OceanWP WordPress テーマ米国労働者の日セール

Last Updated:2020年11月14日| , コメントを残す

WordPress 人気のテーマの一つである OceanWPが米国労働節を迎え、一時的にすべてのプランに対して25%セールを進めています。 OceanWP テーマは軽量ながらも拡張性に優れたテーマです。

OceanWP WordPress テーマ米国労働者の日セール

OceanWP WordPress テーマ米国労働者の日セール

OceanWPこのブログで数年前に WordPress (WordPress)テーマに紹介したことがあります。 このテーマをはじめ、 GeneratePress와 AstraをWPMLで軽くて速いテーマとしてお勧めしています。

上記の記事が作成された当時の2018年1月には、XNUMXテーマとも認知度がそれほど高い方ではなかったが、WPMLの推薦のおかげかXNUMXテーマとも現在多く使われています。 Astraは現在100万個以上のサイトに設置され使用されており、 OceanWP図60万を超えるサイトでアクティブになっています。 そして、このブログで現在使用中 GeneratePress30万を超えるサイトに設置されて使用されています。

Astra와 OceanWPが多目的テーマだから GeneratePressよりも人気があるようです。 GeneratePress機能が非常にスリムで、少なくともこの機能しかないため、速度が速く出てくるが、機能を追加するには、 WordPress 使い方を少し知っている必要があります。 それともプラグインを使用して機能を拡張することが可能です。 しかし、いくつかの機能が必要として多くのプラグインをインストールすると、サイトの速度に悪影響を与えることになるでしょう。

このブログのようにシンプルなサイトを運営したり、カスタムするに容易なテーマを希望する場合 GeneratePressが、個人的にまともなオプションです。 GeneratePress テーマは年間プランしかないがインストールできるサイト数に制限を設けないので、安価な方です。

OceanWP テーマがアメリカの労働祭(Labor Day)を迎え、一時的に25%セールを進めています。

WordPress OceanWP テーマプラン

OceanWPは年間プランとライフタイム(生涯)プランがあり、上記の図は年間プランの価格表です。 生涯プランは(25%割引適用後)Personalが199ドル、Businessが239ドル、Agencyが389ドルで、やや高価です。

割引を受けるにはチェックアウト時に、次のコードを適用してください。 (購入時に自動的に割引コードが適用される場合があります。)

2020LABORDAY

詳細については、 OceanWP テーマサイトを参照してみてください。

ちなみに Elegant Themesの Diviテーマも年間プランとライフタイムプランに販売されており、Diviテーマは、ライセンス期間中にサイト数に制限を設けていない。 複数のサイトに活用テーマをご希望の場合まともな選択があります。

労働者の日(Labor Day)

米国労働者の日(勞動節、英語:Labor Day)は、米国の祝日の一つで、9月の最初の月曜日に定められています。 2020年度米国労働者の日は9月7日です。

ちなみに我が国の場合、「労働節」の代わりに「労働者の日」という用語が使われ、よくご存じのように5月1日です。 労働者の日は法定有給休日です。

韓国では、「労働者の日」という用語について議論があります。 [カードニュース】5月1日はメーデー? 労働者の日?という記事でメーデーの起源と韓国の名称の歴史を見ることができます。

参照


コメントを残す

コメント