ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Avada テーマの Avada Form出会う(コンタクトフォーム)

Last Updated:2021年1月11日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressからの訪問者や顧客から問い合わせやフィードバックを受けたい場合、Contact Form 7をはじめとする様々な無料と有料のコンタクトフォームのプラグインを使用することができます。 ディビ, Enfold など、いくつかのテーマでは、独自のお問い合わせフォームを提供しています。 Avadaも、独自のコンタクトフォームの機能が搭載されて Avada Builderで Avada Formを選択して、独自のお問い合わせフォームを使用することができます。

WordPress Avada テーマのコンタクトフォーム Avada Form機能

洗練された機能のお問い合わせフォームが必要な場合には、無料または有料コンタクトフォームのプラグインを使用することが効率的だろうが、単純なお問い合わせフォームをしたい場合は Avada テーマは、独自のコンタクトフォームの機能を利用することができます。

Avada テーマで提供されている Avada Formはおなじみの Avada Builder(以前の名称「Fusion Builder」)にすることができ、 お問い合わせフォーム7 などのプラグインを使用するよりも簡単にお好みのデザインにお問い合わせフォームを作成することができ、訪問者が提出したデータをメールで受け取るか、またはDBに保存することもできます。

Avada テーマの Avada Formを発見

Avada テーマのコンタクトフォーム機能を使用するには、まず、 Avada >フォームに移動し、新しいお問い合わせフォームを作成します。

WordPress Avada テーマのコンタクトフォーム Avada フォーム

デモをロードした場合、デモにふたり事前に作成されたお問い合わせフォームがある場合があります。 上の図で Enter Your Form Name(フォームの名前を入力してください) フィールドに新たに生成するフォームの名前を入力し、 Create New Form(新規フォームを作成する) ボタンをクリックします。

これにより、次のように Edit Form(フォームを編集) ページが表示されます。

Avada Form作成

お問い合わせフォームは Avada Builderまたは Avada Liveを使用して編集することができます。 どちらやすいものを選択してください。 私 Avada Builderを選択しました。

お馴染みの(?) Avada ページビルダー画面が表示されます。

WordPress Avada テーマのコンタクトフォームの機能

XNUMXつの方法お問い合わせフォームを作成することができます。 直接フィールドを追加して作成するか、事前に作成されたフォーム(Prebuilt Form)をロードした後に変更することができます。

直接フィールドを追加して作成したい場合 Container(コンテナ) ボタンをクリックして、コンテナを配置した後、エレメント(Element)を追加するようにします。 エレメントを追加画面で、次のような要素(要素)を選択することができます。

WordPress Avada テーマのContact Form要素

Form Elements タブでお問い合わせフォームに関連する要素を選択することができます。 そして Builder Elements タブでは、 Avada ビルダーで提供される要素を選択することができます。 Form Elements タブで提供される要素は、次のとおりです。

  • Checkbox Field - チェックボックスフィールド
  • Date Field - 日付フィールド
  • Email Field - 電子メールフィールド
  • Hidden Field - 隠れフィールド
  • Image Select Field - 画像選択フィールド
  • Notice - 通知
  • Number - 数値
  • Password Field - パスワードフィールド(パスワード入力時に使用)
  • Phone Number Field - 電話番号フィールド
  • Radio Field - ラジオフィールド
  • Range Field - 範囲フィールド
  • Rating Field - レートフィールド
  • reCAPTCHA Field
  • Select Field - 選択フィールド
  • Submit Button - 送信ボタン(送信ボタン)
  • Text Field - テキストフィールド
  • Textarea Field - テキストエリアフィールド
  • Time Filed - 時間フィールド
  • Upload Field - アップロードフィールド

最初の画面で Prebuilt Form(事前製作フォーム) ボタンをクリックすると、事前に作成されたお問い合わせフォームから選択することができます。

Avada テーマのお問い合わせフォームテンプレート

現在、約11個の事前設定され、お問い合わせフォームが提供されます。 好みのフォームをロードした後に変更することができます。

フォームを編集下部の Form Optionsでフォームのオプションを設定することができます。

Avada テーマのコンタクトフォームオプション

Form Options> Submissionで提出時のデータをメールで送信するか、DBに保存するかどうかを選択することができます。 基本的にDBに保存するオプションが選択されており、メールで送ってDBにも保存するオプションを選択することもできます。 メールで送信する方法を選択すると、Webホスティングサーバーの問題やスパムの問題でメールが送信されない場合がありますので、DBに保存し、電子メールでも送信するオプションを選択する方が安全することができます。

Avada テーマコンタクトフォームデータをDBに保存する

(上の図で Enable Member Only Formはいに設定すると、特定のユーザーの役割を持つログインユーザー(会員)のみフォームを表示することができます。)

次のオプションの中から選択することができます。

  • Save to Database - データベースに保存すると、デフォルトのオプションである。
  • Send To URL - URLに転送
  • Send To Email - 電子メールで送信
  • Save to Database and Send To Email - DBに保存して、メールで送信する
  • Default POST HTML Form(non-AJAX) - 基本的なPOST HTMLフォーム(非AJAX)

Send To Email 또는 Save to Database and Send To Email オプションを選択すると、フォーム送信者の電子メールアドレス、電子メールで送信されるメッセージの件名、受信者の電子メールアドレス、返信メールアドレスなどを入力するためのフィールドが表示されます。

DBに保存するオプションを選択すると、ユーザーが送信するデータを Avada >フォームで確認することができます。

Avada テーマコンタクトフォームデータDB保存

フォームを作成した場合、お問い合わせフォームを表示するページで、 Avada フォーム エレメントを選択して、好きなところにお問い合わせフォームを配置することができます。

Avada お問い合わせフォームをページに挿入する

おわりに

以上で WordPress ベストセラーのテーマ人 Avada テーマで提供される Avada Form機能について説明しました。 複雑な機能は必要ありません単純な問い合わせフォームをご希望の場合、独自の提供するコンタクトフォームの機能を使用すると、別のコンタクトフォームのプラグインをインストールする必要なく、簡単に訪問者や顧客からの問い合わせを受けることができます。

条件付きフィールド(特定の条件に合った場合にフィールドを表示する)、ステップフォームの入力などの機能が必要な場合には、 Quformのような有料プラグインを考慮してみることができます。

参照



コメントを残す

コメント