ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPressにSSLセキュリティサーバー証明書を適用した後の速度が遅い場合

Last Updated:2021年1月13日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

このブログを始める時には、SSL証明書がインストールされてサイトがあまりなかった、今SSLセキュリティサーバー証明書が普及しました。 WordPressSSL証明書を適用した後Really Simple SSLプラグインを使用すると便利です。 しかし、一方では、このプラグインのためにサイトの速度が遅くなることがあります。

WordPressにSSLセキュリティサーバー証明書を適用した後の速度が遅い場合

SSLセキュリティサーバー証明書

SSLセキュリティサーバー証明書をインストールした後は、サイト内のhttpアドレスをhttpsアドレスに変更してくれてhttpに流入するトラフィックをhttpsアドレスにリダイレクトする必要があります。 httpアドレスをhttpsアドレスに正しく変更しない場合は、ブラウザアドレス欄に鍵のアイコンが表示されないことがあります。

WordPressは Really Simple SSLプラグインをインストールして有効にすると、簡単に混合されたコンテンツの問題が修正されてhttpトラフィックを強制的にhttpsにリダイレクトすることができます。

しかし、このようなプラグインは、サイトの速度に悪影響を与える可能性があります。 実際 Newspaper(Newspaper)テーマを使用しているサイトでの速度が遅く、このプラグインを無効にしたら速度が速くなったという方がいらっしゃいますね。

プラグインを使用しない場合には、1)すべてのhttpアドレスをhttpsアドレスに変更して、2).htaccessファイルに簡単なコードを追加して、httpで接続する訪問者をhttpsに移動するように設定することができます。

httpsに強制リダイレクトする

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
</IfModule>

上記のようなコードを.htaccessファイルに追加すると、強制的にhttpsアドレスにリダイレクトされます。 しかし、 Cafe24は、上記のコードを挿入すると、エラーが発生します。 Cafe24で、次のコードでテストしてみると正常に動作しました。

RewriteEngine On
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

- または -

RewriteEngine On

# If we receive a forwarded http request from a proxy...
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} =http [OR]

# ...or just a plain old http request directly from the client
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} =""
RewriteCond %{HTTPS} !=on

# Redirect to https version
RewriteRule ^ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

http URLをhttps URLに変更する

画像などのhttpアドレスをhttpsアドレスに変更することは、プラグインを使用すると便利です。

プラグインを使用するか、DBからアドレスを変更しても、いくつかのアドレスは変わらないことがあります。 そのような場合、問題を引き起こすアドレスを探して修正する必要があります。 例えば、テーマファイルにでもスタイルシートファイルに直接URLを入力した場合は、そのファイルから直接変更することができます。

サイドバーフッターにカスタムHTMLを追加して、バナーやSNSアイコンなどをHTMLコードに追加する場合があります。 バナーや画像を画像のURLに挿入した場合、画像のURLをチェックしてみてください。

そして エレメンページビルダー(Elementor Website Builder)を使用する場合には、 エレメン>ツール> URLの変更で、既存のURLを新しいURLに変更することができます。

WordPressにSSLセキュリティサーバー証明書を適用した後の速度が遅い場合、2

また、 Slider Revolution (Revolution Slider)など、いくつかのプラグインでも既存のURLを新しいURLに個別に変更する必要があります。

おわりに

SSLセキュリティサーバー証明書をインストールした後の混合されたコンテンツの問題を解決するためにReally Simple SSLプラグインを使用している場合は、サーバー環境やWebホスティング環境に応じて、サイトの速度が遅くなることがあります。 そのような場合、プラグインを使用する代わりに、上記の方法を試してみることができるようになります。

WordPress サイトの速度が遅い場合軽いテーマを使用して、必要なプラグインのみをインストールして使用して、キャッシュのプラグインと最適化プラグインを使用してセッティングすると、速度が大丈夫に出てくる(「WordPress サイトの速度の改善"参照)。

参照



1のコメント

コメント