いよいよPHP 7.2を適用しました

2

현재 WordPressの推奨PHPのバージョンは、7.2以上です。

  • PHP 7.2以上
  • MySQL 5.6以上またはMariaDB 10.0以上
  • NginxやApache with mod_rewrite module
  • HTTPSサポート

このブログは利用されている Bluehost VPSでは、PHP 7.2を利用することができます。 しかし、1月末にPHP 7.2を適用したら、エラーが発生してPHP 7.1を維持して、先週にPHP 7.2を再適用してみると、問題なく動作しますね。

PHPのバージョンを確認してみるPHP 7.2.3に表示なりますね。

PHP 7.2.3

Bluehost 共有ホスティングでは、PHPのバージョンを変更する方法は次の記事を参考にしてください。

Bluehost VPSの場合WHMにログインしてPHP 7.2を構築した後、PHP 7.2バージョンを選択することができます。

PHP 7.2が構築されていない場合 WHM> EasyApache4に接続して Currently Installed PackagesカスタマイズしてPHP 7.2パッケージを追加することができます。

PHP 7.2インストールする

PHP 7.2をインストールした後は、 MultiPHP INI EditorでのPHP環境の設定値を変更して与えるようにします。

PHPのバージョンを変更する

私は次のように設定しました。

そして MultiPHPマネージャでPHPのバージョンを変更することができます。

低ホスティングの場合、まだ多くのホスティングからPHP 7.0まで提供しており、場合によってはPHP 7.1を提供するところもあります。 (古代ディで、最近PHP 7.0とPHP 7.1のサポートが追加されました。 "韓国語のサポートが提供されている海外のホスティング - 古代ディ(GoDaddy)"参照)

海外ホスティングの一つであるSitegroundはPHP 7.2まで利用が可能です。 SiteGroundで、特にフォルダごとPHPのバージョンを適用することができて便利にPHPのバージョンを適用することができます。

SiteGroundは、比較的安定して速度も速い方で使用するにも便利な方です。 歌声雨良いホスティングをしたい場合は Bluehost 共有ホスティングを考慮してみることができます。 安価にまともなリソースを利用することができます。 安定性と速度が重要な場合 Sitegroundはより良いオプションです。

2のコメント

  1. こんにちは。 昨年からブログよく見ています。 ありがとうございます。 私もスピードとテーマ、プラグインの使用の制限のために WordPress 7バージョンにアップグレードしたいのですが気になることがあってずにいます。 Cafe24を使用中なのにアップグレードをするには、サーバーとdbが変わるそうです。 だから既存の最適化された文が初期化なるかと思っ懸念されます。 その部分は、問題なかったのか疑問に思っています。

    • こんにちは?

      バックアップをよく受けおかとPHP 7にアップグレードすることが速度の面でいいようです。

      PHP 5.x台からPHP 7に変更速度が確実に速くなるでしょう。

      もし問題がされると、バックアップ受けたバックアップを利用して、元に戻すことができます。

      Bluehostナ SiteGround など海外のホスティングでは、PHPのバージョンを簡単に変更することができますが、 Cafe24の場合は少し面倒です。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください