WordPressでPHPのメモリ制限(PHP Memory Limit)を確認し、増やす

コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスで設定されたメモリが低い」Fatal error:Allowed memory size of ... " などの問題が発生する可能性があります。

ワードプレスでは、PHPのメモリ制限(PHP Memory Limit)を確認する方法

いくつかの方法を使用してワードプレスでは、PHPのメモリの設定を確認できます。

サイトの状態ツールを使用してPHPのメモリ制限を確認する

ワードプレスのバージョン5以降を使用している場合、 ワードプレス伝言板>ツール>サイトの状態 ページの「情報」タブをクリックして、「サーバー」セクションで、PHP ini設定値を確認することができます。

ワードプレスPHPメモリ制限確認

詳細サーバー情報を確認する:phpinfo()関数を使用

詳細サーバーPHP環境の値を確認したい場合PHP情報を表示するphpinfo()関数を使用することができます。 FTP経由でWebサーバーに接続して、任意のファイル(例えば、 php-info.php)を作成し、次の行をファイルに追加します。

<?php phpinfo(); ?>

例えば、ルートディレクトリにこのファイルを作成した場合、ブラウザで http://your-site-address/php-info.phpを入力して、PHPのメモリ制限の設定を確認することができます。

PHP Memory Limit  - ワードプレスでは、PHPのメモリ制限確認

その後、PHPのバージョンをはじめとする各種情報が表示されます。 上の図のように memory_limitのを確認してみると、PHPのメモリの設定を知ることができます。 最初の値は、Local valueで、2番目の値は、Master valueです。

サーバーの情報を確認した後は、セキュリティのために、このファイルは削除してください。

他の方法:テーマ/プラグインの機能

別の方法として、テーマやプラグインでサーバー情報をチェックする機能がある場合に活用することができます。 たとえば、ベストセラーのテーマである ああ、海のテーマの場合 Avada > System Statusページの WordPress 環境 セクションでPHP Memory Limit値が表示されます。

ああ、海のテーマ -  PHPメモリサイズ制限を確認する

ああ、海のテーマが必要とする要件を満たしていない項目は赤で表示されます。 このテーマを使用している場合は、このページでは是正が必要な項目があるかをチェックすることができます。

WooCommerceプラグインがインストールされている場合 ウコマース>システム状態でも、現在のワードプレスでの PHPメモリ制限を確認することができます。

PHP Memory Limit in WooCommerce  - 呉コマースでPHPメモリ制限を確認する

PHPのメモリ制限のサイズを変更する

たとえば、サーバーから256Mに制限されている場合は、ローカルでは256M以内で設定が可能です。 サーバーの設定が低すぎると、Webホスティングサービスプロバイダに連絡して、メモリのサイズ制限を増やすようにする必要があります。

一部のWebホスティング会社では、ユーザーがメモリサイズを増やすことができるオプションを提供しています。 たとえば、海外のホスティングの一つであるブルーホストは、cPanelのメモリサイズを上方修正してwp-config.phpファイルに下から提示する行を追加する必要があります(「ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する"参照)。

ワードプレスでは、PHPのメモリ制限のサイズを増やすに WP-config.phpを ファイルに次の行を追加するようにします。

define('WP_MEMORY_LIMIT', '256M');

※注意:256MB、128MB形式ではなく256M、128Mのような形式が必要です。 256Mで問題が解決しない場合512Mなどの値を高めてみてください。

wp-config.phpファイルを修正するには、FTP接続が可能必要があります。 ワードプレスでは、FTP接続方法は、次の記事を参照してください。

ここで設定するメモリサイズは、サーバー自体のメモリの制限サイズ内でのみ可能です。 詳細については、 ここを参照してください。

ホスティングに基づいてPHPのメモリを増やす方法が

注:



コメントを残す

コメント