一つのデータベース(DB)に複数の WordPress インストールする

15

海外のウェブホスティングサービスを使用すると、DBを必要に応じて作成し、各DBに WordPressをインストールすることができます。 しかし、 Cafe24 など国内のウェブホスティングを利用すれば、一つのDBのみを提供する場合があります。 このような場合は、次のような手順によって、1つのDBに複数の WordPressをインストールすることができます。

ルート(Root)に WordPressがインストールされている状態で、/ wpサブフォルダにもう一つの WordPressを設置してみました。 この操作を実行する前に、 WordPress.ORGから WordPress ファイルをコンピュータにダウンロードして、一時フォルダに解凍させます。

  1. まず、/ wpフォルダに WordPress インストールファイルをコピーします。 (FTPを使用する方法は、 WordPressでのCSSを追加する 文の 5。 FTPを使用して、CSSファイルの編集 のセクションを参照してください。)
  2. / wpフォルダの下にあるwp-config-sample.phpファイルの名前をwp-config.phpに置き換えます。
  3. /wp/wp-config.phpファイルをマウスの右ボタンでクリックして[編集]メニューを選択します(ファイルMozillaの場合は、「表示/編集")。wp-config.phpファイルの編集
  4. その後、テキストエディタでwp-config.phpファイルを開き、編集することができます。 DB_NAME、DB_USER、DB_PASSWORD、DB_HOST などをルート(Root)フォルダにあるwp-config.phpファイルと同じように設定します。
  5. /wp/wp-config.phpファイルから$ table_prefixをwp_から別の値に変更します(例えば、wp_subwp_).
    $table_prefix = wp_subwp_';
  6. 今http://www.example.com/wpブラウザアドレス欄に入力します(www.example.comの代わりに、現在使用中のサイトのアドレスに変更してください)。 これにより、次のような画面が表示されます。
    WordPress インストール
    www.your-domain.com/インストールフォルダ/を入力すると、ユーザー名などの必要な情報を入力する画面が表示されます。

    6。 情報を入力して、「WordPress インストールする」をクリックすると、インストールが成功した画面が表示され、正常にログインして設定を完了することができます。

以上のような簡単なプロセスによって、1つのDBに複数の WordPress ブログを設置して運営することができます。 この部分の詳細については、 WordPress Codexページを参照してください。

海外のウェブホスティングサービスを利用すれば、無制限にDBを作成 WordPressに接続することができます。 私 Bluehostを利用中なのに、現在7のDBを作って、それぞれに WordPressをインストールして使用中です。 より多くを作成することができますが、管理が容易ではなく、必要な場合にのみ、作成して使用中です。 その後、あえて上記のような過程を経ずに、独立した WordPressを設置して運営することができます。

参考までに Sitegroundはの場合、サブフォルダごとにPHPのバージョンとは異なり、設定することができ、安定性と速度の面でもよくて、個人的に好みの方です(海外ホスティングSitegroundでフォルダごとPHPのバージョンを適用する方法).


2018_0705追加: この記事に含まれているリンクをクリックして、 SiteGroundナ Bluehostに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のWebホスティングサービスをお勧めしません。 この記事での経験をもとに素直に長所と短所をタイムリーしたので、いくつかのを考慮して、要件に最も適したホスティングサービスを選択してください。 特に このリンクをクリックして、 Bluehost 共有ホスティングに加入すると、月に1ドルの割引を受けることができます。 個人的な経験上の歌声雨良いサービスを必要に応じて Bluehost 共有ホスティングが、安定性と速度の面では SiteGroundが有利と思われる。

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント15件
  1. 山越え山だな

    ワード様
    文章読んで気になる部分があるからですが、私の使用しているホームページに WordPressで制作したホームページを追加?したい。
    現在のホームページftpに接続して、サブフォルダを作成し WordPressで作成された資料を移しました。
    ワードさんの他の記事を見てconpigファイルを現在のホームページのdb情報とも同じように合わせてくれました。
    現在のドメイン/ wpこのように接続すれば、最初 WordPress インストール時に、画面のように言語の設定のように出てきて
    このまま進行してもされているのだろうか。〓〓。 すでに製作する理由だ運ん行って戻って製作しなければならいい。;;
    移した後に、 WordPress 設定でホームページアドレスもドメインのアドレスに変更すると、されたヌジも気になります。

    1. Word

      こんにちは?

      1。 メインに WordPress インストールされている状態であり、
      2。 / wpに新しい WordPressをインストールしたいものと理解なりますね。

      そのような場合/ wpにすべてのデータをそのままコピーした後、メインドメインのwp-config.phpファイルに入力されたDBの情報をwp-config.phpファイルに入力するようにします。 ただし、table prefixは、メインドメインとは異なる設定します。

      次に WordPressをインストールするようにしてください。

      この状態で、[ツール]> [エクスポートのデータをエクスポートし、新しくインストールした WordPressに接続して、ツール>インポートを使用してデータをお持ちください。
      これにより、データがすべてImportされます。

      最後に、テーマなどの設定を再してくれるようにします。

      この方法が一番きれいすることがです。

      他の方法でDB import方法があるが、table prefixが等しい場合には、table prefixを変えなければならするので、初心者がするには容易ではないでしょう。

      1. 山越え山だな

        回答ありがとうございます!
        ところで-_ㅠ既に作成されたポートフォリオのホームページはカンコーディングしたサイトなものだ... 。
        もし関連情報をtable prefixに検索してみるでしょう
        現在のホームページのtable prefix値と WordPress 値は別の方法で名付けられましたが

      2. Word

        DB import方法では、現在メインにインストールされて WordPressのtable prefixと、移転してくる WordPress サイトのtable prefixが異なるします。 (サブフォルダにインストールされて WordPressは関係がありません。)

    2. Word

      参考までに https://cafe.naver.com/wphomepage 媛キᆲブイᆮ硫 WordPress 情報を共有し、 WordPress ユーザーとコミュニケーションすることができます:)

      1. 山越え山だな

        ワード様ㅠㅠ..どうどうして WordPress 敷き詰め
        ドメイン/ krで WordPressが開きます。
        ツールを活用して、エクスポートされたデータをインポートしたが-_ㅠ移しと支持?アンアソヨ... 。;;;;;;
        テーマを利用して作業しました。 移したアドレスに戻って作業しなければならいい... 。ㅠ。ㅠ

      2. Word

        こんにちは?

        すでに作業をした場合は、新た作業する必要はないようです。

        申し上げたようにDB移転を通じて、以前は可能です。
        ただしDBにわからない場合は容易ではない作業になります。

        原論的な方法は、上で述べましたが、詳細な方法は、コメントを介して知らせるには限界がありますね。

        ドメインのルートにある WordPress サイトのtable prefixがwp-で移転し先となる WordPress サイトのtable prefixもwp-なら、まずtable prefixを別の方法で置き換える必要があります。

        いくつかの方法があるが、iThemes Securityなどのセキュリティプラグインを使用してtable prefixを変えることができます。

        https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%B3%B4%EC%95%88-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-ithemes-security/

        まず、メインドメインのDBをバックアップした後にiThemes Securityを使用してtable prefixを変更した後DB importを実行してください。
        ***必ずバックアップをした後に行わください。 ****

        よくないと、 https://cafe.naver.com/wphomepage カフェに加入して質問をまとめて掲載しみましょ? その後、時間になると、スクリーンショットを作成することができれば作って説明してあげましょう。

  2. Jungmin Oh

    案内いただいたように、サブフォルダを作成し、新しい WordPressを設置して、既存のホームページのコンタクトフォームやKboardを一つにまとめて連動が可能でしょうか? つまり別に管理するのがない一ヶ所(一つの管理者)のみ書き込みやフォームを保存したいと思います:)

    1. Word

      こんにちは?

      上記のように、テーブルプリフィックスを異にして WordPressをインストールすると、二人は一DBの中で独立して動作します。

      したい場合は一箇所に KBoardをインストールして、別の場所にインポートすることもできそうです。 ただし、 WordPressを少し知っておく必要可能になります。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/access-another-database-in-wordpress/

  3. スウィフト

    したサーバに二つ WordPress サイトをインストールする自制した方法がありますね。 https://swiftcoding.org/installing-2wp ここでリンクを参照してみてください。

    1. Word

      こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      アマゾンAWSは、魅力的なサービスだが、一方で、コスト的な面から、たまにアマゾンAWSで Bluehostや他のWebホスティング会社に移転をお願いする方もいらっしゃいますね。

      安価に利用しようとする場合には、VultrやDigital Oceanのようなサービスを利用すれば、低コストでVPSを利用することができるよう、私は主にVultrを利用する方です。 VultrでSnapshot機能があり、簡単に復元が可能です。

      http://iwordpower.com/2017/07/how-to-create-snapshot-and-restore-them-in-vultr/

      このブログが使用されている Bluehost VPSはManaged型ですが、複数のドメインを非常に簡単に追加して WordPressを簡単に複数のインストールすることができます。 (Sitegroundなど他のホスティングも無制限にドメインリンク、 WordPress インストールが可能です。笑)

      特に問題が発生した場合、Amazon AWS、Vultrなどでは直接解決しなければしかし、 Bluehost VPSでライブチャットを介して迅速に問題を解決が可能で私のような初心者には管理型が適当である気がします。

      昨日は新たに追加されたドライブにマウントの問題があって、複数回 Bluehost スタッフに連絡して、問題を解決することができました。 もし専門家の助けなしに第自ら解決しなければならない状況であれば、いくつかの日がかかっても問題を適切に解決していなかったようです。(笑)

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-bluehost-vps%EC%97%90%EC%84%9C-%EA%B3%B5%EA%B0%84%EC%9D%B4-%EB%B6%80%EC%A1%B1%ED%95%B4%EC%A7%80%EB%8A%94-%EA%B2%BD%EC%9A%B0/

      安価に利用しようとする場合Vultrを利用して、サーバーを構成し、問題がされると、スナップショット機能をボクウォする方法も可能よ。

      時間になると、Vultrで仮想ホストを構成する方法を上げて見るつもりだったが機会になるかは分からないですね。

      マルチサイトも考えてみることができますが、個人的に、マルチサイトはあまり良いオプションは異なります。 このブログにも、別のサブフォルダに複数のサイトを構成してテストしています。

      https://www.thewordcracker.com/simple/

      1. スウィフト

        AWSもライトセールって出てきて、デジタルオーシャン、Vultrように簡単に設置可能です。 費用も月額$ 5面1TBてくれた。

      2. Word

        良い情報ありがとうございます。
        AWS Lightsailも大丈夫選択ですね。 Vultrは月に2.5ドルから始まります。 テストで2.5ドルプランを選択して、サイトを1つを操作しているそれなりの速度と安定性の面で大丈夫なようです。 アマゾンはVultrよりもコストが若干高い方が、より良い結果が出ることも気がしますね。

        https://uploads.disquscdn.com/images/5554b2fa302683b78d2638ddaa0f028ae3ff3f1bdbf3bad8257703bf4ed23b7b.png

  4. バクジュンソン

    こんにちは、マルチサイトを見て気になる点がセンギョソヨ!
    Bluehostを利用して複数のディビに複数の WordPress ページを
    構築ハンドィエは、各 WordPressごとにそれぞれのドメインのアドレスに接続するようにするのが可能ですか? 検索をしてみたが、httpdファイルを触れ可能とするために、 WordPressの場合ではなく、気になって質問しますㅠ

    またちなみに、かなり多数の小規模個人ホームページを WordPressを通じて構築する事業を準備中です。 トラフィックが大幅に発生とは思わない、探してみるといくつかの海外のホスティング会社がありますね。もし私は上記の質問いただいたいくつかの WordPressそれぞれのドメインを付与することができれば、どのような企業が、コストとサービスがいいおすすめ度お願いします!

    1. Word

      こんにちは?

      Bluehostで複数のDBを作成し、サブディレクトリに WordPressをインストールした後、アドオンドメインに追加するだけです。

      http://www.thewordcracker.com/forums/topic/%EB%B8%94%EB%A3%A8%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8A%B8bluehost-%EC%84%9C%EB%B8%8C%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%95%A0%EB%93%9C%EC%98%A8-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8-%EC%B6%94%EA%B0%80/ 文を参照してみてください。

      参考に直接設定なさらずに、 Bluehostから WordPressをサブフォルダにインストールして、ライブチャットで連絡して、サブディレクトリにインストールされてサイトにドメインを接続したいと言っていただくと世話をしてくれます。 直接構成する場合予期せず誤って構成され数があり、そのための時間が遅延することがあります。