【名言】Tell me and I forget、teach me and I may remember、involve me and I learn。 - ベンジャミンフランクリン

翻訳をして、次のようなベンジャミンフランクリンの名言を接するようになりました。

Tell me and I forget、teach me and I may remember、involve me and I learn。

Tell me and I forget, teach me and I may remember, involve me and I learn 名言

インターネット上で検索してみると、ベンジャミンフランクリンが上記のような言葉をしたことがない人はそうですね。 その人の主張は、上記の言葉荀子から由来されたものです(参照).

不闻不若闻之、闻之不若见之、见之不若知之、知之不若行之

私たちの言葉の翻訳と

アンは件をだけができず、
はは見ただけず、
本件知るだけず、
知っている行(行)しただけない。

英語では:

Not having heard something is not as good as having heard it; having heard it is not as good as having seen it; having seen it is not as good as knowing it; knowing it is not as good as putting it into practice。

人々が覚えているのは、読んだことの10%、はもの20%、本ものの30%、レポートはもの50%、話し書いたもの70%、行ったことの90%を覚えていることと脈絡を共にするように見える(参照).

ベンジャミン・フランクリンの名言として知られる」Tell me and I forget、teach me and I may remember、involve me and I learn。「は次のように翻訳されて使用されます。

私に言ってくれれば忘れてしまうものであり、教えて覚えてものであり、参加することにすれば学ぶ。

単に学び忘れないと同じですので、学んだ内容は実践(実行)して自分のものする必要があります。

【名言】Tell me and I forget、teach me and I may remember、involve me and I learn。  - ベンジャミンフランクリン

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。