中国から来た年賀状カード

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

中国から来た年賀状

昨日メールボックスから、中国から来た年賀状カードを発見した。 おそらく昨年末に来たようだ法案やチラシのことは知って正しく確認しなかったようです。

かつては年末になると、取引先からの年賀状を郵送きたりしました。 しかし、いつからか、自然に電子カード(eCard)がその場所を取るし、手で書いたカードを受け取ることが珍しくなりました。

年末になると年末年始のご挨拶が入れられた電子メールをたくさん送信します。 この時、マーケティングするのに良い時期であると思われる。 その中に取引、あるいは量が減少した企業がある場合は年末年始の挨拶を送りながら仕事があればご連絡くれと一言を付け加えると、意外に効果がありました。 しかし、私は最近、数年の間には、このような最小限の努力もしていないですね。(笑)

メールで形式的な挨拶を受けて手書きのカードを受けると感じて新しいですね。 カードを送ってきた企業は、中国で非常に大きな規模の技術翻訳会社です。 翻訳は、単価が合わなくて、ほとんどないしているが検収(Editing)作業は、時間当たりで計算してくれるので、それほど多くの量はなくても継続的に作業をされています。

この会社は、特にQAシステムが整っており、翻訳レベルが平均以上はされて検査作業が比較的容易な方です。 米国で信頼(信仰)という意味の名前を持つした企業でも、検査作業を時折送信くる、この業者が送られてくる訳では品質が本当に都合ません。 一度機械翻訳で回したのかと尋ねるほどでした。 数日前に小さな検収件を受け、まるでGoogleの翻訳に回った翻訳でした。 会社の規模は大きいようだが、会社名にふさわしくないようにQAが台無しでしっかりとした韓国語翻訳を備えていなかったと思われます。 (品質が台無し翻訳を検討する作業は、新たに翻訳するよりも大変な作業になります。)



コメントを残す