WordPressで会員/ゲストがブログ記事の投稿できるようにする方法

Last Updated:2023年07月16日| 3のコメント

WordPressで会員やゲストがブログ記事を投稿するようにしたらどうか悩んでいただいた方がいらっしゃるでしょう。 ユーザーがフロントエンドで書くことができれば、ユーザーの活発な参加を促すのに役立ちます。 これに関連するいくつかのプラグインがありますが、インターネットに導入されたほとんどのプラグインは古く、機能も制限的です。 ダッシュボードのプラグインページで「Frontend Posting」キーワードを使用して検索すると、いくつか検索されます。 その中でAccessPress Anonymous PostとWP User Frontendが評価も大丈夫で、それなりによく作られたプラグインのようです。

他にもBimber、BoomBoxのような WordPress テーマを使用すると、フロントエンドで書くことができます。 詳しくは「ユーザーの参加を促すバイラルマガジンのテーマ - Bimber「と」9Gagようなサイトを作ることができるBoomBoxテーマ「を参考にしてください。

コミュニティでメンバーが記事を作成してメンバー間のメッセージを送信するなど、コミュニティ機能が必要な場合は、無料と有料ので利用できる強力なユーザープロファイル、グループ、コミュニティ、メンバーシップ、コンテンツの制限、メッセージング、 WooCommerce 統合機能を提供する プロファイルグリッドのようなプラグインを使用することができます。

※参考までに、プラグインを使用する場合は、プラグインで提供される機能に加えて機能を追加したり、レイアウトを変更するには限界があります。 そのような場合Toolsetを使用すると、コーディングの知識がなくても簡単にフロントエンドの投稿フォームを作成することができます。

コンタクトフォームのプラグインを活用したフロントエンドの投稿

訪問者や会員がコンタクトフォーム(Contact Form)フォームを介して送信するフロントエンド投稿機能を実装したい場合Ninja Formsプラグインの Front-End PostingアドオンWPFormsプラグインの有料版を利用することができます。

下で紹介するプラグインではなく、柔軟に適用が可能であることです。

ログインせずに書き込みが可能なAccessPress Anonymous Post

WordPress フロントエンド書き込みフォームを作成する

AccessPress Anonymous Postはログインせずに、フロントエンドで書き込みが可能なプラグインです。

入力フォームを見ると、上記のように構成されています。 作成された文章は、ダッシュボード(伝言板)で設定したカテゴリーに指定されます。 エディタが WordPressでデフォルトで提供されているエディタと同じです(他のエディタも選択可能)。 私たちの国で好むスタイルのエディタではありませんが、以下で見る「WP User Frontend」とは異なり、フロントエンドでも文章を書式設定することができて良いようです。 投稿を送信すると、ダッシュボードで投稿を送信したのと同じように機能します。

WordPress フロントエンド投稿プラグイン

管理者設定ページで「Allow Media Uploads:」のチェックボックスをオンにすると、ログインユーザーが自分で画像をアップロードできるメニューが表示されます。

図をアップロードすると、メディアライブラリに保存されるとします。

このプラグインの特徴は、さまざまなオプションを提供して、フロントエンドでのゲストも書き込みができるようにサポートすることです。

AccessPress Anonymous Post Pro

AccessPress Anonymous Post ProはAccessPress Anonymous Postの有料版です。

AccessPress Anonymous Post Pro WordPress フロントエンド文の作成プラグイン

AccessPress Anonymous Post Proプラグインでは、カスタムフィールドを追加することができ、複数のカテゴリとタグを選択できる機能があります。 そして、すべてのカスタムポストタイプと分類(Taxonomy)もサポートします。 有料版なので確実に機能やレイアウトの面でメリットがあるようです。 ユーザー評価も4.83(5.0満点)で非常に高いです。

無制限フォームを作成し、ドラッグ&ドロップのビルダーで簡単にフォームを作成するようにサポートします。 そして無制限のファイル、画像、動画のアップロードが可能です。 ゲストユーザーやログインユーザーが文を投稿するように設定することができます。 また、文が公開されると、管理者に通知メールが送信される機能もありますね。 加えて、Captchaに迷惑な文を遮断する機能もあります。

WP User Frontend

WP User Frontend Writingユーザーのフロントエンド文提出のプラグイン

WP User Frontendはログインユーザーのみ書き込みが可能です。 インストールをした後、目的のページにショートコードを挿入すると、ダッシュボード(伝言板)に接続していなくても、ログインユーザが文を作成することができます。

書き込み画面は、上記になります。 特性の画像を登録することができるように設定することができ文タイトル、カテゴリー、記事の内容、タグ、ファイルの添付(オプション)などのフィールドで構成されています。 そして必要に応じてユーザーのフィールドを追加することができます。 作成された文章は、伝言板で作成されたものと同じように、ブログのページとカテゴリページなどが表示されます。
このプラグインは、前述のAccessPress Anonymous Postに比べて機能が多少落ちゲスト書き込みがない欠点があります。 そして、入力画面で見られるように詳細な書式を設定したり、画像を途中に挿入するなどの機能はありません(サムネイルを指定する機能は提供してい)、ユーザーが簡単に書くのできる環境を提供することができます。

WordPress 掲示板プラグインKBoardを改造して会員/ゲスト書き込み機能の実装

掲示板はユーザーの参加を誘導することができる優れたツールです。 掲示板の形式で文章が表示されるよりも、一般的な文を作成したかのようにKBoardなどの掲示板プラグインを変更する方法も考慮してみることができます。 実際にこのページでは、別のカテゴリーのように表示されるようKBoardを改造して作ら実装されています。 管理者のみが書き込みが可能ですが、KBoardの「権限設定」でメンバーまたはゲストの書き込みを有効にすることができます。

ライティング入力フォームの場合 WordPressで、基本的に提供するエディタの代わりに、外部エディタ(例えば、 Naver SmartEditor)を移植すると、韓国の実情に合ったライティング環境を提供することができ、入力フィールドも自由に追加/削除することができます。 (ただし、KBoardで作成する文章は、ユーザー定義の文のタイプに対応して一般的なブログ記事(Single Post)とは異なり、ブログリスト、記事カテゴリなど追加されません。)ブログ記事とは別のカテゴリーを維持したい場合に便利します。

最後に、

WordPressは、ダッシュボードと呼ばれる独特の管理者ページを提供しています。 会員にContributorまたはAuthor役割を提供すると、そのメンバーの文を作成することができます(ユーザーの役割(会員ランク)を理解 を参照)。 この場合、ダッシュボードにアクセスして記事を作成することができます。 管理者ページにアクセスせずに文を作成することを希望する場合には、上に示したプラグインを使用すると、簡単に、フロントエンドで書き込みが可能です。 そしてKBoardなどの掲示板をカスタマイズすると、ユーザーのニーズに合った方法で書くフォームを実装することができます。

メモ:


3のコメント

コメント

  1. こんにちは。 WordPressを介してホームページを趣味作っています。 WordPressでホームページを作成しながら、このブログの記事を本当にたくさん参照ましね。

    掲示板プラグインを介して制限的だが、メンバー文も残すことができており、アイデア共有もしています。

    ところがもしかしたら、メンバーがログインをして、私の投稿記事(Posts)を、まるでカートに塀よう文を自分だけの空間(ID)に別々に保存(ブックマーク、埋め込みなど)を行うことができる方法があるでしょう? 私にあげた資料を自分の口に合うよう選ん見るしたいですね

    応答
    • こんにちは、Swan様。

      コミュニティの中で、このような機能を提供するコミュニティはありますか? Naver カフェや次のカフェで、このような機能を見たことがないと思います。

      次のプラグインが、同様の機能をしていることをチェックしてみてください?

      https://wordpress.org/plugins/cbxwpbookmark/

      このプラグインをインストールしてテストしてみなくて正確にどのように動作するかは確認できなかった。

      この plugin is inspired from youtube's bookmark or favorite feature. User can create their own bookmark category public or private and save articles inside different folders/list/category. Later we extended the plugin so that category can be global created by admin or single click bookmark without any category as pro features. There are lots of practical use for this simple but useful(we like to call it 'powerful') plugin。 この plugin can help you create a bookmark site or user generated list site.

      ==>
      このプラグインは、有ビュブのブックマークまたはお気に入り機能からインスピレーションを得たものである。 ユーザーは、自分だけのパブリックまたはプライベートブックマークのカテゴリを作成して、アーティクル(article)を別のフォルダ/リスト/加藤リング内に保存することができる。

      応答