ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 関連投稿を表示する

Last Updated:2022年3月28日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

テーマに沿って、単一の文の下に関連する記事のリストを表示する機能が提供されます。 しかし、現在このブログで使用されているテーマは、 冥王星というテーマですが、この機能を見つけることができないですね。 使用中のテーマにRelated Posts関連機能があるかのテーマオプションで確認が可能です。

この記事は古く、以下で紹介する方法が最新です WordPress バージョンでは動作しない可能性があります。 代わりに「WordPress 関連記事一覧を表示する(GeneratePress テーマ)「で紹介する方法をご利用ください。

Related Postsプラグイン

"関連記事"を表示する機能がない場合は、プラグインを使用すると、簡単に関連する記事を表示することができます。 このようなプラグインで コンテキスト関連記事, Related Posts for WordPress, Yuzo - Related Posts, インライン関連記事 など、様々な無料のプラグインがあります。 2年前にだけでも好みの無料のプラグインがあまりなかった頃には、まともなプラグインもたまにあるようです。

より洗練された機能ときちんとしたレイアウトが必要な場合は、有料プラグインを検討できます。 Related Posts Pro for WordPress, WordPress Thumby Related Posts Widgetなどがユーザー評価が大丈夫な有料プラグインがありましたが、今はアップデートできず放置されています。 別のプラグインで WordPress Infinite Related Next Post Managerがあります。

JetPack(ジェトペク)のRelated Postsプラグイン

JetPackがインストールされている場合は、別のプラグインをインストールすることなく JetPack> Settings(設定) 下からRelated Postsプラグインを有効にします。 次に 設定>読むでRelated Posts関連の設定を行うことができます。

JetPack(ジェトペク)のRelated Postsプラグイン

別のプラグインをインストールしていなくても、JetPackの機能だけで素晴らしいRelated Posts機能を使用することができます。 ちなみにJetPackは便利な機能をたくさん提供しますが、重いプラグインです。 サイトに多くの負担を与えることができます。 だから、私はこのブログでは、JetPackを削除しました。 代わりに他のサイトにJetPackをインストールして使用しているが、この機能を有効にしたが、正しく表示がされないですね。 少しの検索を介してMinifyプラグインがインストールされている場合、この機能が正常に動作していないようです。 多分キャッシュプラグインとも関係があることだよ。

ユーザーコード作成

プラグインを使用すると、便利で簡単ですが、プラグインを多く使用することは、サイトの速度に悪影響を及ぼして、他のプラグインやテーマなどの衝突問題も発生する可能性がありますので、プラグインは、必要な機能のみを使用することが望ましいです。

インターネットでRelated Postsコードを簡単に検索することができます。 そんなコードの中から好みのコードを持ってテーマに合わせて適当に修正して自分だけの「関連記事」を作成することができます。

以前のテーマ(Pluto)では Diviブログに記載されているコードを活用してみました。

次のコードをテーマに応じて適切なファイル(例えば、single.phpまたはcontent.php)に追加します。

Related posts ID); if($tags){ $tag_ids = array(); foreach($tags as $individual_tag) $tag_ids[] = $individual_tag->term_id; $args=array( 'tag__in' => $tag_ids, 'post__not_in' => array($post->ID), 'posts_per_page'=>3, // Number of related posts to display, 表示する関連記事の数 'caller_get_posts '=> 3); $my_query = new wp_query( $args ); while( $my_query->have_posts() ) { $my_query->the_post(); ?> ">

通常ループが終わる地点に追加します。 現在、このブログで使用されているDiviテーマでは、single.phpファイルで下のendwhile( )の後に追加します。

WordPress 関連投稿を表示する2

その後、次のようなコードを追加します。 CSSコードは、子テーマを作成し、子テーマのstyle.cssファイルに追加するようにします。

.single .relatedposts .relatedthumb { display:inline-block; 幅:32%。 }

CSSコードを適切に調整すると、次のような形で関連記事が表示されます。

Customized Related Posts

2%(多分20%)不足している感じが出るが、それなりに似合うようです。 CSSを使用して微レイアウトを調整してくれることができます。 elegantthemes文に記載されているコードを若干変更して、ポストを3つの表示するようにし、画面が減れば、横に2個、携帯電話では、縦に2つ表示するように調整しました。 これの詳細については CSS media query(メディアクエリ)を参照してください。

そしてarray部分に 「orderby '=>' rand 'を追加して記事がランダムに表示されるよう変更しました。 だから変更された部分が、ここに書いてみると:

foreach($tags as $individual_tag) $tag_ids[] = $individual_tag->term_id; $args=array( 'tag__in' => $tag_ids, 'post__not_in' => array($post->ID), 'posts_per_page'=>3, // 3 に変更しました 'caller_get_posts'=>1, 'orderby' => 'rand' //追加)

上記のように 「orderby '=>' rand 'を追加し、 posts_per_page(ページあたりのポスト数)を3に変更しました。 そしてサムネイルは、テーマに事前に定義されているサムネイルを使用していました。

the_post_thumbnail(array(150,100));

上の部分を 以下のように あらかじめ定義されているサムネイルの名前に置き換えました。 テーマに適当な大きさのサムネイルが定義されている場合は、それをそのまま使用すると良いです。 それとも、次のようにサムネイルのサイズを直接定義してくれてもされます。

function my_custom_thumbs() { add_image_size( 'related-post-medium', 200, 150, true ); } add_action( 'after_setup_theme'、 'my_custom_thumbs');

上記のコードをテーマの関数ファイルに追加して、 the_post_thumbnail(array(150,100)); 部分は以下のように変更します。 (この部分については、 この記事を参考にして見れば役立ちます。)

the_post_thumbnail( 'related-post-medium');

そして最終的なコードを single.php 또는 content.php ファイルなど適切なファイルを検索し、目的の場所に追加し、CSSを使用して、レイアウトを調整してくれるようです。

또는 How to add WordPress Related Posts Without Plugins(プラグインを使用せずに関連記事を WordPressに追加する方法)という文で紹介されたコードを持ってテストすることもできそうです(テストはみていないこと)。

状況に応じて適切な方法で、個々の文の下に関連記事(Related Posts)を表示することができます。 直接コードを作成して追加する場合、サイトに最も少ない負担になって速度面で有利です。 そして、達成感も感じることができるでしょう。 次の記事では、サイドバーFeatured Postsウィジェットを作成して追加する方法を説明してみる予定です。

参照



4のコメント

コメント

  1. 1。 ジェトペクウィジェットの中trending postsとpopular postsがあったがどう違うのかわからない。
    2。 ジェトペクが重いし任意のプラグインが最もロードをかろうじて一つ見つけようP3プラグインをインストールして返してみたら、まさにそのプラグインが最も重くジェトペクはほとんど無視してもなるほどと、むしろそのプラグインを抜いてしまったことがあります。

    応答
    • P3は3年以上の更新がいけなかったので、なるべく使用しないでください。
      次の記事でP3の代わりに使用できるプラグインを紹介しています。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%84%B1%EB%8A%A5-%EB%B6%84%EC%84%9D-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-p3-plugin-performance-profiler-%EB%8C%80%EC%B2%B4/

      応答