WordPress フッターを言語別に異なって表示

Last Updated:2020年09月10日| 2のコメント

場合によっては、言語ごとに WordPress フッター部分を違っ表示したい場合があります。 たとえば、フッター部分にアドレスとの相互が書かれている場合、英語版では、英語のアドレスに、日本語版では、日本語のアドレスを、韓国語版では、ハングルでアドレスを記載する場合を考えてみることができます。

WordPress フッターを言語別に異なって表示する方法

言語別 WordPress フッターを別の方法で表示したい場合は、いくつかの方法があります。 この記事で扱うように、各言語ごとにfooterファイルを作成言語を検出して、言語固有のフッターファイルに分岐させる方法を考えることができます。

このため、 取得する_bloginfo() 関数を利用することができます。

index.php、single、php、page.php、category.phpなどのファイルで部分を次のようなコードに変えてくれれば言語別に指定されたフッターが表示されます。

<?php if( get_bloginfo('language') == 'ko-KR' ) : ?>
<?php get_footer('korean'); ?>
<?php else: ?>
<?php get_footer(); ?>
<?php endif; ?>

このサンプルコードでは、 WordPress ページの言語を検出してハングルの場合は「footer-korean.php」をロードし、それ以外の場合は「footer.php」ファイルをロードします。

different footer depending on language in WordPress WordPress言語ごとに異なるフッターを使用する

同じ方法をヘッダ(header.php)や他の部分にも適用することができます。

この方法を利用する場合は、必ず チャイルドテーマを作って作業してください。 そうでなければ、今後のテーマの更新時に修正/追加事項が初期化されなくなります。 そして FTPに接続して作業が可能必要があります。

上記の方法が面倒ならチャイルドテーマのフォルダにfooter.phpファイル(テーマによって異なる場合があります)をコピーして、フッター部分を上に提示されたPHPコードスニペットを参考にして、直接コーディングして入れることも可能になります。

言語ごとに異なるウィジェットを使用する

韓国語、英語、日本語、中国語などのサイトの言語に応じてサイドバーフッター領域に表示されるウィジェットを別の方法で表示したり、その言語に翻訳する場合 WPMLを使用すると、個々のウィジェットに対して言語を指定することができます。

WordPress 言語ごとに異なるウィジェットを表示

参照


2のコメント

コメント

  1. こんにちは
    文章読んで気になる点があり、文章を書きます。
    私 WordPress 初心者なので、最初から知っていることがないのに
    関数を入力するには、プログラムをカルアヤされるんですか?

    応答
    • こんにちは、パク様。

      上記の文は、 WordPressを少し知っているユーザーに適切に作成されました。
      文の内容を少し変更しました。
      チャイルドテーマを作成チャイルドテーマで作業してください。

      別の方法としては、あえて上記のようにしないで、チャイルドテーマのフォルダにfooter.phpファイルをコピーし、フッター部分を上に提示されたPHPコードを参考にして直接コーディングすることも可能です。 そのためには、基本的なPHPの知識が必要でしょう。 (深みのある内容まではなくても、基本的なPHPの文法を身につける可能になります。)

      応答