WP Statisticsプラグインを使用して WordPress サイトへの訪問者のカウンター付け

Last Updated:2023年12月3日| | 6のコメント

WordPress 訪問者統計プラグインWP Statisticsを使用して WordPress サイトのサイドバーに「今日」の訪問者数、「昨日」の訪問者数、「全体」の訪問者数などのカウンターを付けることができます。

WP Statistics  -  WordPress site-wide counter

[この記事は、最新バージョンの内容を反映して2023年12月3日に再発行されました。 ]

更新:WP Statisticsの最新バージョンで訪問者カウンターを取り付ける

この記事を書いた後、WP Statisticsでさまざまな統計情報を表示するウィジェットを追加しました。 ルックス » ウィジェットからサイドバーへ 統計 ウィジェットを追加して訪問者カウンターを表示できます。

Statisticsウィジェットをサイドバーやフッターなどの目的の場所に追加し、表示する訪問者統計情報を選択します。

たとえば、今日の訪問数を表示するには Today's Visitsを、今日の訪問者数を表示するには Today's Visitors、昨日の訪問数を表示するには Yesterday's Visits, 昨日の訪問者数を表示するには Yesterday's Visitors、総訪問数を表示するには 総訪問数をチェックします。

例:

英語は ロコ翻訳を使用して翻訳することができます。

WP統計は2023年12月現在、60万を超えるサイトで有効になっており、ユーザー評価は5.0万点に4.1とあまり良い方ではありません。 このプラグインはマルチサイトでは正しく動作しないようです。 また、サイトの速度にも影響を与える可能性があるため、使用するかどうかを慎重に決定してください。

IPアドレス/ボットを統計から除外する

Statistics » Settings » Exclusions タブの IP/Robot Exclusions セクションから特定のIPアドレスとロボットを除外できます。

統計からボットを除外する

デフォルトでは、googlebot、bingbotなどの検索エンジンボットを含む、次のようなボットを除外するようにデフォルトで登録されています。

007ac9, 5bot, A6-Indexer, AbachoBOT, accoona, AcoiRobot, AddThis.com, ADmantX, AdsBot-Google, advbot, AhrefsBot, aiHitBot, alexa, alphabot, AltaVista, AntivirusPro, anyevent, appie, Applebot, archive.org_bot, Ask Jeeves, ASPSeek, Baiduspider, Benjojo, BeetleBot, bingbot, Blekkobot, blexbot, BOT for JCE, bubing, Butterfly, cbot, clamantivirus, cliqzbot, clumboot, coccoc, crawler, CrocCrawler, crowsnest.tv, dbot, dl2bot, dotbot, downloadbot, duckduckgo, Dumbot, EasouSpider, eStyle, EveryoneSocialBot, Exabot, ezooms, facebook.com, facebookexternalhit, FAST, Feedfetcher-Google, feedzirra, findxbot, Firfly, FriendFeedBot, froogle, GeonaBot, Gigabot, girafabot, gimme60bot, glbot, Googlebot, GroupHigh, ia_archiver, IDBot, InfoSeek, inktomi, IstellaBot, jetmon, Kraken, Leikibot, linkapediabot, linkdexbot, LinkpadBot, LoadTimeBot, looksmart, ltx71, Lycos, Mail.RU_Bot, Me.dium, meanpathbot, mediabot, medialbot, Mediapartners-Google, MJ12bot, msnbot, MojeekBot, monobot, moreover, MRBOT, NationalDirectory, NerdyBot, NetcraftSurveyAgent, niki-bot, nutch, Openbot, OrangeBot, owler, p4Bot, PaperLiBot, pageanalyzer, PagesInventory, Pimonster, porkbun, pr-cy, proximic, pwbot, r4bot, rabaz, Rambler, Rankivabot, revip, riddler, rogerbot, Scooter, Scrubby, scrapy.org, SearchmetricsBot, sees.co, SemanticBot, SemrushBot, SeznamBot, sfFeedReader, shareaholic-bot, sistrix, SiteExplorer, Slurp, Socialradarbot, SocialSearch, Sogou web spider, Spade, spbot, SpiderLing, SputnikBot, Superfeedr, SurveyBot, TechnoratiSnoop, TECNOSEEK, Teoma, trendictionbot, TweetmemeBot, Twiceler, Twitterbot, Twitturls, u2bot, uMBot-LN, uni5download, unrulymedia, UptimeRobot, URL_Spider_SQL, Vagabondo, vBSEO, WASALive-Bot, WebAlta Crawler, WebBug, WebFindBot, WebMasterAid, WeSEE, Wotbox, wsowner, wsr-agent, www.galaxy.com, x100bot, XoviBot, xzybot, yandex, Yahoo, Yammybot, YoudaoBot, ZyBorg, ZemlyaCrawl                    

さらに、IPアドレスも統計から除外できます。 私のIPアドレス NaverまたはGoogleで検索すると、私のインターネット回線の正規IPアドレスを確認できます。 私のIPアドレスを登録して除外すると、統計の正確性に役立ちます。

WP Statisticsプラグインを使用して WordPress サイトへの訪問者のカウンター付け

方法は前の記事とほぼ同じです。 ただし、その関数を使用してウィジェットを作成し、そのウィジェットを使用してサイドバーに追加するだけです。 この方法では、「今日」、「昨日」、「全期間」だけでなく、「過去7日」、「過去30日」、「過去365日」の再生回数も表示できます。 ウィジェットを作成するときに上記のフォームを表示するようにXNUMXつのウィジェットを作成することも、個々のウィジェットを作成することもできます。 。 後者の方法は少し複雑ですが、活用も面ではより良いようです。

下記に「今日の訪問者数」などのショートコードが記載されていますので参考にしてください。

追加: この記事を昨年作成し、まだ正常に動作するかは分かりません。 (現在の統計プラグインとしてJetPackと Google Analyticsを使用しています。)もし、上記の図のようにカウンターを表示したい場合は、次のようなコードを WordPressの関数ファイルに追加してショートコード形式で利用してください。 ご希望の場合は、関数を合わせて一つのショートコードで実装して WordPress訪問者の統計情報をお茶の間ができます。

// Total Visitors - WordPressに訪問者統計を実装する} add_shortcode( 'wptotalvisitors'、 'wpstatistics_totalvisitors'); function wpstatistics_totalvisits(){ return number_format_i18n(wp_statistics_visit('total')); } add_shortcode( 'wptotalvisits'、 'wpstatistics_totalvisits'); function wpstatistics_yesterday(){ return number_format_i18n(wp_statistics_visitor('yesterday',null,true)); } add_shortcode( 'wpyesterdaytotal'、 'wpstatistics_yesterday'); function wpstatistics_today(){ return number_format_i18n(wp_statistics_visitor('today',null,true)); } add_shortcode( 'wptodayvisits'、 'wpstatistics_today');

して見てよくない場合は、以下のコメントでお知らせください。

メモ:


6のコメント

コメント

    • 最新バージョンの内容を反映して文章を書き直しました。 「更新:WP Statisticsの最新バージョンで訪問者カウンターを付ける」を参照してください。

      応答
  1. こんにちは。
    WP Statisticsを使用せず、Jetpackをかけている理由が何やら分かるでしょうか?
    ジェットパックはサイトの速度に非常に悪いと言っていました...
    私は両方の使って見たことがなく、Google Anayliticsで詳細は把握してホームページで示すシンプルなカウンターを探しています。(上の図のようにぴったり低精度のみ表示される)
    サイトの速度に最大限負担を与えずに、カウンターを使用するには、いくつかの方法をお勧めか?

    応答
    • こんにちは?

      前現在のGoogle Analyticsのみを使用してジェトペクやWP Statisticsの両方を使用せずにいます。

      グーグル・アナリティクスを使用している場合を除き、ブログには、主にWP Statisticsをインストールする方です。 WP Statisticsが少し重いようだが、実際にサイトの速度はそれほど多くの影響を与えるようには見えません。

      訪問者のカウンターのみであるプラグインを検索してみると、ほとんど古くなっ使用していない方がいいような気もします。

      https://wordpress.org/plugins/easy-visitor-counter/

      応答
      • ああなるほど。 実際のサイトの速度に大きな影響を及ぼさない場合よかったですね。 見つけてみるWp-statisticsウィジェットがあって簡単にカウンターを追加することができようになっていますね。 回答ありがとうございます。

      • 良い情報ありがとうございます。

        ウィジェットに提供されているカウンターの配列を変えたい場合を除き、今あえて上記のコードを使用する必要はないようですね。

        楽しい一日になってください^^