ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress Diviテーマコンタクトフォームの条件ロジックを使用する

Last Updated:2021年9月23日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressは訪問者からの問い合わせやフィードバックを受けることができるよう、さまざまな無料と有料のコンタクトフォームのプラグインがあります。 Diviテーマを使用する場合は、独自のお問い合わせフォームを使用することができます。 Diviテーマコンタクトフォームに条件付きロジックがサポートされるため、ユーザーの回答に基づいて、他の質問を表示することができます。

テーマで提供されるコンタクトフォームvs. コンタクトフォームのプラグイン

最近コンタクトフォーム(お問い合わせフォーム)機能を搭載する WordPress テーマが増加している傾向にあります。 人気多目的テーマである Avada, Enfold などのいくつかのテーマでは、自主的にコンタクトフォーム要素を提供し、 Jupiter テーマではエレメン用Form要素を提供しています。 Avada テーマのお問い合わせフォーム機能については、「Avada テーマの Avada Formを発見」を参照してみてください。

また、 エレメン有料版でFormウィジェットとContactテンプレートを提供していますので、独自のお問い合わせフォームを使用することができます。 Elementor Proで提供されているコンタクトフォームを介して送信されるデータは、伝言板でも確認が可能です。

WordPress Diviテーマコンタクトフォームの条件ロジックを使用する
Elementor Proで提供されるContactブロックテンプレート。

テーマで提供されるコンタクトフォームの機能を使用すると、別のプラグインを使用せずにユーザーから問い合わせを受けることができますが、ほとんどのDBに保存されず、(Avada テーマは、DBに保存可能)メールのみお問い合わせデータを受信することができます。 このため、スパムなどの問題が原因でお問い合わせの内容が正しく伝達されない場合、データを消失することになります。

コンタクトフォームのプラグインを使用する場合はお問い合わせデータをDBに保存することができます。 WPFormsの場合有料版のみDBに保存が可能で、Contact Form 7は無料のプラグインを追加インストールして、データをDBに保存することができます。 有料プラグイン Quformは、管理者ページ内のお問い合わせデータを確認することができ、条件付きロジックなどの追加機能も提供します。

要約:

  1. シンプルなお問い合わせフォームをご希望の場合テーマで提供されるコンタクトフォーム機能やContact Form 7またはWPForms Liteなどの無料のプラグインを使用することができます。 (テーマのコンタクトフォームの機能を提供する場合、テーマ機能を使用)
  2. お問い合わせデータを管理者ページで確認することを希望する場合QuformやWPForms有料版を使用したり、Elementor Proを使用している場合、エレメンで提供されるFormウィジェットを使用することができます。 Avadaの場合にも、自主的にDBに保存する機能が内蔵されています。
  3. 無料のプラグインを使用している場合、Contact Form 7プラグインと一緒に Flamingoプラグインをインストールすると、伝言板でお問い合わせ内容を確認することができます。 (CF7は 日本人開発者三好貴之(三好崇之)によって開発されました。)
  4. より洗練された機能(条件付きロジックなど)をご希望の場合有料問い合わせプラグインを使用することができます。

WordPress Diviテーマコンタクトフォームの条件ロジックを使用する

인기 WordPress テーマの一つであるDiviを使用している場合、Contact Formモジュールを使用して、訪問者や顧客から問い合わせやご意見を得ることができます。 テーマで提供されるCFモジュールを使用する場合、Contact Formプラグインを使用する必要がない利点があります。

DiviテーマのContact Formモジュールでは、条件付きロジック機能も提供していますので洗練されたお問い合わせフォームを作成することができます。

しかし、一つの残念な点は、お問い合わせ内容は、DBに保存されず、メールのみ送信されることです。 このため、電子メールの誤りスパムなどの問題により、お問い合わせ内容を受信できない可能性もあります。 DiviテーマのContact Formモジュールを使用してお問い合わせデータをデータベースにも保存したい場合には、 Divi Form DBというアドオンプラグイン(有料)を利用することができます。

Diviコンタクトフォームの条件ロジックを使用して、次の図のように訪問者が選択した回答に基づいて、他のフィールドを表示することができます。

デスクトップ:

携帯電話:

Diviテーマでコンタクトフォームモジュールの条件付きロジックを使用する方法の詳細については、「How to Create a Versatile Divi Contact Form with Conditional Logic「(条件付きロジックに柔軟性のあるDivi問い合わせフォームを作成する方法)を参照してください。

Elegant Themesでは毎週新しいレイアウトパックをDiviテーマに追加しています。 レイアウトパックには、お問い合わせページのレイアウトも通常含まれています。 Diviテーマでは、お気に入りのお問い合わせレイアウトページをロードして、簡単にお問い合わせフォームを作成することができます。 このブログの スポンサーページもContactレイアウトのいずれかをロードして活用したものです。

WordPress Diviテーマ

最後に、

Diviテーマは、最近の最適化をして速度が大幅に改善されており、毎週新しいレイアウトパックが無料で提供されており、速度と使いやすさの両方が向上しました( "WordPress Diviテーマ速度の改善及び無料Immigration Lawyerレイアウトパック公開"参照)。

WordPress 多くの無料と有料のコンタクトフォームのプラグインがありますが、可能な場合、プラグインを使用していないことが望ましい。 コンタクトフォームのプラグインは、セキュリティの脆弱性が発見された場合は、特に多くの方なので、これらのプラグインを使用している場合は、常に最新のバージョンに更新することが安全です。

仮に100万個以上のサイトに設置されて使用されている Ninja Formsプラグインで、セキュリティの問題が発見され、最近の問題が修正された更新が出ました。 このプラグインを使用する場合は、必ず最新のバージョンに更新してください。 WordPress プラグインのセキュリティの問題が発見されると、まず、プラグイン開発者に報告して、問題を修正できるようにします。 問題がパッチされた更新が出ても、ユーザーが更新できるように、一定の時間を与えた後に、セキュリティの問題に関する詳細な情報が公開されます。 セキュリティ上の問題に関する詳細情報が公開された後は、悪意のあるハッカーがその脆弱性を悪用するマルウェアを作成して配布する可能性がありますので、最新のバージョンに更新することが重要です。

参照



コメントを残す

コメント