WordPress Naver インデックスナウ(IndexNow)プラグイン

Last Updated:2023年11月16日| | 16のコメント

Naver7月にIndexNowプロトコルを導入しました。 Naver インデックスナウ WordPressに適用するにはIndexNowプラグインを変更する必要がありましたが、Mikhail Kobzarev開発者が作成したIndex Nowプラグインで Naver サポートを追加しました。 NaverにIndexNowプロトコルを使用してインデックスを要求したい場合は、このプラグインを使用できます。

WordPress Naver インデックスナウ(IndexNow)プラグイン

インデックスナウ(IndexNow)は、Microsoft BingがYandex、Seznamなどのグローバル検索エンジンと共同で作成したプロトコルです。 Naver昨年7月25日に IndexNowプロトコルサポートを発表しました。

Bingの場合、Microsoftが作成した公式のIndexNowプラグインまたはRank Mathのインスタントインデックス機能を使用してIndexNowインデックスを要求できます。 Naverの場合、Mikhail Kobzarevという開発者によって作成されたIndex Nowプラグインを使用できます。

プラグインのインストールと使用方法

WordPress 管理者ページで プラグイン » 新規インストール(Add new Plugin)に行き、「index now」を検索して Index Now プラグインをインストールします。

IndexNowプラグインのインストール

「indexnow」で検索する場合は、スクロールして下に下がるとこのプラグインが検索されます。

プラグインを有効にした場合 IndexNow » IndexNow » IndexNow タブに移動します。

検索エンジンネイバーで選択して APIキーを入力します。

Naver IndexNow API キーの生成方法は Naver 文書を参照してください。 次の規則に従って API キーを生成する必要があります。

  • UTF-8エンコーディングを使用する必要があります。
  • key は、16 進数に使用される文字、数字、- のみを使用して作成する必要があります。
    • af、AF、0-9、-
  • キーの長さは少なくとも8文字、最大128文字です。
  • 以下はキーの例です。
    • fc1e3ad82010475381daf9846e627fdd
    • eda4094d82454ab0ad8601e3b7405a69

다음 Naver IndexNow APIキージェネレータを使用して、ランダムなAPIキーを生成できます。

IndexNow » IndexNow » General タブで、IndexNowプロトコルを使用してインデックス要求に関連する設定を指定します。

WordPress IndexNowプラグインの設定

Notify SE when セクションでは、次のオプションを有効/無効にできます。

  • Post added:投稿が発行されたとき
  • Post updated: 投稿が更新されたとき
  • Term added: 用語が追加されたとき
  • Comment added: コメントが追加されたとき

Naver IndexNowの動作確認

今、投稿を投稿したり投稿を更新した後 Naver IndexNowが機能しているかどうかを確認できます。 IndexNow » Logに要求が成功したかどうかが表示されます。

Naver ドキュメントによると、「リクエストが正常に受信された場合、IndexNow APIはHTTP 200 OKコードを返します」

IndexNow インデックス要求効果

このブログでは、3ヶ月ほどIndexNowプラグインを使用して Naverにインデックスリクエストをしてきました。 しかし期待とは異なり Naver 流入が増えていません。

Naver 検索ロジックの変更により Naver 流入が大幅に減少しました。 IndexNow リクエスト以降、訪問者数の変化は大きくなく、 Naverで検索にAIを導入すると発表した後に小幅上昇するようですが、有意な変化はありませんでした。

Naver IndexNowリクエストで効果があったというユーザーも見ましたが、私は残念ながら実質的な効果はありませんでした。

この方法は手動で索引を要求することに代わるものではありません。 Naverで明らかにしています。 したがって、IndexNowプラグインとして Naverにインデックス要求をしても余裕になったら手動でインデックス要求することも考慮してください。

参照


16のコメント

コメント

  1. もしかしたら WordPress ドメインを変更すると Naver IndexNow APIキーも再生成する必要がありますか?

    応答
  2. 応答コードは200ではなく422になります。 api keyを教えてくれたサイトでプラグインに入力して適用しましたが、何が間違っていますか?

    応答
    • Naver 文書によると...

      422 Unprocessable Entity URL이 key 정보와 일치하지 않습니다.

      URLがキー情報と一致しない場合に発生します。

      Rank Mathの説明によると

      The URLs don't belong to the host or the key is not matching the schema in the protocol.

      URLがホストに属していない場合、またはキーがプロトコルのスキーマと一致しない場合に発生します。

      次の措置で解決されるかどうかを確認してみますか?

      1. プラグインを無効にしてから再度有効にします。
      2. Naver APIキーを再生成して入力します。
      キーの生成については、次のページを参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/key-generator/

      応答
  3. ところで、IndexNowプラグインをインストールしてから投稿する速度や更新する速度が多く遅くなったと思います。

    応答
    • 私のブログにもこのプラグインがインストールされていますが、このため速度が遅くなったようではありません。
      このプラグインで問題が発生した場合は、プラグインを削除してください。

      応答
      • このプラグインで NaverとGoogle Indexnow機能を使ってInstant Indexingプラグインは削除してもいいですね。 ありがとうございます!

      • はい。 氷河 Naver すべてにIndexNowインデックスを提出する目的でこのプラグインを使用してもよいし、またはBingはランクマスの機能を使用して Naverこの記事で紹介するIndexNowプラグインを使用することも可能です。

      • ヤンデックスはロシアの検索エンジンです。

        ヤンデックス(ロシア語:Яндекс)は、ロシアで60%の市場シェアを占めるロシア最大の検索エンジンを運営するインターネット企業です。

        ロシアをターゲットにしている場合は、yandexにも登録し、Yandex APIキーも生成して入力すると便利です。 しかし、ロシアを対象にしていない場合は必要ないようです。