WordPress マルチサイト(Multisite)をインストールする

Last Updated:2024年02月15日| | 87のコメント

概要

複数の WordPress サイトをサブドメイン(もしくはサブディレクトリ)の形で管理する必要があります。 この記事では、 WordPress マルチサイトネットワークをインストールする方法について説明します。

マルチサイトを構成する一つの WordPress インストールに複数の WordPress サイトを管理することができるという点で便利です。

マルチサイトの WordPress Codexは、次のように説明しています。

マルチサイトネットワークと同じ WordPress インストールの両方を共有する一群のサイトとして、プラグインやテーマを共有することができます。 ネットワークの個々のサイトは、サーバーに独自のディレクトリを持たないという点で、仮想サイトです。 ただし、共有する WordPress インストール内でメディアのアップロードのための個別のディレクトリを持っているデータベースとは別のテーブルがあります。

wpmudev文によると、標準的な WordPress インストールでは、サイトのコンテンツと設定を保存するため、11個のDBテーブルを持つが、マルチサイトネットワークでは、これらのDBのテーブルのうち9個が各サイトで複製されるそうです。 そのため、サイトが多くなると、テーブル数も多くなる構造になっています。

[この記事は2023年7月8日に最終更新されました。 ]

マルチサイトの考慮事項

マルチサイトネットワークの利点

  1. ネットワーク管理者は、単一の伝言板(ダッシュボード)で複数のサイトを簡単に管理することができます。
  2. 各サイトには、サイトだけの管理する権限を持つ、独自の管理者を置くことができます。
  3. プラグインとテーマを一度だけダウンロードして複数のサイトにインストールすることができます。
  4. アップデート管理性。

マルチサイトネットワークの欠点

  1. ネットワーク内のすべてのサイトが同じリソースを共有するためのサイトがダウンした場合、ネットワークのサイト全体がダウンします。
  2. 異常トラフィックの場合は、サーバーリソースの管理が容易ではないことがあります。
  3. サイトがハッキングされたら、管理するネットワーク内のサイトがハッキングダンハム。
  4. いくつかの WordPress プラグインは、マルチサイトネットワーク上で正しく動作しないことがあります。

メモ: ファーストコメット, クラウドウェイズ などの海外ホスティングサービスを使用すると、便利にサブドメインを作成して使用できます。このブログは Bluehostを長年にわたり利用する2023年末にクラウドウェイズにサーバーを移転しました。

マルチサイトインストールする

マルチサイトをインストールする方法は、比較的簡単です。 (注:再度マルチサイトをインストールしてみると、この文を最初に作成するときとは、いくつかの変わっね。 だからこの記事を内容を最新のバージョンに合わせて更新されました。)

まず WordPressを通常の場合のようにインストールします。 WordPressが既にインストールされ、ユーザーのコンテンツがある場合 必ずバックアップをするようにします。

インストールが完了したら 設定>固有のアドレスから 基本(一般)以外の設定に変更します。 (参考までにCodexページを見ると、Pretty Permalinksに設定するようになっていますね。) WordPressで固有のアドレスを基本(一般)に設定すると、.htaccessファイルが生成されず、サイトに予期しないエラーが発生する可能性があります。

メモ: WordPressが更新されパーマリンクページ(設定>固有のアドレス)のユーザーインターフェイスがいくつか変更されました。 「基本」(Default) が「一般」(Plain) に変更されました。 XNUMXつの用語は同じ用語で理解することができます。

下のラインを WP-config.phpを ファイルの /* That's all, stop editing! Happy blogging。 */ すぐ上に追加するようにします。

/* Multisite */
define( 'WP_ALLOW_MULTISITE', true );

管理者ページ(ダッシュボード)のリフレッシュをすると、ネットワークインストールメニューが追加されます。 ツール>ネットワークインストール メニューに移動します。

WordPress マルチサイト(Multisite)をインストールする3

ツール>ネットワークインストールをクリックすると、すべてのプラグインを無効にしなさいといえばメッセージが表示されます。 その後、伝言板でプラグインに移動して、すべてのプラグインを一括的に無効にした後、 ツール>ネットワークをクリックします。

これにより、次のような画面が表示されます。

WordPress マルチサイトインストール
図2: WordPress サイトのネットワークを作成

または、次のように サブドメインとサブディレクトリの中から選択することができる画面が表示されることがあります。

WordPress マルチサイト(Multisite)をインストールする4

最初の画面では、「新しいインストールではないので、 WordPress ネットワークでは、サイトはサブドメインを使用する必要があります。 サブディレクトリインストールのメインサイトは潜在的に既存のリンクを破壊する恐れがあるため、修正された固有アドレス構造を使用する必要があります。

この場合にも、サブディレクトリに設定が可能です。 サブドメインとサブディレクトリを切り替える方法は、機会になると、別の記事で取り上げてみましょう。

[ネットワークの作成]ページで、サブドメインとサブディレクトリ間の選択オプションがない場合があります。 この場合、サブドメインとして作成できます。 希望の方法でネットワークが作成されない場合は、WordPress マルチサイトでサブドメインとサブディレクトリを切り替える「記事を参照して方法を変更できます。

Microsoftの場合韓国語サイトのURLはhttps://www.microsoft.com/ko-kr/です。 サブディレクトリを選択する場合には、 KO-KRのようにサブディレクトリを設定すると、既存のリンクを破壊する可能性が減るようです。

一番下の「インストール「」をクリックすると、次の画面が表示されます。

WordPress マルチサイト
図3:ネットワークを有効に

指示に従って、1部分のコードをコピーして、 WP-config.phpを ファイルの /* That's all, stop editing! Happy blogging。 */ すぐ上に追加します。 そして2部のコードを .htaccess ファイル内の既存の WordPress ルールを置き換えます。 その後、再度ログインするようにします。

WebサーバーとしてNginxを使用している場合は、Nginxサイト構成ファイルを編集する必要があります。 サーバーの知識が少しでなければ、作業が可能になります。 How to configure Nginx for WordPress Multisite with subdirectories(サブディレクトリに WordPress マルチサイト用にNginxを設定する方法)(英語)を参考にしてください。

その後、図のようにネットワークマルチサイトを管理できるようにダッシュボードバーに「自分のサイト「というメニューが追加されています。

WordPress Multisite Dashboard
図4:ネットワーク管理者

今、新しいサイトを追加します。 サイト>サイトを追加をクリックします。

マルチサイトの追加
図5:新しいサイトを追加

適切に設定した後、サイトを追加「」をクリックするとサイトが追加されます。

個々のサイトで利用可能なテーマを指定する

個々のサイトで使用できるテーマを指定するには、 サイト>すべてのサイトに移動した後、目的のサイトの上にマウスを置き、편집「をクリックします。

マルチサイトのテーマを設定する
図6

それから」サイトの編集「画面が表示されます。」テーマ「タブをタップし、目的のテーマを選択してアクティブにします。

マルチサイトでのテーマを設定する
図7.サイトの編集

これで、図6でアクティブにするテーマを指定したサイト名の上にマウスを置きます。伝言板「」に移動して、そのサイトで使用するテーマを選択できます。

加えて、利用可能なプラグインを指定するには、 自分のサイト>ネットワーク管理者>プラグインで設定します。

図8

ちなみに、マルチサイトでサポートされていないプラグインもあります。 仮に WP-メンバーがインストールされている状態で、プラグインを、ネットワークを有効にすると、エラーが発生しますね。

サブブログにドメイン接続する(ドメインマッピング)

