WordPress 6.3バージョン公開:LCP SEOのパフォーマンス向上とPHP 5のサポートを中止

Last Updated:2023年08月09日| | 4のコメント

2023年8月8日(大韓民国時刻では8月9日早朝)、 WordPress 6.3バージョンが公開されました。 WordPress 6.3は2023年の6.3番目のメジャーリリースです。 重要なサイトの場合は、バックアップ後に更新することをお勧めします。 私はすべてのサイトをバージョンXNUMXに更新しましたが、幸いなことに問題が発生したサイトはありませんでした。

WordPress 6.3バージョン公開:LCP SEOのパフォーマンス向上とPHP 5のサポートを中止

WordPress 6.3バージョン公開:LCP SEOのパフォーマンス向上とPHP 5のサポートを中止

いつも強調しているのですが、安全に WordPress サイトを運営するには常に WordPress、テーマ、プラグインを最新バージョンに更新して維持することが重要です。

更新を無視したりセキュリティプラクティスを無視したりすると、サイトがハッキングされたりマルウェアに感染する可能性があります。

WordPress 6.3バージョンの目的は Gutenberg プロジェクト(Gutenberg Project)のステップ3にフォーカスを移動する前にサイトエディタ(Site Editor)を完成することにあるとします。 このため WordPress 6.3リリースの改善点の多くは、サイトエディタのインターフェースとワークフローに関連しています。

Gutenberg プロジェクトは合計4段階で予定されています。

  1. ステップ1:ブロックエディタで簡単に編集する
  2. ステップ 2: フルサイト編集 (Fu​​ll Site Editing; FSE) カスタマイズオプション
  3. ステップ 3: 複数作成者のコラボレーション - Google ドキュメント (Google Docs) のように、複数のユーザーが WordPress サイトを同時に編集できるように更新。
  4. ステップ 4: 多言語ウェブサイトのサポート

最初の予定通りであれば、ステップ2を2021年12月まで完了し、2022年からステップ3を開始する計画でした。

WordPress ブロックテーマを通じてフルサイト編集(FSE)機能が提供されています。 私はブロックテーマをインストールしてテストしましたが、機能が制限されていて、それほど満足していませんでした。 今はどれくらいなのか気になりますね。 エレメンプロAvada, Divi テーマのテーマエディタ(Avadaの場合、レイアウト)を通じて提供されるFSE機能よりも多く劣って不便だろうが、長期的にはこれらのページビルダーやテーマのFSE機能を置き換えることを目指すようです。

WordPress 6.3以降、PHP 5のサポートは正式に中止され、最新バージョンはPHP 7.0以降でのみ動作します。 PHPバージョンはPHP 7.4以降を選択し、可能であれば最新バージョン(現在の最新バージョンは8.2です)を選択するとセキュリティとスピードの点で有利です。

また、 WordPress 6.3では、特にLargest Contentful Paint(最大コンテンツプールペイント; LCP)に関して、より高いコアWebバイタル(Core Web Vital)SEOスコアを得ることができるようにパフォーマンスが向上したと言われています。

最大コンテンツプールペイント(LCP) メトリックは、ページが最初にロードを開始した時点に基づいてビューポート内の最大のイメージまたはテキストブロックのレンダリング時間を報告するとします。

WordPress 6.3 アップデート後にリンクをかけたときに「新しいタブで開く」オプションを設定する不便

WordPress 6.3.更新した後、 Gutenbergでリンクを開くと、新しいタブで開くオプションを選択するのが以前よりも不便になりました。

WordPress 新しいタブで開くリンクを設定する

以前のバージョンと比較して「新しいタブで開く」を設定するには、3回以上クリックする必要があり、インターフェイスも不便になりました。

外部リンクを新しいタブで開きたい場合は、次の記事で説明するJavaScriptを使用することも検討できます。 これにより、書き込み時にリンクを掛けるときに外部リンクに「新しいタブで開く」オプションを選択しなくても、外部リンクには自動的に target = "_ blank" プロパティが追加され、新しいタブで開きます。

または、Rank MathなどのSEOプラグインを使用している場合は、外部リンクを新しいウィンドウ/新しいタブで開くようにするオプションを選択することもできます。

Rank Mathの場合 Rank Math SEO(Rank Math検索エンジン最適化)»一般設定»リンク タブで 新しいタブ/ウィンドウで外部リンクを開く(Open External Links in New Tab/Window) オプションを選択すると、外部リンクが新しいタブで開きます。

外部リンクを新しいタブで開く

参照


4のコメント

コメント

  1. WordPress 6.2バージョン以降、画像はランダムに見えません。 メディアにはありますが、文章では画像が見える部分があり、ある文章では画像が見えません。

    6.3からはもしかして更新しましたが、同じ現象が発生します。

    何の理由がわかりません;;;;

    あなたが知っているなら、私たちに知らせてくれてありがとう。

    応答
    • プラグインをすべて無効にした後に同じ問題が発生するかどうかを確認してみますか?
      それでもできない場合は、テーマを一時に変更した後もチェックしてみてください。

      応答
  2. どうやら新しいタブで開くことに関する関連トピックがSEOに関して議論されたことがあり、これを実装しようとするものか、新しいタブにしないという実践指針によるのかと推測されるが、ワープ開発陣はどのような意図でUIを変えたのか未確認ですね。

    時には特定の事項を補完しようとするとき(設計方針を変えたり等)、他の事項で不快感に加重されたり、最悪の場合、特定の機能を変えて連鎖で他の問題が起こるようにする非意図的な場合であることなどの原因があったが、いったん変わった。通り慣れているのに、特別な道理がないですね。

    プラグインを書けば簡単に解決できるので千万幸いです。

    応答
    • SEOプラグインでは、外部リンクを新しいウィンドウ/新しいタブで開くことをお勧めします。 現在のウィンドウ/タブで開くようにすればすぐに離脱するようになりSEOにあまり良くないようです。

      このためか、Rank MathなどのSEOプラグインは、外部リンクを新しいタブで開くようにするオプションを提供します。 私は単にこのオプションをチェックしました。

      今回 WordPress アップデートでリンクを設定する方法がなぜこのように不快に変わったのかわかりません。 次回のアップデートで修正されたらいいですね。

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy