cPanelとWHMバージョンのアップグレード方法

このブログは、海外のホスティングの一つである BluehostのVPSプランを利用しています。 サービスに加入してからすでに4年を超えました。 しばらく前からcPanelとWHMの「ライフタイム」が終了したので、アップグレードを求める通知メールがほとんどメールされています。

Your system's cPanel&WHM version(11.70.0.68)will reach End of Life in -12 days on Wed May 1 00:00:01 2019. We strongly recommend that you upgrade to the latest version to avoid any disruption in your service。 For more information on how to update your version、read our Update Preferences documentation。

2019年5月1日付でシステムのcPanelとWHMバージョンの寿命が切れたので、最新のバージョンにアップグレードすることを強く推奨しています。

続いメールが来るのが面倒なので、昨日の午前に Bluehostに連絡して、このようなメールが毎日来ているがどうすべきか聞いてみました。 するとちょうどアップグレードするように短い答えをくれますね。

だからWHMに接続して、バージョンのアップグレードを行いました。 Bluehost 担当者は、簡単な作業というニュアンスで答えを与えたが、実際にしてみると予想通り簡単に完了されていない。 いくつかの問題が発生して Bluehostに複数回接触してやっと問題を解決し、cPanel&WHMバージョンとMySQLバージョンをアップグレードを終えることができました。

WHMを最新のバージョンにアップグレードすると、PHPのバージョンも最新のバージョンをビルドして、サイトに適用することができます。

cPanel&WHMアップグレード

WHMを最新バージョンにアップグレードすることができる場合は、図のような画面が表示されます。

Bluehost WHMアップグレード

「Update Now」をクリックすると、アップデート処理が開始されます。

Bluehost cPanel&WHMバージョンのアップグレード

上記のように「Upgrade to Latest Version」ページが表示されます。 私はただ Click to Upgradeを押しました。 その後、アップグレードが行われます。

WHMを最新バージョンにアップグレード

少し待って君Upgrade completeページが表示されます。 しかし、上記の図のようにcPanelとWHMの更新が完了しました2019年5月15日までに、次期LTSへのアップグレードがブロックというメッセージが表示されました。

Upgrade to the next LTS is blocked until Wednesday May 15、2019 in order to distribute upgrades over a number of days。 If you wish to upgrade now、you can do so now with the force option。

私は再び Bluehostライブチャットに連絡して、この問題を連絡しました。 すると接続された担当者がcPanel&WHMバージョンをアップグレードしてくれました。 アップグレードに30分〜1時間程度かかると案内しました。

MySQLをMariaDBに更新

cPanel&WHMバージョンのアップグレードが完了した後、「MySQLが古くなったので更新する必要があります」という通知の電子メールが届きました。 今回の機会にMySQLもアップデートすることにしました。

MySQLの更新は、 Bluehostに聞いて見ない進行しました。 結果論的にあまり良い選択ではなかったようです。 まず、ライブチャットを介しての方法を問い合わせた後進行することが安全ではないだろうかと考えます。

サポートされていないバージョンのMySQL

WHMに接続すると、「Unsupported MySQL Version(サポートされていないMySQLバージョン)」という警告が表示されました。 MySQL / MariaDB Upgrade リンクをクリックすると、アップグレード手順が開始されます。

MySQLのアップグレード

上記の図のようにバージョンを選択する画面が表示されます。 私はMariaDB 10.3を選択しました。

その次の画面では、アップグレードに起因する潜在的な結果を示す各警告の横にあるチェックボックスを選択することになります。 すべてのチェックボックスをオンにする必要がアップグレードが可能です。

MySQL / MariaDBアップグレード

上記のように、無人アップグレードとインタラクティブアップグレードから選択する画面が表示されます。 私は「Unattended Upgrade(無人アップグレード)」を選択し、 Continueを押しました。

これで、アップグレードが行われます。 時間が結構かかるので忍耐を持って待つか、完了するまで、他の仕事をすることができます。 私は最後の段階でアップグレードが失敗し、エラーが発生しました。

(XID fycbt9) The system failed to connect to the “MySQL” database “mysql” because of an error: CR_CONNECTION_ERROR (Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (2) ) at /usr/local/cpanel/Whostmgr/Mysql/Upgrade.pm line 241....