WordPress 4.5以上からドメインマッピング機能が内蔵されていて、簡単にドメインマッピングが可能です。 ドメインマッピングを使用すると、複数のドメインをそれぞれのサブブログに接続して使用することができます。

仮に Cafe24の場合、XNUMXつのアカウントに(商品により)複数のドメインを接続することができますが、すべてのドメインが同じサイトに接続します。 この方法を利用すれば、それぞれのドメインに対して、他のサイトを運営することができます。

また、この方法を利用すれば、多くのサイトを一つのネットワークで管理することができますので、個々のサイトを運営するよりも、管理にかかる労力とコストを大幅に削減することができます。 そして、もう一つのサイトを完成した後に複製して少しずつ修正してサイトを作成することも可能です。

詳細については、 この記事を参考にしてみてください。 実装するために問題がある場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

メモ: 多言語サイトを構築したい場合 WPMLのようなプラグインを使用すると、より簡単に多言語サイトの構築が可能です。 WPMLの詳細については、 この記事を参考にしてみてください。

マルチサイトで多言語を運営したい場合は、マルチサイトでの多言語構築する"文を参照してください。

テーマとプラグインを有効

WordPress マルチサイトを使用する場合、 自分のサイト>ネットワーク管理者>テーマで個々のサイトで使用するテーマをすべて「ネットワークを有効にする」必要があります。 プラグインの場合 自分のサイト>ネットワーク管理者>プラグインで、すべてのサイトで有効にするプラグインのみを「ネットワークを有効にする」ようにします。 だから個々のサイトの テーマのデザイン>テーマ メニューでは、ネットワークを有効にされたテーマのいずれかを有効にすることができます。 ネットワーク非アクティブなテーマは、個別のサイトを選択することができなくなります。

特定のプラグインに対して「ネットワークを有効にする」を選択して有効にすると、サイト全体で有効になり、個々のサイトでは無効にすることはできません。 自分のサイト>ネットワーク管理者>プラグインで特定のプラグインを無効にする場合は、そのプラグインは、個々のサイトで無効にされ、管理者は、そのプラグインを個々のサイトで有効または無効にすることができます。

注意: WordPress ハングル翻訳がぎこちなく変更されたため、一部の文字列はわかりにくくなりました。 そして「ネットワーク」が「ネットワーク」として荒々しく表示されるところもまだ目立つ。 この点を考慮して文書を見てください(」WordPress 韓国語翻訳の変更:「テーマデザイン」、「カスタマイズ」「」を参照)

参照:

メモ:


87のコメント

コメント

  1. 役に立つ情報がたくさんあります。
    私がメイン、サブ1、サブ2を運営していますが、メイン-サブ1-サブ2順にリンク乗り込んで書き込んでいます。しかし、ここでサブ2でメインにリンクを戻すと、後でエドセンスやGoogleの問題が発生しますか?

    応答
  2. こんにちは。いつも見ながらたくさん学んでいます。
    相違ではなく、ネットワークインストールまで進んでネットワーク活性化が完了しました。
    その後、再びログインまで進めました。
    ところで、ダッシュボードバーに「マイサイト」というメニュー、つまりネットワーク管理者メニューが一目瞭然です。
    プラグインも無効にした後、ネットワークの活性化まで問題なくなってしまったのに、なぜダメなのかを感じずにまったくつかんでいます。
    もし知っていることがあれば答えてくれてありがとう。

    応答
    • 2つの原因の1つではないかと思います。

      1. マルチサイト設定が間違っている場合。
      2. Webホスティングでマルチサイトを制限する場合。

      多分マルチサイトをインストールする過程でエラーがある可能性が高いようです。利用するウェブホスティング会社にも連絡し、マルチサイトに関する制限事項があるかどうかお問い合わせください。

      WordPressドットコムで 加入型 WordPressをご利用の場合、マルチサイトは許可されません。

      応答
  3. WordPress 情報はいつもここで探しています!

    XNUMXつの質問があり、このように初めてコメントを残します。
    私は現在メインブログAに日常情報を投稿しています。
    まだ AdSense 承認は受け取る前です。
    このように承認申請前にマルチサイトでブログBを作成
    自動車関連の投稿をしようとしています。
    もしそうすれば、承認を受けるのに不利なのでしょうか?
    Aで着実に作成して承認を受けた後にマルチサイトを作ってこそ、追加の承認なしに利用できるかどうか気になってコメントを残します!

    応答
    • プライマリドメインに対して承認された場合は、サブドメイン(例: blog.example.com)については、別途の承認/レビュー手続きなしですぐに AdSense 広告を掲載することができます。
      マルチサイトを利用しても不利益はないようです。
      ただし、マルチサイトのみの長所と短所がありますので、よく考慮して利用するかどうかを決めてください。
      追加の質問がある場合 Naver カフェを通しても質問することができます。

      https://cafe.naver.com/wphomepage

      応答
  4. 久しぶりですね。 ^^まだ旺盛な活動をしていますね。
    WordPress マルチサイトバージョンでユーザーアカウントを共有できますか?
    複数のサイトを作っておいて毎回参加するように言うのは、ユーザーに対する礼儀ではありません。 ㅎㅎ
    検索してみる https://wpultimo.com というプラグインがそのような役割を果たしているようです。 しかし、価格は非常に...

    応答
  5. 指示に従って1部のコードをコピーしてwp-config.phpファイルの/ * That's all, stop editing! Happy blogging。 */ すぐ上に追加します。

    この作業をして突然Webページを見つけることができないと出てきて、接続できないのにどうすればいいですか?

    応答
  6. こんにちは、マルチサイトで多言語のホームページを作るために投稿内容をたどっていたところ、ちょっと違う部分があり、お問い合わせいたします。

    マルチサイトが正しく追加されたのですが、新しいサイトを追加しようとするとサイトアドレスを書く欄がちょっと違うんですから、、

    投稿のように既存のホームページアドレスの後に/English このように作業をしたいのですが、
    私に見られる新しいサイトアドレス欄は前半に空白があり、その後に既存のホームページアドレスが書かれている? 形に見えます。

    この状況では
    どうすれば多言語ページをマルチサイトで制作できますか..?
    (私が望む多言語ページは、既存のホームページのテキストを単純な翻訳だけではなく、デザイン作業を少し違うためにマルチサイトで制作しようとしました。)

    回答お待ちしており。

    いつもありがとうございました!

    応答
    • マルチサイトのインストール時にサブドメインとしてインストールするのか、サブディレクトリ方式でインストールするのかを選択できます。 サブドメイン方式に設定するとeng.example.comのようにサブドメインとして追加でき、サブディレクトリ方式に設定するとexample.com/engなどサブディレクトリ方式に設定できます。 韓国語サイトを作成してから、サイトを複製して必要に応じて変更する場合にマルチサイトを利用できます。 言語間の連携が重要な場合 WPMLを使用することができます。

      マルチサイトで多言語サイトを構築するのが難しい場合 ここでサービスを要求することができます。

      応答
  7. いつもお知らせいただく情報で多くのお手伝いをしています。 ありがとうございます。
    気になることがあります。 この記事を見るかどうかはわかりませんが…

    WordPressをマルチサイトで構成すれば、有料テーマ1つで複数のサイトで利用できるのでしょうか?

