グーグル・アナリティクス - セッションとセッション数、ユーザーとユニーク訪問者数

2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

グーグル・アナリティクスでのセッションは、「一定の期間内にウェブサイトで発生したユーザーの相互作用のセットを指します。 たとえば、単一のセッションに多数のページビュー、イベント、ソーシャル相互作用、電子商取引が含まれています。」

セッション(Sessions)と同様の概念で訪問(Visits)があります。 しかし、両方の数値を比較してみると、ほぼ同じです。 このブログでは二つの数値を比較してみると、約0.05%程度の差が出ますね。 事実等しいと見てもなるようです。 訪問とセッション数の違いが出ることがある原因は、Googleドキュメントを参照してみることができます。

Google Analytics:Visits Now Sessions&Unique Visitors Now Users 文を見れば、Googleアナリティクスで「訪問」が「セッション」で、「ユニークユーザー数」が「ユーザー」に変わったします。

(海外のホスティング会社の一つである SiteGroundはプランに基づいてVisitsが制限されています。 Visitsをどのように測定するか聞いてみると、GoogleアナリティクスのSessionsと同じである回答をしました。)

そして「ユニークユーザー数」をチェックしたい場合は「ユーザー」をチェックすると思われる。 グーグル・アナリティクスでは、「新規ユーザー」を測定する項目はありますが「ユニーク訪問者」をチェックする項目はないですね。 「新規ユーザー」は、「特定の期間の新規訪問者数」を意味し、「ユーザー」は、「期間中にXNUMXつ以上のセッションを開始したユーザー」を意味します。 新規訪問者数はユーザー数よりも少なくなります。

グーグル・アナリティクスユーザー数

グーグル・アナリティクスは、膨大な統計情報を提供しています。 アナリティックスの統計をうまく活用すれば SEO 戦略を策定するのに役立ちます。 私は一部だけ利用しており、適切に活用していないしています。 主に、Googleの流入と Naver 流入を比較する程度にとどまっています。

現在、このブログの82%程度がGoogleで流入して Naverは7%程度を占めています。 Googleと Naver90%程度流入しており、 Facebook などのSNS流入は実質的にゼロです。〓〓

グーグル・アナリティクスの統計

ブログ記事が「ウェブサイト」の領域にさらされ、 Naver 流入が0になったが最近になって少し回復しました。 Naver検索ロジックを変更すると、訪問者数が大幅に変化する特性を持っているようです。 Facebook 活動を強化して Facebookを通じた流入を有効にする方法を模索して見なければならという気がするが...容易ではない。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. 私の場合SNSは WordPress 文の発行時に自動発行されるプラグインblog2socialとして使用しています。 一度みてください。
    https://ko.wordpress.org/plugins/blog2social/

    応答
    • ありがとうございます。

      SNSの友達をたくさん作り疎通を活発にするべきなのに...もっと努力しなければなりません。

      応答