そして、EメールでMySQLサーバーがダウンした(「The service “mysql” appears to be down.」)は、通知が出てきました。 また、サイトの多くのページで「Error establishing a database connection」エラーが表示され、接続ができませんでした。

データベース接続エラー

この問題を解決するために戻って Bluehostに連絡しました。 初めてのカウンセラーは、MySQLサーバの再起動を試してみ失敗すると、この問題を上位の技術者(admin team)で処理するようにチケットを発行してくれました。

しばらく後に再度 Bluehostに連絡して、別のエージェントにこの問題を説明してくれるので、すぐに問題を解決しました。 幸運ケースです。 がコだったら1〜2日程度のサイトに障害が発生して厄介な状況に直面するところでした。 Bluehostでライブチャットで連絡してすぐに解決がないと、30分〜1時間後に再度連絡すると、別のエージェントが問題を解決してくれる場合があります。

PHPのバージョンにアップグレード

WHMを最新のバージョンにアップグレードすると、現在の最新のPHPのバージョンであるPHP 7.3、PHP 7.4にアップグレードすることができます。 (※2020年4月頃にPHP 7.4のサポートが追加されました。)

PHPバージョンをアップグレードするには、WHMにアクセスしたら、左上の検索フィールドに「easy」と入力して「EasyApache4」をクリックします。

EasyApache4  -  PHPのアップグレード

上記のような画面が表示されたら Currently Installed Packages 横のCustomizeボタンを押すと、PHPのバージョンを選択して、新たに作成することができます。 上の図は、PHP 7.2とPHP 7.3を選択して、ビルドした後の様子です。

PHP 7.3アップグレード
PHPのバージョンを7.3に変更した後info.phpファイルを介してPHPのバージョンをチェックしてみるとPHP 7.3.5のバージョンが適用されていることが確認できた。

PHP 7.3をインストールしたら、PHP ini設定を調整してPHPのバージョンを変更できます。 WHMに接続した状態で、検索フィールドに「php」と入力します。

Bluehost VPSでPHPのバージョンとPHP ini設定値を変更する

MultiPHP INI Editorをクリックして、PHP ini設定値を変更することができます。 PHP ini設定値を上方修正しなければなら最近出てくる(CMSWordPress を含む)を適切に運営することができます。

MultiPHPマネージャを押して、ドメインごとにPHPのバージョンを選択することができます。 可能な場合は、最新のバージョンであるPHP 7.4を選択して、サイトにエラーが発生した場合PHP 7.3もしくはPHP 7.2を選択してテストしてみてください。

最後に、

cPanel&WHMバージョンが低くアップグレードをする必要がある場合は、まず、Webホスティング会社に連絡して、手順を案内受け進行すると安全と思われる。 私は予期せず、若干の問題が発生して Bluehostの助けを借りてcPanel&WHMバージョンをアップグレードして、PHPのバージョンも最新のバージョンにインストールすることができました。

MySQLをアップグレードする必要がある場合、アップグレードを実行する前にDBをバックアップ受け置くのが安全でしょう。

ちなみに歌声非良いウェブホスティングをご希望の場合は、次のバナーをクリックして、 Bluehost 共有ホスティング(Bluehost Shared Hosting)に加入すると、月に1ドルが割引された月に最低2.95ドルからサービスを利用することができます。

安価なWebホスティングサービス -  Bluehost

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

8のコメント

  1. 別途cpanelのライセンスを購入した後vpsを管理ハシナですね私もしたときcpanelを使用できるpleskに交換した。 cpanelは、インターフェイスが何か初心者が触れるやや難しい時代遅れに近いのでしょう、特にライセンス費用も高く迷ったがaws、azureがpleskを無料で提供することを知って変えました。

    1. Bluehostナ SiteGround 同じ海外ホスティングでは、cPanelは、組み込みます。

      cPanelの慣れると便利に利用が可能です。

      Amazon AWSが良いが、難しくてうまく利用しないようになりますね。
      特にサーバーを誤って選択して料金爆弾を受けたユーザーをたまに目撃します。

  2. 有益な記事よく読みました。
    サーバーを運営しようと考えています。
    安価に利用できるところでしょうか?

    1. こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      安価なサーバーを運営する場合 Vultr 同じ仮想サーバーホスティングを利用試みることができるようになります。

      私はサーバーの知識が不足してVultrをテスト目的で使用しています。 私は時々訪問するHappist.comサイトがVultrでホストされています。

      アマゾンAWSがうるさいだけ考慮してみることもできるでしょう。
      (AWSは性能が良い方だが、課金システムが複雑で、間違って選択すると、料金の爆弾を迎える恐れがありますので、可能な場合は専門家の助けを得れば良さそうです。)

      このブログは、 Bluehost VPSを利用しています。 仮想サーバーホスティングの一種ですが。
      サポートとcPanelが提供されるため、私のようにサーバーの知識が不足しても利用できるという利点があります。

  3. 私も今日偶然 Cafe24に入るとphp7.3があるからしばらく前の更新をしました。
    現在は、サイトがない浮かぶ午後もこれでメールを送ってみるつもりです

    1. サイトにERR_TOO_MANY_REDIRECTSエラーが発生していますね。
      아마 Cafe24で修正ヘジュジヌンないようです。
      テーマやプラグインの中に問題を起こすことがあるものと推定ますね。

      1. やはりテーマに問題があると思われる。
        再び7.0にしたら正常に開かね。 Newspaperが早く7.3になるようにして欲しいですね.. !!

      2. このブログに Newspaperを使用しており、PHPのバージョンも7.3ですが、問題が発生しません。 (ただしtagDiv Cloud Libraryプラグインは使用せずにいます。)

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます