WordPress Contact Form 7のメッセージを管理するFlamingo

Last Updated:2024年01月15日| 8のコメント

Flamingoは、連絡先とメッセージを管理する WordPress お問い合わせフォームプラグインContact Form 7のアドオンプラグインです。 このプラグインを使用すると、コンタクトフォームから送信されたデータは、サーバーのデータベース(DB)に保存され、管理者ページ内でユーザーが送信したメッセージを確認することができます。

WordPress Contact Form 7アドオンプラグインFlamingo - 問い合わせデータをDBに保存して管理する

WordPressで申請書プラグイン Contact Form 7とWPForms などが広く使用されています。 問題は、Webを介してメッセージを伝達受けているため、たまにお問い合わせフォームから送信されたメッセージが配信されない場合があります。 いくつかのウェブホスティングを利用する場合は、Webホスティング、独自のスパムルールのためにお問い合わせメッセージを受信しない場合があります。

WordPressで電子メール通知機能に問題がある場合は、WP Mail SMTPなどのプラグインを使用して解決できます。

Flamingoプラグインを使用すると、Contact Form 7を介して配信されたメッセージを管理者ページ(ダッシュボード)でも確認できるため、電子メールの配信に失敗したために無駄を表示する問題を防ぐことができます。 (しかし、電子メールでメッセージが正しく配信されない場合は、管理者ページで確認するのが面倒です。)

参考までに クラウドウェイズを使用している場合は、Elastic Emailアドオンを使用してメール送信機能を有効にできます。 Elastic Emailは月1000通メールあたり0.01ドルで安い方です。

クラウドウェイズ Elastic Email アドオン

Flamingoプラグインをインストールする

Flamingoプラグインをインストールするには WordPress 管理者ページ>プラグイン>新規追加で「flamingo」を検索できます。 Flamingoプラグインの[今すぐインストール]をクリックしてインストールして有効にすると、使用できます。

WordPress プラグインFlamingoインストール

この WordPress プラグインは、現在、60万人以上のサイトに設置されて使用されています。 Flamingoを使用するには、Contact Form 7が最初にインストールされている。

Flamingoプラグインを使用する

フラミンゴプラグインをインストールして有効にすると、ダッシュボードの左側に「フラミンゴメニューが追加されます。

Flamingo Menu  -  WordPress プラグイン

訪問者がサイトのフォームメールフォームからお問い合わせメッセージを送信すると、電子メールで送信されることとは別に、 フラミンゴ着信メッセージに表示されます。

フラミンゴ - WordPress プラグイン -  Contact Form 7のデータ保存

着信メッセージをクリックすると、上の図のようリストが出ます。 確認をしたいメッセージの件名をクリックすると、メッセージの内容が表示されます。

フラミンゴ - WordPress プラグイン - コンタクトフォームの送信データをDBに保存

有料プラグイン Quformを使用すると、ユーザー/顧客が提出したメッセージを管理者ページで確認することができます。

個人情報の注意事項:このプラグインは、オンライン申請フォームから送信されたデータを保存し提出の個人情報をホームページがホストされているサーバーのデータベースに保存することができます。

他のプラグイン:Contact Form 7 Database Addon - CFDB7

FlamingoはContact Form 7の開発者が作成したプラグインが、CFDB7プラグインも多く使用されます。 機能は似ています。 詳細については、 CFDB7プラグイン(無料)ページを参照してみてください。

ちなみにContact Form 7やQuformに作成したフォームで提出した文章をKBoard掲示板に自動的に登録されるように連動することも可能です。

メモ:


8のコメント

コメント

  1. こんにちは。
    WordPress 4.9.4バージョンを使用しています。
    Contact Form 7:バージョン5.1.4
    Contact Form CFDB7:バージョン1.2.4.7
    インストールして作業をしました。
    ユーザーは、管理者アカウントでインストールして使用するための作業をした編集者アカウントまたは書き込みアカウントでテストをしたらcontactは見なされるcontact formsメニューが表示されてはなくて質問します。
    特に設定する部分がアンボイネヨ。
    編集者としてwp-adminにログインしてもメニューが表示されるようにする方法がないでしょう?
    網ボードも、管理者メニューのみ見なされる編集者のアカウントでも見えるようにする方法があるでしょうか..?

    応答
    • こんにちは、春のお茶様。

      次の行をwp-config.phpファイルに追加してみてください?

      define( 'WPCF7_ADMIN_READ_CAPABILITY', 'edit_pages' );
      define( 'WPCF7_ADMIN_READ_WRITE_CAPABILITY', 'edit_pages' );

      テストはみなくて必要に応じて動作しているのは、チェックしてみました。
      WordPressでの役割と権限(Role and Capability)については、次の WordPress 公式文書を参照してみてください。

      https://wordpress.org/support/article/roles-and-capabilities/

      応答
  2. こんにちは?、ご案内いただいた機能と似たAdvanced CF7 DBというプラグインを使用しています。 動作プロセスが似ていることを示してお問い合わせください。 管理者ページでDB(問い合わせ)がたまったときにDBが入るたびにポップアップ(プッシュ通知)で「問い合わせが受け付けられました」というメッセージを送出し、OKを押すと更新して表示するコードを入れることができますか? お問い合わせがリアルタイムで入ってくるのに毎回リフレッシュを押せなくて必ず入れたい機能なのに方法がよくわかりません^^;;

    応答