クラウドウェイで AdSense ads.txtファイルが見つからない問題が発生した場合

Last Updated:2023年09月21日| | 1のコメント

クラウドウェイズでホストされているサイトで AdSenseのads.txtファイルが見つからない問題が発生することが多いようです。 ads.txtファイルが見つかりませんエラーが発生した場合 AdSense ページに「収益損失のリスク - 収益に重大な影響を与えないように、サイトで見つかったads.txtファイルの問題を解決する必要があります「警告が表示されます。

クラウドウェイズ加入方法(プロモコード、割引クーポンコード)

クラウドウェイで AdSense ads.txtファイルが見つからない問題が発生した場合の対処方法

クラウドウェイで AdSense ads.txtファイルが見つからない問題が発生した場合

Ads.txtのステータスが「見つかりません」と表示されている場合は、まず次の点を確認してください。

  1. Googleの指示に従ってads.txtファイルを作成してサイトのルートフォルダにアップロードします。
  2. AdSense アカウントページの アカウント » 設定 » アカウント情報から 販売者情報の公開状況内部用で指定されている場合 公開に変更します。
  3. 訪問者が少なくて広告リクエストが多い場合、Googleはads.txtファイルが見つからない問題を解決するのに最大1ヶ月かかることがある グーグルドキュメントでご案内しております。

クラウドウェイズを使用している場合は、ads.txtファイル SFTPに接続public_htmlフォルダにアップロードします。 Google Chromeなどのブラウザでhttps://example.com/ads.txtと入力したときにads.txtファイルが正常に表示される場合、ファイルは正しくアップロードされます。

サーバーキャッシュを削除する

まず、次の記事を参照してサーバーキャッシュを削除して問題が解決するかどうかを確認してください。

そのサーバーのサーバー管理ページで サービスの管理に移動し、 ワニス をクリックしてサーバーキャッシュを削除できます。

承認レビューのため AdSense スクリプトコードを追加した後に「サイトを確認できません」エラーが発生した場合でも、サーバーキャッシュを削除して解決するかどうかを確認できます。

구글 AdSense サイトを確認できません。

参考までに、このエラーはGoogleです AdSense クローラーがそのサイトにアクセスできない場合に発生する可能性があります。 サーバーファイアウォールまたはセキュリティプラグインによって AdSense クローラーがブロックされていることを確認してください。 Cafe24 などでは海外IPアドレス遮断設定になっている場合もあります。 ブロック設定になっている場合は、オフにすると問題が解決します。

Varnish設定で例外を設定する

Cloudwaysの場合、上記のすべてを確認してもエラーが発生した場合は、Varnish設定からads.txtを除外するように例外を設定すると問題が解決する可能性があります。

AdSenseとしてサイトの承認を要求するときにads.txtファイルを正しくアップロードしても問題が発生した場合は、キャッシュの問題を疑うことができます。 次の手順で、アプリケーションでads.txtファイルをキャッシュしないように設定できます。 (Naver カフェ(青い公策がこの方法で問題が解決されたと教えてくれました。)

クラウドウェイズアカウントにログインして、トップメニューの アプリケーション アイテムをクリックします。 これにより、インストールされたアプリケーションのリストが表示されます。 問題となるサイト(WordPress, GNUBOARD など)がインストールされているアプリケーションをクリックします。

アプリケーション管理ページで、左パネルの アプリケーションの設定(①) » ワニスの設定 タブ(②) » Add New Exclusion ボタン(③)を押して新しい例外ルールを追加します。

クラウドウェイズアプリケーションの設定 Varnish 例外設定

種類(タイプ)では URLクッキー から選択できます。 ここでは URLを選択します。

クラウドウェイズ Varnish 除外設定

には、絶対パス(https://example.com/ads.txt)ではなく相対パス(/ads.txt)を指定します。

Save ボタンを押してから、 AdSense ページで確認リクエストをすると確認になります。

最後に、

以上でクラウドウェイズでads.txtファイルを確認できない問題が発生した場合、対処方法を見てみました。

最近では、Cloudwaysを利用するユーザーが増えたようです。 複数のサイトを運営する場合や、訪問者が多い場合、クイックサイトを望む場合は、クウェーはまともな選択肢かもしれません。 コストパフォーマンスの良い安価なWebホスティングが必要な場合 Bluehostのようなホスティングも考慮することができます。 Bluehostスピードが遅いという評価もありますが、 GeneratePressのように軽いテーマを使用してキャッシュプラグインをインストールして設定すると、速度がまともに出ることがあります。

Bluehostとクラウドウェイについて」海外ウェブホスティング:クラウドウェイズ対。 Bluehost 比較(Cloudways vs。 Bluehost)「を参考にしてください。

参照


1のコメント

コメント

  1. 私の場合、上記のキャッシュを削除することで解決しました。 クラウドウェイズで運営されているサイトでやってみたのですが、他の問題である可能性もありますね。 プロキシ経由でインターネットに接続することもあるようです。 一度 https://shutterpress.site/ads.txt のようなURLをキャッシング項目から除外しましたが、他の方はどうか確認はしませんでした。

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy