万以上の場合 Bluehost VPSのようなVPSプランがより適しているようです。)

プラン間の重要な相違点:

  • GrowBigとGoGeekプランで優先サポートを提供:StartUpもサポートを要求すると、サポートにすぐに接続しました。 しかし、GrowBigとGoGeekの場合、優先的にサポートを処理してくれるします。 このような部分は、初心者ユーザーに重要と思われる。
  • SG Optimiser: サイトの読み込み速度がすべての興味であることがありますが、スピードが速いGoogleのランキング(SEOランキング)にも有利であるとします。 SiteGroundの WordPress キャッシング・ソリューションであるSG OptimiserがGrowBigとGoGeekプランで提供されるね。 SG Optimiser速度が数倍速くなるとする実際そうなのかは分かりません。
  • 複数のウェブサイト: StartsUpでは、1つのドメイン名とウェブサイトを許可します。 同じホスティングアカウントで複数のサイトを運営する場合GrowBigやGoGeekが適しています。
  • Staging環境とGITの統合: GoGeekプランのみを提供する。
  • 過去30日にバックアップを提供する。 ワンクリックロールバック(StartUp商品は有料)
  • 無料SSLワイルド証明書を提供し、ワイルドカードSSL証明書を提供 (参照)
  • PHP 7.3までサポート(参照)

ディスクの空き容量と、訪問者の数を制限させてそうなのか、速度と安定性の面で満足できるものです。 (参考までに、共有ホスティングでは、トラフィック(データ転送量)は、制限しないとします。)

そして、全ての商品からLet's Encrypt SSLを無料で適用することができ、PHPのバージョンは5.5 / 5.6 / 7.0 / 7.1 / 7.2 / 7.3を適用することができます。

Let's Encrypt無料SSL(ワイルドカードSSL証明書)を使用することができます。 ショッピングモールを運営する場合は、SSLが必須であるため、Sitegroundや Bluehostのように、SSLを無料で提供するのが適しています。

Sitegroundはプランごとにディスクの空き容量と訪問数が制限されていますが、速度と安定性の面でまともなパフォーマンスを見せてくれるようです。 現在 このブログがGoGeek スタートアップ プランを使用しています。

(2017年9月26日追加: データセンターは、シンガポールを選択すると、無難なようです。 このブログはシンガポールで 米国シカゴのデータセンターに移転した状態だが、米国でのデータセンターを指定しても、シンガポールに比べて大きな差はないようです。)

Sitegroundクラウドホスティング

訪問者数が多い場合Cloud Hostingを考慮してみることができるようになります。 VPS級だコストが少し高価です。

Sitegroundクラウドホスティング

クラウドホスティングは月に5TBトラフィックが提供され、構成に応じて月に80ドルから240ドルまであります。 Sitegroundにお問い合わせしてみると月に約100万人までカバーすることができ、共有ホスティングより高速なパフォーマンスを見せてくれるね。 もしトラフィックがこれを超過する場合には、超過するトラフィックに対してMaxCDNようなサービスを利用してカバーすることができるようになります。

古代ディ

似たようなホスティング会社に 古代ディがあります。 古代ディは速度が遅い訴えるユーザーをたまにします。 サイトの最適化が間違ってかわかりません。 個人的に1月ほど使用してみたところそれほど速度が遅いとは思わなかった。 (たまに短い時間の間に接続がない現象が定期的に現れたが、サポートを介して解決できず、他のホストに移行する方も見たことがあります。)

古代ディは Bluehost同様のレベルといいます。 個人的には、古代のディを利用するサイトを何度触ったことがあるが、短期的に約定した場合、思ったより高価なプランを提供することです。

古代ディは選択した期間(例えば、1ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36月)に基づいて適用される価格が異なって適用されます。

古代ディは韓国語でのサポートがされてサイトもハングルがよくなっているので、英語の恐怖症がある場合を考慮一見ようです。

他のドメイン登録代行業者で登録したドメインを接続する場合

SiteGroundに加入する過程で、既存に使用していたドメインを入力する場合は、そのドメインのネームサーバー(ネームサーバー)の情報を SiteGroundのネームサーバ情報に変更ヘジュオヤます。 次の記事を参照してください。

ネームサーバ情報の変更後の情報が完全に更新されるまで、約24〜48時間程度の時間がかかります。 ネームサーバの情報が完全に変更されるまでサイトが正しく表示されないか、または既存のサイトと新しいサイトが交互に表示されることがあるので、既存のサイトを運営している場合は、既存のサイトを2〜3日程度を維持することをお勧め。 (Bluehostの場合は、「Bluehost(Bluehost)のネームサーバ情報を確認する」を参照してください。)

おわりに

トラフィックが比較的多く、信頼性の高いサービスをご希望の場合には、 Bluehost VPSのようなVPSや SiteGroundのクラウドホスティングが適していますが、トラフィックが比較的少ない場合(月10万人以下の訪問) Sitegroundの共有ホスティングもまともなオプションになると思われる。 Sitegroundの共有ホスティングは、トラフィックは無制限ですが、訪問者数とディスク容量が制限されており、安定した、比較的まともな速度を提供することです。

参考までに A2 hostingの場合、比較的低コストで共有ホスティングサービスを利用することができます。 しかし、A2ホスティングは、ユーザーの間で好き嫌いが行くます。 個人的にはあまりお勧めしませんが、安価に無限の空間/トラフィックを利用してみたいと思った場合考慮してみるべきものです。 A2ホストでホストされているサイトを一つの管理しているが、 たまに 最初のページの読み込み時にコンテンツが表示されるまで5秒程度かかり、サイト全体がロードされるまで、約7秒で10秒以上かかることがあります。 (その次のページからはまたすぐにロードされます。)個人的な経験なので参考だけしてください。

メモ:

2のコメント

  1. 昨年から SiteGroundを利用中です。 WordPressで Naver ウェブサイトゾーンでの露出がされていたが、最近月の間にサイト2つ Naverで通不足をされました。
    1回ワープは、ロボットを確認できないと Naver ウェブで見え Naver ボット来ることになりボットテキストに行追加して解決がされたが、まだ露出はありません。
    2回ワープは Naver ウェブでRobot Challenge Systemフレーズに起因露出にならない状態です。 時間が今から今このフレーズはなくなったが Naver 筒不足状態です。

    SiteGroundにお問い合わせをしてみると Naver ボットをスパムとして認識してブロックをするのだ。筆者様のサイトの中からサイトグラウンドを使用する WordPress가 Naver 露出がうまくいっておられるか知りたいです。 もし私のような経験があれば解決方法があるのか​​も知りたいです。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください