WordPress.comのビジネスプランは、設置型 WordPressの代替になるだろうか?

Last Updated:2024年05月15日| 8のコメント

WordPressには大きく WordPress.COMで登録している使用している加入型と WordPress.orgからインストールファイルをダウンロードして使用する加入型があります。 最近では、多くのホスティング会社で WordPressを自動インストールするオプションを提供するので便利に設置が可能です。

加入型は設置型に比べて制約があります。 しかし、 WordPress.comのビジネス(Business)プランでは、ユーザーのテーマとプラグインをインストールすることができ、 AdSense などの広告を運営することができます。

設置型と加入型の比較は "WordPress ブログを始める」の「WordPress 加入型と取付型の比較」部分を参照してみてください。

WordPressドットコムのプランが変更され、プレミアムプランはエクスプローラ、ビジネスプランはクリエイターに名称が変更されました。加入型 WordPressを利用したい場合 このリファラルリンクをクリックしてサインアップし、プロモコード WP30XH9Kを入力すると、30%割引を受けることができます。

WordPress.comのビジネスプランは、設置型 WordPressを置き換えることができますか?

次に、加入型のビジネスプランは、設置型 WordPressを代替して使用することができますか?

WP Mayorという海外のブログで、最近、この問題を大事にして、少し考えてみました。

まれに、国内でもビジネスプランを使用している方をたまにいるようです。 加入型プランには、無料の商品の他に、次のような有料プランを提供しています。

WordPress 상품

その中でビジネスプランの特徴は次のとおりです。

  • ユーザー定義のドメイン名
  • Jetpackの必須機能
  • 電子メール、ライブチャットサポート(ほぼリアルタイムでチャットサポートを提供する)
  • 無制限プレミアムテーマ(WordPress.comで提供されるプレミアムテーマを無制限に使用可能)
  • 高度な設計のカスタマイズ(CSSでレイアウトの変更/変更することがあります)
  • 無制限のストレージ
  • WordPressドットコムの広告を削除
  • サイトへの収益
  • ビデオプレスサポート
  • リアルタイムの講義に出席
  • SEOツール
  • テーマのインストール
  • プラグインのアップロード
  • グーグル分析統合
  • WordPressドットコムブランディングを削除

ここで注目すべき点は、無制限のストレージ容量を提供し、外部のテーマのインストールとプラグイン語ロードが可能である点です。

ビジネスプランを使用する場合の利点は...

  • 独自のテーマとプラグインを使用することができます。
  • Webホスティングについて考える必要がありません。 つまり、サーバー/ホスティング関連の作業が不要です。
  • 無制限のスペースとトラフィック。 安価な「共有ホスティング」でも無制限のスペースとトラフィックが提供されますが、実際には文字通り「無制限」では提供されません。 そのような「共有ホスティング」とは異なり、事実上無制限のスペースとトラフィックが提供されるという。
  • ライブチャットサポートを提供する。 問題が発生した場合、チャットを介してサポートを求めることができます。 しばらく前に WordPress サポートチームに問い合わせることがあり、連絡してみると「今はすべてのエージェントが相談中なので利用できない」というフレーズが英語で表示されましたが、チャットでメッセージを送って少し待つとエージェントが応答をしてくれました。

これらの利点にもかかわらず、欠点があります。

  • 使用できないプラグインがあります。 プラグインをアップロードしてインストールすることができますが WordPress.comで、いくつかのプラグイン(例えば、Duplicator、Google Captchaなど)の設置を禁止しています。
  • FTP/SFTP、SSH にアクセスできません。 (アップデート:SFTPとphpMyAdminにアクセスできるように変更されました。 加入型 WordPress SFTP/phpMyAdmin接続方法 参考)
  • 広告に制約があります。 ビジネスプランでは、 AdSense などの広告コードを追加することができますが、ギャンブル、マルチレベルの広告などは掲載できないですね。
  • Jetpackのを必須とする必要があります。

ビジネスプランでインストールしたプラグインが問題を起こせば、サイトが詰まっになることがあります。 その後、SFTP / FTPにアクセスすることができないため、サポートに連絡して問題を解決します。

先月にビジネスプランを使用しているサイトが正常に機能しなく WordPress サポートチームに連絡してJetPackこの問題を引き起こすことが見え無効くれたらJetPackは WordPress コアの一部であるため、無効にすることができないという回答をしました。 代わりに、サポート担当者が問題を引き起こしてプラグインを知らせ無効にしてくれました。 当時網ボードが問題を起こしていました。

それとともにGitHubにエラーログを上げながら、開発者に連絡して、問題を解決するように答えをくれました。

今では問題が解決されませんね。 クライアントにネットワークボードに連絡して、上記のリンクを送信主としたが、おそらく網ボード開発者に連絡していないようです。 (2018年12月14日の更新:この問題は、解決されたと思われます。)

このように、ビジネスプランで特定のプラグインが問題を起こす問題を直接解決することができず まずは WordPress サポートに連絡して問題となるプラグインを無効にする必要があり、その後、プラグイン開発者に連絡して、問題の修正を要請해야합니다。

WordPress.comビジネスプランは、多くのスペースとトラフィックを使用しているサイトや小規模会社のサイトから考慮してみることができます。 しかし、加入型 WordPressの特性上、設置型 WordPressより柔軟性が低下編です。

追加: WordPress.comの広告制約

There are a few restrictions in what affiliate programs are allowed。 We do not allow affiliate links for gambling、get-rich-quick schemes、multi-level marketing programs、disreputable merchants、pornography、malware、or phishing-type scams。 We also do not allow sites that exist primarily to drive traffic to affiliate links。

An easy and popular way to get started with affiliate links is Amazon! Read our support documentation for specific instructions on adding Amazon Affiliate links to your content。

ギャンブル、短時間で金持ち方法(一攫千金を得る方法)、マルチレベルのマーケティングプログラム、評判が良くない店、わいせつサイト、マルウェア、フィッシングサイトなどのアフィリエイトのリンクは許可されません。 WordPress.comでアマゾンアフィリエイトリンクをお勧めしますね。 しかし、我が国では、アマゾンのアフィリエイトに多くのお金を稼ぐことは容易ではないようです。

メモ:


8のコメント

コメント

  1. こんにちは。 個人用サイトを構築しようとします。 元寀ーに基づいて使用してはいたが、心に嫌な部分があって、一度 WordPressドットコムのプロフェッショナル(個人)料金でテストをしてみていますが、プラグインを追加すればもう少し良さそうだという感じがしました。 (特に「掲示板」機能)

    ところが、「料金」がちょっと負担になりますね。 他の方法で韓国のホスティングサイトと比較してみると、韓国のサイト WordPress ホスティングのようなかける料金は、より高価なために、容量やトラフィックのようなもの落ちるようで、これをホストとビジネスプランの両方中にどちらがより合理的選択かも悩みになりますね?

    ホスティングを使うのでしょうか? それともビジネスプランを使うのでしょうか?

    応答
    • こんにちは、米原様。

      WordPressドットコムの ビジネスプランを使用する場合は、外部のテーマのアップロードプラグイン(キャッシュプラグインなど一部を除く)を使用することができます。 そして最近では、sftpとphpMyAdminを通じたDB接続も可能にしました。

      https://www.thewordcracker.com/basic/sftp-db/

      事実上置型 WordPressと似てたが、それでもいくつかの制約があります。

      Webホスティングについて気にせずサイトを運営したい場合は、カスタムを多くすることなく、シンプルにサイトを運営したい場合加入型がまともな選択があります。 加入型は、トラフィックも事実上無制限とするので、訪問者数が多い場合の利点になります。

      しかし、サイトを自由にカスタムしたい場合には、設置型が良い選択であることがあります。

      ちなみに、このサイトのようにシンプルなブログを運営したい場合には、 GeneratePressのような軽いテーマをインストールして、キャッシュのプラグインと最適化プラグインをセットして使用すると、 Bluehostのような海外のホスティングを利用しても速度がある程度大丈夫に出てくることができます。

      国内のWebホスティングをご希望の場合 Cafe24がそれさえもまともと思われる。

      応答
  2. こんにちは質問一つ求めることができる?

    WordPress 設置型で初期設定を膜終えましたが、

    サイトの下部に見える wordpress という文字を消すことができないでしょうか?

    応答
  3. 会社で社内の知識共有の形で掲示板製作予定でいます。 したがって、データを企業内のDBサーバに保存したい可能でしょうか?

    応答
  4. 月に25火であれば、毎年ほぼ40万ウォンですね。 ハードやトラフィック膨大して AdSense 輸入に大きな比重置かないサイトであれば大丈夫ですね。
    個人ではなく、企業に適しように見えます。

    応答
    • 月に25火であれば提供されている仕様に比べてそれほど高価では見えません。

      ただし、 ビジネスプランの場合加入型 WordPressの特性上、SFTP / FTP、DBなどに接続していない制約があり、広告も一部の制約があってマウントよりも柔軟性がたくさん落ちるようです。

      特殊な機能を望んでなく WordPress.comが提供する無料またはプレミアムテーマの中から選択して、オペレーティングたい場合大丈夫そうだという気がしますね。

      応答