    応答
    • マルチサイト内の個々のサイトは別々のサイトとして扱われます。 例えば Avadaを購入して適用する場合、XNUMXつのサイトでのみ活性化が可能で、マルチサイト内の他のサイトでは活性化されません。

      応答
      • 返信本当にありがとう! 購入したいテーマのライセンス Avada テーマライセンスと比較してみればいいですね…! ありがとうございます。

      • 返信ありがとうございます。 まだ混乱する部分があります。

        マルチサイトを構成し、サブディレクトリ(または仮想ドメイン)
        domain.com/(domain.com)
        domain.com/sub1/(sub1.domain.com)
        domain.com/sub2/(sub2.domain.com)
        として使用しようとしても別のサイトとして扱われますか?
        (購入して適用したいテーマはuncodeテーマです..!)

      • こんにちは、エンバトマーケットの WordPress テーマ関連ライセンスによると、サブドメインに対愛書は別途ライセンスなしで適用が可能だそうです。 (今は政策が変わった可能性があるので確認してみるといいようです。)

        ただし、テーマ開発者は、XNUMXつのサイト(ドメインまたはサブドメイン)にのみ適用するように制限しており、プライマリドメインにインストールし、サブドメインにもインストールしようとするとライセンスのアクティブ化ができないように制限しています。 例えば、 Avadaの場合、ライセンスが有効にならないと正しく動作しないようにしており、 Newspaperの場合でもライセンスが有効になっていない場合は、クラウドライブラリを使用できないように制限しています。

        参考までに Diviテーマの場合、ライセンス期間(1年もしくは生涯)の間無制限のサイトに設置が可能であり、 GeneratePress テーマは500サイトまで設置が可能です。

  8. こんにちは、 WordPress マルチサイトに関する記事を探すより
    ここで最も多くの助けを受けています。
    そのままフォローしたにもかかわらず現在エラーが出ましたが、
    私が思ったマルチサイト

    一つの WordPressを作って、
    その WordPress 内にサブドメインを追加してサイトを作成すると、
    まさにつながるそういう仕組みだったのに、

    最初は404エラーがあります。
    Bluehost Cパネルでサブドメインを追加しました。
    セキュリティ接続エラーが発生した後、しばらくすると消えます。
    403 ポビドンエラーに変わりました。

    この問題を抱えて Bluehost エージェントとチャットしました。
    Cパネルでサイトを作らなかったそうですね。
    これは正しいですか?

    だから元のプロセス
    Cパネルでサブドメインを追加してネームサーバーにアップロードします。
    サブドメインのみのための別々の WordPressを構築し、
    その後に作ったメイン WordPress(マルチサイトに変更)からサブドメインを
    追加する必要がありますか?

    マルチサイトの作り方で初めて投稿を読んで、
    エージェントとチャットしてメンブンが来て、
    その後、サブドメインとして WordPress 作り方を読む
    頭の中で混乱が来て質問します。 ㅠㅠ

    応答
    • こんにちは、シャロン様。 複数のサイトをXNUMXつ WordPress インストールで管理したい場合は、マルチサイトを利用できます。

      その問題でサービスを依頼していただきありがとうございます。

      サブドメインを追加するとき(このブログが使用中) Bluehost VPSと Bluehost 共有ホスティングこれは少し異なって動作し、問題の原因を見つけるのに時間がかかりました。

      この問題について他のユーザーにも役立つように、後で時間が経つにつれて別の記事で取り上げてみましょう。

      WordPress私のウェブホスティングの使用中に質問がある場合は、このブログの関連記事のコメントでお知らせください。

      楽しい夜の時間を過ごし、幸せな週末をお過ごしください。

      応答
  9. 古代ディを利用しているのにネットワークをインストールし、サブドメインを利用してサイトを追加しようとしているのですが、これがどうするのかわかりませんね。 ただ WordPressを別々に設置してそこにサブドメインを接続するのは簡単ですが、こうすればあまり容量をたくさん食べて問題です。 もし古代ディから一つ WordPress内に複数のサブドメインサイトを運営する方法はありますか?

    応答
    • 古代ディー(GoDaddy)と言って違いはないようです。
      利用する商品でサブドメインの作成をサポートすれば、サブドメイン方式でマルチサイトを運営できるはずです。

      応答
      • サブドメインを介したマルチサイトは運営できます。 WordPress 内部ネットワークでサイトの追加形式でマルチサイトを運営するのはいくらできませんでした。

        どうやらサイトを別々に追加すればファイル数が増えて多くのサイトを運営する人はアカウント容量がいっぱいで損してしまいます。

      • こんにちは、555さん。 古代ディウェブホスティング商品によって変わらないかと思います。 最近、GoDaddyに関する作業を数回行ったことがありますが、ドメインの接続方法が混乱していたため、やや困難になりました。 cPanelを提供する商品なら簡単に可能になりそうですが、そうでなければドメインを接続するのが難しいかもしれません。

        WordPressを利用すれば、アドオンドメインに接続すれば簡単に可能です。 アドオンドメインをマルチサイトのメインドメインへのパスとして追加します。 WordPressでドメインに接続する方法については、次の記事を参照してください。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

  10. 有料テーマを書いているのに(Umaya)テーマがマルチサイトに活性化できないこともあるのでしょうか?

    応答
    • Umaya テーマは Themeforestで販売されるテーマですね。 Themeforestで販売されている WordPress テーマのライセンスについて次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/standard-licenses-of-envato-market/

      特に「マルチサイトで Theme「forestテーマライセンス」のセクションを参照してください。

      一般的に、 Theme森のテーマは、サブドメインとサブフォルダに追加で使用してもライセンス違反ではありません。 しかし、 Avada など一部のテーマでは、ライセンスを登録しないと正しく使用できない場合があります。 このテーマは、マルチサイトからサブドメインまたはサブディレクトリにサイトを追加しても、XNUMXつのサイトにのみテーマを登録して使用できます。

      応答
  11. こんにちは。
    현재 WordPress マルチサイトをこのページ順に基づいて設置していますよ。

    .htaccessにソースをコピーして貼り得ている中
    ファイルに

    RewriteEngineをオンにする
    RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
    RewriteBaseに/
    RewriteRule ^index\.php$ - [L]
    REQUEST_FILENAMEするRewriteCond%{}!-f
    REQUEST_FILENAMEするRewriteCond%{}!-d
    するRewriteRule。 /index.php [L]

    これ入っていました。
    だから何なのかを正確に知らなくて消去されているソースを貼り付けたところ、
    内部サーバーエラー
    が浮遊んですよ。

    上書いたソースがどんなものかもし分かるのでしょうか?

    応答
    • こんにちは、グリグリ様。 マルチサイトがインストールされて場所を何箇所か確認してみました。 ホスティングごとに少しずつ異なるコードが.htaccessファイルに追加されるようです。

      FastCometウェブホスティングを見てみると、次の行が含まれていますね。

      RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]

      上記の行を消去飲んテストしてみてください?

      応答
      • 回答ありがとうございます^^

        お知らせシンデで

        #BEGIN WordPress
        # "WordPressで始まる "と"WordPressで終わり "の間の指示(行)は、
        #動的に生成し、 WordPress フィルタを介してのみ変更する必要があります。
        #これらの標識の間の指示を変更すると、上書きされます。

        RewriteEngineをオンにする
        RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
        RewriteBaseに/
        RewriteRule ^index\.php$ - [L]

        #末尾のスラッシュを/ wp-adminに追加します
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z-] + /)?wp-admin $ $ 1wp-admin / [R = 301、L]

        RewriteCond%{REQUEST_FILENAME} -f [または]
        RewriteCond%{REQUEST_FILENAME} -d
        RewriteRule^-[L]
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z-] + /)?(Wp-(コンテンツ|管理者|含む)。*)$ 2 [L]
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z - ] + /)?(。* \。php)$ $ 2 [L]
        RewriteRule。 index.php [L]

        #END WordPress

        このように入れたら

        内部サーバーエラー
        サーバは、年間の内部エラーまたは設定ミスが発生したため、リクエストを完了できませんでした。

        このようなエラーが浮遊んですよ。
        ネットワークの設定で挿入するようするのは

        RewriteEngineをオンにする
        RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
        RewriteBaseに/
        RewriteRule ^index\.php$ - [L]

        #末尾のスラッシュを/ wp-adminに追加します
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z-] + /)?wp-admin $ $ 1wp-admin / [R = 301、L]

        RewriteCond%{REQUEST_FILENAME} -f [または]
        RewriteCond%{REQUEST_FILENAME} -d
        RewriteRule^-[L]
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z-] + /)?(Wp-(コンテンツ|管理者|含む)。*)$ 2 [L]
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z - ] + /)?(。* \。php)$ $ 2 [L]
        RewriteRule。 index.php [L]

        のに私もしかしたら間違った部分でしょうか?

      • FastCometにインストールされて WordPress マルチサイトの.htaccessファイルを見てみるとあげてくださったコードと全く同じように見える。

        https://www.screencast.com/t/NQAeg09z

        私のブログでは、正常に動作します。 なぜ働かないかについてはよく分かりません。
        マルチサイトを設定し、正しく設定したか、Webホスティングの問題に見えます。

        ウェブホスティング会社に一度お問い合わせしてみてください?

  12. 回答が走らない再びコメントそうです
    独自のサイトの設定を完了し、
    次の手順で指示2を.htaccessに適用したら
    内部サーバーエラー
    サーバは、年間の内部エラーまたは設定ミスが発生したため、リクエストを完了できませんでした。

    サーバー管理者に連絡してください postmaster@1st-cafe.com to inform them of the time this error occurred、and the actions you performed just before this error。

    このエラーの詳細については、サーバーのエラーログにも有り。

    このようなエラーが表示されるのでどのように解決するか?

    応答
    • こんにちは、木ヘラジカ様。 コメントは承認後に表示されるのでコメントを一度だけつけてくださいます。

      このエラーは、.htaccessファイルにコードを誤って追加して表示されるようです。 そのコードを WordPress ルールを置き換える必要があります。

      応答
      • ありがとうございます
        .htaccessファイルはwww内のものおっしゃるんですか?

      • WordPressがインストールされてフォルダ内の.htaccessを編集すると、となります。

        通常public_html、www。 htmlフォルダがルートフォルダです。

      • #BEGIN WordPress
        # "WordPressで始まる "と"WordPressで終わり "の間の指示(行)は、
        #動的に生成し、 WordPress フィルタを介してのみ変更する必要があります。
        #これらの標識の間の指示を変更すると、上書きされます。

        RewriteEngineをオンにする
        RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
        RewriteBaseに/
        RewriteRule ^index\.php$ - [L]

        #末尾のスラッシュを/ wp-adminに追加します
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z-] + /)?wp-admin $ $ 1wp-admin / [R = 301、L]

        RewriteCond%{REQUEST_FILENAME} -f [または]
        RewriteCond%{REQUEST_FILENAME} -d
        RewriteRule^-[L]
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z-] + /)?(Wp-(コンテンツ|管理者|含む)。*)$ 2 [L]
        RewriteRule ^([_ 0-9a-zA-Z - ] + /)?(。* \。php)$ $ 2 [L]
        RewriteRule。 index.php [L]

        #END WordPress

        このように入れるのが正しいでしょう...
        メモ帳で編集した大丈夫ですか?
        このようにしてもエラーが浮遊ね。

      • ネットワークインストールページのコードをそのままコピーしてコピーすると、正常に動作する必要があります。
        コード上で奇妙なことはなくなります。

        すべてを正しくしたが、エラーが発生すると思われる場合は、Webホスティング会社にこの問題を連絡してみてください?

        または、このブログの お問い合わせページを介してサービス(有料)をご依頼いただく私は、問題が解決できるかどうか確認してドリルすることができます。

        まずは、Webホスティング会社に問い合わせてみてください。 参考までにいくつかのウェブホスティングでは、マルチサイトを許可していない可能性があります。 しかし、ほとんどのWebホスティングでは、問題は発生しません。

      • 回答ありがとうございます、マルチサイトのインストールまで試みたテーマを有効にもしたプラグインも確認したところ、ホーム画面が正常に出ないですね
        そしてエリメンターで編集することを押すと、プレビューを表示することができないと開いて詳細をクリックして解決するようにに浮かぶプラグインも一つ一つ解除してみたみてもダメですね。

      • WordPress マルチサイトでのテーマとプラグインを有効/無効にする方法は、次の記事を参照してください。

        https://avada.tistory.com/2151

        エレメントページビルダーで「プレビューを表示できません」(Preview Could Not Be Loaded)エラーが発生した場合は、次の記事を参照して解決してみてください。

        https://www.thewordcracker.com/basic/preview-could-not-be-loaded-%EC%98%A4%EB%A5%98/

  13. こんにちは質問がありコメント残し
    インストールの最初に設定>固有のサイトでデフォルト以外の違うの指定するようましたが
    それが何を意味するかよく理解できないます。

    パーマリンク設定

    一般的な設定

    일반
    曜日と名前
    月と名前等..
    でメニューが構成されているが、現在は、文の名前に設定しました
    この設定を変更すると言葉のでしょう?
    それともカテゴリやタグを追加して、ユーザー定義の構造に使用するように言葉がましょうか

    応答
    • 設定>固有アドレスのUIが少し変わったようですね。 「基本」が「一般」に変更されましたね。

      「一般」以外のオプションに設定してください。

      SEOに有利な固有アドレス設定は「文名」または「カテゴリ/文名」と呼ばれます。 次の記事を参考にしてください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/seo-friendly-url-structure/

      「文名」になっている場合はそのまま使用してください。

      応答
      • ありがとうございます
        そして、次のステップに進みきた
        .htaccessを指示2に変更しました
        内部サーバーエラー
        サーバは、年間の内部エラーまたは設定ミスが発生したため、リクエストを完了できませんでした。

        サーバー管理者に連絡してください postmaster@1st-cafe.com to inform them of the time this error occurred、and the actions you performed just before this error。

        このエラーの詳細については、サーバーのエラーログにも有り。

        このようなエラーが表示されるのでどのように解決すべきでしょう?

