WordPress ハングルのスラグの問題

Last Updated:2020年11月14日| 13のコメント

WordPress 5.5に更新され固有のアドレスが「文の名前」に設定されていない場合、文の編集ページで、文を保存すると、スラグにハングルが欠落している問題が発生します。 ハングルのスラグ問題が発生した場合、一時的に、以下の方法でスラグにハングルを設定することができます。

WordPress 5.5でハングルスラグ問題

WordPress ハングルのスラグの問題解決方法

このブログでは、固有アドレスが「/カテゴリ/文名」に設定されています。 WordPressを5.5バージョンにアップデートした後から文章作成画面で文章を保存すると、スラグでハングルがないか、まったく数字(文ID)にスラグが設定されているバグを発見した。 (WordPress 5.5にアップデートする前にそのような現象がありませんでした。)

WordPress 5.5日本語スラグの設定の問題

タイトルに英語や数字がなければ、上記の図のようにURLのスラグが書かIDに設定されます。 タイトルにハングルと英文と数字が混在している場合には、英語と数字の部分だけURLスラグに反映されます。

WordPress 5.5ハングルスラグ問題 - 半角英数のみのスラグに反映される。

まとめてみると次のようなハングルのスラグの問題は、現在の WordPress バージョンで発生します。

  1. WordPress 5.5バージョンから発生します。 最新バージョンの5.5.1でこのバグが存在します。
  2. ブロックエディタ(Gutenberg)のみが現象が表示されます。 古典的なエディタを使用している場合は、この問題が発生しません。
  3. ダッシュボード>設定>固有のアドレスで固有アドレスを「文字名」に設定しても、ハングルスラグの問題は発生しません。 「/カテゴリ/文名」や「日付と名前」などに設定したこの問題が発生しました。
  4. 既存の文には影響を与えません。

参考までに WordPress 5.0以上から Gutenberg(Gutenberg)がデフォルトのエディタに統合されました。 Gutenberg(ブロックエディタ)で問題が発生した場合の古典エディタのプラグインをインストールして使用することができますが、このプラグインは、2022年までに対応する予定です。 古典的なエディタを使用している場合は、この記事で説明する問題が発生しません。 そして Avada テーマを使用する場合でも、ブロックエディタの代わりに、古典エディタ環境で文を作成することができますので、この問題が表示されません。

ハングルのスラグトラブルシューティング/回避方法

二つの方法で問題を解決したり回避することができます。

  1. 固有アドレスを「投稿名」に変更(問題解決)
  2. 簡易編集を介してスラグ手動修正(面倒のみ固有のアドレスを変更せずに修正可能)

固有アドレスを「文名」に変更

一意のアドレスが「文字名」に設定されている場合、この問題は表示されないため、一意のアドレスを「文字名」に設定することを検討してください。 固有アドレスを設定するには 設定>固有のアドレスに移動して「投稿名」を選択します。

ブログを始めたばかりされないかのブログを新たに開始しようとする場合には、問題ありませんが、他の固有のアドレスの設定を使用して固有のアドレスを変更した場合SEOの問題が発生します。 つまり、検索エンジンにさらされている記事や他のサイトで共有した既存の文、URLを介し流入する訪問者は、 404エラーページを見ることになるでしょう。

固有のアドレスを変更する場合には、301リダイレクトを設定する必要がSEOの損害を見ません。

簡易編集を介してスラグ修正

固有のアドレスを変更したくない場合は、記事を作成して、一時的グロー保存した後、高速編集を介してスラグを変更することができます。

文を下書きとして保存し、ダッシュボードに出た後、 記事>すべての記事をクリックします。 これにより、すべての記事の一覧が表示されます。 スラグを変更する文のタイトルの上にマウスを上げ クイック編集をクリックします。

WordPress ハングルのスラグトラブルシューティング - クイック編集

クイック編集 モードで スラグを手動で設定することができます。

WordPress スラグを手動で設定

少し面倒だけバグが修正されるまで、この方法で手動でスラグを設定することが可能です。 私は現在、この方法で手動でハングルスラグを指定しています。

一意のアドレスとSEO

SEO(検索エンジン最適化)に有利な固有アドレス設定は「文名」または「カテゴリ/文名」といいます。 このブログには現在「カテゴリ/文名」に設定されていますが、 WordPress 5.5バージョンと5.5.1のバージョンでハングルスラグ問題が発生しているので WordPressを新しく開始する場合は、固有アドレスを「投稿名」に設定することを検討してください。

最後に、

以上で WordPress 5.5バージョンでハングルスラグ問題が発生した場合の対処方法について説明しました。

私は5.5.1アップデートでこの問題が修正されることを期待したが、残念ながら、まだこの問題が解決されています。 必要に応じて WordPressバグを報告することができます。

※ WordPress 5.5.3バージョンでもまだこの問題が解決されていない。

参照


13のコメント

コメント

  1. 私は固有アドレスを「文名」にしましたが、奇妙に数字だけ何度も出てきます。
    「00おすすめ3つ」と3万出てくるように。
    することができず、言われたとおり簡易編集で修正しました。

    応答
  2. こんにちは。
    スラグにハングルサポートがないようです。
    私は簡易編集でスラグにハングルを入れてきた継続番号に出ますね。
    私もseoのために固有のアドレスを様が利用する/%category%/%postname%/(カテゴリ/文名)を利用しています。
    ところが、ワードクラッカー様はハングルが出ますね? どのようにしましたか?

    応答
    • 私はこの記事の内容のように「クイック編集」でスラグをハングルに変更しています。
      「クイック編集」でスラグ部分をハングルに変更して「アップデート」をタップしてはならない理由はないようです。

      固有のアドレスを/%postname%/に設定してみていかがでしょうか
      私は「/カテゴリ/文名/」に設定しましたが、通り過ぎてみると、ただ「/文題/」に設定する方が多くの点でより良いようです。

      '/%postnmae%/' に設定すると WordPress 5.5でハングルスラグ問題が発生しないことです。

      応答
      • こんにちは。
        1.クイック編集でハングル入力(行くかしないバーサorあいうえお - マバーサ)を試みたが、数字に変更されて表示されてますね。
        理由を分からないですね。
        cpanelで以下のように出てくる、これで関係がでしょうか?
        https://paste.pics/670ab923be0b261e2e15cd4fa007f3e1

        2. 言うように '/%postnmae%/' に変更しました。
        *学校通う時から先生言葉はよく聞く方です。 ^^

      • WordPress サイトのタイトルがハングルになっている場合、cPanelの図のようにハングルが文字化けして出てくることです。
        無視してもなりそうです。

        スラグの場合、固有アドレスを「テキスト」と表示すると、ハングルの問題は解決されますか?
        WordPressでハングルスラグ問題を迅速に解決してくれればと思います。

      • 特異ね。 すべてのプラグインを無効にした後、問題が解決するかチェックしてみてください?

        そして、ブラウザを変えて一度テストしてみてください? (例えば、Firefoxのかクロムなどに変更)

        それでもだめならば Bluehostに連絡して、この問題を相談してみていかがでしょうか

        https://avada.tistory.com/771

      • こんにちは。
        今テストをすべて完了しました。
        アドバイスしてくださったとおりプラグインをすべて無効にした後、試したらクイック編集でハングル入力が可能でした。
        しかし、書き込みモードでは、ハングル入力自体がダメで、数字で自動的に入力され、一度文発行後、クイック編集で修正する方法にしました。 原因を見つけようと一つ一つプラグインを有効にしてみましたが、結局原因が見つかりませんでした。 しかし、速い編集でも入力できなかったハングルがそれになるのでどれくらい幸いか...
        今日はこれで一日だキャッチ食べますね。 ㅠㅠ
        昨日メールいただいたのは、キャッシュのプラグインを理解できなくて生じたようだと結論を下しました。 今一つずつ解決して慣れているようです。 これまでにも感謝し、これからも多くの助言お願いします。
        ありがとうございます。

      • この記事で説明している内容が「記事編集画面ではスラグにハングルを設定できませんが、クイック編集では可能」ということです。
        WordPress バグのように見えます。

        私は文章を下書きとして保存した後、簡易編集でスラグを変更し、その後、文を発生する方法を利用しています。

    • こんにちは、veronica様。

      固有アドレスが「文題」の場合にはこの問題は現れませんが、このブログのように「カテゴリ/文題」などのように固有アドレスが設定されている場合、スラグで英語と数字以外の文字(例えば韓国語文字)が欠落しているバグが現在最新バージョンの5.5.1でも現れています。 今後のアップデートでこのバグが修正されたらと思います。

      応答