ブロックエディタ - WordPress 情報パッケージ -
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 段落ブロックとリストブロックの前にアイコンを表示する方法

WordPress 段落ブロックとリストブロックの前にアイコンを表示する方法

WordPressエレメンターのようなページビルダー Avada ビルダーが搭載された Avada テーマなどを使用する場合は、アイコンリストやコンテンツボックスなどの要素から簡単にアイコンを追加するオプションが提供されます。 ブロックエディタでは、CSSを使用して段落ブロックまたはリストブロックにアイコンを...

続きを読む

WordPress ブロックエディタ再利用可能ブロックの使用

WordPress ブロックエディタ再利用可能ブロックの使用

WordPress ブロックエディタでページや文章を作成するとき、特定のブロックを別のページや文章でリサイクルしたい場合があります。 その場合、ブロックエディタ(Gutenberg)の「再利用可能ブロック」機能を使用すると便利です。 再利用可能ブロックは Elementorの「テンプレートとして保存」と Avada テーマの...

続きを読む

Gutenberg 自動保存時間間隔を変更する/無効にする

WordPress Gutenberg 自動保存機能

WordPressの基本的なエディタである Gutenbergを利用して、文を作成するときに、10秒間隔で文が自動的に保存されます。 自動保存されている間は、エディタの作業が中断されるため、不便があります。 希望 Gutenberg 自動保存の時間間隔を増やすか、無効にすることができます。 Gutenberg 自動...

続きを読む

WordPress Gutenberg テーブルブロックを使用する

WordPress Gutenberg テーブルブロックを使用する方法

WordPressはいくつかの方法で、表を挿入することができます。 プラグインを使用したり、HTMLコードに直接テーブルを挿入したり、ページの場合、ページビルダーで提供されるテーブル要素(Avada テーマ表(Table)エレメントの使用を参照)を利用することができます。 今のプラグインに依存せずに...

続きを読む

WordPress Gutenberg エディタブロックにCSSクラスとIDを追加する方法

WordPress テキストボックスCSS

WordPressがバージョン5.0に更新され、デフォルトのエディタが古典的なエディタで Gutenberg エディタ(Gutenberg editor)に変わりました。 ブロックエディタとも呼ばれる Gutenbergは、初期に不安面があったが、 WordPressが数回更新され多くの安定化された機能も改善されました。 古典的なエディタを使用している WordPress テーマや...

続きを読む