      • ありがとうございます
        次のステップで、また問題が生じましたが
        指示2を.htaccessに適用したところ
        このようなエラーが表示されるのでどのように解決すべきでしょう

        内部サーバーエラー
        サーバは、年間の内部エラーまたは設定ミスが発生したため、リクエストを完了できませんでした。

        サーバー管理者に連絡してください postmaster@1st-cafe.com to inform them of the time this error occurred、and the actions you performed just before this error。

        このエラーの詳細については、サーバーのエラーログにも有り。

      • 申し訳ありませんコメントは遅く走るでしょでしたね
        また、知らないうちに続けてコメントつけました

  14. AWS Lightsailで WordPress インストールして、その方法でしようとしたが、グラマンメインではなく、他のサイト作成サイトが正常に生じず(txtのみ表示)のダッシュボードにアクセス時(* / wp-admin)無限リダイレクトループになりますね。

    応答
    • こんにちは、lackhole様。

      上記の方法は、 WordPressで提示する方法です。

      アマゾンライトセール問題であるか、設定上の問題であることができるようになります。

      いくつかのインスタンスを使用しましたか? アマゾンが提供する WordPress Multisiteインスタンスを使用せずに一般的な WordPress インスタンスを利用すると、問題が発生しないこともあるでしょう。

      応答
      • WordPress Multisiteインスタンスは、サブディレクトリをサポートしていないが、一般的な WordPress インスタンスを利用しました。
        今した10回程度してきたが、続けてダメですね。
        プラグインは何もインストールせずに生成されるやいなや、すぐ進行もしてみたんです。
        再起動、等だてみたところ〓〓

      • アマゾンライトセールでは、マルチサイトを使用したことがなくて、正確な原因は分かりません。

        マルチサイトでリダイレクトループが発生した場合、.htaccessファイルでRewriteルールが正しいことをチェックしてみてください。

        https://avada.tistory.com/1742

      • 私とですね。 現在 WordPress Ubuntu 2.0でインストールしました。 サブドメイン形式にするときは問題なくうまくいきましたが、マルチランゲージサイトを作成しようとサブディレクトリ形式にするので、作成者様のようにtxtだけだって出てきて管理者ページや通知板ページでは無限リダイレクトがかかりますね。 探してみると、.htaccessを修正してほしいのですが、私のサイトにはそのファイルがありませんね。

      • こんにちは、QWERTY配列の様。

        .htaccessがない場合、いくつかのを確認することができそうです。
        1. WebサーバーがApacheではなく、Nginxことができます。
        2. 設定 > 固有アドレスが「デフォルト」に設定されている場合
        3.その他のサーバの設定の問題

        マルチサイトに設定したときに、.htaccessファイルとwp-config.phpファイルに記載されコードを配置します。 .htaccessファイルがサポートされていない場合には、複数のサイトを正しく作成できないこともあるようです。

        参考にサイトをXNUMXつ追加した場合には、サブフォルダに別の WordPressを設置することも一つの方法であることができます。 このブログの英語版が別のサブフォルダに WordPressをインストールして設定されています。

        https://www.thewordcracker.com/en-us/

  15. こんにちは。
    WordPress - AdSense 関連の質問をしましょう。
    どこ残すか分からなくここに残すこと申し訳ありません。

    相違はなく、2次ドメインを購入して寀ーアドレスに AdSense 承認を受けて、そのドメインに WordPressを開設しました。

    昨日は偶然知りました…
    AdSense レポートで認証されたサイトには、2次ドメインのアドレスにページビュー/露出数/クリック/収益などが露出なりますよ。

    レポートのサイトには、2次ドメインのアドレスが公開されていません。 ㅜㅜ

    問題は、認証されたサイトからの収入が AdSense 総収入に集計がアンドゥェᆮことだがね。 ㅜㅜ

    明らかにどのような問題が生じたようだどこを手見て知ってませんね。 ^^ ;;
    もしかしたらご存知の部分がある場合は回答お願いします。
    気ヘッドう申し訳ありません。 (__)

    応答
    • こんにちは、ブカシ石ころ様。

      まず、すべてのプラグインを無効にしても問題が表示されることを確認しみましょ?

      参考までに406 Not Acceptable問題は、サーバーのModSecurityファイアウォールの設定と関連することができます。 (https://avada.tistory.com/1926 文を参照してください。)

      この場合は、Webホスティング会社に連絡して、問題を解決します。 共有ホスティングの場合ModSecurity設定を変更してくれないかもしれません。

      また、 Cafe24でサブドメイン形式でマルチサイトを作成すると、「Forbidden - You don't have permission to access / on this server」というエラーメッセージが表示されることがあります。 そのような場合は、次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/webhosting/%EC%B9%B4%ED%8E%9824-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%A9%80%ED%8B%B0%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8-%EB%AC%B8%EC%A0%9C/

      応答
      • その内容は解決はしました! もう別の問題が出てきました…
        マルチサイトダッシュボードに行くと再びログイン画面が表示されますが、IDとパスワードを入力するとCookieが有効になっていないとしてログインできません...これは原因は何ですか?

      • wp-config.phpファイルに以下の行を追加してみてください?

        define('ADMIN_COOKIE_PATH', '/');
        define('COOKIE_DOMAIN', '');
        define('COOKIEPATH', '');
        define('SITECOOKIEPATH', '');

        よくないと、 https://avada.tistory.com/1741 文を参考にして試してみましょ?

      • この問題は、解決したようです! このフレーズは消え、マルチサイトのダッシュボードをクリックすると、ログイン画面が表示されます! ところが、ログイン画面を接続することがないですね。 ユーザ名とパスワードを入力すると、クッキーが有効になっていないとしながら継続ログインができません。 パスワードを忘れた方はこちらのボタンを押すと、空白ページのみ移動をするようになります。 原因は何でしょう?

  16. 古代テトスライブチャットが可能そういえばです。
    ただし、韓国語がとてもいい加減な人が応対します。
    私がこの文が発行された8月にも、古代ディお客様センターラング韓国語でリアルタイムチャットを行いました。

    応答
    • こんにちは、foot様。

      この記事は、2015年12月に作成され、最終更新された時期が2020年8月です。
      私も 古代ディ(Godaddy)をしばらく利用したことがあります。 当時は営業時間内に電話のみでの連絡が可能でした。
      当時の女性相談員が電話を受けたが、同胞であるか、あるいは朝鮮族ではないかと思いました。

      今ライブチャットでも相談が可能ですね。
      年中無休可能ですか?

      応答
  17. こんにちは。

    最近 WordPressに関心を持っていて、このウェブサイトの大切共有してくださった情報を読みながら、ブルーホスティングについていくつかの一般的な質問が生じ文残します。

    ブルーホスティングチョイスプラスプランを見ると、
    ドメイン(Domain)が無制限と出てきて、サブドメイン(Sub domain)も無制限と出てくるんです。

    質問1。
    この言葉は、 Bluehostで一つのホストに複数のドメインを無料で持つことができることを意味ですか?

    もし、最初 Bluehost チョイスプラスプランで
    登録をすると、ドメインのアドレスに http://www.cooldomain.com로 決定をすると、
    後で他のドメインのアドレス(例えばhttp://www.nicedomain.com )、(http://www.superdomain.com )(http://www.awesomedomain.com )等無制限に無料で作ることができることを意味なん同じか?

    質問2。
    Bluehost チョイスプラスプランに加入すると、ドメインアドレス
    http://www.cooldomain.com 無料と分かっているのに、これはまた、契約期間中は無料ですかそれとも1年無料であることがわかっていますか?

    質問3。
    その後、ホスティング(最初に登録ドメイン: http://www.cooldomain.com)無料で、後で作成された他のドメインのアドレス(http://www.nicedomain.com )、(http://www.superdomain.com )(http://www.awesomedomain.com )なども契約期間中無料であること知っていなければ1年ぶり無料なん同じか?
    それとも新しいアドレス生成するたびにすぐに登録した後当日でもドメイン本数ごとに、それに対応してい支払いをする必要がありでしょうか? 例えば一つは、 http://www.superdomain.com 1年に10ドルだ http://www.superdomain.net は1年に20ドル。

    質問4。
    店主さんのブログでサブドメインを作成する文章は読んでいたのホスティング(Bluehost プラスプラン)で複数のドメインをどのようにさらに生成するかの方法文もありますか?

    質問5。
    もしブルーホスティングプラスプランのXNUMXつをホスト(最初の登録ドメイン: http://www.cooldomain.com)で如来つのサブドメイン
    (例えば、 http://blog.cooldomain.com, http://shopping.cooldomain.com, http://shopping.cooldomain.com)を持っており、追加インストールした

    他のドメイン(http://www.nicedomain.com )、(http://www.superdomain.com )(http://www.awesomedomain.com )を持っている状態では、ブルーのホスティングに加えプランの契約が終わる頃、他のホスティング会社(例えば SiteGround、古代ディ)の両方移動することもできますか?
    もしすべて移したら、一般的に簡単にプラグインのようなもので移すことができるでしょうか?

    質問6。
    もしブルーホスティングプラスプランのXNUMXつをホスト(最初の登録ドメイン: http://www.cooldomain.com)で追加インストールした別のドメイン(http://www.nicedomain.com )、(http://www.superdomain.com )(http://www.awesomedomain.com )を持っている状態では、追加インストールされたドメイン(http://www.nicedomain.com)のサブドメイン(http://blog.nicedomain.com)を作ることができるだろ同じですか?

    もし作れている場合は、ブルーのホスティングに加えプランの契約が終わる頃、他のホスティング会社(例えば SiteGround、古代ディ)には、サブドメイン(http://blog.nicedomain.com)も移動することができるだろうと思いますか?

    質問7。
    有料サービスも提供していれるようだおおよその価格のようなもの分かるでしょうか?
    いくつかの困難点の要求を有料でおできますか?

    ブルーホスティングについて多くの経験をお持ちのみたいそう質問残します。
    (ブルーホスティング担当者としての答えではないことを認識しています。アドバイスと知っている内容を参考にしようとします。)

    현재 WordPressはない状態です、 WordPressを起動しようとします。
    今、最初にものに始めて徐々に増やしていくようにしようとして、ホスティングは、最初に手頃な価格のブルーホストにする計画であり、ホスティング変更のようなものが、最初に下手後で面倒複雑になるとして、ある程度熟知してユーザーJourney Mapを作成構想しようとします。

    回答お待ちしており。
    回答ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、orange様。

      次の回答を参照してみてください。

      1.
      ==>ドメインを追加するに無制限接続してサイトを作成することができます。 ただし、追加のドメインは、ドメイン登録業者に登録する必要があります。
      さらに接続するドメインを「アドオンドメイン」と呼びます。 Cafe24私ガッビアーノなど登録したドメインを Bluehost (Bluehost)に接続することができます。 そのためには1)ドメインのネームサーバを変更し、2)ドメインを Bluehostにアドオンドメインに接続し、3) WordPressをインストールすることができます。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

      2. 1年間無料である。 1年の期限が切れる前に手頃な価格の場所に移転することもまともな方法です。 私はすべての.comドメインをonlydomainsという場所に移転して一箇所で管理しています。 韓国の場合、hosting.krが安いとします。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EC%A0%80%EB%A0%B4%ED%95%98%EA%B2%8C-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-%EB%93%B1%EB%A1%9D%ED%95%98%EA%B3%A0-%EC%9C%A0%EC%A7%80-%EA%B4%80%EB%A6%AC%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      3.追加のドメインは、 Bluehost または他の場所(Cafe24、ガッビアーノなど)で個別に登録する必要があります。 安価な場所でドメインを登録するとします。 上記の1番回答を参照してみてください。

      4. Bluehost アカウントにログインすると、 cPanel (cPanel)にSubdomainsツールがあります。 このツールを使用して、簡単にサブドメインを作成することができます。

      サブドメインを作成すると、セキュリティサーバー(SSL)証明書をインストールする:
      https://avada.tistory.com/1727

      Bluehost サブドメインを寀ーブログに2次ドメインに接続することも可能です:
      https://avada.tistory.com/1803

      5.すべて移転が可能です。

      SiteGroundの場合、独自の WordPress 移行ツールを提供しています。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8%EA%B7%B8%EB%9D%BC%EC%9A%B4%EB%93%9C%EC%9D%98-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%9E%90%EB%8F%99-%EB%A7%88%EC%9D%B4%EA%B7%B8%EB%A0%88%EC%9D%B4%EC%85%98/

      WordPressではない場合(例えば、 GNUBOARD)を手動で移行する必要でしょう。

      6.アカウントに接続したすべてのドメインに対してサブドメインを作成することができます。

      7.どのようなサービスをご希望ですか? 有料サービスをご希望の場合は、次のページで詳細を送っていただければ、コストと期間をお知らせします。

      https://www.thewordcracker.com/forum/support-system

      Bluehostとの間グラウンドに対して次の文を参照してみてください。 Bluehostは安価に利用するにまともなオプションです。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/

      応答
      • 回答ありがとうございます。
        少しずつ感が取れるようです。

        ところが、まだ漠然としがあるからです。
        Webホスティング社からのマーケティングのためか
        プラン内容について詳しく書いて置かないだろ思います。
        契約する前に経験に満ちた方の意見を聞いて最初のホスティングを決定したくて、再質問させます。

        質問1)
        Bluehostでチョイスプラスプランでは、メインのドメイン(例えば、 http://www.mybest.com)の中ですべてのサブドメイン(例えば、 http://korea.mybest.com )と、複数のすべてのマルチドメイン(例えば、 http://www.yourbest.com, http://www.hisbest.com )のすべてのSSL証明書無料と思いますか? それとも多別にSSL証明書をドメインごとに別々に購入する必要ですか?

        もし、複数のすべてのドメインのSSL証明書が無料であれば、 Bluehostを介してドメインを作成せずにお勧めしてくださったonlydomainsでドメインに登録したウェブサイトでも、すべての追加のドメインのWebサイトのSSL証明書が無料ですか?

        質問2)
        サイトグラウンドもSSL証明書についての無料のか有料なのかについては、同じ条件だとご存知?

        質問3)
        ブログ記事で Bluehost 共有プランのチョイスプラスプランでは、VPNへのアップグレードできないと見てだが、

        最初にチョイスプラスプランにした後に訪問者が増えてきて、より仕様が良いプランに移動するには、 Bluehostは方法がありますか?

        その後、他のWebホスティング(ブルーホスティングで SiteGroundやWPX hostingなどの仕様良く高いところ)にマイグレーションする方法しかないのでしょうか?

        質問4)
        私は今、海外に住んでいるが、ブルーのホスティングで初めてドメインを作成しようとするとき.comずに。 auなどのように、国に例えばオーストラリアでは。 au日本は。 jpなどを釘作るされていますか?

        質問5)
        推奨されるテーマがGenerate Pressのにこれ軽いと言われましたがテーマが軽いか軽くないかどのように知ることができる方法はありますか?

        またはテーマを買う前にテーマが軽いかない軽いか知ることができる方法はありますか?

        質問5-1)
        下記のテーマはどうだと思いますか? 重いと思いますか? 最初にホスティングを選択プラスプランであんなテーマを使えば重く速度が遅くなるだろ同じですか?

        1. https://undsgn.com/uncode/homepages/blog-simple/

        2. http://preview.themeforest.net/item/clapat-creative-masonry-blog-wordpress-theme/full_screen_preview/22988029

        3. http://soledad.pencidesign.com/soledad-photography-blog/

        4. https://preview.themezee.com/?demo=gridbox

        質問5-2)
        そして個人的にグリッド形式のテーマがSEOではないいいんだと思いますか?

        質問5-3)
        https://salbuta-gradient-3.blogspot.com/

        このサイトは、Googleのブログスポットテーマだが、この種の WordPress テーマにウェブサイトを最初に AdSenseでやろうとするが、

        このようなグリッド形状がSEOではないいいか、あるいは、この種のテーマが重いですか? なぜなら、特に上で述べた無限ロードされているウェブサイトのテーマ種類はどう思います?

        質問5-4)
        https://salbuta-gradient-3.blogspot.com/
        そしてもしかしたら、上記記載されて、このようなブログのスポットテーマと同じ種類の WordPress テーマを知っておられるでしょうか?

        質問6)
        ホスティング会社を決定するために、マルウェアやウイルスチェックするが重要な要素と思いますか?

        WPX hostingは、無料で点検してくれて、バックアップも30日以内にされていることをサポートしてくれましたよ。

        この点で、ブルーホストは、いくつかの巨大同じか?

        今ホスティング会社に Bluehost, SiteGroundは、WPX hostingこう行くリョトヌンデヨ。 WPX hostingこのマルウェアなど感染している、無料で点検してくれるとして目が行っ最初に開始するにはあまりにも高価ですよ。

        元 Bluehostで、最初に包んだから3年契約してホスティング会社変えようと思ったウイルスやマルウェアなど感染すると、これが初心者には耐えにならないようではまだ決定ではありませんでした。

        Bluehost, SiteGroundは、WPX hosting中考えています。

        質問の内容に一つ一つ答えてくれて本当に感謝して、このブログを通じて支援本当にたくさん受けて WordPressに本当に'王'初心者として、この分野について多くの知識を積んでいます。
        もう一度感謝の心伝えたいですね!

      • こんにちは?

        1.すべてのドメイン、サブドメインに対して、SSL証明書は無料です。

        https://iwordpower.com/%EB%B8%94%EB%A3%A8%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8A%B8%EC%97%90%EC%84%9C-%EC%84%9C%EB%B8%8C%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%97%90-ssl-%EC%84%A4%EC%B9%98%ED%95%98%EA%B8%B0/

        2. Bluehostと同じです。 すべて無料です。 Bluehostの場合、ライブチャットで要求すると、SSLを設定してくれますが、 SiteGroundの場合、サイトツールから直接インストールが可能です。

        3.昨日このような質問をされた方いらっしゃるんですが。 ライブチャットで連絡して1)VPSのアカウントを作成し、2)シェアードホスティングのサイトをすべてVPSアカウントに移動し、3)Share Hostingアカウントを閉鎖し、払い戻しを受けています。

        Shared HostingからVPSへのアップグレードはされないが、上記のような方法で可能です。 以前作業が少し面倒な場合があります。 以前の直接くれるれるしれません。 ないてくれれば、プラグインを使用することができます。

        4.米国で登録可能なドメインがなければ不可能です。 Bluehostもドメイン登録代行業者であるため、ドメイン登録が可能ですが、co.krようなドメインは、国内だけで登録が可能です。

        この場合は、ドメインを、その国の登録業者から登録した後、ネームサーバを変更して接続する必要があります。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

        5.私は多くのテーマを使用してみて、他のユーザーの意見を収集し、情報を提供しています。 次の記事を参照してください。

        https://www.thewordcracker.com/basic/light-and-fast-wordpress-themes-recommended-by-wpml/

        例えば、 Avada7年連続販売1位のテーマであるが、このテーマは、多くの機能が搭載されており、重いしかありません。 幸いなことに、ここ数年の間に性能が大幅に改善されました。 (それでも速度が重要な場合、個人的には、 Avadaをお勧めしません。 提供テーマのオプションが非常に多いので、コーディングの知識がない初心者でも扱いやすいという利点があります。)速度が遅い場合次の記事を参照してみてください。

        https://cafe.naver.com/wphomepage/5986

        テーマの場合、人気があり、速度が速いことが評価されるテーマを使用するのがいいでしょう。 他の人がよく使用していないテーマを使用する場合、今後問題が発生したり、質問がある場合は情報を取得する容易ではないことがあります。 Avada, Enfold などの人気のテーマの場合、多くのユーザーがいて、他のユーザーの助けを受けやすいことです。

        個人的には機能と速度が大丈夫だと思いテーマは次のとおりです。

        GeneratePress, Astra, OceanWP, Divi, Enfold, Jupiter...

        6. WPX hostingについて分かりません。

        WordPress サイトを運営する場合、1)最新のバージョンに更新、2)定期的なバックアップ、3)セキュリティプラグインのインストールを使用して安全に運営することができます。 常にバックアップを受けておくことが重要です。

        https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%B3%B4%EC%95%88-%EA%B0%95%ED%99%94%EB%A5%BC-%EC%9C%84%ED%95%9C-%EA%B8%B0%EB%B3%B8%EC%A0%81%EC%9D%B8-%EC%84%B8-%EA%B0%80%EC%A7%80-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

        SiteGroundも、セキュリティ機能が強化されました。

        私 Bluehostを利用しながら、マルウェアのための問題となったことはありません。

        マルウェア防止のために提示された事項を忠実によると、問題がないことです。 問題になってもバックアップに復元が可能です。

        https://www.thewordcracker.com/basic/db%EC%99%80-%EB%8D%B0%EC%9D%B4%ED%84%B0%EB%A5%BC-%EB%AA%A8%EB%91%90-%EB%B0%B1%EC%97%85%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%B1%EC%97%85-%EB%B3%B5%EC%9B%90-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-updraftplus/

        SiteGroundユーザー評価の面で良い方で、速度と信頼性利便性の面で問題ないはずです。 安価に利用したい場合 Bluehostを考慮してみることができます。

        Bluehost와 SiteGroundについては、次の記事を参照してください。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/

  18. こんにちは。
    サイトの追加の構成まで終えたが、追加されたサブドメインのダッシュボードの接続がされていないですね。ㅜㅜ(ホスティング会社はダトホムを使用します)

    応答
    • ネットワーク管理者のダッシュボードで、サイト>すべてのサイトに移動し、そのサブサイトURLの上にカーソルを合わせると、[ダッシュボード]リンクが表示されます。 「ダッシュボード」をクリックして、作成したマルチサイトにアクセスできることを確認しますか?

      https://www.screencast.com/t/RAoKWxHeG

      通常インストールした正常に動作しない場合は、Webホスティングの問題である可能性があります。 特にダトホムでは商品に応じてはならないことが多いことができます。

      https://avada.tistory.com/691

      応答
  19. なぜこの方法のようにすると、ローカルホストのIPが出て接続ができないでしょうか? WebホスティングサーバーであるAWS Lightsailで一度正式に WordPress マルチサイトの画像も提供しているんですよ。 設定画面まで進められて以来、wp-configと.htaccessを修正すると、ホームページにアクセスがダメですね。 正確に最初のページまでアクセスがいいんだ。それ以降は127.0.0.1/wordpress/アドレス等に変貌さエラーがㅠ。ㅠ

    応答
    • こんにちは、SOUND様。

      次の行をwp-config.phpファイルに追加して、問題が解決するか確認してみましょ?

      define( 'MULTISITE', true );
      define( 'SUBDOMAIN_INSTALL', false );
      define( 'DOMAIN_CURRENT_SITE', '127.0.0.1' );
      define( 'PATH_CURRENT_SITE', '/wordpress/' );
      define( 'SITE_ID_CURRENT_SITE', 1 );
      define( 'BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1 );
      /* That’s all, stop editing! Happy blogging. */

