[翻訳] Tradosの速度が遅い場合、チェックする点

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

SDL Trados Studioの速度が遅い場合

SDL Trados Studio 2011を使用して翻訳する場合、速度が遅くなることがジャトアトた。 なぜそうなのか、今日の設定をいくつか変えてみました。 だから用語の確認(Verify Terminology)機能のためにトラドスの速度が非常に遅くなることが分かりました。

私はこの時までに翻訳してきほとんどの単語を用語集に作成して使用しています。 ところが、このため、かえって速度が遅くなったことでした。 一つの文章を翻訳して次の文に進むたびに、トラドスで用語確認作業をしたため、ロードがひどかったのです。

Project Settings(プロジェクトの設定)検証 セクションの両方の機能(QA Checker 3.0、Terminology Verifier)をコヌンだけでTrados 2011(Trados 2014とTrados 2015も同様に適用されるものです)で速度が速くなることがあります。 特に私のように多くの用語が含まれている用語集を使用している場合には、ロード遅延速度が消えてしまいます。

トラドス速度の問題

タグが多くの場合QA Checker 3.0のチェックをオフにすると、速度の向上に役立つでしょう。 そして Tools> Options> EditorAuto-propagation 機能を切っても速度の向上に役立つとします。

トラドス速度の向上

私は本来Auto-propagation機能を使用していない。 "Enable Auto-propagation"のチェックを解除するようにします。

この簡単な設定かを知らない風に、おそらく数年間の間に多くの時間金銭的損害を被ったよう悔しいですね。 現在製法大きなアップデート作業を進め中なのに、スピードがあまりにも出なくて悩んでTerminology Verifierをオフにしたら体感速度が2倍以上速くなりました。

カテゴリー 翻訳


コメントを残す