[WordPress] WooCommerce アドレスの郵便番号を追加してくれるBeomps Korea Postcode Search

Last Updated:2021年08月19日| | コメントを残す

WordPress WooCommerce ショッピングモールには、次の郵便番号検索ボタンを追加して、顧客が支払いするページでは、アドレスを入力すると、簡単に道路名住所を入力するようにしたい場合、プラグインを使用すると便利です。 この記事で紹介したBeomps Korea Postcode Searchプラグインは、長い間更新しないされて、最新の WooCommerce バージョンでは動作しません。 代わりに、次の文で紹介する韓国型住所、Korea Addressプラグインを使ってみてください。

WooCommerce アドレスの郵便番号を追加してくれるBeomps Korea Postcode Search

Beomps Korea Postcode Searchは WooCommerce 決済画面でアドレスの郵便番号を追加してくれる韓国型道路名住所/郵便番号を検索プラグインです。 このプラグインは、Daumの郵便番号サービスを利用して、 WooCommerce チェックアウト画面で郵便番号を検索して簡単にアドレスを入力することができるようにします。

WordPress ダッシュボードから プラグイン>プラグインを追加するで「Beomps Korea Postcode Search」を検索してインストールして有効にします。 有効にすると、別の設定ページを参照できなくなります。

個別商品ページのカートに入れて決済を進めてみると、アドレスを入力する画面に郵便番号検索フィールドが追加されています。

Billing Details  -  WooCommerce

上記と同じ形式で「郵便番号検索」が追加されています。 レイアウトはテーマによって異なります。 上記の例は、「Just Press」という無料テーマを適用したときの画面です。 WooCommerceは、最新のバージョンなのでそうなのかハングルで表示されないですね。 (WooCommerce バージョンを下げたり、 ロコ翻訳を使用して直接翻訳をやらなくそうです。)

上の画面でPostcode / ZIPがアドレス欄の下に位置して表示が良くないですね。 順序を変えてくれればいいようです。 順序を変更する方法はいくつかありしれませんが、ソースを変更せずに行うことができる方法でjQueryを使用することです。 この記事に記載されている方法を応用して、郵便番号欄の位置を調整することができます。

Billing Details  -  WooCommerce  -  Corrected

郵便番号フィールドの位置を変えた画面です。 郵便番号検索を押してアドレスを選択し、決済を進めてみると、期待どおりに動作します。 全体的なレイアウトは、テーマに応じて調整が必要になると思われる。 レイアウト調整は、CSSを使用して可能です。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy