ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

SSL証明書の適用後、エレメンページビルダー編集問題

Last Updated:2021年1月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトにSSL証明書を追加した後 エレメン(Elementor)で編集することができない問題が発生する場合があります。 エレメンページビルダー編集の問題により、ページを編集したり、保存できない場合エレメンのURLを変更するツールを使用してURLを変更すると、問題が解決されます。

SSL証明書の適用後、エレメンページビルダー編集問題

サイトのSSLセキュリティサーバー証明書を適用した後 エレメンで編集することができない場合、または編集後に保存されていない場合、ElementorのURLを変更するツールを使用してURLを一括で変更すると、問題がなくなることです。

エレメン内でURL一括変更

SSL証明書の適用後、エレメンページビルダー編集問題 -  Elementorツール
  1. WordPress 管理者ページで エレメン(Elementor)>ツール(Tools)> URLの変更(Replace URL)タブをクリックします。
  2. old-url(古いURL)とnew-url(新しいURL)を入力して URLを変更する ボタンをクリックします。 この場合、old-urlには、http://www.example.comのようにhttpアドレスを入力して、new-urlには、https://www.example.comのようにhttpsアドレスを入力します。
  3. 一般(General) タブ> CSS再生成(Regenerate CSS)に移動し、 ファイルの再作成(Regenerate Files)をクリックします。
  4. WordPress 伝言板の 設定>一般に移動し、 WordPress アドレス(URL)サイトのアドレス(URL)のURLを同じに変えるようにします。
エレメンページビルダーURLを変更するツール

上記の方法でエレメン内のURLを一括変更すると、エレメンで編集がされていないか、または保存されない問題が解決されています。

サイトのドメインアドレスを変更する場合も、同様の方法で WordPress サイトのURLを変更することができます。

参考までにSSLセキュリティサーバー証明書をインストールした後 WordPressは Really Simple SSLプラグインをインストールすると、混合されたコンテンツの問題を簡単に解決することができhttpトラフィックをhttpsにリダイレクトすることができます。 しかし、Webホスティング環境に応じて、このプラグインがサイトの速度に悪影響を与える可能性があります。 SSL証明書の適用後 WordPress サイトの速度が遅くなる場合は、手動ですべてのhttpアドレスをhttpsアドレスに変更して、.htaccessファイルに強制的にhttpsのアドレスにリダイレクトさせるコードを追加することを検討することができます。 詳細については、「WordPressにSSLセキュリティサーバー証明書を適用した後の速度が遅い場合」を参照してみてください。

WordPress/テーマの更新後のページビルダー編集問題

WordPress私のテーマを更新した後のページビルダーで文を編集した後、保存ができない問題が発生した場合、以下の点をチェックしてください。

  • サーバーリソース不足
  • ファイアウォールのブロック
  • プラグインのクラッシュ
  • 無効なサーバー構成
  • その他

例えば、メモリサイズの制限(memory_limitの)を上げたり、 max_input_vars3000に設定したら、問題が解決される場合があるとします。

エレメンページビルダーでページを開いたときに「プレビューを表示することができません」(Preview Could Not Be Loaded)エラーが発生しページを開くことができない場合には、 "エレメンページビルダー:「プレビューを表示することができません」(Preview Could Not Be Loaded)エラー」を参照して、問題の解決を試してみてください。

参照



コメントを残す

コメント