WordPressで書き込み時にブロックエディタが利用できない場合(feat。 Avada テーマ)

Last Updated:2023年07月16日| | コメントを残す

いくつかの WordPress 環境での書き込み時にクラシックエディタ(クラシックエディタ)が実行され、ブロックエディタが使用できない場合があります。 クラシックエディタプラグインがインストールされている場合は無効にしてみてください。それでも問題が解決しない場合は、以下の記事を参照してブロックエディタ(Gutenberg)を実行できるかどうかを確認してください。 特に Avada テーマまたはDiviテーマでクラシックエディタでのみ書き込み画面が開いた場合は、以下の方法でブロックエディタで書き込みを行うことができます。

古典エディタ vs. ブロックエディタ(Gutenberg)

WordPressがバージョン5.0にアップデートされると、デフォルトエディタがクラシックエディタからブロックエディタ(Gutenberg)に変わりました。

初めて Gutenberg 導入時 WordPress コミュニティには多くの抵抗がありました。 初期 Gutenberg エディタにはバグが多く、パフォーマンス上の問題がありました。 幸い、時間が経つにつれて Gutenbergが安定し、パフォーマンスと機能も向上しました。

WordPress 5.0以降でクラシックエディタを使用したい場合は、クラシックエディタプラグインを使用できます。 古典的なエディタのプラグインは、現在、500万を超えるサイトに設置されて使用されています。

古典エディタは本来2022年末までにサポートされる予定でしたが、その期間が2024年に延長されました。

Classic Editor is an official WordPress plugin、 and will be fully supported and maintained until 2024, or as long as is necessary.

古典エディター WordPress 公式プラグインで、2024年(必要に応じて拡張可能)まで完全にサポートされ維持されています。

これでブロックエディタが安定して機能が改善されているので、できるだけブロックエディタを使用することを検討してください。

書き込み時にブロックエディタvs。 ページビルダー(エレメントなど)

WordPressで書くとき エレメン などのページビルダーではなく、できるだけ基本的なエディタ(古典エディタまたは Gutenberg)を使用することをお勧めします。

ここの詳細は「WordPress 記事をページビルダーとして書いてはいけないEU「を参考にしてください。

WordPressで書き込み時にブロックエディタが利用できない場合

書き込み時にブロックエディタが開かず、古典エディタが実行されることがあります。

クラシックエディタプラグインを無効にする

WordPress 5.0未満のバージョンでは、古典的なエディタはデフォルトのエディタです。 WordPress 4.xバージョンを使用している場合は、Gutenbergエディタプラグインをインストールしてブロックエディタを使用できます。

WordPress 5.0以降のバージョンで執筆時にクラシックエディタが開いている場合は、まずクラシックエディタプラグインがインストールされている場合は、デフォルトエディタの設定を変更するか、クラシックエディタプラグインを無効に/削除した後に問題が解決するかどうかを確認してください。

ビジュアルエディタを無効にするオプションをオフにする

また、 WordPress 管理者ページ » ユーザー » プロフィールでビジュアルエディタの「書き込み時にビジュアルエディタを無効にする」がチェックされている場合、オフにするとブロックエディタが機能します。

WordPressで書き込み時にブロックエディタが利用できない場合

テーマオプション/プラグインオプションでページビルダーの編集を有効にするオプションを無効にする

ページビルダーを使用する一部のテーマでは、ページビルダーをデフォルトエディターに設定するオプションがあります。

例えば、 Diviテーマでブロックエディタが機能しない場合 WordPress 管理者ページ » Divi » Theme Options » Builder タブの Enable Divi Builder On Post Types (ポストタイプでデビビルダーを有効にする) オプションについて を無効にできます。

WordPressで書くときにブロックエディタが利用できない場合 - Diviテーマ

Avada テーマでブロックエディタが利用できない場合

ベストセラーのテーマである Avada テーマで新しい記事を書くと、通常古典エディタが開きます。 この場合、通知板から 投稿 » 新規追加をクリックして新しい記事を作成しないでください。 投稿 » すべての投稿 ページから 新規追加 右側の逆三角形アイコンをクリックして グーテンベルクエディターを選択するとブロックエディタ(Gutenberg エディタ)で新しい書き込み画面が開きます。

WordPressで書き込み時にブロックエディタが利用できない場合 - Avada テーマ

デフォルトでは、Back-end Builder(バックエンドビルダー)で書き込み画面が表示されます。 ドロップダウンメニューから Gutenberg エディタを選択して Gutenbergで新しい記事を書くことができます。

既存の投稿を編集しても古典的なエディタが表示される場合は、編集/編集するには投稿のタイトルの上にマウスを置きます グーテンベルクエディターを選択すると、 Gutenberg(ブロックエディタ)で投稿編集画面が開きます。

Avada テーマ記事の編集

ブロックエディタが機能しない場合

上記のアクションでもブロックエディタが機能しない場合は、次のアクションを実行できます。 まずバックアップを行った後にテストしてください。

  1. WordPress 再インストール
  2. すべてのプラグインを無効に
  3. テーマをデフォルトテーマ(Twenty Twenty-Threeなど)に変更してテストする

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy