WordPress サイトを手動で移行する方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

概要

ワードプレスを移行する場合は 複写機のようなツールを使用すると、簡単に前のが可能です。 Duplicatorで失敗した場合 Super Backup&Cloneのようなプラグインで試してみることもできます。

このようにプラグインを使用して転送できる場合、最もシンプルですが、たまにプラグインに移行するときに、エラーが出たりします。 エラーが発生したら、エラーメッセージを確認して対処する必要があります。

このような自動以前に失敗した場合は、手動で移行するしかとがっができないようです。 手動で移行する方法でいくつかあるが、ワードプレス ツール>エクスポート 機能を使用するか、 DBを直接前する方法を考えてみることができます。

ワードプレスを手動で移行する方法

ワードプレスのエクスポート機能

たとえば、www.old.comサイトからwww.new.comサイトに移転する場合を考えてみましょう。 以前のサイト(www.old.com)で ツール>エクスポートを選択して、すべてのコンテンツをエクスポートします。

ワードプレスを手動で移行する

その後、上の図のように書かれ、ページ、メディアファイルがエクスポートされます。 エクスポートされたファイルの拡張子は XMLです。

コンテンツを保存した場合、新しいサイト(www.new.com)からコンテンツをインポートするようにします。 ツール>インポートで WordPressを選択して、上記のエクスポートしたxmlファイルを取得するようにします。

以降の過程は「ワードプレスの有料テーマをインストールした後、デモサイトと同様に設定する"文に記載されているデモファイルをインポートプロセスと似ています。

正常にコンテンツを持ってきた面設定などを、以前のサイト(www.old.com)と同様に調整するようにします。 (この記事を参考にしてみてください。)

上記のコンテンツの取り込みも失敗する場合があります。 サイトリニューアルのためにこのブログのコンテンツをすべてエクスポート(Export)した後、 サブドメインを作成し、コンテンツをインポートをしたら 「...のインポートに失敗しました "というエラーメッセージが次々浮かび上がり、インポートに失敗しますね。 見てみると、メディアファイルは、いくつかのインポートに成功したが、ほとんどのコンテンツは取得できません。 つまり、部分的にしか動作したのです。

このような場合の方法がないか検索して "WordPress Import Failed? Here's How to Fix It"という文を見つけました。つまり、ファイルのアップロードサイズのために失敗することがあります。エクスポートしたXMLファイルが約20MBに達しますね。おそらく、ファイルサイズが問題だったようです。ファイルのアップロードサイズを調整する方法は、 この記事を参考にしてみてください。 アップロードファイルのサイズを変更する方法の中から関数ファイルに次のコードを入れて進めてみると、少しのエラーが私のコンテンツがあったが、ほとんどはそのまま持っきますね。

@ini_set( 'upload_max_size' , '64M' );
@ini_set( 'post_max_size', '64M');
@ini_set( 'max_execution_time', '300' );

コンテンツをすべて取得してきた面テーマなどの 設定を以前のサイトと同じにしてくれるようにします。 この方法を好む方いらっしゃるでしょうが設定を再ヘジュオヤのであまり良い方法は異なります。 下のDBエクスポート/インポートする方法を使用して、以前のをすると、すべての設定をそのままインポートすることができており、以前の後、別の作業は必要ありません。

DBのエクスポート/インポート

上記の方法にすべて失敗した場合、DBエクスポートした後、新しいサイトで取得する方法を試すことができます。 プロセスは、次のように進行してみました。 (*量のサイトにワードプレスをインストールしていると仮定します。)

  1. 以前のサイトの wp-contentフォルダを丸ごとコピーしてFTP経由で、新しいサイトのwp-contentに貼り付けます。
  2. 以前のサイト(www.old.com)のphpMyAdminにアクセスしてDBをエクスポートします。
    輸出 WordPress DB in phpMyAdmin
  3. 新しいサイト(www.new.com)のphpMyAdminにアクセスして、上記のエクスポートしたDBをインポートします。
  4. DBの内容で、古いサイトの情報を新しいサイトの情報に一括変更します。

通常は 上記のようにすると、ほとんど正常にサイトが移行されます.

しかし、上記のように進行しても正常に前にされていない場合が発生する可能性があります。 これに関連して、インターネットを検索してみるとしっかりとした文章を見つけるのは容易ではない。 次の動画が比較的詳細に説明しています。

上記の方法ではない場合、以前のサイトからエクスポートしたsqlファイルを直接テキストエディタで変更した後、新しいサイトのphpMyAdminでインポートする方法を利用してみることもできます。 例えば、新しいサイトのDBもエクスポートして、両方のDB比較しながら、以前のDBで、以前のサイトの情報を新しいサイトの情報に一括変更した後、新しいサイトでDBインポートを試みてみると、正常にサイトが開き、管理者ページにも、以前のワードプレスの情報にログインすることができます。 ほとんど必要に応じてImportとなり、一部の設定は手動で調整ヘジュオヤます。

時間になると、上記の動画を入念に見てみると参考になりそうです。

おわりに

たまにデータベースからインポート自体がない場合があります。 原因はさまざまのようです。 たとえば、エンコードが合わない場合があります。 utf8mb4文字セットに関連する問題が発生した場合、「utf8mb4文字セットの問題でDB以前に失敗した場合"文を参照してください。このような作業をしてうまくいかない場合は、Webホスティング担当者に連絡して、エラーがなにを見てもらえば気立ての良い(?)の担当者である場合の世話Importせてくれることがあります。実際に、このような経験を以前にしたことがありますリクエストをしてみてくれればいいし、してもらっても本殿ですからね。

時間になると、データベースに対して勉強ヘブワヤジしているが本だけ買っておいて目もくれずにいます。 海外のコミュニティで、このような作業をする場合に参考に値する本かと尋ねたことがあります。 だから特にこのような部分だけを扱う本はないながら http://www.postgresql.org/docs/current/static/index.html サイトを参考にして勉強してみろよね。 あえて本を買わなくても、このサイトを参考にしても大丈夫そうです。

♠ワードプレスのサイト以前に関連して問題がある場合 このページでサービスを要求(有料)することができます。

注:



コメントを残す