Naver ブログ個人ドメイン接続サービス終了の対処方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ネイバーの ブログのドメインポリシーの変更に基づいてネイバーブログに接続して使用が可能であったblog.meアドレスとプライベートドメインを2021年1月から使用できなくなりました。 ネイバーブログ個人ドメイン接続サービスが終了されることによって、今年末までネイバーブログにプライベートドメインまたはblog.meアドレスの使用が可能です。

ネイバーブログ個人ドメイン接続サービス終了の意味

現在ネイバーブログには、3つのアドレスの中から選択して使用することができます。

  1. ネイバードメイン - blog.naver.com/example
  2. blog.me - example.blog.me
  3. プライベートドメイン - カスタマイズされたドメイン(たとえば、example.com)

基本的にはネイバーのドメインが使用され、個人の選択に応じてblog.meアドレスや個人のドメインを選択することができます。 ネイバーブログのアドレスではなく、個人のドメインを使用すると、それなりの利点があります。 例えば、短いドメインを使用して、人々が覚えやすいようにすることができます。

この時点で、2021つの中から選択されたアドレスに自分のネイバーブログに流入されたが、1年XNUMX月からネイバーブログのアドレスのみを介して自分のブログに流入することができます。

ネイバーブログ個人ドメイン接続サービス終了後
ネイバードメインポリシーの変更後

私はネイバーブログにサブドメイン形式で個人ドメインを接続して使用できる、ネイバーのドメインポリシーが変更されるというニュースを聞いて、ドメイン接続を解除し、基本的なネイバーのドメイン(ネイバーブログのアドレス)にアドレスを変更しました。 (個人のドメインを接続する場合は、SSL証明書が適用されず、不満を持っていたので、この機会に、ドメインの接続を解除しました。)

ネイバーブログのアドレス設定 - 個人ドメインとblog.meドメインは設定できない。

注射アドレス セクションでネイバードメインのみの選択が可能で、blog.meドメインとプライベートドメインは灰色で表示され、選択することができません。 blog.meドメインや個人のドメインを接続した場合、今年末までサポートされるので、その前に、ネイバーのドメインに変更する必要があります。

注射アドレスをネイバードメインに選択し、 確認をクリックすると、「ドメインのアドレス変更時前アドレスを再利用することができません。続行しますか?」 ポップアップが表示され、「ブラウザのクッキーポリシーの変更に合わせて、2020年からネイバードメインアドレスのみ使用可能です」案内が表示されます。

ネイバードメインのアドレス変更時の警告 - ドメインのアドレス変更時前アドレスを再利用することができません。

プライベートドメインの接続解除時の問題

プライベートドメインのアドレスを使用して、個人のドメイン接続を解除し、 注射アドレスをネイバードメインのアドレスに変更すると、既存のプライベートドメインのアドレスにされたURLにアクセスすると、「ページが見つかりません」または「404ページなし」のページが表示されます。

ネイバーブログ - ページが見つかりませんエラーページ

問題は、ネイバーやグーグルなどの検索エンジンに、一定期間、既存の個人のドメインアドレスが公開されるということです。 そして、より大きな問題は、他のサイトや名刺やチラシにプライベートドメインのアドレスにブログを促進した場合です。

第ネイバーブログの場合は、ドメイン接続を解除して、数日経ったが、まだ既存のプライベートドメインアドレスが公開されています。

ネイバー検索露出 - ドメインのアドレスを変更した後、まだ以前のアドレスが公開されている。

ネイバーブログ記事が、Googleでよく露出されないが、グーグルにさらされるネイバーブログもあります。 Googleの場合、サイトのアドレスを変更した後、長い間、新しいアドレスに変更されずに残ることがあります。 実際に2年前に寀ーブログに2次ドメインを接続したが解除されたことがあるが、2年が経った今も、しばらく接続した解除した2次ドメインのアドレスが公開されています。ㅠ

ドメインのアドレスを変更すると、SEO(検索エンジン最適化)に変化が生じます。 特に、ユーザーが多く流入するブログの場合打撃があります。 ブログの訪問者が多い場合、可能な限り、今年の末までに待ちながら対策を講じている考慮してみることができるようになります。

ネイバーブログでプライベートドメインの接続を解除した後の対処方法

ネイバーブログでプライベートドメインを切断前述のように、既存の個人のドメインアドレスに流入される使用は、404ページなしエラーページを表示します。 この場合、 301リダイレクト(301 Redirect)を設定する必要が被害を最小限に抑えるすることができます。

たとえば、プライベートドメインアドレスであるexample.com/123に流入されたユーザーをネイバーブログのアドレスであるblog.naver.com/123に移動させなければなりませ。

301リダイレクトは、何らかの理由でサイトのURLが変更されたときに、Webサイトのドメイン権限と検索ランキングを維持するための鍵です。 それは訪問者と検索エンジンを彼らがもともと要求したものとは異なるURLに容易に送る - 実際に異なるURLをタイプインする必要なしに。

サイトのURLが何らかの理由で変更されると301リダイレクトは、Webサイトのドメインスコア(Domain Authority)と検索ランキングを維持するために非常に重要である。 301リダイレクトは、訪問者と検索エンジンを変更したURLを入力しなくても元の要求していたURL以外のURLに簡単に送ることができる。

出典:https://blog.hubspot.com/blog/tabid/6307/bid/7430/what-is-a-301-redirect-and-why-should-you-care.aspx

そして、Googleでも301リダイレクトは、ユーザーと検索エンジンを正確ページに移動させるための最良の方法だと説明しています。

検索エンジンの検索結果に表示されるようにページのURLを変更する場合は、サーバー側の301リダイレクトを使用することをお勧めします。 301リダイレクトは、ユーザーと検索エンジンを正確ページに移動させるための最良の方法です。 301ステータスコードは、ページが新しい場所に永続的な古いという意味です。

出典:https://support.google.com/webmasters/answer/93633?hl=ko

私はAレコードを追加して、サブドメインをネイバーブログに接続しました。 ネイバーブログでサブドメインの接続を解除した後に、Aレコードを削除しました。 その後、 ブルーホストで、サブドメインを削除した後に再度同じサブドメインを追加して、次の行を.htaccessファイルに追加して、301リダイレクトを設定しました。

RedirectMatch 301 ^/(.*)$ https://blog.naver.com/example/$1

exampleの部分は使用されているネイバーブログのアドレスに合わせて変更してください。

上記のコードは、Apacheで利用可能であり、nginxのWebサーバーを利用する場合は、次のようなrewriteルールを使用すると、必要に応じて動作します。 次のコードは、 htaccess to nginx converter サイトで変換したもので、実際の正常に動作するかどうかは、テストしてみました。 (もし次のコードにエラーがある場合は正常に動作しているコードの下のコメントでお知らせいただければ文を修正するようにします。)

# nginx configuration by winginx.com

location ~ ^/(.*)$ {
  rewrite ^(.*)$ https://blog.naver.com/example/$1 redirect;
}

ドメインのDNS情報を変更すると、早ければ2〜3時間後に適用されることもが、情報を変更した後、変更が完全に適用されるまで、一日程度待ってください。

今、既存の個人のドメインのアドレスにアクセスするユーザーは、正しいネイバーブログのページに移動します。 例えば、 http://naver.thewordcracker.com/221884920591 アドレスをクリックすると、訪問者はhttps://blog.naver.com/kanatra/221884920591ページにアクセスされます。

.htaccessファイルを修正するには、FTPまたはSSH経由でサーバーに接続する必要があります。 ブルーホストなどcPanelを提供するウェブホスティングを利用する場合 File Manager(ファイルマネージャ)ツールを使用することができます。 .htaccessファイルの編集方法がわからない場合は、「ワードプレスでwp-config.php / htaccessファイルを変更する」を参照してみてください。

おわりに

しばらく前にネイバーからAPIを利用したライティング機能を悪用する事例のために APIを利用したライティング機能を終了という情報をリリースしました。 そしてより約2ヶ月前に、ネイバーのドメインポリシー変更通知を使用して、個人のドメインとblog.meドメイン接続サービス終了を発表しました。

無料で提供されるサービスであるため、いつでも終了される可能性はあるが、個人のドメインやblog.meドメインを接続して使用するブロガーたちには青天の霹靂のようなニュースではないことがあります。 個人ドメインを使用している場合、301リダイレクトを設定して、被害を最小限に抑えるしてください。

テストしてみるとblog.meドメインに流入される訪問者は(ブログのアドレスを、ネイバーのドメインに変更する)、自動的にネイバーブログのアドレスに自動的に移動されますが、ネイバー情報で 「2021年1月からネイバードメインのアドレス(blog.naver.com)を除いた残りのアドレスでアクセス時のブログに正常に接続されていません。」と明らかにしたように2021年1月からはblog.meドメインのアドレスに流入されるトラフィックは自動的にネイバーブログのアドレスに接続されないと予想されます。 そのような場合、ネイバーからどのような措置を取ってくれないblog.meドメインに対してリダイレクトを設定することができる方法はないようです。

おわりに:



コメントを残す