[WordPress]ファイルのアップロードサイズの設定を変更する

5のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

メディアファイルをアップロードする際に、ファイルアップロードのサイズ制限のため、メディアファイルをアップロードできないことがあります。 メディアファイルのアップロード画面にアップロードサイズの制限が表示されています。

File Upload Size in WordPress

上の図では、最大アップロードファイルサイズが10 MBに設定されていますね。 メディアファイルのサイズが10MBを乗り越えていくことがほとんどないため、普段は別の問題がないようです。 このサイズを変更する方法は、ホスティング環境によって多少異なる場合があります。 ファイルのアップロードエラーが原因で、最大アップロードファイルサイズを変更する場合は、次のような方法を使用して設定変更を試してみてください。

php.iniファイルを編集する

php.iniの ファイルにアクセスすることができる場合は、次のコードを php.iniの ファイルに追加します。

memory_limit = 64M
upload_max_filesize = 64M
post_max_size = 64M
file_uploads = On
max_execution_time = 300

共有ホストを利用する場合は、ルートフォルダに php.iniの ファイルを作成し、上記のコードを追加して、正常に動作していることを確認してください。

PC上でXamppのようなプログラムをインストールして、ワードプレスを運営する場合、 php.iniの ファイルの場所は、次のとおりです(ほとんどのインターネットで確認したもの不正確できます。不正確な場合は、下のコメントでお知らせいただければ修正するようにします)。

  • Windows用のXampp - xampp \ php \ php.ini
  • Linux用のXampp - ほとんどのディストリビューションで / opt / lampp / 下にある、それ故に位置は /opt/lampp/etc/php.ini
  • Autoset - ツール> PHPの基本パスの設定で設定(参考)
  • Bitnami - /installation_directory/php/etc/php.ini (例えば、 /opt/bitnami/php/etc/php.ini)
  • Mamp(マッキントッシュ用) - /Applications/MAMP/bin/php/php5.xx/conf (この記事を参考にしてみてください。)

.htaccessファイルを編集する

.htaccess ファイルの末尾に次の行を追加してみます。

php_value upload_max_filesize 64M
php_value post_max_size 64M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

上記のコードを追加すると、ホストサーバーに応じて、エラーが出ることがあります。 Bluehostで、この方法を使用したときにエラーが出たら この記事Bluehostでmemory_limitとmax_execution_timeの設定を変更する に記載されている方法を参考にしてみてください。

Cafe24 システム情報

上の図は、カフェ24ホスティングを利用しているワードプレスのサイトでは、システム情報を確認して見ています。 カフェ24の場合 upload_max_filesizeでの大きさは、21MBに設定されています(この設定は、後日カフェ24によって上方修正されることができます)。 ファイルのアップロードサイズを変更するには、上記のコードを .htaccess ファイルに追加した後にテストしてみてください。 それでも問題が解決しない場合、カフェ24にお問い合わせください。

テーマ関数ファイルに追加する

テーマ関数ファイルに次のコードを追加します。

@ini_set( 'upload_max_size' , '64M' );
@ini_set( 'post_max_size', '64M');
@ini_set( 'max_execution_time', '300' );

意外にこの方法を使用して、簡単にファイルのアップロードサイズが変更されることがあります。

サーバー自体でのファイルのアップロードサイズの制限が適用されている場合は、ホストプロバイダに連絡して問題を解決します。 Bluehost VPSのかDedicatedプランを利用する場合は、「wp_memory_limitとmax_execution_timeの設定を変更する"文を参照してください。

追加: 次のようなエラーメッセージが表示される場合も、上記の内容を参考に、メモリサイズを増やしてください(参考):

POST Content-Length of 10758911 bytes exceeds the limit of 8388608 byte

注:



5のコメント

コメント

  1. colormagテーマをインストールしようとしにテーマを追加ページでは「インストール済み」と開いて活性化させると、「使用中のテーマは壊れた。 デフォルトのテーマに戻ります」のようなコメントが表示されるので何が悪いのでしょうか?

    応答
    • こんにちは?

      通常テーマのインストールファイルが正しくない場合に発生するエラーです。
      テーマのインストールファイルを確認してください。

      次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/cannot-upload-theme-files-in-wordpress/

      応答
  2. 参考までにサーバー情報を確認する方法は、ftp接続して、空のファイルを作成し、以下の内容を追加して確認することができます。
    <?php

    // Show all information, defaults to INFO_ALL

    phpinfo();

    ?>

    例えばinfo.php名前でFTPに上げた場合、 http://www.example.com/info.php에서 確認が可能です。
    他の方法で WooCommerceをインストールした後 WooCommerce> System Status(システム状態)で確認が可能です。

    応答
  3. max_input_vars設定の場合.htaccessファイルに次の行を追加します:
    php_value max_input_vars 6000

    問題が解決しないと、 https://wordpress.org/support/topic/php-max-input-vars2000 文に出てきた方法を参照してください、しかし、ない場合は、Webホスティング会社にお問い合わせください。

    応答
    • 私はまだWindows 7を使用中です。 しかし、コンピュータの電源を入れるたびに、無料で、一時的に、Windows 10にアップグレードするようにメッセージが開いたままにします。 業務のため、いくつかの特殊なプログラムがインストールされているので、もしかしたら、アップグレード後に問題が発生した場合、床を見ることができます。 だから当分の間は、Windows 7を継続して使用と思われる。

      Windows 10の場合、私の仕事のために加入しているカフェのユーザーにアップグレードしてもかどうかを問い合わせたところ、ほとんど次第大丈夫ですね。 (もちろん、あまり好きではない世話する方もたまにありますね。)

      WP adminの場合、最初は奇妙に時間が過ぎてから慣れてあまり以上である考えはないね。 おそらくほとんどのユーザーがそうでないかと思いますね。

      応答