      応答
  20. 私はしたいサイトを作成するには、マルチサイトになると、代表さだ
    マルチサイトの概念を理解するが不足してお問い合わせください。

    1メインサイト(Aテーマ、d / e / fプラグインを有効中)でインストールされたテーマ(A、B、C)およびプラグイン(d、e、f)がある状況で、
    2マルチサイトのテーマをAに選択されているのか? (つまり、重複はないか)
    3もし、Aが選択になれば、その設定内容(css、function.php)は、それぞれの設定が可能なのか? それともメインの設定をそのまま適用されるのか?
    4もし、Aが選択ならず、Bを選択した場合に
    5マルチサイトでプラグインをd、e、fを使用できるかどうか?
    6もし、d、e、fが選択になれば、その設定内容は、メインのサイトと同じか? それとも個別に設定が可能なのか?
    7。つまり、マルチサイトはホスティング、ドメインを追加で購入してテーマとプラグインをインストールしたときと同じように別個に設定し、内容を作成することができるのか?
    これが知りたいです。

    これをテストするために、マルチサイトを設定してみたが、 cafe24で、サブドメインがされていないで、確認をすることができませんでした。
    だから、もし、マルチサイトの概念が明らかになれば、ここでおすすめした 'bluehost'を使用することを念頭に置いています。 この記事を見ればそこにはなるようです。 私は今まで cafe24のみを使用したが、複数のサイトと呼ばれる機能を知るてこれを確認してから、この文を読んでお問い合わせください。

    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは?

      次の回答を参照してみてください:

      マルチサイトは、単一の WordPress インストールに複数の WordPress サイトを運営する際に役立ちます。 マルチサイトを利用する場合のテーマは、プラグインファイルを共有することになり、(DBに格納されている)の設定は、個々のサイトで別々に設定することができます。

      2。 マルチサイトの各サイトで重複してテーマの選択が可能です。 別のテーマを選択することも可能よ。
      3. CSSはテーマデザイン>カスタマイズで個別に追加できます。 関数ファイルの場合は get_current_blog_id() 関数を使用して、サイトによって異なるコードを適用できます。 つまり、テーマ (子テーマを使用) 内の関数ファイルに次の形式で追加できます。

      function function_to_call(){

      if( get_current_blog_id() === 1 ){
      // Return something if the site ID matches the number one...
      }

      // Return something if the site ID does not match the number 1
      // 사이트 ID가 1과 일치하는 경우에 적용되는 코드
      }
      add_filter( 'filter_name', 'function_to_call' );

      (出典: https://stackoverflow.com/questions/28656909/wordpress-multisite-add-function-to-functions-php-to-only-affect-1-site)

      5~7。 プラグインはサイトごとに異なるように有効にすることが可能です。 (テーマとプラグインの)設定も個々のサイトごとに別々に行うことができます。 ただし、テーマソースファイルをFTPを別々に変更する場合にも同様に適用されます。 そのような場合でも、get_current_blog_id() 関数を使用して、サイトごとに異なるプラグインを変更できます。 (プラグインソースファイルを直接変更することはお勧めできません)。

      ドメインを追加する場合は、ドメインマッピングを行い、個々のサイトに別のドメインをマッピングすることができます。

      サイトに応じてプラグインを有効/無効にするには、ネットワークマネージャでプラグインの[ネットワーク無効]をクリックしてネットワークを無効にする必要があります。

      https://www.screencast.com/t/kVMkVbkTjbuW

      スクリーンショットを参照してください。 これにより、個々のサイトでそのプラグインがデフォルトで無効になっており、ユーザーは[有効]をクリックして有効にできます。

      ちなみに次の記事にあるリンクをクリックして、 Bluehostを登録すると月に1ドル割引された月の最低2.95ドルからサービスを利用することができます。 (参考までに、私は Bluehost 共有ホスティングとVPS、 SiteGround, Cafe24 などのホスティングされているサイトを運営したり、管理しており、このブログは Bluehost VPSで運営されています。)

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/

      追加質問がある場合教えてください。

      応答
  21. 良い情報ありがとうございます^^
    Cafe24 サーバーに複数のサイトを構築しました。
    ここにドメインを追加でつけたいのですが、(例えばabc.comとabc.kr、このようなipで開かゲクム)
    ドメインを追加したところ http://abc.com/wp-signup.php?new=abc.kr ページに移動しましたよ。
    これもしかしたら解決方法がないでしょうかㅠ

    応答
    • Googleを検索してみると、いくつかの解決方法が出てくるでしょう。
      私も似たような問題に悩まされたことがあります。 しかし、Googleで提示する方法が正常に機能していない。
      https://avada.tistory.com/795

      ルートには、 Cafe24で提供されるドメインを接続し、マルチサイトのサブブログにそれぞれabc.comとabc.krを接続してテストしてみてください。

      応答
  22. こんにちは。
    もしかしたら二つの WordPress サイトを会員のみ互いに​​共有してmysqlを設定することがないでしょうか?

    応答
  23. こんにちは。
    マルチサイトの設定をした私のサイトの下に、ネットワーク管理者の下、既存サイトが表示されます。
    サイトを追加をした既存のサイトの下に表示されない回答お願いいたします。
    それぞれのサイトは、生成された。
    手間なさい。

    応答
      • こんにちは?

        現在、私はテストでのマルチサイトを一つ追加しました。
        ご覧の通り、新しく追加したサイトは正常に表示されます。
        しかし、サイトの管理者ページにアクセスすると「xxxx。cafe24.comからリダイレクトされた回数が多すぎます。」というエラーが発生します。

        明らかに問題があるようです。
        最初から一つずつ探っながら再インストール見ればいいようです。
        wp-config.phpファイルと.htaccessファイルもよく、一度チェックしてみてください。

        それでもうまくいかないと、正式にサービスを依頼していただければ解決策を探してみてドリルすることができそうです。

      • 回答ありがとうございます。元のリダイレクトした回数、エラーがなかったあれこれ触るみるようになりました。
        追加で見えるどのようました。何度データベース消去しても前のネットワーク管理者に出ないというが。 回答ちょっといただければ幸いです。
        多消去してみるつもりです。

      • 現在の問題があるので、マルチサイトを作成すると、見えることもあり、ないようなこともあります。

        私は、マルチサイトを2つ作成し、テストしているが、そのうちの一つ(https://www.thewordcracker.com/simple/ )が問題になって、今日のデータベースを削除して再復元に苦労を食べました。

        マルチサイトを使用していると、奇妙な問題が発生する場合がまれにあります。

        だから初期によく判断して、マルチサイトを使用するか、または個別にインストールして使用するか、あるいは多言語サイトを構築する場合、WPMLのプラグインを使用するかを決定するのがいいようです(https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%8B%A4%EA%B5%AD%EC%96%B4-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EA%B0%80%EC%9D%B4%EB%93%9C-wpml-polylang-%EB%A9%80%ED%8B%B0%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8-%EB%B9%84%EA%B5%90/ 参考ください)。 後で問題になると、最初から開始する必要があります。

        もう一度最初からインストールしてください。

      • 最初から一つずつ探っながら再インストール見ればいいようです。
        特にwp-config.phpファイルと.htaccessファイルをよくチェックしてみてください。

    • こんにちは?

      そのまま真似しないことの理由はなさそうです。 テストは Cafe24であった。
      一部のサーバーでは、.htaccessファイルの書き込みがないように防ぐこともありますので、そのような部分もチェックしてみてください。
      最初から一つずつチェックしながら再びして見て、それでもうまくいかない場合、Webホスティング会社と一度話してみてください。
      だから、楽しい一日になってください。

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy